ここから本文です

投稿コメント一覧 (339コメント)

  • 稀代の二枚舌がココの社長なんでしょ(笑)

  • 陰線やんか。売りシグナル。

  • バイオベンチャーなら、決算数字の取り繕いより、人様のお役に立てる薬の開発の為にR&Dに注力すべき。
    投資家説明会など開かなくても、人様のお役に立てる薬を世に送り出せれば、自ずと結果はついてくる。逆も然りだが。

  • 新型コロナの専門医の情報共有にエムスリーのシステムが世界で使われるよ(笑)

  • エムスリー、見えてきた「医のグーグル」への登竜門
    2020/2/13 日経電子版

    中国最大級の医療情報サイト「医脈通」はいま、新型コロナウイルス対策の特設ページを設けている。患者の肺のCT画像などを約300万人もの医師が共有できる。運営するのは、東証1部で将来の「医療情報のグーグル」と目されるエムスリーと現地企業との合弁会社だ。全世界の医師の5割近い580万人を登録会員として抱えるエムスリーの時価総額は2兆1680億円と、この1年で2倍超にふくらんでいる。
    エムスリーは国内で製薬会社の医薬情報担当者(MR)が担ってきた業務をインターネット上で代替するサービスで伸びてきた。医療費抑制のため、国はMRによる非効率な営業コストに厳しい目を向けている。市場そのものも頭打ちになり、製薬各社は早期退職などでMRを減らしてネットに切り替えつつある。
    日本の医師の9割が登録する医療情報サイト「m3.com」は、すでに国内で圧倒的なプラットフォームとしての地位を固めた。契約する製薬会社は約70社で、1社当たり年間5億円の収入がある。エムスリーは契約を100社に積み上げ、品目数と配信先医師を増やして1社当たり収入を年間10億~15億円にすれば「成長ポテンシャルは4~5倍」としている。。。。。

  • 阿保か。次の決算は新型感染前のタームで関係ない。

  • 新型肺炎 中国での死者360人に SARSを上回る
    2020年2月3日 7時31分新型肺炎
    新型のコロナウイルスの感染拡大が最も深刻な中国、湖北省の保健当局は、2日新たに56人が死亡したと発表し、中国での死者の数は、あわせて360人となりました。
    2003年に流行した新型肺炎、「SARS」の中国での死者は349人でしたが、これを上回ったことになります。また、感染が確認された患者の数は湖北省だけで新たに2103人増えたということです。

  • これからは本命プロマスク防護の重松の出番\(^o^)/

  • 新型肺炎―専門家に聞く、東北大教授・押谷仁氏、感染「次、日本で拡大も」。
    2020/02/03 日本経済新聞 

    。。。日本と中国との人の行き来を考えると、中国以外の国で最初に感染拡大するのが日本になる可能性は十分に考えられる。日本で感染連鎖がすでに成立している可能性もある。ある日突然、それまで見えなかった流行が顕在化することになる。

    。。。 今回の感染症は人類が経験したことのない、まったく新しいタイプの呼吸器ウイルスによる感染症だ。いつどのような形で終わるかは見通せないが、今夏の東京五輪までに収束している可能性は低い。

  • 医療用マスク品薄で納入厳しく、病院や救急現場に困惑と不安 メーカーへの注文、通常の100倍も
    2/1(土) 18:25配信

     新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、医療機関向けのマスクが品薄状態になっている。患者との接触が多い病院や消防は普段から備蓄しているが、納入が難しくなっているという。足元での感染拡大に備え、「長引けば確保できるのか」と懸念が高まる。。。。。

  • 確証のない情報は弱った投資家が往復でやられる結果になるんだわ

  • タイの件、薬投与しなくても治ったのだろ。
    悪化せず快方に向かう人のほうが多いのだから。
    その辺見極めてないだろう。いい加減なタイでは(笑)

    取り上げたのは日経のみ。なぜ(笑)

