ここから本文です

投稿コメント一覧 (53コメント)

  • 400円超えから踏み上げ態勢に入るか

  • 米国 キャメロン LNG プロジェクト第一系列の商業運転開始について
    千代田化工建設株式会社(本社:横浜市 代表取締役社長:山東 理二、以下当社)は、当社の米国グループ会社で
    ある千代田インターナショナル社が米国 McDermott 社とジョイントベンチャーを設立し遂行中の、米国ルイジアナ州
    Cameron LNG プロジェクトにおいて、第1系列の商業運転が開始されましたことをお知らせします。
    2014 年の契約締結以来、同ジョイントベンチャーは Cameron LNG プロジェクトの設計・調達・建設業務に従事してま
    いりました。今般第 1 系列の商業運転開始に至りました本案件は、3 系列の LNG プラントを含み、3 系列全てが完成
    すると LNG の年間輸出量は 1,200 万トン超となり、世界最大級の LNG 生産設備になります。
    同ジョイントベンチャーは引き続き本プロジェクトの完工にむけ、安全且つ確実な遂行に注力する所存です。
    以 上

  • 12月の株価予想
    400~499円👍、500~599円👎 どちらだと思いますか

  • IoT H/W BIZ DAY2019 by ASCII STARTUP

    “超スマート社会”を実現するIoTデバイスの新ブランド「WAVEE+」を展示

    iBeacon/LINE Beacon対応「近接ビーコン」、NB-IoT対応「ハカリビーコン」、ZETA/BLE対応「IoTカメラ」など多彩な無線通信規格に準拠したハードウェアシリーズ「WAVEE+(ウェイビープラス)」(2019年5月発表)を用い、先進のIoTサービスの事例をご紹介いたします。

    上記製品に関する詳細はプレスリリースをご参照下さい。
    2019.05.27 ACCESS、IoTデバイスの新ブランド「WAVEE+™」を発表、 超スマート社会の実現に向けて、ハードウェア・ラインナップを拡充
    2019.04.18 ACCESSと凸版印刷、ZETA対応IoTデバイス開発で協業

    日時2019年08月26日(月)10:00~18:00会場御茶ノ水ソラシティカンファレンス
    〒101-8222 東京都千代田区神田駿河台4-6 Google Map主催
    ホームページhttps://eventregist.com/e/IoTASCII2019?lang=ja_JP事前登録制イベントレジスト・Peatixでのチケット制セッションのみ有料

  • 米国 フリーポートLNGプロジェクト第1系列が液化天然ガス生産開始

  • 悪決算発表まで、ほぼ毎日材料連発か

  • 暫くの間、値幅整理か日柄整理しようヨコヨコで

  • ■VIMN SWEMEAについて
    Viacom International Media Networks(VIMN)はViacom Inc.(NASDAQ: VIAB, VIA)の一部門です。VIMNのSouthern & Western Europe, Middle East and Africa(南欧/西欧・中東/アフリカ地区)部門のポートフォリオは、「MTV」、「Nickelodeon」、「Comedy Central」、「Paramount Channel」、「Spike」、「BET」、「VIVA」、「Game One and J One」など世界的に人気の高いマルチメディア・エンターテインメントのブランドで構成されています。サービス提供国は、スペイン、フランス、イタリア、ポルトガル、ギリシャ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、ドイツ、スイス、オーストリア、アフリカ諸国、中東諸国、マルタ、トルコに及び、VIMNのコンテンツは、これら地域の60を超えるチャンネルの20以上のブランドを介し、2億2,900万世帯に視聴されています。VIMNに関するニュースはVIMN PR Twitterフィード(www.twitter.com/VIMN_PR)およびhttp://blog.viacom.com/でご覧いただけます。

  • 「Twine4Car」は自動車メーカー向けの柔軟なマルチメディア・コンテンツサービスで、ソフトウェアコンポーネント、動画および音声コンテンツ権、コンサルティングなどで構成されています。「Twine4Car」は自動車業界とコンテンツ業界間の障壁を取り除き、ドライバーや搭乗者が、より安全に、快適に、柔軟に楽しめるように、独自のコンテンツ視聴環境を提供します。

