ここから本文です

投稿コメント一覧 (5149コメント)

  • アカンやん

    日経記事

    実際、アスクルの業績は不安定だ。18年5月期は営業利益が42億円と前の期に比べて半減。19年5月期は営業利益こそやや持ち直したものの、物流センターの減損損失が膨らんで純利益は9割減の4億円強と大幅に落ち込んだ。

    今後はアスクル側が主張している「株式の売り渡し条項」がひとつの焦点となる。両社が提携した契約には事業の独立性を担保することや、契約違反があった場合にアスクルが株式の売り渡しを請求をできる条項が盛り込まれているという。

    企業が資本提携をする際、株式の売り渡し条項が盛り込まれることは少なくないとされる。契約の文言がどうなっているか次第で効力が変わってくる面はあるものの、「(売り渡し条項が実際に)契約にあるならヤフーには不利に働き、法廷闘争になれば長引く恐れがある」(企業統治にくわしい中島茂弁護士)といった声が専門家からは出ている。

  • アカンやん

    日経記事

    実際、アスクルの業績は不安定だ。18年5月期は営業利益が42億円と前の期に比べて半減。19年5月期は営業利益こそやや持ち直したものの、物流センターの減損損失が膨らんで純利益は9割減の4億円強と大幅に落ち込んだ。

    今後はアスクル側が主張している「株式の売り渡し条項」がひとつの焦点となる。両社が提携した契約には事業の独立性を担保することや、契約違反があった場合にアスクルが株式の売り渡しを請求をできる条項が盛り込まれているという。

    企業が資本提携をする際、株式の売り渡し条項が盛り込まれることは少なくないとされる。契約の文言がどうなっているか次第で効力が変わってくる面はあるものの、「(売り渡し条項が実際に)契約にあるならヤフーには不利に働き、法廷闘争になれば長引く恐れがある」(企業統治にくわしい中島茂弁護士)といった声が専門家からは出ている。

  • これはアカン

    ヤフーに株売り渡し請求、アスクル社長「検討する」

    ヤフー
    「当社から社長を派遣するつもりはない」

    共同で立ち上げた電子商取引(EC)事業についても「アスクルのもとで運営していくことが最良だと判断している」としている。

  • 全て期待を裏切る会見内容で2000円~2300円に里帰りや

  • これはアカン

    ヤフーに株売り渡し請求、アスクル社長「検討する」

    ヤフー
    「当社から社長を派遣するつもりはない」

    共同で立ち上げた電子商取引(EC)事業についても「アスクルのもとで運営していくことが最良だと判断している」としている。

  • アカンやん

    日経記事

    実際、アスクルの業績は不安定だ。18年5月期は営業利益が42億円と前の期に比べて半減。19年5月期は営業利益こそやや持ち直したものの、物流センターの減損損失が膨らんで純利益は9割減の4億円強と大幅に落ち込んだ。

    今後はアスクル側が主張している「株式の売り渡し条項」がひとつの焦点となる。両社が提携した契約には事業の独立性を担保することや、契約違反があった場合にアスクルが株式の売り渡しを請求をできる条項が盛り込まれているという。

    企業が資本提携をする際、株式の売り渡し条項が盛り込まれることは少なくないとされる。契約の文言がどうなっているか次第で効力が変わってくる面はあるものの、「(売り渡し条項が実際に)契約にあるならヤフーには不利に働き、法廷闘争になれば長引く恐れがある」(企業統治にくわしい中島茂弁護士)といった声が専門家からは出ている。

  • つ消費増税が来る

  • 法廷闘争で泥沼化
    どうしようもない


    今後はアスクル側が主張している「株式の売り渡し条項」がひとつの焦点となる。両社が提携した契約には事業の独立性を担保することや、契約違反があった場合にアスクルが株式の売り渡しを請求をできる条項が盛り込まれているという。

    企業が資本提携をする際、株式の売り渡し条項が盛り込まれることは少なくないとされる。契約の文言がどうなっているか次第で効力が変わってくる面はあるものの、「(売り渡し条項が実際に)契約にあるならヤフーには不利に働き、法廷闘争になれば長引く恐れがある」(企業統治にくわしい中島茂弁護士)といった声が専門家からは出ている。

