ここから本文です

投稿コメント一覧 (1101コメント)

  • 現物ロングホルダーです。証券会社はその道のプロ。創薬失敗時のリスクヘッジはしてると思います。アキュセラのバブル的な急騰時に誰が株を売ってくれていたのか、、。アキュセラバブル崩壊のリスク、創薬失敗のリスクを考えれば、SBIは空売りをしてると思います。リスクヘッジして当然の局面だったと思います。アキュセラバブル崩壊前夜のアキュセラの掲示板でもプロっぽい方が冷静なコメントで警鐘を鳴らされていますが、プロから見ればリスクヘッジして当然の局面。異論あればお願いします。

  • >>No. 320

    株を保有している証券会社は空売りもできると思ってましたが、、。どうなんでしょう??SBIのプレミアム空売りであれば、空売り対象銘柄以外でも空売りできる銘柄もありますよね?貸すか、貸さないかは証券会社の裁量次第かと、、。昔、ホリエモンがリーマンにライブドア株を4600万株ほど貸しませんでした?潰れる会社でもリスクヘッジの心得はあるのですから、SBIはロングホルダーでも安心してますが、、。異論あらばご教授頂きたく。

  • 金融政策として、「譲渡益税10パーセントに減税」と日経一面に出た日にはネット証券トップのここはS高張り付きだと思います。政府の金融施策として、譲渡益税減税の可能性はありますでしょうか?逆にそれ以外の金融政策として可能性のある施策があればご教授願いたく。

  • >>No. 412

    自己レス。マイナス金利政策で銀行の業績悪化懸念増大。下記、全国銀行協会による株譲渡益税の大幅減税の陳情は受け入れられてもよいのでは?
    http://www.zenginkyo.or.jp/abstract/news/detail/nid/2678/

  • 2016/06/01 07:55

    プロは「アキュセラは売らない」とおっしゃています。無論、プロの投資家はリスク最小限でリターンを得るために分散投資し、安定した収入源を構築し、割安な株を買います。私のような下手にプロのやり方が当てはまるとは思っていません。下記動画の54分53秒からアキュセラに関するご発言あり。
    https://youtu.be/Mzwdt578_SQ
    👆

  • SBIはソフトバンクに買われちゃいますか?IT覇者ソフトバンク、完成した金融生態系SBI。その2強の融合。フィンテックというテーマが注目を集める中、もしそうなったらSBIはしばらくS高続きますね、、。日経にはソフトバンクが狙っているのはヤフーだとあります。しかし、その機能に、SBIの銀行、保険、証券をアドオンしなければ目新しさに乏しく。やるなら、SBIを元のソフトバンクインベストメントに。北尾氏の日記にある「任重くして道遠し」には意味があると思います。

  • 舛添要一氏には心底裏切れ気持ちです。オリンピックのエンブレムに絡んだ一連のデザイン盗用問題、不適切を疑われるオリンピック招致問題、ずさんな見積もりで白紙撤回された国立競技場問題。一体全体、どれほどお金を無駄にして、どれほどオリンピック開催都市に泥を塗り、どれほど日本国民の誇りを毀損するのか。東京に、日本に、今こそ正義を。今こそ北尾氏は都知事選にご出馬を。北尾氏には東京オリンピックまでの4年間で日本の誇りを取り戻して頂きたい。北尾氏先導のもと日本で培われたフィンテックとバイオは、核無き世界、貧困無き世界へと波及するかもしれない。

  • 「リスクを回避できなかった同じ轍は踏みたくない。」サミットでそう語った安倍総理の懸念を裏付ける雇用統計発のヨーロッパ暴落相場。月曜の日本にも暴落が波及する事は必至。SBIの株価もどこまで下げることやら、、。政府は株譲渡益税の大幅減税ぐらい打ち出さないと閑散相場に拍車がかかって時価総額はどんどこ下がる。北尾氏はじめ金融のドンは政府に投資の重要性を説いて欲しい。現状、多大なリスク払って投資し、消費者でもあるから我々から20%も譲渡益税を搾取する一方、都知事がファーストクラスに乗ったり、ヤフオクでどんどこ骨董品買う世の中。ギャップは是正されてしかるべき。

