ここから本文です

投稿コメント一覧 (5611コメント)

  • >>No. 746

    (*・ω・)ノ おはぁ。【美容業界の新たな働き方を実現するコミュニティ型シェアサロンプラットフォーム『GO TODAY SHAiRE SALON』、W venturesらから約2.6億円を資金調達 】

    IT投資およびマネタイズ強化により、2022年秋頃をめどに全国100店舗展開へ

    株式会社GO TODAY SHAiRE SALON(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大庭邦彦、以下当社)は、2019年8月21日、W ventures株式会社、株式会社BGベンチャーズ、フリービットインベストメント株式会社らを引受先とする、第三者割当増資をシリーズAラウンドにて実施したことをお知らせいたします。、、、

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000036994.html

  • これ今朝iij関連ニュースで読んだんだけど、結構大きいと思うけどな、、、
    KDDI、電子財布アプリに資産管理機能
    2019/08/22 09:33 日経速報ニュース

     KDDIは、電子マネーサービス「auウォレット」のスマートフォンアプリに資産管理機能を追加した。銀行やクレジットカードなど2000超の金融機関とひも付けることで、残高や明細を管理できる。同社はスマホ決済を軸にした金融サービスに注力している。会員が2000万人を超えるauウォレットの機能を増やして利便性を向上させた。
     新機能「お金の管理」は利用者の支出入を自動で記録し、日用品や通信費、交際費など内訳も表示する。開発にあたっては、家計簿アプリやクラウド会計ソフトを手掛けるマネーフォワードと、KDDIが出資するフィンテック企業のフィナテキスト(東京・千代田)が協力した。
     KDDIはauウォレットの機能を拡充している。お金の管理機能に加え、21日には暗号資産(仮想通貨)交換会社のディーカレット(東京・千代田)と組み、ビットコインなど5種類の仮想通貨をauウォレットにチャージできるようにした。換金した仮想通貨はスマホ決済「auペイ」などで買い物の支払いに使える。
     フィナテキストの親会社、フィナテキストホールディングス(東京・千代田)には日本経済新聞社も出資している。

    >KDDIはauウォレットの機能を拡充している。お金の管理機能に加え、21日には暗号資産(仮想通貨)交換会社のディーカレット(東京・千代田)と組み、ビットコインなど5種類の仮想通貨をauウォレットにチャージできるようにした。換金した仮想通貨はスマホ決済「auペイ」などで買い物の支払いに使える。

    仮想通過で、、、使える。、、、あのauの決済「auペイ」で。、、、、ということは、今後同様のケースが?競合他社でも???、、、仮想通過で使える。?😁
    ようになるそんな時代。が😁

  • (*・ω・)ノ おはぁ。トランプ氏「追加減税を検討」 米景気不安で財政刺激策
    2019/8/21 5:19

    日本はこれから消費税増税なんだけどねぇ、、、

    【ワシントン=河浪武史】トランプ米大統領は20日、景気を下支えするため追加減税を検討していると明らかにした。具体策として、社会保障費に充てる給与税を一時的に引き下げる案などがある。景気後退懸念があるドイツなどでも財政支出案が取り沙汰されており、24~26日の主要7カ国首脳会議(G7サミット)を前に、米欧で財政刺激策が急浮上し始めた。、、、

    昨日ラジオ日経でも電話出演したある方が言ってたけど、こうも日本株出遅れてる上がらない要因はいくつかありますが、その一つには、安倍政権から(外国人投資家にもわかる?)具体的な経済対策が聞こえてこないこともあるかとも思われます。、、、だって。

  • >>No. 861

    【教職員の方々とスマホの学校持ち込みについての議論をしてきました!】
     
    トーンモバイルでは「スマホあんしんラボ」という名称でスマホの社会問題を解決する活動を実施していますが、7月31日(水)には、宮城県総合教育センター主催の教職員向け「情報モラル教育研修会」を担当いたしました。
     
    宮城県内の約30名の教職員の方に、SNSでの出会い、スマホの長時間利用、SNSへの投稿による炎上、防災・防犯対策としてのスマホといった内容でお話をさせていただきました。
     
