ここから本文です

投稿コメント一覧 (71095コメント)

  • 2020/02/16 21:28

    >>No. 91

    2/14
    1308+18高値1314
    終値ベースで1300突破だゼヨ

  • >>No. 232

    2020/2/14
    1583+22高値1589
    引け新値だゼヨ

  • 2020/02/16 21:19

    >>No. 305

    22020/2/14
    2050+40高値2064
    終値ベースで2000突破だゼヨ
    貸借 1.96
    松風、4-12月期(3Q累計)経常が43%増益で着地・10-12月期も17%増益
     松風 <7979> が2月4日大引け後(15:30)に決算を発表。20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比42.8%増の18.1億円に拡大し、通期計画の19.4億円に対する進捗率は93.5%に達し、5年平均の85.1%も上回った。

  • JSR <4185>      みずほ   買い    2250→2200   2/3
    JSR <4185>      モルガン  強気    2350→2500   2/7


    ■財務省 : 2月7日受付
    ■発行会社: JSR <4185>
    ■提出者 : みずほ銀行

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2020/01/31  5.32% →  6.90%   15,605,347  2020/02/07 10:37

    ■提出者および共同保有者
     (1)みずほ銀行
            1.47% →  1.47%
     (2)みずほ証券
            0.23% →  0.24%
     (3)アセットマネジメントOne
            3.62% →  5.07%
     (4)アセットマネジメントOneインターナショナル(AssetManagementOneInternationalLtd.)
            0.00% →  0.12%

  • 2020/02/16 21:08

    9/13
    1090+40高値1095
    貸借 0.19

    大株主アルファレオホールディングス  27.60%
    株主による臨時株主総会の招集請求

    第二のユニゾHDはここですか

    2020/2/14
    1263+34高値1280
    終値ベースで1200突破だゼヨ
    貸借 0.32

    2020年02月13日15時00分
    乾汽船、今期経常を赤字拡大に下方修正
     乾汽船 <9308> が2月13日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は6.7億円の赤字(前年同期は0.1億円の黒字)に転落した。
     併せて、通期の同損益を従来予想の7億円の赤字→11.1億円の赤字(前期は0.5億円の赤字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。

  • 10/18
    2416+98高値2429
    終値ベースで2400突破だゼヨ
    2020/3EPS 162.8円→PER 14.8倍
    貸借 1.45

    【特色】石油、LPG等のタンク専業。国内はメンテナンス主体。工場跡地の不動産賃貸が利益柱
    【連続増益】主力の石油化学系タンクはブルネイ中心に台湾、インドネシアで需要が堅調。国内の保守点検工事も採算上向く。不動産は外食用の物流倉庫が通期寄与。保育園の賃貸収入も貢献し、営業益続伸。
    【中計】赤字の鉄構事業は21年3月期に営業利益率3%目指し選別受注進めるが、達成には要努力。不動産は、倉庫以外にも都市部で保有土地の有効活用策を探る。

    2020/2/14
    2923+83高値2930
    終値ベースで2900突破だゼヨ
    貸借 1.19
    石井鉄、4-12月期(3Q累計)経常が51%増益で着地・10-12月期も2.3倍増益
     石井鐵工所 <6362> が2月13日大引け後(16:00)に決算を発表。20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比51.1%増の6.2億円に拡大し、通期計画の9億円に対する進捗率は5年平均の58.5%を上回る69.3%に達した。

    ■財務省 : 12月25日受付
    ■発行会社: 石井鐵工所 <6362>
    ■提出者 : 重田光時

    ◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
     2019/12/18  7.06% →  8.11%     306,700  2019/12/25 15:16

  • 2/14
    367+10高値368
    終値ベースで360突破だゼヨ
    4-12月期(3Q累計)経常は黒字浮上

  • 2/14
    178+6引けピン

    フリージア、4-12月期(3Q累計)経常は19%増益・通期計画を超過
     フリージア・マクロス <6343> [東証2] が2月14日大引け後(15:05)に決算を発表。20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比19.1%増の9億7100万円に伸び、通期計画の9億円に対する進捗率が107.9%とすでに上回り、さらに5年平均の80.5%も超えた。

  • 検査や治療重視に転換、対策加速 新型肺炎、国内流行は不可避

    共同通信社 2020/02/15 22:20


     政府は15日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の国内流行に備え、これまでの水際対策重視から転換し、検査や治療ができる医療機関を拡充するなど重症者を減らすための対策を加速させる方針を決めた。16日に専門家会合を開き具体策を議論する。13日以降、感染経路が不明な患者が各地で相次いでいることを踏まえた。加藤勝信厚生労働相は「これまでとは状況が異なる」と述べ、今後国内流行は避けられないとの認識を示した。
     新型ウイルスの感染者が国内で初めて確認されてから15日で1カ月。感染者が報告された地域は11都道府県に広がり、人数は40人に達した。

