IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (44コメント)

  • デジタル時代にあっても、アナログ的配慮は、必須である。
    イーソル以外の銘柄の記載が、多くの批判を創出している。

    掲示板という非対面、非接触ではあるが、それへの気配りは必要であろう。
    コンタクトレスというフィールドにおいても、しっかりと対応させて頂く。

    このコメントを最後に、イーソル掲示板から、引退する。
    イーソル以外の銘柄記載で、気分を害された投資家の方には、謝罪申し上げる。

    withコロナ & Afterコロナは、投資家に多くの戦略を再考させてくれた。
    未曾有の社会変化は、投資機会の創出を誘引し、新しいチャンスを呼ぶものである。

    語学ができる人、特に、ドイツ語、フランス語ができる人は、欧州市場も調べてみることである。

    イーソルの羽ばたきは、数年先とはならないと断言しておく・・・

    「ありがとうございました。」

  • ロコガイドは、この銘柄のクセを熟知した投資家であれば、想定通りの値動き。
    売り枯れを誘引すると思いきや、急騰からの急騰。
    いつもの光景です。
    分かりやすすぎます、機関さん。

  • ギフティ、ネーミングがセンスが良い。
    貰うことより、与える、ギフトすることが第一義。

    奢ってもらうことより、奢ることの方が、気持ち良い。
    サプライズや、プレゼントすることも、気持ちが良い。

    与えるという行為そのものの方が、尊い。
    相手の喜びや幸福が、自身の心への財産となる。

    とにかく、イーソルも、ギフティも名前が素敵だと思います。
    ギフティのウェブサイトも可愛く、投資家心理を燻り、応援したくなる。

    「砂糖、ゴールド、イーソルと。」
    イーソルからは、どのようなギフトが贈られてくるのだろうか・・・

  • ギフティ、投資家に気付かれたか・・・
    暴騰中。利益率40%のIT有望株。

    コロナによる影響を受けた寿SPも暴騰中。
    落ち着けば、とてつもない増収増益企業。

    出来高が少ないうちが、花。

    忘却してならないのは、スクロール。
    月次IRにより、通販の増収増益中。
    これも、暴騰中。

  • 買い方も、1,000株単位以上での参戦組が増えている。
    売り方は、戦略上、空売りを器用に活用し、調整していると見ている。
    1,050円界隈のフィールドでは、どのような値動きをするのか。

    上場廃止となったユニゾ。
    保有していた東京駅前の物件を、最近、1,000億円超にて売却していた。
    やはり、あのTOB合戦は、目の付け所が素晴らしい。

    会社側が勝利したわけだが、株価の大暴騰が懐かしい。

    今後は、コロナによる影響を受けている藤田観光、ワシントンホテルなどがターゲットにされる可能性すらある。

    とりわけ、前者の保有資産は、市場に出てこないものばかりである。
    DDを実施すれば、現在の株式時価総額を、はるかに凌ぐ不動産価値である・・・

  • 「砂糖、ゴールド、イーソルと」。
    本日も、1,050円ラインを監視していく。

    監視銘柄▸ギフティ、寿スピリッツを追加。

    その他 ▸IPOのニューラルポケットには、顧問に松尾氏が参画。
    月曜日以降、垂直落下を数回見切っていく。

    そのまま、上昇してしまえば、ご縁なしと判断し、振り返らず次へ。
    「元カレ、元カノとか、未練たらたらな人は、相場には向いていない。」

    相場には、日々チャンス、出逢いの連鎖連続なのだから・・・
    IPOに資金が戻り始めている。

    昨日の、日立金属の超特大大暴騰に、多くの人は、波乗り出来たであろうか?
    意識せよ、常に、チャンスが落ちているのである。

  • 「人の行く裏に道あり、花の山。」
    誰も知らない、見向きもしない、そんな時が大切なのである。

    誰に批判されても、無視されても、それでも謙虚に一歩、一歩、進んで行く。
    感謝の気持ちを忘れず、歩を進めて行く。

    大勢は、春の季節しか桜の木を意識することはない。
    満開の桜の木の下で、歓談することしか考えない。

    私は、株式投資と同じく、自然を眺めている。
    春夏秋冬、桜の木が、そこに凛として立っていることを知っている。

    相場も同様である。
    見向きもされない局面が、大切である。

    批判されようが、決めて断ち切るという決断作業を実行した者のみ、大輪のお花畑と出逢うことが約束されている。

    銘柄選定は、個人の自由に委ねられている・・・

    世界のプラットフォーマーは、いかなる羽ばたきを演じてくれるのだろうか・・・
    未だかつて、体験したことのない程の、パフォーマンスを確信している。

    イーソル、あなたを、約束された春以外の季節も見つめている。

  • 「砂糖、ゴールド、イーソルと」、1,050円界隈の動きを確認していく。
    その他、監視銘柄。
    ・テラ
    ・ログリー
    ・ミンカブ
    ・リボミック
    ・ロコガイド