    教職員向けの研修会でしたので、大阪や東京で先行して議論されている「防災・防犯対策としてのスマホの学校持ち込み」についての話が盛り上がり、スマホの有用性は認めつつも、現場の先生方としての様々な不安も意見として出ました。

  • >>No. 836

    <スマホの学校持ち込みにも対応した見守り機能の詳細はこちら>
    https://tone.ne.jp/pickup/kids.html

  • (*・ω・)ノ おはぁ。【DTI、IPv6(IPoE)接続サービスの新プラン『DTIトライアル光』のリリースを発表!】
    ~ご利用開始から最大3ヵ月まで月額料金無料、IPoE対応機器も無料貸し出し!!その後24ヵ月目まで月額450円!~

    株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清水高、以下「DTI」)は、IPoE方式によるIPv6インターネット接続サービスの新プラン『DTIトライアル光』をリリースし、本日よりサービス提供を開始することをお知らせいたします!

  • (*・ω・)ノ おはぁ。CCCネタ2つ。
    CCCマーケティング、クチコミができるサービス「カッテミル」のクチコミ件数が累計100万件を突破
    2019/08/19 14:25 日経速報ニュース 発表日:2019年8月19日

    「カッテミル」、クチコミ件数が累計 100 万件を突破
    ~新機能としてユーザーランキング・ユーザーレベルを追加
    T ポイントが最大 5 万ポイント当たるキャンペーンも実施~
     
     CCC マーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、T カードのお買い物履歴から商品のクチコミができるサービス「カッテミル」( https://km.tsite.jp/ )において、2018 年 3 月のサービス開始から 1 年半でクチコミ件数が累計 100 万件を突破いたしましたので、お知らせいたします。また、クチコミ投稿件数やフォロワー数などをもとにした「ユーザーランキング」や「ユーザーレベル」機能も新たに追加いたしました。

     「カッテミル」は、T カードのお買い物履歴から実際に購入した商品へのクチコミができたり、商品のクチコミ評価ランキングなどを見ることができるサービスです。食料品や飲料、化粧品や日用雑貨など「商品」を軸にユーザー同士がつながりコミュニケーションができ、さらに楽しくスマートにお買い物をサポートするサービスとして多くのユーザーに利用いただき、商品へのクチコミを投稿いただいたことで、累計のクチコミ件数が 100 万件を突破いたしました。「カッテミル」では 100 万件突破を記念し、抽選で 1 名さまに T ポイント 50,000 ポイントが当たるほか、期間中にクチコミを 5 件投稿いただくともれなく 10 ポイントがもらえるキャンペーンを実施いたします。、、、

     「カッテミル」のクチコミ対象は、カメラ・写真・素材、コンビニ、スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンター、家電、飲食関連、眼鏡・コンタクト、車関連など、衣食住の幅広いジャンルにわたります。「カッテミル」では、今後も対象ジャンルを拡大しながら、様々な機能を追加していくことで、「カッテミル」のユーザーのクチコミをもとに、毎日のお買い物をもっとスマートに、そして新しい商品との出会いと発見につながるサービスを目指してまいります。

  • 「Tポイント」をビットコインに、ビットフライヤー、国内初。
    2019/08/20 日本経済新聞 朝刊 7ページ
     暗号資産(仮想通貨)交換業最大手のビットフライヤー(東京・港)は20日から共通ポイント「Tポイント」でビットコインを購入できるようにする。共通ポイントで仮想通貨が購入できるのは初めて。約7000万人の利用者がいるTポイントで購入できるようにすることで、若年層を中心に新規顧客の獲得を狙う。
     Tポイントを運営するTポイント・ジャパン(東京・渋谷)と提携する。ビットフライヤーに口座を持っていれば、ビットコインの購入時に現金のほか、Tポイントを選ぶこともできるようにする。Tポイントの場合、100ポイントで購入できるビットコインは85円相当になる。
     ビットコインを決済に使うと、Tポイントがたまるようにもする。家電量販店大手のビックカメラやヤマダ電機のほか、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)などの代金決済時にビットフライヤーのアプリを使ってビットコインで払うと、500円ごとに1ポイントがたまる。
     ポイントサービスは現金より使用の垣根が低いことから、投資や運用に結びつけようとの動きが広がっている。楽天が手がけるポイントは楽天証券での投資信託の購入に使えるほか、ポイントが実在する投信の値動きに連動して増減するサービスもある。
     SBIグループはTポイントで投資信託や国内株式を買えるサービスを手がける。ビットフライヤーは仮想通貨もポイントで購入できるようにすることで、足元で約200万の口座の拡大につながるとみている。