  • 投資家の皆様へ

    3. 中期事業計画の進捗について

    遺伝子診断市場のトレンドを捉え事業フィールドを研究開発分野から臨床診断分野へ移行し、製品構成は装置中心から試薬・消耗品ビジネスへの転換を掲げ、3ヵ年の中期事業計画を策定しており、その事業進捗に鑑みて、毎年数値の見直しを実施しています。

    中期事業計画の方針としては、
    1. 既存OEM取引の深耕及び新規OEM契約の獲得、
    2. 自社製品のラインアップの充実と販売強化、
    3. 試薬ビジネスをはじめとする製品コストダウンによる利益率の向上を掲げ、売上拡大と利益確保を定めており、これらの進捗状況については、

    ① エリテック社向けに、OEM供給を行っている全自動遺伝子検査装置(プレパック抽出試薬を含む)について、新たな製品開発とOEM供給契約の基本合意締結に至り、現在上市に向けた製品開発を行っています。

    ② 小型の全自動遺伝子検査装置(リアルタイムPCR検査装置)、geneLEAD Ⅷの販売を開始しました。当初は、欧州規格CE-IVDに対応をしたPCR試薬を随時製品化し、欧州圏での販売を行っています。

    ③ 上記①②の進展により今後は試薬及び消耗品(専用プラスチックカートリッジ)の販売拡大が予想されることから、PSSの大館試薬センターでは自動化設備投資による量産コストダウン対応を行っています。

    第35期(2020年6月期)においてはこれらの施策を厳格に進めることにより、株主・投資家の皆様の期待に応える成果を着実にお見せできるよう事業を推進してまいります。
    引き続きご支援のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

  •  東京都は15日、新たに8人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。うち7人は、13日に感染確認したタクシー運転手の濃厚接触者。

  • >>No. 407

    2/14
    282+12高値291
    終値ベースで280突破だゼヨ

  • >>No. 181

    2020/2/14
    6690+170高値6820
    終値ベースで6600突破だゼヨ

  • >>No. 367

    2/14
    1167+30高値1227
    いいね

  • 2020/02/14 23:07

    >>No. 33

    2020/2/14
    890+24高値900
    終値ベースで890突破だゼヨ

  • 2/14
    885+28高値888
    終値ベースで880突破だゼヨ
    2020/12EPS 74.9円→PER 11.8倍

    D・アクシス、今期経常は30%増で3期ぶり最高益更新へ
     ダイキアクシス <4245> が2月14日昼(12:00)に決算を発表。19年12月期の連結経常利益は前の期比5.0%増の11.5億円になり、20年12月期も前期比29.9%増の15億円に伸びを見込み、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。

  • 2020/02/14 22:55

    >>No. 83

    2020/2/14
    2609+80高値2724
    終値ベースで2600突破だゼヨ

  • 2020/02/14 22:54

    8/16
    2303+62高値2358
    終値ベースで2300突破だゼヨ
    2020/3EPS 100.3円→PER 23.0倍
    貸借 0.55

    大幸薬品、4-6月期(1Q)経常は4.5倍増益で着地
     

    11/26
    3135+159高値3140
    終値ベースで3000突破だゼヨ
    貸借 0.56

    大幸薬品、上期経常が46%増益で着地・7-9月期も31%増益
    -2Qは営業利益が52.3%増、医薬品事業及び感染管理事業ともに増収


    2020/1/10
    3485+205高値3495
    終値ベースで3400突破だゼヨ
    貸借 0.65

    大幸薬品は続伸、武漢で発生の肺炎からコロナウイルス検出で思惑

    大幸薬品<4574>は続伸している。中国の湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎について、複数のメディアで新型のコロナウイルスが検出されたと報じられており、「クレベリン」の引き合いが増えるとの思惑から買われているようだ。

     クレベリンに用いられる二酸化塩素溶存液はコロナウイルスを不活化させるとされており、同製品は海外向けなどでも販売していることから思惑が働いているもよう。また、防疫体制強化の観点から、米デュポン製防護服を販売するアゼアス<3161>も引き続き買われている。

    2020/1/27
    4420+410高値4480
    終値ベースで4400突破だゼヨ
    貸借 0.60

    マナック、ニイタカなど除菌関連銘柄に人気集中、新型肺炎関連で投機資金の攻勢継続


    2020/2/12
    4545+700
    終値ベースで4500突破だゼヨ
    2020/3EPS 129.7円→PER 35.0倍
    貸借 0.95
    大幸薬品---ストップ高、業績上方修正や増配・株式分割を好感

    大幸薬品<4574>はストップ高。一昨日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は32億円で前年同期比68.8%増と大幅増益になった。また、通期予想は従来の22億円から30億円に上方修正、感染管理事業において、国内一般用製品、国内業務用製品、海外市場向けなどが好調に推移しているもよう。期末配当金も特別配当実施により従来の20円から30円に引き上げ、年間では前期比5円増配の40円としている。3月末を基準とする1対3の株式分割も発表。


    2020/2/14
    5010+155高値5170
    終値ベースで5000突破だゼヨ

本文はここまでです このページの先頭へ