  • やっと下髭陽線現出。業界の方、教えて下さい。アキュセラバブル崩壊時のSBIのリスクヘッジの件、グループ内A社が保有する5000万株を同じグループ内のB社が借りて空売りすることは可能でしょうか?北尾氏はインフォメーションミーティングの中でシステム開発を例に「グループ内のA社の経費増大は同じグループ内のB社の売上増大となるように生態系シナジーを活用していく。」主旨を説明されています。自社ではできないシステム開発をシステム子会社に委託する事は普通にあります。同様に自社ではできない株の空売りを連結子会に委託する事はあり得ることでしょうか?アキュセラに関してコアコンピタンス消失やインサイダー報道で個人投資家は誰もが買い注文を控える局面で5000万株の引成が成立するというのは空売りの買い戻し以外でどのように説明どきますか?後世、覇王北尾氏率いる戦略的ビジネス変革者(SBI)を題材とした史記が編纂され大河ドラマ化されたと想像すれば分かります。失敗確率50%のトップラインデータ結果発表を前に暴落リスク抱えた株券を握りしめドキドキしている場面なんてあり得ません。むしろ策士の巧妙な戦略により天下統一への布石となり、、云々と考えてる内に損切りできてまへん。8000円台からのロングホルダーです。

  • >>No. 339

    はい。確かにそのような悪徳な輩もあるでしょう。リーマンがホリエモンの株を借りて売ったのはその典型かもしれません。北尾先生のお言葉をお借りすれば「天網恢々疎にして漏らさず(悪事には必ず天罰がくだると日々自分自身に言い聞かせて正しく生きなさい)」。株主価値を毀損する会社や経営者を株主は絶対に許しません。一方で株主救済の観点から実態からかけ離れて株価が跳ね上がった場合の空売りは必要かと思います。バブルを膨らます方向に全員が突き進んだ場合、バブル崩壊によって少なくとも実態の価値までは純粋にお金が消え去ることになるとイメージします。はじけたバブルが大きいほど直接的にはもちろん、間接的にも多くの株主に損失が出そうな気がします。アキュセラの件でも空売りが無ければ1千億円超のお金が市場から消え去り、市場全体の株券の価値にも波及しかねません。例えば不動産は買いからしか入れないのでバブルが膨らみやすく、リーマンショックでは何十兆円ものお金が消えました。よね?お金が消え去り資金繰調達できなくなった会社は成長規模を縮小、最悪の場合には破綻。未だに傷は癒えていません。私が8000円で購入したSBIの株価もリーマンショックやら、そこから波及した税収難での譲渡益税減税の延期中止によって1000円まで値を下げ、マイナス金利でようやく投資にお金が向かうかと安心していたところ今回のアキュセラバブル崩壊の余波で20%も唐突にディスカウント。いたたまれなくなりこのように掲示板にイモリのように貼り付いている次第でございます。バブル局面での空売りは正義。

