IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2595コメント)

  • こんな記事を見付けました

    『MELKはがん細胞の増殖に不可欠なたんぱく質だと考えられており、実際に「MELK阻害剤OTS167」は乳がんの治療薬として高い効果を挙げてきました。
    コールド・スプリング・ハーバー研究所に勤めるがん研究者のジェイソン・シェルツァー氏らは、成長が止まったがん細胞をテストの材料にするため、ゲノム編集技術のCRISPR–Cas9でがん細胞からMELKを生成する遺伝子を切除しました。しかし、シェルツァー氏の期待に反して、がん細胞はMELKを生産しなくなった後も増殖を続けました。さらに奇妙なことに、MELK阻害剤を投与してみたところ、がん細胞はとっくにMELKを生産できなくなっていたにもかかわらず、薬効のとおりに増殖が停止してしまいました。
    シェルツァー氏は次に、TOPKというたんぱく質を標的にした阻害剤のOTS964をがん細胞のコロニーに投与しました。その結果、がん細胞の大半は死滅しましたが、生き残ったがん細胞もありました。シェルツァー氏が生き残ったがん細胞の遺伝子を調べたところ、CDK11と呼ばれる遺伝子に変異が認められたので、がん細胞の遺伝子から変異したCDK11を切除してみました。すると、がん細胞はあっさりと死滅してしまったとのことです。
    シェルツァー氏は、OTS167やOTS964で起こった現象が偶然なのかどうかを確認すべく、6種類のたんぱく質を標的にした合計10種類の治療薬で同様のテストを行いました。シェルツァー氏がテストしたがん治療薬は、合わせて1000人以上を対象とした29件もの臨床試験で効果が確認されており、その効能について言及した論文や研究発表は180件以上にも及びます。
    しかし、テストの結果10種類のがん治療薬のすべてが、対象としたたんぱく質を持たないがん細胞で効果を発揮することが分かりました。このことから、シェルツァー氏は「がん細胞のたんぱく質を標的としている従来の『分子標的型治療薬』の効果は、対象としていたたんぱく質とは無関係」だと結論づけています。しかし、治療薬が効果を発揮していることはまぎれもない事実であり、「一体なぜ標的のたんぱく質と無関係な治療薬が効果を上げているのか」という理由は不明なままです。』

    なかなか、興味深い記事でした

  • OTSの低分子医薬(OTSのHPから)
    OTS167
    「急性骨髄性白血病に対する第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を米国シカゴ大学及びコーネル大学にて実施しております。この臨床試験は、急性骨髄性白血病を含む血液がんの患者さんを対象とし、OTS167の静脈内反復投与における安全性及び推奨投与量の確認を行い、確認後には、急性骨髄性白血病を含む予後不良の各種白血病についてのPOC(Proof of Concept : 有効性や安全性を含めて作用機序などが臨床において妥当であることの証明)を獲得することを目的とするものです。」

    「乳がんに対する第Ⅰ相臨床試験を米国コーネル大学、テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター、米国ノーウォーク・ホスピタル及び米国メモリアルスローンケタリングがんセンターにて実施しております。この臨床試験は、トリプルネガティブ乳がんを含む乳がんの患者さんを対象とし、OTS167のカプセル剤による経口投与における安全性及び推奨投与量の確認を主目的とし、副次的にトリプルネガティブ乳がんに対する臨床上の有効性を確認するものです。」

    「OTS167の標的は、MELKであり、がん幹細胞に高発現し、その維持に重要な役割をしているタンパク(キナーゼ)です。そのキナーゼを阻害し、強い細胞増殖抑制効果が期待できる新しい作用機序(ファースト・イン・クラス)の分子標的治療薬です。 OTS167 は、すでに動物試験において、肺がん、前立腺がん、乳がん、膵臓がん等に対し、強力な抗腫瘍効果が確認されています。」

    OTS167に対する期待は当然だよね!!!
    研究が加速度的に進むといいね

  • 日経平均株価がこれまでの経験則とは違った動きをしているね
    そろそろもう上値の限界値というアナリストが多い
    それでも日経平均株価は騰がっている
    こうなってくると、今まで空売りを入れていた機関などは
    約定しなければならない状況
    買い戻しでさらに上値を更新して行く
    OTSも空売り機関が決済しているようだ
    月曜日も日経平均は23000円超えになり、より株価を騰げる行動が増えるだろうね
    現物買い・信用買いがよさそうだね!!!

  • 第19回定時株主総会招集の通知が届いた
    6月24日(水)
    会場:みなとみらいTKPガーデンシティPREMIUMみなとみらいホールE
    決議事項5つ
    まあー、出席しないで議決権行使をしようっと!!!

  • 2020/06/05 15:28

    https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200605437366.pdf
    これは素晴らしい!!!
    1000円超えも間近だね!!!