  • TV5見てる。先生は国内は始まりすぎないと認識。
    これからやん。今回のウイルスは相当厄介のよう。

  • 新型肺炎 フィリピンで中国人1人死亡 中国以外では初めて
    2020年2月2日 12時40分

    フィリピン当局によりますと、中国湖北省の武漢からフィリピンを訪れていた44歳の中国人の男性が新型コロナウイルスによる肺炎で死亡したということです。

    中国以外で新型コロナウイルスによる肺炎で死者が確認されたのは初めてです。

  • 新型肺炎 香港 新たに1人感染確認 日本訪問後クルーズ船で戻る
    2020年2月2日 9時32分

  • 武漢の感染者7万6千人か 香港大のチームが推計

    中国湖北省武漢市での新型コロナウイルス感染者数は1月25日までに約7万6千人に達した可能性があるとの推計値を香港大のチームが31日付英医学誌ランセットに発表した。中国当局は本土の患者数は1万数千人に上ると発表しているが、実際はかなり多い可能性がある。

     武漢から中国内の他の大都市に広がった感染者の数を重慶で461人、北京で113人、上海で98人に上ると推定。これらの大都市では武漢から1~2週間程度遅れて急増している可能性があると指摘した。

     武漢から日本やタイ、米国やフランスなど外国に航空機や鉄道などで移動した後に、感染が判明した人数を基に推計した。

  • <<<危機管理防護プロ本命重松の出番はこれから>>>

    新型肺炎 中国 患者1万人超 各地で医療物資が不足
    2020年2月2日 7時12分

    中国では新型のコロナウイルスによる肺炎の患者がさらに増え1万人を上回りました。最も感染が深刻な湖北省では患者を受け入れる専門の病院が2日にも完成する一方、各地で医療物資が不足していて、増え続ける患者の対応に追われています。
    中国の保健当局、国家衛生健康委員会によりますと、新型のコロナウイルスによる肺炎の患者は1万1791人となり、死亡した人は259人に上っています。

    こうした中、状況が最も深刻な湖北省の武漢では増え続けている肺炎の患者を専門に治療するために2つの病院の建設が突貫工事で進められていて、2日にも1つめの病院が完成する予定です。

    ただ、急増する患者に対して医師や医療施設の数が依然不足しているほか、湖北省の各地の病院では医薬品やマスクなどの医療物資も十分に確保できておらず、地元政府へ批判的な声も相次いでいます。

    武漢に次いで患者の多い黄岡市の市長は1日夜に記者会見し、感染防止の対応が不十分だったとして6人の幹部を免職処分にしたと明らかにしたうえで「疫病に対するわれわれの準備が不足していて後ろめたさや自責の念を感じている」と述べ謝罪に追い込まれています。

    一方、新型のコロナウイルスを巡っては南部・広東省※深センの保健当局が1日、感染した患者の排せつ物からもウイルスの陽性反応が出たことを明らかにしました。

    新型肺炎のSARSの時と同じく排せつ物を介して感染するリスクも指摘されていて、保健当局は感染防止に向け衛生対策の徹底が必要だと強調しています。

  • 医療用マスク品薄で納入厳しく、病院や救急現場に困惑と不安 メーカーへの注文、通常の100倍も
    2/1(土) 18:25配信

     新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、医療機関向けのマスクが品薄状態になっている。患者との接触が多い病院や消防は普段から備蓄しているが、納入が難しくなっているという。足元での感染拡大に備え、「長引けば確保できるのか」と懸念が高まる。。。。。
    h ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200201-00000010-kobenext-sctch

  • 本命プロフェッショナルマスク防護の重松ガンバ\(^o^)/

  • 中国本土で死者259人 感染者1万1791人 拡大歯止めなく 新型肺炎

    中国国家衛生健康委員会は1日、中国本土の新型コロナウイルスによる肺炎の死者が259人(前日比46人増)、感染者が1万1791人(同2102人増)となったと発表した。中国メディアの集計では、1万1859人。1日当たり2000人を超えて感染者が増えたのは初めてで、感染拡大に歯止めがかかっていない。

本文はここまでです このページの先頭へ