  • 【8月27日開催】フルスピード×バイドゥ共催 百度検索ビッグデータを活用した中国マーケティングセミナー(無料) 2019年8月2日

    ~旅中施策、百度地図の紹介~

    インターネットマーケティング支援を行う株式会社フルスピードは、中国最大の検索エンジン「百度」の日本法人であるバイドゥ株式会社(以下、バイドゥ)と8月27日(火)に共催セミナーを開催いたします!

    日本政府観光局(JNTO)によると、2018年の訪日中国人旅行者数は8,380,034人で、2017年に比べて約13%増加し、現在も堅調に増え続けています。

    訪日中国人旅行者数が増えるにつれて、各所から「中国はインターネット事情が他の国と違い理解しづらい」「中国向けのプロモーションはどこから着手すべきわからない」「中国人旅行者が日本での旅ナカにおいてなにか訴求できる施策はあるのか」など、インバウンドプロモーションをはじめとする中国向けマーケティングのご相談やお悩みの声を非常に多くお寄せいただくようになりました。

    本セミナーでは、中国のインターネット最新事情やトレンド、プロモーションにおける成功事例・失敗事例、Web戦略に必須の検索エンジン・SNSのプロモーション活用方法を、中国最大の検索エンジンであるバイドゥ社と、日本国内3社の百度優秀代理店、ならびにSNS企業アカウントの運営代行実績200社以上の当社からご提供できればと考えています。

    百度最新ソリューションである、旅中施策の「百度地図」のご説明もございますので、奮ってご参加ください!

  • >>No. 809

    トーンモバイル
    【TONE e19が最大内蔵288GBの大容量スマホに進化しました!】
     
    お買い求めいただいた後も様々な機能が続々とアップデートされるトーンモバイルのスマホは、「買ってからも進化するスマホ」とも言えるのですが、最新機種「TONE e19」のこの度のアップデートにより、micro SDカードを内部ストレージとして利用できる機能に正式対応いたしました。、、、
     
    TONE e19(19,800円)は元々32GBのストレージを持っていますが、256GBのmicro SDカード(約5,000円)を組み合わせることで、約25,000円の費用で、合計は288GBのストレージとなります!、、、
     
    なお、今なら256GBのmicro SDカードをプレゼントする抽選イベントも実施しています。こちらも、ぜひご応募ください!(^^♪

  • >>No. 836

    (*・ω・)ノ おはぁ。トーンモバイル【中高生14人と大人170人でスマホの安全利用のディスカッションをしてきました!】
     
    トーンモバイルでは「スマホあんしんラボ」という名称でスマホの社会問題を解決する活動を実施していますが、7月26日(金)には、埼玉県警察本部からの依頼で『第11回サイバーセキュリティセミナー』(埼玉県川越市)での講演とファシリテーターを務めさせていただきました。、、、
     
    トーンモバイルでは、最新技術の提供に加えて、各種行政機関と連携した活動も通じてスマホの社会問題を解決して参ります。
     
    <ネット利用と日常生活の両方を見守る機能の詳細はこちら>

  • >>No. 824

    TM軽井沢 (Team MOROZUMI)@TMKaruizawa 8月12日

    両角友佑のコメントをご案内いたします。

  • (*・ω・)ノ おはぁ。『求ム!キミのアイデアと熱意。』
    https://cmpt.freebit.com/

本文はここまでです このページの先頭へ