IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (35コメント)

  • 朝寄付きから30分で、出来高182,900株。
    このままのペースで行くと、1日の出来高が、200万株超えるね。
    一昨日辺りから、仕手が入ってきている感じ。
    昨日は、空売りで利益をかすめ取ったけど、今日は、踏み上げて利益をかすめ取るのか?

  • >>No. 349

    昨日1日で空売り残高が、40万株増えて75万株。
    一番驚いたのは、空売りしている当人だろう。
    空売り個人の大半は、大きな含み損を抱えているからな。
    ここの、東証一部指定承認発表前の平均出来高は、約6万株/日。
    空売り残高が、1日平均出来高の12.5倍って、今まで記憶にない。
    空売り残は、即ち買い需要だから、インパクトが大きいね、いや大き過ぎるw

  • >>No. 377

    >明日の寄り付きで売るのが最善。

    75万株もの驚異的な量の売り残、即ち驚異的な量の買い需要があるのだから、慌てて売ることはないよ。
    今までも、トピ買い翌日で、売り長の場合、株価は下がらなかった。特に、今回のリテールパートナーズの場合、売り長の程度が驚異的だから、明日は、株価は買い戻しが入って上昇するよ。

  • >>No. 362

    トピ買いのマネーゲームは今日で終わりなので、トピ買い参加者の大半は、今日、利益確定して終わって、明日からは参加しないでしょう。
    まあ、一部の人から多少の売りは出て来ても、75万株には絶対にならないでしょう。
    明日からのゲームの参加者は、空売り個人だけと言っても良いでしょう。

  • >>No. 356

    マネーゲームは、明日から第2段に入ります。
    チキンゲームです。
    参加者は、驚異的な売り残75万株からなる空売り個人。
    大半の個人は、含み損なので、ただじっと落ちて来るの待つか、
    それとも損切り覚悟で上値で買い戻しするか、の2者択一です。
    このマネーゲームは、我慢ゲームですので、2、3カ月もかかる長いゲームになりそう。
    その間、再度、仕手が入って来て、空売り個人を徹底的に潰そうと企むかも知れません。

  • >>No. 346

    空売りが40万株も増えている。
    今日は、高額逆日歩が付きませんでした、残念ですw
    売残が75万株って、トピ買いでは、今まで記憶にない株数です。
    75万株の売残の解消には、2カ月以上はたっぷりかかるでしょう。
    まだまだ、分からないですね。
    売りたい人は既に売り尽くしたので、明日からの参加者は、空売り個人だけとなります。
    空売り個人によるチキンレース、始まり始まり~~~ww
    どこまで、踏み上がるのか、高見の見物とさせていただきます。

  • >>No. 333

    今回の取引は、いつものトピ買いとは、全くと言って良いくらい、相場付きが違っていました。仕手グループが入ったからです。
    仕手は、先ず、前場、1,800円前後で、約7億円くらい空売りしました。
    そして、12:30過ぎに、約37万株の売り注文を、1,460円くらいに出します。
    37万株の売り板を見た個人は、パニックになって売ります。
    株価は、どんどん下がります。仕手は、時々、追加の空売りを入れて、更に下げさせます。どんどん、株価は下がります。
    そして、3時近くなったら、空売りした株数に、売り板の37万株を加えた約80万株の注文を、引け成り買いで出します。
    大引けに約定して、差し引き、約1億円の利益を出して終了。
    今は、見せ板は、厳しく監視されていますので、一旦出した注文は取り消さないで、それを加えた株数で反対売買します。
    最後に上げたのは、今日売った仕手が、買い戻しただけで、昨日まで空売りをしていた人からの買い戻しはあまりなかったと思います。なぜなら、まだ利益が出ていないからです。

  • >>No. 249

    >時価総額が大きい銘柄から組み入れるので、こんな時価総額小さい銘柄は、純資産の少ないファンドは組み入れないから。

    ここの時価総額は、700億円、大きいぞ。
    日本のファンドは、律義だから、時価総額が小さい銘柄でもほぼ100%組入れていると、日経新聞に載ったことがある。
    嘘言ってはダメだぞ。
    虫籠に入れたから、チミの投稿を今後二度と読むこともないだろう。

  • >>No. 216

    売り時って非常に難しいです、誰もが迷うところです。
    場数を踏むしかないですが、それでも失敗します。
    ピークで売れるのは、S高を除くと、たった一人しかいませんからね。

  • >>No. 101

    ひゃ~~~っ、空売りが凄いことになってる。
    トピ買いで、貸株注意喚起が出された銘柄って記憶にないね。
    高額逆日歩付きそう、それも3日分。
    一度は諦めた目標株価の2,500円も、可能性としてはあるかもwww
    先ずは、一昨年の5月に付けた上場来高値の1,917円の更新だね。