    VIMN南欧/西欧・中東・アフリカ地域プレジデント兼マネージングディレクターのRaffaele Annecchino氏は、
    「Viacomは、次世代モバイルネットワーク技術によりコネクテッドカーや外出先での没入型エンターテインメントが実現されつつある今、車載向けエンターテインメントはメディア業界にとってエキサイティングな新たなフロンティアになると確信しています。今回の提携はViacomにとって初となり、あらゆる世代の人々が真に楽しめる視聴体験を提供するという我々の可能性を披露することができ嬉しく思います」と述べています。

    ACCESS Europe 最高経営責任者(CEO)Dr. Neale Fosterは、
    「自動車業界には、これまでにない機会が訪れていると同時に、課題が押し寄せています。当社はViacomのコンテンツやブランドを『Twine4Car』に採り入れることで、自動車メーカーのユニークなエンターテインメント体験の提供を可能とし、顧客エンゲージメントの強化を支援します。VIMNとの今回の提携によりメディア業界と自動車業界を結び付けることはエキサイティングなことであり、ドライバーや搭乗者に向けた魅力的な次世代車載サービスのあり方を、根本から変革していくことになると期待しています」と述べています。

    「Twine4Car」は、あらゆるコネクテッドエンターテインメントを使い勝手のよいインターフェイスにまとめたACCESS独自のソリューションです。自動車メーカーに向けて、自社ブランドを保護しつつ、車を完全にパーソナライズされたコネクテッドメディアハブへと進化させる手段を提供し、エンドユーザ一に向けて一層の安心と利便性を実現します。今年1月のCES2019を機に提供開始されたV2.0では、拡張可能なHMI/UI(Human Machine Interface/User Interface)を一新し、AndroidおよびLinux向けに集約された車載電子番組ガイド(Electronic Program Guide、EPB)等を拡張しています。「Twine4Car 2.0」により、自動車メーカーやサプライヤーは、燃料や駐車料金の支払いといった自動車にまつわる小売サービスをはじめ、走行環境にかかわらず、すべての搭乗者に対してパーソナライズされた高度なコンテンツ体験を提供し、最高レベルの利便性を担保します。

    「ACCESS Twine for Car」に関する報道発表資料:
    2018年4月16日付「ACCESS、車載向けマルチメディアコンテンツ共有ソリューション『ACCESS Twine for Car』を発表」2018年12月18日付「ACCESS、『ACCESS Twine for Car 2.0』を発表」

  • ACCESS とViacom International Media Networks、ドイツの自動車業界向けに、テレビ向けエンターテインメントの提供で協業

    ― 「Twine4Car」で、MTV、コメディ・セントラル、ニコロデオン等、世界的な人気リニア・チャンネルが視聴可能に ―

    株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下ACCESS)とViacom International Media Networks(本部:米国ニューヨーク、以下、VINM)は、ACCESSの「ACCESS Twine™ for Car(Twine4Car)」を介してドイツの自動車業界向けにViacomの世界的に有名なテレビ向けコンテンツを配信することで業務提携いたしました。

    本提携に基づき、ACCESSは、「MTV」、コメディ中心の「コメディ・セントラル」、幼児・児童向け「ニコロデオン」といったViacomが保有するドイツ語版テレビ向けリニア・チャンネル(放送波と同時にコンテンツをIP配信するチャンネル)の版権を取得し、ドイツの自動車メーカーにより開発される車載向けにリニア配信していきます。

    「Twine4Car」を介して提供されるViacomのチャンネルは、ドイツで放映中のテレビ向けネットワークとサイマル放送され、無料で視聴することができます。「ニコロデオン」のチャンネルには、不朽のアニメ「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」や、「キッズチョイス・アワーズ」等の国際イベント、現地制作の「スポットライト」が含まれます。またティーンエイジャーや成人向けとして、「MTV」では「Yo! MTV Raps」、「ジャスタトゥー・オブ・アス」、「MTV EMA」の最新エピソードが、「コメディ・セントラル」ではドイツのスタンドアップ・ショー「Standup 3000」、カルト的人気アニメ「サウスパーク」が配信されます。