  • 金融イノベーターのSBIには個人投資家に対する譲渡益税廃止に向けての持続的な政府への働きかけを期待します。消費税増税が消費の冷え込みを助長するように、20%の譲渡益税は個人投資家の投資意欲を冷え込ませます。極論、個人投資家が株の売買を一切しなくなった場合には日本企業の時価総額は下がり外資に奪われ、ネット証券は破綻し、創薬やフィンテックなどの日本経済発展の種は枯れ日本経済はジリ貧の一途を辿るかもしれません。さて、極論はさておき。現状は政府が税収で得た資金は成果報酬も減俸のリスクも無い公務員の裁量で使われています。成長戦略の大義名分を掲げ実態もよく調査しないままに補助金の申請に応じることもあり得るかもしれません。公務員が自分が稼いだお金ではないので補助金の給付先がそれをドブに捨てても痛くも痒くもないでしょう。譲渡益税の一部が舛添都知事が象徴するようなセコイ人や企業の浪費で消えている可能性は大いにあり得ます。お金がよく分からないことに消えていくことは個人投資家として耐え難し。投資先の選別は個人投資家に委ねて欲しい。本当に成長性のある事業だったら新興市場に上場して個人投資家に信を問えばいい。上場前に資金調達が必要ならば、証券会社や銀行に事業計画や実績を説明して融資を受けるのが正しいやり方だと思います。政府が譲渡益税という形でリスクを取らずに調達した資金を同じくリスクを払わない公務員がばらまくというのは、舛添都知事の浪費に象徴されるような不毛な無駄遣いになりかねません。個人投資家はお金の投資先を命がけで選別しているのですから、譲渡益税分のお金はリスクを払わない公務員ではなく個人投資家が運用した方が日本経済へ好影響があると想像します。謙虚堅実な人物や企業、世界をより良くする人物や企業に譲渡益税分のお金を投資したい。個人投資家が活発に売買をすることでSBIのような企業の百戦錬磨の投資のプロが資金を得られます。目利きによってベンチャーの種が選別され、さらにその種の一部が開花すればその果実は証券会社や投資家に恩恵をもたらすことになるでしょう。そして、恩恵を得た投資家によってさらに多くの種まきが可能となる。一方では正しい目を持たない、あるいはリスクマネージメントができない投資家は退場となるでしょう。燃費性能や決算報告書そのものを粉飾する弱い企業は強い企業の傘下に下るでしょう。自然なお金の還流があれば自然淘汰は必然。強い投資家と強い企業が残る。お金のよい流れが続けば、投資家ばかりでなく全人類を次の文明にジャンプさせるような至高の果実を実らす事もあり得ます。譲渡益税という形で投資資金の一部が個人投資家から奪われ、少なからず自分が支持しない政治家や企業の浪費で消えるのはいたたまれない。

  • SBI株価急落のトリガーとなったアキュセラが騰がっていることや、ストキャスティックス的には金曜の寄り付きまでは騰がりそうです。しかし、円高や株安、米連邦公開市場委員会、日銀金融政策決定会合、英国の国民投票を控えての大口の買い控えによって急騰することはないと判断します。金曜の寄り付きまでに1120円まで上がりますように。

  • 大株主が自分が保有する株に関して期待を語ることは「ポジショントーク」といって一般的な事かと思います。「へ〜」ぐらいに受け止めるのがよいかと。投資には未来を予想する想像力が不可欠だという点には異論は無いかと思います。今回アキュセラ株が短期間に高騰したのは実体を伴わないバブルですが、北尾氏はもっと未来の実体の成長に支えられたアキュセラを見据えているのでしょう。ストラテジックな投資とは、あらゆる情報から未来を予想することです。ヤフーを例に考えてみて下さい。パソコンすら普及しておらず、低速高額な電話回線にダイヤルアップ接続していたインターネット黎明期に、スマフォで高速回線に常時接続している未来を予想できたでしょうか?そのような可能性を信じ続けた投資家が成功の果実を得ています。アキュセラはどうでしょう?iPS細胞が実用化されてきたのが現在です。囲碁のプロ棋士にAIが初めて勝ったのも現在です。未来はどうでしょう。眼球の性質や目に関する病気、治験の膨大なデータ、関連化合物のライセンスを積極的に取得していく会社がiPSとAIを活用している未来はどうでしょう。私もヤフー掲示板に貼り付いてるため視力の低下を危惧していますが、ガンホー、ミクシィ、コラプラのゲームユーザーが極度の視力低下に悩む未来があるかもしれません。北尾氏を筆頭にアキュセラホルダーはアキュセラ+iPA+AI、あるいはSBIのサプリメントで世界数億人の目の悩みが軽減されている未来を予想しているのかもしれません。私見では、アキュセラの社長には「ホラッチョ」で話題になったショーン・マクアドル・川上と同じ匂いを感じるため、アキュセラ株には手を出せません。少なくとも私の知る本物の医師は土日返上、全身全霊で研究に邁進されています。アキュセラの社長のようにFacebookで自分の幸せをひけらかしたり、自著の本(目の本ではなく啓発本)を宣伝したりはしていません。無論、そのように考えるのは応援しているSBIの株価が急落を被ったことに端を発する私の邪推です。ホンモノか偽物か、ホラッチョか。これからのアキュセラの株価が語るでしょう。

