ここから本文です

投稿コメント一覧 (78コメント)

  • 200円を超えたら売却予定であったが213円で全数売却できた。ただマイルストーンが第三者増資の残りを本日売却していなければ、再度参加する。まずは5営業日以内の大量保有報告書を待っている。

  • 現在sbiのptsは少し上がっている。明日の株価は大口がこのIRをどうとらえるかだろう。

  • 上場株式の譲渡について詳しい方がいらっしゃれば、お教え願いたい。昨日のIRで社長の本間氏から資産管理会社である中央グループHDに800万株(発行済み株式の19%弱)が本日譲渡されるとの事であった。この場合の売却価格は双方の話し合いで決まるとおもうが、今日の終値が無関係だろうか?  もし、今日の終値より極端に高ければ本間氏に対する利益供与になり、極端に安ければ中央グループに対する利益供与になるのでは。当然、本間氏は譲渡益課税を支払う事になる。今日の終値が目安になるだろう。とすれば今日の終値があまり高くなっては困るのではないかと思う。今日の値動きにはかなり抑え込みがあったのではないかと推測する。もちろん空売りもあっただろうが。明日以降の値動きを期待している。

  • 昨日のザラ場は170円まで下げてふるい落としも終ったようだ。今日以降も出来高が極端に減らなければマイルストーンの出番となる200円以上に上がると思う。

  • 3日連続の出来高100万株超え。そろそろ動きがあると思う。

  • 少しだけだが寄りで買い増し。この後下がってくれば追加買い。

  • 昨日は都合でほとんど株価をチェックできず。久しぶりに240円代前半があったようだ。こんなチャンスを逃してしまった。今日もこのあたりのスタートだと良いのだが。

  • いよいよ何かありそう。この地合いで8円高。(+4.6%)出来高も120万株超え。PTSも5700株で高値190円。断熱材かそれとも新規事業か。

  • 3月18日40万株940円行使、3月20日125万株981,8円行使。3月18日までなら940円で行使できたのに。日興証券はもう安値(940円)で行使を待つ時間がないのか、それとも安値はもうないとみたか又は1株40円程度は誤差の範囲内の上昇という事か? これはいよいよ良い話が聞けそうだ。

  • 2月に下方修正が出るとおもい下方修正後に参加。残念ながら株価はあまり動きがない。エスクローや非対面サービスもおもしろいが、建築業者向けの専門家一括対応サービスには将来性をかんじる。全国展開できれば凄い事になるとおもいホールド中。何かのきっかけで知名度があがれば良いのだが。

  • 言葉足らずでしたので補足します。大量保有報告書に2月25日、日興証券は52万6千株を新株予約権を行使して取得していますが、市場内で処分したのはわずか39100株のみで50万株は市場外で処分しています。昨年8月以降今年2月末までに380万株行使の内210万株以上を同様に市場外処分しています。推測ですが、これらの株は第三者の法人や大口個人投資家等に流れているものと思います。これらの株が第三者によって市場内で売却されたか,まだ所有しているかわかりませんが、これからもこの第三者の売買利益を確保するためには安く買って高く売れる市場環境を作る必要があると考えております。従って、日興証券は新株予約権行使で安く株を買いたいのでは、そして高値で売却する時が来ると期待しています。

  • 困る事はないとおもいますが、日興証券がより利益を得るためには新株予約権行使で安く株を取得し高値で売却する事になります。現状の行使価格では前日終値の90%または前日終値が1044円以下であれば下限行使価格の940円になります。可能性があるとすれば、未行使残がかなりあり一時的に株価を抑えたいのかも知れません。希望としては2月25日のように昨日大量行使して株として所有していれば面白いのですが。それがわかるのは5営業日以内に出される大量保有報告書です。月初には月間行使状況に関するお知らせでも日興証券の動きがわかると思います。いずれにせよ日興証券としても最終的にには高値で売却したいわけで、その時を待つだけです。

  • 車載用は暫く先の話ではあり、これによる短期間での株価急騰は好ましくはない。FDKはこれから期待できそうな予定が控えている。12月の小型サンプル出荷の経過報告。4月には高容量サンプル出荷。SMBCに依る新株予約権行使の月間行使状況と完了IR. さらに,1月30日発表の3Qでは固定資産等の減損損失及び連結子会社の整理損を計上しても、前年比大幅プラスであり追加費用の発生の可能性を見越しての保守的な通期据え置きではないかと思われる。個人的には上方修正を期待している。今回をターニングポイントに株価の確実な上昇トレンドを形成してもらいたい。

  • とうとうモルスタも撤退。残るは3月5日から10日間で四分の一にまで空売りを減らしたドイツのみ。いよいよ何かでるかな?

  • そろそろマイルストーンの出番かな。期限まであと6ヶ月。

  • 確かに。GSが空売り撤退。ドイツは2日間で空売りを半減。ここ数日は出来高も有る。何かある?

  • 親会社の富士通のFDK株平均取得価格は2014年4月4日提出の大量保有報告書によると157.7円。現在の価格で1577円。富士通は3月末決算でFDKの株価は2015年3月末1430円。2016年940円。2017年1250円。2018年1940円。富士通にとってはあまり大きな問題ではないのかも知れない。ただ既に71%も所有しており、新株予約権を引き受ける意味がない。全株式取得するつもりなら話は別だが。そう考えると、胡散臭いところではなく、SMBC日興証券の引き受けは悪くないとおもわれる。ここからは推測だが今回の増資によって流通株式比率が35%を超える。本決算で上方修正があれば1部市場変更の可能性もあるのではとも思う。いずれにせよ、SMBCも新株予約権で取得した株を全数売却せず保有している点やサンプル出荷の途中経過、大容量のサンプル出荷等これからが楽しみな会社である事は間違いないと思う。

  • 8月22日から2月25日までに行使された新株予約権は387万株で平均取得価格は1100円弱。一方で大量保有報告書によると、1月28日までに売却された株は190万株弱。2月の売却状況はわからないが、1000円~1100円のレンジ相場であり売却数は多くないとおもわれる。相当数の株をSMBCが保有しているのではないだろうか。
    前日終値が1044円以下であればSMBCは940円で行使できる。発行価格が1株当たり8,6円かかるので取得原価は948,6円になるが。このあたりの株価のうちに行使したい(安く買いたい)のでは。2月25日の52万株の大量行使は株価が上昇するようなIRが近いのかもしれないと考える。憶測だが。行使終了は意外と早い時期になるのかも知れない。

  • 以前にも投稿したが、昨年9月の当初公募価格の半値以下の公募価格。12月上場時はソフトバンク上場後でしかも、4社同時上場。地合いも最悪の上場であった。本来はもっと評価されるべきであったと思う。業績も右肩上がりで国策銘柄。やっと日の目を見る時がきたようだ。

  • 増し担保解除で株価が短期的に上がるか下がるかはわからないが、マイルストーンの未行使残がまだあるので焦らずとも噴き上がるのを待てば良い。行使期限は今年の9月20日までなので、そんなに先ではない。今日のようにする安いところを拾っていれば問題ないと考える。

本文はここまでです このページの先頭へ