    3倍を達成した名南MAは、分割を射程圏内に捉えているのか。
    とにかく売りが出てこない。
    MAのスター日本M&Aセンターは、時価総額1兆円タッチが近い。

    世界の武田薬品の本日の動きも✓。

    人のもつ意識する力は、すさまじいものである。
    何の銘柄が良いのか、そのセレクトは、各投資家のセンス。
    本日も、アスファルトに落ちている現金、銘柄の波に、デイで乗っていく。

  • リボミック、連騰中。
    まだまだ、初動。
    機関さん、急がないで下さい。
    機関さんの戦略は、お見通しです。

  • 監視銘柄▸ログリーを追加。

  • なぜ、好決算にもかかわらず、垂直落下が降ってくるのだろうか。
    このような局面が起こった時、株価と時価総額水準を読み解くようにしている。

    なぜ、機関や大口は、超絶IRにもかかわらず、このようなことを創出するのか。
    まさに、舞台上での演出ではないのだろうか。

    投資は、まさに、心理戦である。

    これが分かるようになると、人の裏を勇気を持って進んでいける。
    進んでいける、換言すれば、買っていけるのである。

    未来からその銘柄の株価を、待っている感覚である。

  • 「砂糖、ゴールド、イーソルと」。

    近々の大相場を予想しているリボミック。
    この予測は、昨日、記載したとおりである。
    ようやくチャレンジを開始したようである。

    株価上昇率にまだ大きく顔を見せていない局面が大切である。
    なぜなら、直近出来高ランキングで堂々の7位に君臨。

    コロナ予防としてのアプタマー創薬。
    アンジェス、テラと異なる新薬であり、初動を見逃さない。

    密かに、密かに、チャレンジしていく。
    多くの人が見ていないうちが花である。

    アンジェスも20倍を達成したテラもそうであった。
    とくに、大相場は株価がある水準を突破してからは、上昇スピードは計り知れない。

    今月から値幅制限も緩和されており、低いうちに仕込んでおかなければならない。

    また、GMO-FGも上場初日のST安からのわずか1ヶ月で値幅4,500円。
    初日のST安は演出であり、株価10,000円突破は機関の戦略であったのだろう。

    注視銘柄。
    ・リボミック(値動きとフル板で大注目)
    ・ロコガイド(何やらありそうな予感)
    ・ミンカブ (3倍を達成したミンカブ、決算後の暴落は絶好の買い場であった)

    いずれも批判だらけであるが、視界にすら入らない。
    相場は、残ってこそである。

    本日も、アスファルトに現金が落ちているハズである・・・

  • 前場の寄付き前、8時30分前後に、大きなアンダー、オーバーが、一瞬チラチラ。
    980円台に誘導する動きがあった。

    それを見逃さない。
    1,050円界隈になにやら住み控えている。

    イーソルの機関さん、お見通しです。

    上に行きたくて行きたくてしょうがない、リボミック。
    機関さんは、まだ待てと言っている様に見えます・・・。

    機関さん、本当にお見通しです。
    今日もイーソル、「I Love You , Oh My Love」

  • 「自動運転ラボ」より、今後の自動運転市場を牽引する人物が掲載されている。
    トップは、加藤氏(ティアフォーの代表)。
    ここと、イーソルは、世界標準団体を発起している。
    背後に既に控えている超絶IRをいつ出すのか、いつ着火するのか分からない。

    その他本日の監視銘柄
    リボミック(大相場の兆候を推察)
    ロコガイド(追加し注視中)
    ミンカブ (投資家は、機関の売り込みによる絶好の反動を取れたであろうか?)

    原油の暴落もチャンスそのものであった。
    WTI原油上場投信も、予測はドンピシャ。現在まで順調に暴騰中。

    「砂糖、ゴールド、イーソルと」、いずれその意味を体験させていただく・・・。
    投資家は、なぜ、アスファルトに現金が並べられていることを見過ごすのか?