  • No.598

    強く買いたい

    明日はメジャーSQ。 S…

    2016/06/10 00:42

    明日はメジャーSQ。

    SBIに限らず安値圏でさらに売り込まれた金融株。明日は出来高を伴った大陽線現出となるでしょうか。

    SQ前日は陰線、
    SQには陽線というアノマリーがあるとか、
    ないとか。

    アノマリーがあるとして、その作用機序を考えてみます。

    【アノマリーの作用機序(私の見解)】
    添付画像の期間は株価の上昇局面だったので、SQ前日にSQの波乱回避で陰線が出れば株価は平均的に割安な状態だったと仮定します。

    SQの売買の目的は思惑通りの株価にすることなので企業業績やトレンドの影響が無いと仮定します。

    SQで割合株が売られたら割安度が増したり、空売りの買い戻しで株価は騰がっていく。

    SQで割安株が買われたら空売りの買い戻しで株価が騰がっていく。

    このアノマリーが成立するポイントは株が割安であることが重要なので、相場全体が下降局面でも割安な株には作用すると考えられます。

    精一杯金融株が騰がる材料を探してます。このような理屈をこねないと日本が潰れるまで金融株が売り込まれそうな勢いです。

    添付画像の引用元:SBI証券 SQ 傾向 でググる。

  • >>No. 611

    いぬ 様

    はい。私には吉兆に見えました。経験的に売られすぎ。後場の底打ちからの巻き戻しは反転のサインだと感じます。

    他の金融株に連れ安していますが、SBIはネット証券トップの売買手数料収入があるので他とは少し違うかもしれません。

    賃上げで増額したボーナス、非課税枠が120万円に拡大されたNISA。ネット証券トップのSBIには追い風です。

    見逃せないのがソフトバンクがヤフーを買収する可能性があるという報道。ヤフー買収の後はヤフーとSBIが業務提携を結ぶ可能性はあると思います。SBIはヤフーのファイナンス機能としてあまりにも魅力的だと思うのです。SBIとしてもヤフーという絶大なインターネットポータルは魅力的です。ソフトバンクがヤフーの経営や握れば、シナジーを見込めそうなネット企業とはどんどこ提携していくかも。

    孫正義氏の後継者のニケシュ・アローラ氏は165億円の年俸を得る天才経営者。北尾氏もご高齢ですから潮時は頭の片隅にあることでしょう。

    アスクルをはじめヤフーとの提携を材料にして株価が高騰した銘柄は枚挙に暇がありません。ネット金融トップのSBIとヤフーとの提携が報じられたら、北尾ロケットは一気呵成に大気圏を突破するでしょう。

    ぐらい、後場の強さから妄想しました。

    SBI株8000円台からのロングホルダーより。

  • >>No. 617

    5月と6月の日経記事の対比、笑いの「振り」と「オチ」が絶妙で失笑してしまいました。

    この日経記事は私も読んでいましたが、「前月比」売買代金の17%減にどんな意味があるのかと深読みすることで、SBIのストラテジストたる凄さを感じます。

    4月は配当権利落ち後の動向を注視しながらの手仕舞いや、買い増しなど売買の理由があります。

    逆に5月は前半は最大9連休のGW、中半から後半にかけては決算発表ラッシュがあり買い向かう月ではありません。

    同記事には売買代金の下落率は2015年の9月以降最大とありますが、9月もシルバーウィークで株のことは忘れておきたいものです。

    ではなぜSBIは「前年同月比」ではなく「前月比」の数字を日本経済新聞にわざわざ知らせたのか?(日本経済新聞は毎日読んでいますが、前月比の数字をどうのこうの言う記事は保有銘柄以外は読み飛ばしているせいか、このSBIの記事しか印象に残っていません。)