  • 空売りに固執しないで、ドデン買いすれば良いのにねw
    売り長の場合、トピ買いが終わっても、空売りの買い戻しで株価はしばらくは上げって行くよ、知っていると思うけど。
    カワニシ(2689)、柿安(2294)など枚挙にいとまがない。

  • >>No. 20

    今日は、空売りがかなり入りました。
    機関の買いも、そこそこ入ってましたが、空売りによって頭が抑えられ、株価的には中途半端に終わりました。
    信用残を見ると、売残が、買残を70,900株も上回っています。
    一般的に、TOPIX組入れが終わると、信用銘柄の場合、株価は急落しますが、貸借銘柄で、このように売り長の場合、踏み上げにより株価は上昇します。

    いよいよ残すところ、2日になりました。
    機関による特需買いは、まだ大量に残ってます。
    明日の出来高は、70万株、明後日の出来高は、200万株と言ったところでしょうか。
    空売り個人は、機関の大量買いに付き合わなくちゃならないから、資金的にも、精神的にも大変ですねww

  • >>No. 899

    >新型コロナに感染する人って、普段からいい加減で不潔な人が多い。

    日本が、新型コロナの感染者数も死亡者数も、世界的に極端に少ないのは、一時、BCGの接種率が高いことが挙げられたが、今では否定されている。
    今では、不潔な人ほど感染率が高いことが分かって来ました、当然と言えば当然です。
    欧米では、何故、感染者数も死亡者数も多いのかと問われれば、端的に言うと、不潔な国民だからです。
    欧米では、トイレに行っても、特に小用の場合、ほとんどの人が手を洗いません。
    挨拶の際は、そうした汚い手で相手の手を握る。
    またハグの際は、そうした汚い手で相手の体を引き寄せ、汚い頬と頬をくっつけ合う。
    男女の場合、公然とキスを、それも度々する。
    家にも土足で入るので、靴底に付いたウィルスを家中にまき散らす。
    食事の際は、パンやピザなどを汚い手で直接取って食べる。

    日本の場合、水道ができるまでは、各家庭には井戸があり、水はタダ同然で使って来ましたから、朝起きると顔や手を洗い、夜は風呂に入るのは当たり前の習慣でした。
    しかし、世界では、水は貴重で、水で手を洗う習慣もないし、体だってあまり洗えない。したがって、体臭が酷い。欧米人が、香水を使うのは、不潔な体から発する体臭を消すためで、日本人のように毎日風呂に入っている清潔な国民は、香水なんぞは不必要なんです。

    今回の新型コロナ騒動で分かったことは、日本人の清潔な国民性と欧米人のような不潔な国民性が、感染者数と死亡者数に大きな影響を与えるってこと。

  • >>No. 871

    安倍政権も、「角(つの)を矯(た)めて牛を殺す」結果に気づいたようですね。
    緊急事態宣言が、昨日、残りの5都道県でも解除されましたが、安倍首相が急いだようです。
    今まで、感染症専門家の意見を重視するあまり、日本の経済はガタガタになってしまいましたからね。
    日本のほとんどの病院のICUの病床は、ガラガラ、一方、GDPは大幅なマイナス、失業率の増加、アルバイトが出来なくなった大学生の中退予備軍も増加、経済が滅茶苦茶になり、それに合わせて安倍政権の支持率も急低下しました。

    新型コロナについては、世界各国の色々な論文から、ある程度”姿”が分かって来ました。新型コロナを「武漢風邪(かぜ)」と言う人もいます。広い意味での風邪の一種でしょう。
    普段から、手洗いとうがいを励行していれば防げる病気。
    新型コロナに感染する人は、普段からいい加減で不潔な人が多いですね。
    まあ、医療従事者の場合は、忙しさのあまりの医療ミスによる感染ですか。

    安倍政権は、大きなダメージを受けた経済の復興に重点を移し、新型コロナについては、インフルエンザ並みの対応で良いでしょう。
    緊急事態宣言は、元々は、医療崩壊を危惧して出されたものなのだから、ICUの病床がガラガラな日本の場合は、もっと早く解除すべきであったか、それとも初めから宣言などすべきものでなかったのでしょう。

  • いよいよ今週末には、TOPIXに組入れられます。
    武者震いするねww
    今まで、機関は、新型コロナによる不透明感もあって、あまり先回り買いをして来ませんでしたので、買い需要が大量に残っています。
    過去に、同業のハローズが東証1部に昇格したときは、TOPIX組れの週に急騰しました。
    リテールパートナーズは、貸借銘柄のため、今まで空売りされて頭を抑えられてきましたが、今度は逆に、踏み上げによって急騰することを期待したい。