  • ファースト・ソーラージャパン合同会社向け
    メガソーラー発電所建設プロジェクト 設計・調達・建設(EPC)業務2件を受注

  • 株価低迷 出来高減少 5% 3~6ヶ月間の憂鬱か

  • 1Q↘ 2Q↘ 3Q↘ ?4Q↘?= 🔴😭⚫😂😊

  • ACCESSはOlympic生中継を出来るのか

  • 外資さん次のステージへ連れてってください

  • 上げるための空売りが仕組まれた値下がりか

  • 株主から見て、株買い占めはメリット👍がある、デメリット👎である、どっち。

  • 外資さん高いステージへ連れてって

  • ACCESS、外回り業務の働き方改革を推進する、新しい動態管理サービス「Linkit® Maps」を、8月1日より提供開始

    ― TBSテレビに採用 ―

    株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:大石 清恭、以下:ACCESS)は、外回り社員の業務効率を向上させ、働き方改革を推進する、新しい法人向け動態管理サービス「Linkit® Maps(リンクイットマップス)」を開発、2019年8月1日より提供開始いたします。併せて、株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、以下TBSテレビ)が「Linkit Maps」を導入したことを発表いたします。

    人手不足の深刻化により、働き方改革を推進する企業が増えています。中でも、セールスをはじめ、報道機関、物流、保守管理、訪問介護等の外回り業務が多い業界では、社員の居場所確認や、訪問ルートの共有、訪問実績のエビデンス管理、災害時の安否確認といった業務をいかに効率化するかが喫緊の課題となっています。外回り業務を管理するには動態管理サービスが有効ですが、一般的に高コストで、導入・運用におけるハードルが高いというのが現状です。「Linkit Maps」は、こうした企業の課題を、高機能かつ、低コスト、迅速に解決する動態管理サービスです。専用機器や専任の管理者不要で、各社員が「Linkit Maps」のアプリをスマートフォンにインストールするだけで、すぐに利用開始することが出来ます。

    「Linkit Maps」は、5,000社を超える企業に導入されている、マルチデバイス対応(PC、iOS/Androidスマートフォン)のクラウド型ビジネスチャットサービス「Linkit®」をベースに、動態管理機能を拡張しています。「Linkit」は、シンプルで安価、かつ高セキュリティなビジネスチャットとして市場より高く評価されています。動態管理機能では、外回り要員の訪問ルートや位置情報を地図上にリアルタイムで表示して共有し、チャットで連絡を取り合うことが可能です。また、予め複数の訪問先の住所を登録することで、社員間で訪問ルートの共有や、訪問先のバッティング回避にも活用できます。さらに訪問履歴をエビデンスとして利用することで、会社レベルで外回り業務実績をデータ化し、業務効率の向上に活用することも可能になります。

    「Linkit Maps」の開発には、TBSテレビをはじめ「Linkit」導入企業の声が反映されています。TBSテレビでは、取材クルーの業務管理・情報共有・安全管理に Linkit Mapsを利用しており、スピーディで安全な取材活動を実現しています。

    「Linkit Maps」の特長
    社内からでも出先からでも、外回り要員の位置情報をリアルタイムで把握

    スマートフォンのGPS機能を用いて、使い慣れた地図アプリ上に、外回り要員の位置情報や移動ルートを表示します。部署単位、プロジェクト単位での位置情報の共有が可能です。PC(Chromeブラウザ)、スマートフォン(iOS/Android)対応ですので、社内からでも出先からでも利用可能です。

    訪問ルートの共有が簡単
    地図上で複数の訪問先の住所を入力して共有することが出来ますので、外回り社員が迷うことはありません。セキュアなチャットですぐに会話、グループ間で把握
    地図を見ながら、その場でチャットができます。
    チャット内容は、複数の社員間で共有されますので、個別の連絡は不要です。訪問実績および効率的なルート分析
    過去の時刻を指定して移動履歴を表示できますので、訪問先のエビデンスとして活用できます。
    またPC上で活動履歴を自動保存し、効率的なルート分析が可能です。プライバシーへの配慮
    位置情報共有の有無や公開範囲は各社員で設定できます。管理不要、専用機器不要
    IT専門の管理者は不要で、スマートフォンがあれば導入できますので、運用コストを低減できます。動態管理サービスとして業界最安値水準

  • 5G用半導体はこれから需要が多くなり、だぶついた既存の半導体は減少に向かっていくのでは

本文はここまでです このページの先頭へ