    一つの可能性は前年同月比ではもっと悪化しているから。連休直前に日銀の逆サプライズが個人投資家を叩きのめしました。前年との違いではサミット前の手控えもありました。

    そしてもう一つの可能性は逆サプライズのための「振り」。事前に空売りをセットしてから金融株の業績悪化の方向付けを日経から投下。自らは株価高騰の材料をカードに持ちながら空売りの買い戻しと、急騰材料投下の絶好の好機を待つ。

    今後の日銀のポジティブサプライズ、英国のEU離脱回避確認後に隠し球をヒョイッと出してくるかもしれません。

    隠し球なんていくらでも妄想できます。バブル的に急騰していた新興株にリスクヘッジ目的の空売りを仕掛けていたとか。

    リーマンショックを生き抜いた金融屋であれば株価の急騰局面、急落局面、両方の立ち振る舞いを心得ているでしょう。

    ゴールドマンサックスがリーマンショック時に空売りして数百億ドル稼いだのは事実(ゴールドマンサックスがリーマンショックの引き金を引いたとも。。)。株価を下げたり上げたりするのが大口のやり口であることには異論がないと思います。

    さて、SBIでの売買代金大幅減少の記事は、今後の上方修正サプライズを狙うための「振り」なのでしょうか、それともやっぱり満足げにナンバーワンを語られた北尾氏に対する「オチ」なのでしょうか。

    少なくとも、私の保有するSBI株の株価はオチだけです。

    8000円台からのロングホルダーより。

  • 今日「野村証券が倒産する理由」といった記事を読みました。※詳細はググって下さい。

    【アンケートのお願い】
    野村HDが潰れる可能性はありますか?

    野村HDが潰れたら日経平均銘柄の証券セクターの枠が空きますし、
    政府や大企業相手の寡占的な資産運用で搾取されていた野村HDの取分が
    庶民に分配される期待があります。

    ギリギリの経費削減や手数料削減で努力している新しい
    証券会社にも追い風。

    SBIに限らず「お客様価値の最大化」を目指して
    ムダの削減と企業価値の向上に務める企業にこそ、
    日本ナンバーワンになって欲しいです。

    以下、自分なりにググって野村HDの倒産に関する裏付けを探してみました。
    結果、倒産の確証はありませんでした。

    ■野村證券のCFOが3月で退任
    退任理由は見つけられませんでしたが、
    連想したのはオリンパス事件。

    オリンパス事件では、巨額の損失隠しを社長就任によってイギリス人経営者が知り、
    旧経営陣を糾弾し、オリンパスは上場廃止寸前となりました。
    発覚時点の損失残高が少ないことで、上場廃止は回避できたと記憶しています。

    野村HDのCFO(財務最高責任者)にまで昇りつめた人物が、
    野村HDを辞めるというのは、財務に何か問題でも?

    心配になりませんか?

    ※野村HD CFOの突然の退任理由をご存じの方、情報をお待ちしています。

    ■繰り返されるリストラ
    今年4月27日、野村HDは最大1000人規模の人員削減を発表しています。
    リーマンショック以降、既に4回目のリストラとのこと。

    欧米でのリストラとのことですが、
    もし日本国内で4回もリストラやっていたら
    「倒産するかも」と思われて仕方ありませんよね?

    ■時代の流れ
    旧来(インターネット普及以前)は、山一、日興、野村、大和が4大証券が
    日本の証券取引を寡占していました。

    しかし現存する証券会社は野村、大和の2社のみ。
    インターネットの普及で情報の寡占は終わりました。

    昔の電話は、相手にかける場合に「交換手」という役割の人が
    電話回線の取りつなぎを担っていました。
    「交換手」は「交換機」にとって代わり役割を終えました。

    個人投資家が全員ネットトレードを使えるようになれば、
    株の売買に「交換手(野村の窓口)」は不要となりますよね?