  • ただ、ハローズとリテールパートナーズの大きな違いは、ハローズが信用銘柄なのに対して、リテールパータナーズは、貸借銘柄。
    信用銘柄は、上がるときは急激に上昇し、落ちるときは急激に下落します。
    それに対し、リテールパートナーズは、貸借銘柄なので、空売りが入り、なかなか上がりませんが、落ちるときも、買い戻しが入るので、急落もしません。空売りが多ければ、踏み上げによって、しばらく上がり続けることもあるでしょう。
    まあっ、先のことは、お釈迦様でも分かりませんw

  • >>No. 871

    21日に、政府は緊急事態宣言を解除するでしょう。
    安倍政権の支持率が、経済の悪化とともに低下しており、これ以上の経済悪化、支持率の低下は避けたいでしょう。
    国が発表する「感染者数」は、非常にアバウトな数字で、専門家会議の尾身副座長も、「(実際の人数について)10倍か15倍か20倍というのは誰も分からない」と国会で答弁している。
    まあ、緊急事態宣言を早く出したいときは、PCR検査をいっぱいして「感染者数」を増やし、反対に、解除したいときは、PCR検査を少なくして「感染者数」を少なくすれば良いだけ。

    東京の場合は、どうなるか、小池知事の判断にかかってくる。
    7月5日の都知事選を意識して、どうすれば再選されるか、常に頭の中にあるはず。
    一番良いのは、休業要請の解除と外出制限の緩和をしながら、なおかつ「感染者数」が増えないことだが、梅雨が近づいて来ていることもあり、可能でしょう。

    やはり、懸案事項は、皆が考えているように、秋から冬にかけての、第2波、第3波でしょう。
    ワクチンの開発は、世界各国で行われているが、年内は無理で、早くて来年、それも量産されて実際に自由に使われるのは来年の末頃とのこと。それまでは、まだまだ油断できないね。

  • >>No. 866

    「角(つの)を矯(た)めて牛を殺す」ということわざがあるが、安倍政権や小池知事の今までの対応は、それに近いね。

    日本の新型コロナウィルス感染者数は、中国や欧米ほどは増えてなかったので、本来、発表する必要もなかった緊急事態宣言を無理矢理発表し、かえって経済を悪くしてしまった。
    新型コロナウィルス感染は、国民の大多数が抗体(感染かワクチンなどで)を持つまでは収束しないので、それを短期で済ませるか、長期で済ませるかの、選択の問題に集約される。短期で済ませようとすると、医療崩壊により助かる命も助からないこともありうるが、かと言って長期で済ませようとすると、経済が停滞し自殺者が急増することにもなりかねない。
    新型コロナの主な死亡者は、60代以上の年金受給世代なのに対し、経済停滞による自殺者は、30代~50代の働き世代。
    どちらかを選ばなければならないとするなら、30代~50代の働き世代でしょう。

    安倍政権も、小池知事も、医療崩壊が起こらないギリギリのところまで、今までの規制を緩め、経済の復興に舵を切るべきでしょう。

  • >>No. 866

    新型コロナに罹ったんじゃないかと思われたときは、安静にするのが一番。
    特に、最初の3日で勝負が決まるようだ。
    ウィルスに感染すると、ウィルスと戦うため、自然に体温が上がるが、そこで解熱剤などで体温を下げては逆効果になるので注意。
    この3日間は、体がウィルスと戦っているので、それ以外の無駄なエネルギーの消耗は避けなければなりません。
    とにかく、じっと目を閉じたまま横たわり、食事も取らず、トイレにも立たず、水だけで過ごす。こうしたことのために、普段から体力を温存しておかなければならないのだが、体力がない人は、食事はお粥くらいにとどめる。
    こうして最初の3日間で治せば、重篤にならないで済む。

    元外交官の岡村行夫が、最近亡くなったようだが、体の具合が悪くなっても、無理して仕事を続けていたと言う。
    新型コロナの場合、とにかく最初の3日間が勝負だから、皆さん、特に若い人は、自分の体力を過信せず、気を付けて下さいね。

  • 新型コロナの感染者数が少なくなってきたこともあり、株価はパッとしないね。
    ただ、皆も分かっていると思うが、新型コロナは、国民の60%~80%が感染するまで、またはワクチンを接種するなどして国民の60~80%が抗体を持つまで続く。
    欧米のように、医療崩壊を覚悟で放置すれば、その期間は短くなり、経済復興も早くなるが、日本のように慎重に慎重に対応すれば、2年も3年もかかり、経済復興も遅れる。
    日本の場合は、あくまでも感染者数も重症患者数も、医療崩壊しない程度に平準化しようとの戦略なのであって、感染者数をゼロにしようとか、重症患者数をゼロにしようかでは、勿論ない。
    当然、そうした戦略が失敗して、第2波が来て、オーバーシュートすることもありうる。

本文はここまでです このページの先頭へ