    機関のデジタルAIによる売り込み戦略に、テクニカルなど問答無用である。
    フル板と値動きと直下式暴落から、機関の戦略を見切っていく。
    ロコガイドの先のST安は、演出と推察する。

  • 本当に、安心して監視できる銘柄である。
    多くの人が、未だ気が付いていないのが現実である。
    ここ数年間で、これ程、未来が約束された銘柄とめぐり合えていない。
    「砂糖、ゴールド、イーソルと・・・」

    その他監視銘柄▸リボミック

  • イーソルは、先の当方の予想通り、決算時に別のIRをリリースしてくれた。
    今回の決算は、トヨタ、デンソー等を筆頭とする自動車セクターの動向より、予想どおりであった。

    サプライズは、ユーリカIR以外に、役員報酬の減額である。
    イーソルは、働き方改革を推進する会社であり、役員がお手本を見せてくれた。

    紳士な姿勢に頭がさがるものである。
    研究開発投資は、続行中なのである。

    投資初心者の方は、リボミックの値動きを見て勉強する良い機会である。
    「なぜ、機関は、良いIRが出ている会社を特売りにするのでしょうか?」
    「なぜ、機関は、垂直落下するような値動きを創出するのでしょうか?」
    「なぜ、機関は、出来高をここまで増やしているのでしょうか?」

    リボミックは、ソフトバンクグループを抜いて出来高ランキング第7位にランクイン。アンジェス、テラの大相場が頭を過る。特に、前者の出だしと類似している。

    機関さん、後は、心理戦のみですね。
    高い所から俯瞰して挑戦(チャレンジ)させていただきます。

  • 本日のIRより、イーソルは、名古屋のユーリカとも親交があることが判明。
    世界統一のプラットフォームへ向け、順調に包囲網を構築している。
    名古屋では、このユーリカのほか、未上場の世界ベンチャーティアフォーとも親交がある。

    すごい会社であることは間違いない。
    とてつもない安心感を与えてくれる。

    集大成銘柄、未来からあなたが世界に羽ばたくことを確信している。
    不景気こそ、「砂糖、ゴールド、イーソル」。

    期待してるぜ。
    とりあえず、リボミックの波に乗っていく。

  • コロナ相場にもかかわらず、強固な財務体質を堅持し、利益を計上。
    実質無借金経営であり、配当もそのまま継続。
    安心して、継続注視していける。

    出来高は当面増えないため継続して、密かに、密かに、集めていく。
    どのようなIRで着火するのか、分からないからである。

    また、本日のリボミックの動きより、機関の今後の戦略がある程度推測可能となった。昨日のIRより、前場、特売りにより強引な下げ、そこから、鈍い動きを誘い下に誘導すると思いきや、ST高近辺まで急上昇。

    だが、ここで騙されてはならない。
    予測どおり、再度、大きな投げ売り。

    あのアンジェス、テラと同じ機関と認定させていただく。
    右往左往させた後、1,000円を射程圏内に取り込み、1,300円乃至1,400円を捉えるはずである。

    「機関さん、値動きより本日は読みどおりでした。
     今後も、機関の形成する波に乗ってまいります。」

    夏枯れ相場など関係ないのである。
    常に、アスファルトに、現金が落ちているのである。

  • 投資家として、少なからず大成したければ批判者になってはならない。

    批判者は、脳の退化が進むからである。
    批判者は、自身で考え抜き、詳細調査することを怠るものである。

    国内マーケットにこれほどある銘柄群。
    その中で、セレクトするセンスはあなた次第に委ねられている。

    自身で説明できない銘柄程あがるものである。
    しかし、説明できない程下がるものでもある。

    自身で説明できる銘柄程、安心できるものは他にない。
    欧州の自動運転市場でここ数年何が起こっているのか、調べることである・・・

  • 投資家には、どの銘柄に投資するのかという自由が認められている。
    投資家の目の前には、常に、平等に、チャンスが転がっている。

    しかし、そのチャンスに気付ける投資家は、【極めて少ない】ものである。
    ここで重要なことは、そのチャンスをチャンスだと認定のうえ、参加できるかである。

    チャンスで張る、勝負する。
    勇気が足りないのである。

    大批判の的だったミンカブ、名南、エスクローも数倍となった。
    昨日は、出来高の細くなったGMO-FGが大暴騰。

    独自の時価総額基準より、注視中。
    機関があえてこうしているのだろう。

    ここ数年の集大成銘柄、イーソル。
    出来高よ、増えないでくれ。

    アスファルトに落ちている黄金チケットを密かに、密かに、集めていく。
    減益予想は既に出ている。

    過去に大きな張り、勝負ができなかった銘柄が、あれよ、あれよと大大大暴騰。
    後悔しか残らない。悔しさしか残らない。

    機関のシナリオにのり、集大成で勝負する。
    【批判者よ、他の銘柄に行くと良い・・・】

本文はここまでです このページの先頭へ