    「そーれー、のむらーに、聞いてみよ~♪(CM)」という時代は終っていて、
    「そーれー、グーグルさんに聞いてみよ~♪」の時代ですよね?

    あのテレビCMで、実際に野村に電話した方って、
    探偵ナイトスクープで探しても見つからないと思います。

    直近ではアキュセラ株暴落時に、証券会社すら飛び越えて
    アキュセラ社長のFaceBookで直接質問を投げつけている猛者もみえました。

    さらに今後もし、

    SBIなどの新勢力がITやAI活用による(社員が介在しない、支店を維持しない)
    高利回りの資産運用システムを構築した場合には、国や企業の年金担当者は
    こぞってその新システムに運用を任せることになるでしょう。

    (そういう意味では、野村総合研究所は価値を増すかも。。)

    ■大企業病
    これは一般論であり、野村HDに限ったことではありません。
    (最近では三菱自動車のリコール隠し・燃費粉飾に関わる記事が大半です。)

    例えば大企業には「お客様相談室 室長」という役職があったりするそうです。
    年収1000万円でどういったお客様相談を管理しているのだろうと、
    私には不思議でなりません。

    コンビニ店員だった私から言わせれば、
    お客様相談はバイトでもできる仕事です。
    無論、私が担当していたお客様相談というのは

    「たまご、売れ切れでつか?」

    といった類いの相談であり、大企業のお客様相談室の業務とは
    一線を画するかもしれません。

    しかし、、しかし少なくともお客様相談の管理者に
    年収1000万円は高すぎると思いませんか?

    昨今低賃金によって介護士の離職率の高さが問題になっていますが、
    介護士は相談どところか、早朝・深夜問わず、
    直接的に助けの手をさしのべてくれます。

    自分がもし体に不自由を抱えた場合、お客様相談室の室長と介護士、
    どちらがいてくれると助かりますか?

    大企業には実益と給与が見合わないポストが
    蔓延(はびこ)っていないでしょうか?
    かといって、実益以上の給与を得ている社員が、
    「すみません、貰いすぎです。」といって給与を返納することもありません。

    桝添都知事と同様に(皆様から搾取したお金で、私だけ実益以上の贅沢をしてしまい)
    「反省している」、「心から反省している」、「深く反省している」、「真摯に反省している」
    そう言って、日本が潰れるまでポストにしがみついていることでしょう。

    日本全体が潰れる前に、SBIによるイノベーションを期待します。
    がんばれSBI。

    ■本題
    だいぶ脱線しました。

    野村HDは潰れますか?

  • SBIのスレッドで野村HD倒産に関するアンケートを開催させて頂いています。

    私は野村HDが欧米で失敗しているというより、単に野村HDは日本政府や大企業との古くからの結び付き(悪く言えば癒着)が無ければ収益をあげられないと読んでいます。グローバル社会で収益をあげる体質ではないのでは?

    インターネットを窓口にして人件費や店舗の経費負担を抑えて顧客価値の最大化に努めることの重要性は、既にSBIの証券会社ひとり勝ちで一つの結果が出ています。

    これからは、資金の運用に関しても同様の結果をSBIが出すでしょう。膨大な資金の運用は膨大な情報をAIが判断して行うようになると私は見ています。世界に数千ある投資先の現状を過去の統計に基づいて判断するという曲芸は野村HDが抱える天才トレーダーではなく、SBIが導入すると私が期待する量子コンピュータ上のAIがやってのけます。

    太平洋戦争の敗戦理由の一つは、戦闘機という新たな兵器に対して時代錯誤の巨大戦艦で立ち向かったことも要因としてあげられます。莫大な人件費や店舗固定費を抱える巨大戦艦野村HDが、機動力に富むSBI戦闘機に駆逐される日は近いと私は予想します。