  • TOBどころかヤフーは持ち株を売り渡さないといけないかも

    今後はアスクル側が主張している「株式の売り渡し条項」がひとつの焦点となる。両社が提携した契約には事業の独立性を担保することや、契約違反があった場合にアスクルが株式の売り渡しを請求をできる条項が盛り込まれているという。

    企業が資本提携をする際、株式の売り渡し条項が盛り込まれることは少なくないとされる。契約の文言がどうなっているか次第で効力が変わってくる面はあるものの、「(売り渡し条項が実際に)契約にあるならヤフーには不利に働き、法廷闘争になれば長引く恐れがある」(企業統治にくわしい中島茂弁護士)といった声が専門家からは出ている。

  • 2016年5月期 売上20億円
    2020年5月期 売上40億円

    たった4年で売上2倍

  • 法廷闘争で泥沼化
    当分何も起こりようがない


    今後はアスクル側が主張している「株式の売り渡し条項」がひとつの焦点となる。両社が提携した契約には事業の独立性を担保することや、契約違反があった場合にアスクルが株式の売り渡しを請求をできる条項が盛り込まれているという。

    企業が資本提携をする際、株式の売り渡し条項が盛り込まれることは少なくないとされる。契約の文言がどうなっているか次第で効力が変わってくる面はあるものの、「(売り渡し条項が実際に)契約にあるならヤフーには不利に働き、法廷闘争になれば長引く恐れがある」(企業統治にくわしい中島茂弁護士)といった声が専門家からは出ている。

  • アカンやん

    日経記事

    実際、アスクルの業績は不安定だ。18年5月期は営業利益が42億円と前の期に比べて半減。19年5月期は営業利益こそやや持ち直したものの、物流センターの減損損失が膨らんで純利益は9割減の4億円強と大幅に落ち込んだ。

    今後はアスクル側が主張している「株式の売り渡し条項」がひとつの焦点となる。両社が提携した契約には事業の独立性を担保することや、契約違反があった場合にアスクルが株式の売り渡しを請求をできる条項が盛り込まれているという。

    企業が資本提携をする際、株式の売り渡し条項が盛り込まれることは少なくないとされる。契約の文言がどうなっているか次第で効力が変わってくる面はあるものの、「(売り渡し条項が実際に)契約にあるならヤフーには不利に働き、法廷闘争になれば長引く恐れがある」(企業統治にくわしい中島茂弁護士)といった声が専門家からは出ている。

  • アカンやん

    日経記事

    実際、アスクルの業績は不安定だ。18年5月期は営業利益が42億円と前の期に比べて半減。19年5月期は営業利益こそやや持ち直したものの、物流センターの減損損失が膨らんで純利益は9割減の4億円強と大幅に落ち込んだ。

    今後はアスクル側が主張している「株式の売り渡し条項」がひとつの焦点となる。両社が提携した契約には事業の独立性を担保することや、契約違反があった場合にアスクルが株式の売り渡しを請求をできる条項が盛り込まれているという。

    企業が資本提携をする際、株式の売り渡し条項が盛り込まれることは少なくないとされる。契約の文言がどうなっているか次第で効力が変わってくる面はあるものの、「(売り渡し条項が実際に)契約にあるならヤフーには不利に働き、法廷闘争になれば長引く恐れがある」(企業統治にくわしい中島茂弁護士)といった声が専門家からは出ている。

  • 醜い子供の喧嘩だ

  • 消費増税もお忘れなく

  • 結局社長が交代するだけでしょ?
    なんでここまで株が暴騰するのよw

  • 着実に成長しており決算・見通しとも全く問題ない。
    利益の伸び率がもう一歩だが、
    成長企業は売上が重要。
    利益をたくさん計上して税金を取られるよりも前向きな
    投資をして売上を拡大・成長して行くことが重要。
    利益は後からなんもでもついてくる。
    しかし時価総額66億円というこんなところで売るのは本当に馬鹿馬鹿しい

  • とりあえずAIバブル明確にはじけたね

  • よく見ると大した材料じゃないな・・・

  • 足元は悪くないけど見通しはネガティブ

本文はここまでです このページの先頭へ