IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5913コメント)

  • >>466:
    明日の「BUSINESS ON DEMAND:モーサテ」をご視聴下さい。

    (参考)
    TV東京「モーサテ」明日番組の見どころ
    7月14日(火)
    「朝活タイムは「なるほど・ザ・新興国」。エストニアを取り上げます。エストニアというと大相撲や格闘技で活躍した、元大関の把瑠都さんの印象が強い日本人も多いと思います。実は「世界有数の電子大国」と言われています。現地から報告します。」だそうです。

  • 16日決算発表のTSMCにも注目。

  •  今日は名誉なことに、一部市場の値上がり銘柄が2000を超えたにもかかわらず、126の値下がり銘柄に入りました。

    こんな日もあるということですね。

    さて、以下のことも注目を今後浴びてくると思われますので一言。

     2019年11月から埼玉県深谷市(人件費などコストダウン効果:2億円)で全国に先駆け導入を開始して以降、全国自治体向けに展開開始した自治体統合行政ネットワーク(LGWAN)で適用できる国内初の自治体専用のビジネスチャット「Logo Chat Service」が[COVID 19]対応のリモートワーク・オンラインテレワーク拡大契機で脚光を浴び拡大展開が継続している。自治体庁内情報共有・迅速な意思決定支援・自治体間の連携コミュニティ確立などの効果で大幅な人件費(自治体政策立案アンケート集計・分析スピード化、日程調整、電話対応、メール対応、会議資料事前準備など)などの大幅なコストダウン削減効果が期待される。
    「Logo Chat Service」は自治体のデジタルトランスフォーメイション(DX)を急速に進捗させてきた。今後も全国自治体への波及効果が期待される。

     また、5月に事業提携した「Blockhive」(注)の開発したデジタルIDアプリとの組み合わせで、窓口、申請用紙、ハンコに頼らないオンライン完結の行政申請サービスも加賀市(石川県)を発端として今後全国展開すると予想される。

    (参考1)
    自治体導入累計数:5月末:300→7月6日:437。(+46%)
    アカウント数累計:5月末:17.8万→7月6日:22.7万。(+4.9万)
    NewIT事業貢献課金月別;5月:約0.8憶円→6月:約1.1億円→今期累計予想:約8~10億円→来期累計予想:32~35憶円。

    (参考2)「Logo Chat Service」自治体新規導入件数月別推移:
    11月 :8.
    2月 :34.
    4月 :82.
    6月 :126.

    (注)Blockhive:
     世界一の電子大国で行政申請の99%がオンライン化されているエストニアでのノウハウや経験を生かしてデジタルIDやブロックチェーン(BC)関連ソリューションを提供している企業。明日、「TV東京」の「BUSINESS ON DEMAND:モーサテ」番組で「電子大国エストニアのオンライン行政」に関して報道される予定。

  • おめでとう。大台に乗せましたね。
    少し手放ししましたが・・・。

    上場来高値更新。

  • 35000で利確しました。

    ホルダーに幸あれ!!

  • 引け71万株の成り行き買い。凄い。

    19年ぶりの高値。

    保有株約60%利確したが、少し早まったかな?

  • 利益成長「青天井銘柄」として推奨されている。8月発表の2Q決算に期待。
    さて、明日からの展開は?

    (参考)
    2020年07月12日19時30分
    【特集】上方修正“先回り”、20年12月期【業績上振れ】候補 <成長株特集>
     20年12月期第1四半期(1-3月)経常利益の“上期計画”に対する進捗率が高い銘柄にスポットライトを当てた「上方修正“先回り”、20年6月上期【業績上振れ】候補」(7月9日配信)に続き、通期計画に対する進捗率が高い銘柄を対象とする、業績上振れ候補【第2弾】をお届けします。

     本特集では、今月下旬から本格化する20年12月期上期(1-6月期)決算発表を前に、第1四半期(1-3月)業績が好調で経常利益の通期計画に対する進捗率が高く、上方修正に踏み切る可能性が高いとみられる銘柄を探った(7月5日現在)。

     (途中省略)

     このほか、アイ・エス・ビー <9702> 、電算システム <3630> 、エル・ティー・エス <6560> 、Orchestra Holdings <6533> 、歯愛メディカル <3540> [JQ]、富士ソフト <9749> 、GMOクラウド <3788> は直近3ヵ月の1-3月期(第1四半期)に四半期ベースの過去最高益を更新し、かつ通期でも過去最高益を見込む、いわゆる利益成長“青天井”銘柄としてもマークしておきたい。

  • 昨日は保持銘柄の中の3銘柄(テスラ、東洋合成、AIインサイド)が10%以上の株価上昇を果たした。こんな日もあるのだなと実感した。

    日米ともに、PBRの高い、所謂、グロ-ス銘柄に資金が集中している。

  • 凄い。10%以上の上昇で。

    1500超えてきた。

    さて2000の大台目指して頑張れ!!

  • 3連騰でゴールデンクロス実現。

    さて、分割期日に向けての今後の展開は?

  • 上昇してくるとは思っていたがまさかこんなに急騰して張り付くとは。

    予想を上回る上げっぷり。まあ、いいでしょう。

    さて、これからの展開は?

  •  ちょっと上がりすぎ気味ではあるが、8400食って+6%上昇とは凄いなあ。ゆっくり上昇でもいいよ。

     まあ、市場需要拡大とともに下記のような業績の変化率見れば当然かもしれないが。
    (1)会社予想:
    今期(2020・9期)当初の会社予想から上方修正。
    2月12日:経常利益:12.8億円→5月15日:経常利益:26.2億円
    (対前期(2019・9期)比:2.7倍)
    既に、2Q経常利益実績:26.2億円で会社予想を達成している。

    (2)アナリスト予想:
    鈴木アナリスト(日本ベル投資研究所)予測:31.0億円。
    SBI証券アナリスト予測        :34.1憶円。

     社長は、2022・9期の中期計画(営業利益:47億円)を1年前倒しで達成できると言明している。同様に、鈴木アナリストも2021・9期営業利益予想50億円として、社長と同じく中期計画を1年前倒して達成できると予想している。

  • 終値高値更新!!

    ザラバはあと少しで更新。

    1000の大台へ上がっても強い。

  • あと少しで400台へ。

    エヌビディアの株価に追いついてきた。

  • ここを動かしている筋には気を付けたほうがいいよ。

    特に、1000株以上の買い指値の出し方に注意。

  • ストックボイスでの社長のプレゼンテイションが立派だった。

    今期から2023年はあくまでも成長過程で2030年を見据えた長期戦略で営業利益の成長率(CAGR)+40.5%は凄い。詳細な中長期計画を決算発表とともに公表とのこと。

    期待しよう。

  • 15日決算発表日。

    さて次期どのように予想するかにかかっている。

  • 明日は年初来高値更新必至。

    次は9000台へ。一歩一歩上がる階段を・・・。

  • 400の大台も近くなってきた。

  • 200の大台へ乗せて年初来高値更新。

    ASMLも高値更新同様。

本文はここまでです このページの先頭へ