    野村HDのサポーターの皆様、どうかSBIスレッドにもお越し下さいませ。野村HD、SBI、両方の将来性を検討して下さいませ。

  • >>No. 632

    確かに「倒産」や「潰れる」といった表現は他の記事からの使い回しですが、行き過ぎかもしれません。

    私が可能性として無くはないと思うのは、実際のところ野村HDの日経平均採用銘柄からの除外です。

    例えば有価証券報告書上の利益が粉飾されていた場合はどうでしょう。東芝といった世界的な大企業で不正会計がありました。

    ライブとアショック以前のことはご存じないとのことですが、ライブドアショックと同じ頃、野村HDに次ぐ規模の日興證券が同じく不正会計に端を発する信用低下、資金繰り悪化で上場廃止となっています。

    また同じ頃、三菱UFJニコスは三菱UFJの子会社化により日経平均銘柄から除外されています。

    日経平均銘柄での除外があった場合、同じくセクターから代わりの銘柄が採用されますが、この時SBIの名前が上がりました。残念ながらこの時の日経平均銘柄の座は松井証券にとられてしまいました。日経平均銘柄に採用されると日経平均銘柄を売買する各種ファンドによって売買高があがるため、株価は急騰します。松井証券の株価も跳ね上がりました。

    今のSBIは時価総額で日経平均銘柄の松井証券と並んでいます。

    金融、證券、もしどこか日経平均採用銘柄の不祥事が明るみなることがあれば、SBIの株価は上がると思います。

    2013年4月にSBIの株価はら900円台からの15連騰で一気に2000円を目指したことがありました。この急騰の原因は明らかになっていません。

    私の妄想ですが、2013年4月の急騰は野村HDなど日経平均銘柄の不正が一部(村上ファンドなどが送り込んだ内通者)に漏れたのではないかと踏んでいます。日経平均採用枠が空けば確実にSBIの株価は騰がるからです。実際には噂止まりで終わったのだと思います。

    ただし、2013年4月はアキュセラのエミクスタント塩酸塩の第三フェーズ治験開始のアナウンスがあった月でもあるので、その情報を事前に村上ファンドが「聞いちゃった」だけかもしれません。

    いずれにせよ、2013年4月のストップ高15連騰(うろ覚え、私の妄想だったかも)という事実があるのは確かで、材料が一つあればSBIの株価は騰がります。

    アキュセラに関しても、他の化合物で第三フェーズまで進捗できれば、2013年4月の再現を期待できると思います。

  • アキュセラ、、。私はSBI株8000円台からのロングホルダーです。ここまで素人目にくっきりはっきり見えるSBIの失敗は記憶がございません。

    SBIが選んだ投資先でアキュセラの他にありましたでしょうか、二段構えの底の見えない株価の急落。

    添付画像は今年1月に三菱UFJの投資セミナーでアキュセラ社長が会社説明されている場面だそうです(アキュセラ社長のFacebookコメント欄から転載)。

    アキュセラ社長は北尾氏がいう「本物」であれば、自己啓発本の執筆や宣伝なんてセコイ小銭稼ぎで時間を無駄にしないで頂きたい。「本物」の底力を見せて欲しいのです。

    万が一。万に万が一、アキュセラがこのまま終われば、アキュセラ社長は「シアトルのホラッチョ」として北尾氏をも騙し込んだ本物のペテン師としてSBIの歴史絵巻に残るでしょう。

    私はアキュセラの会社説明会で社長の言葉に熱心に耳を傾け、老後の夢を託された方々の今の無念さを思う怒りと、悲しみ。そしてSBI株価を介しての私自身の短期間での大損失で、、いたたまれない。

    偉業を成し遂げてもいないのに啓発本出す人の共通した性質、それは「人を惹きつける(騙し込む)のが上手い」、「話し方に(書き方)に信憑性がある」、といった点があげられると思います。

    ほんとうの本物だったら、大義を成し遂げた後に、その道筋を淡々とした文書で振り返り、書き留めるだけでしょう。大袈裟な修飾は無用。その自伝が人々を魅了し、奮い立たせ、啓発するものだと思います。

    いゃぁ〜、やられた、私自身の大誤算。

    私はアキュセラは買わなかったけど、私が買っていたSBIが沢山買ってしまっていた〜〜、、。

    しくしくしく。

本文はここまでです このページの先頭へ