  • 値幅といい、スピードといい
    丁度よい騰げ方だったね!!!
    来週は139円超えを目指せ!!!

  • たぶん大口さんや機関投資家たちが、信用売り・信用買いも含めながら株価をつり上げる
    そして、ある株価になったら、売り崩してくる
    そんな悲惨な状況にならないともいえない
    だから、堅調にゆっくり上昇して欲しいのだが・・・

  • きょうは朝から強いね
    そんなに騰げて後場までもつのかな?
    ゆっくりでいいのになあー!!!

  • >>No. 224

    テラは、このごろ凄いよね
    1200円オーバーなんて
    テラは、発行済み株数が約2300万株
    OTSは、発行済み株数が約1億7600万株
    OTSが塩野義にライセンスアウトしたものだから
    ちょっとややこしくなってるね
    電話までして塩野義に確認した人の話からして
    S-588410のⅢ相速報結果については、未定
    まあー、どっちに転んでも覚悟を決めてその日を待つのみなんでしょうね

  • >>No. 219

    ありがとうございます
    〈塩野義製薬の株主総会招集通知書開発パイプライン3相新たな成長領域としてSー588410明記〉
    という記述がどうにもこうにも頭に残り、〈新たな成長領域???〉という疑問が湧いてきたわけです
    誤解を与える文言だと思ったわけです

    たぶんこのページのことをいってんだろうなあーと思いつつ、述べてみました

  • >>No. 182

    塩野義製薬の株主総会招集通知書の何ページにその記述があるのですか?
    いくら読んでも、
    〈開発パイプライン3相新たな成長領域としてSー588410〉なる文言は見当たらないのですが・・・

  • まあー、それにしても塩野義は毎日プレスリリース出してくる
    株価低迷打破に向け、勝負の時期なのだろう
    新型コロナウイルス対応薬がメインなんだろうけど
    OTSのがん治療薬にもそろそろ新展開が欲しいところ
    S-588410の有効性を速く示していただきたいね!!!

  • 塩野義製薬が2020年6月1日に
    「2030年Visionと新中期経営計画(21年3月期-25年3月期)」発表

    そこには、S-588410と S-58821が載ってるね!!!
    今これを出してくるってことは、S-588410Ⅲ相結果が良好なことだったのかと考えてしまう

    まさか、だましで入れておくなんてことはないだろう
    正に、期待が高まってしまう

  • 前に
    「新型コロナウイルス蔓延前はポンツーの株価は250円付近だった
    まだ174円だから、7割程度の戻りだ」
    といったが、ちょっと見方を変えた
    年初来安値が133円だから、250-133=117
    値幅の半値が58.5円
    半値戻しは、191.5円(133+58.5)
    これを見ると、半値戻しにはまだほど遠いね!!!

  • 新型コロナウイルス蔓延前はポンツーの株価は250円付近だった
    まだ174円だから、7割程度の戻りだ
    他の株と比べると、戻りが鈍いように思う

    6か月株価波動を見ると、13週移動平均線と25日移動平均線が
    クロスしている
    緩やかな上昇だったから、ここで大きく上に跳ねてもいい時期なのだが・・・
    空売り機関や大口さんがどう動くか、興味津々だ

  • いよいよ運命の6月か!!!
    まあー、治験をしていればブラセボ云々というより
    今までの生存者の有無や生存期間が分かっているはず

    ただ、重要なのは、薬が有効に効いていたことを証明すること
    速報値はただそれだけを示してくるはず
    その後は、薬がどのように効いていたか、分子レベルで解析が進む

    「蓋を開けてみなければ分からない」のは、株と同じだね
    ワクワク、ドキドキ待っているよ!!!

  • 11月1日の適時開示では、セキュアID 株式会社(当社とTaisys の合弁会社)となっていたけどね
    結局は、ポンツーが100%出資の会社だね
    Taisys社との交渉が良好に進まなかったんだろうね
    新型コロナウイルス禍で遅れている「総務大臣裁定」が待たれる
    最低にならないことを祈る!!!

  • 日経先物が好調で現在20900円
    そうなってくると、PTSはもっと騰がってもいいのでは?
    日経平均は近々21000円を超えると考えるなら
    買っておいてもいいのではないかな!!!

  • 勢いづいてきたね!!!
    年初来高値更新中!!!
    いいね!!!

  • OTSは新型コロナ対応をするにはあまりにも金がない
    それは無理として、考えておいていいね
    塩野義のⅢ相が上手くいくかどうかだけ
    速報値のみ
    もうキーオープンはしているはずだ
    今は検証中か済み
    どのように報告するかは検討中というところかな?

    せっかく大口さんが126円まで騰げてくれたのに、PTSで下げるのは誠にもって大口さんに失礼だね!!!
    売買は自由といっても、大口さんに対する敬意がまるでない
    情けないというのが今の気持ちだね!!!

本文はここまでです このページの先頭へ