ここから本文です

投稿コメント一覧 (41コメント)

  • 国立がん研究センター東病院ではHSP105由来のペプチドワクチンの第I/II相臨床試験が計画されている。(東大医学部附属病院ホームページより。)
    http://immunoth.umin.jp/execution/dc/index_04.html

    5.HSP105ペプチド-DCワクチン治療

    HSP105は大腸がん、膵がんのSEREX法で同定されたHSP105/110ファミリーに属する高分子の熱ショック蛋白質であり、正常組織では精巣にのみ発現しています1)。
    一方、がん組織においては、大腸、膵臓、胆道、食道、咽頭、乳腺などの多様ながんで高発現を認めます2)。
    このような発現パターンからHSP105は抗原特異的免疫療法のターゲットとして有望と考えられています。

    HLA-A24に結合するHSP105由来のエピトープペプチドを2種類、またHLA-A2結合性のエピトープペプチドを2種類、国立がん研究センター東病院の中面らにより同定されました。
    マウスの実験で、Yokomineら3)は、HSP105をパルスしたDCワクチン治療が、HSP105を発現する悪性黒色腫および大腸癌細胞を皮下注射したマウスで、腫瘍拒絶を誘導することを報告しています。これらの実験において自己免疫反応は一切観察されませんでした。ヒトにおいてex vivo IFN-γ ELISPOTアッセイで、原発性大腸がん術前患者の21例中14例(67%)でこれら4種のHSP105ペプチドのいずれかに特異的なCTLが存在することが示されてます。

    以上より、HSP105は進行・再発がん症例に対するがんワクチン治療の標的抗原として有望な抗原であると考えられます。そこで、私達の講座では、HLA-A2あるいはA24の患者において、HSP105エピトープペプチドを自己DCにパルスして、より強い腫瘍抗原特異的なCTLの誘導とそれに伴う抗腫瘍効果が期待される樹状細胞ワクチンの臨床試験を実施しています。国立がん研究センター東病院ではHSP105由来のペプチドワクチンの第I/II相臨床試験が計画されています。

  • 国立がん研究センター東病院ではHSP105由来のペプチドワクチンの第I/II相臨床試験が計画されている。(東大医学部附属病院ホームページより。)
    http://immunoth.umin.jp/execution/dc/index_04.html

    5.HSP105ペプチド-DCワクチン治療

    HSP105は大腸がん、膵がんのSEREX法で同定されたHSP105/110ファミリーに属する高分子の熱ショック蛋白質であり、正常組織では精巣にのみ発現しています1)。
    一方、がん組織においては、大腸、膵臓、胆道、食道、咽頭、乳腺などの多様ながんで高発現を認めます2)。
    このような発現パターンからHSP105は抗原特異的免疫療法のターゲットとして有望と考えられています。

    HLA-A24に結合するHSP105由来のエピトープペプチドを2種類、またHLA-A2結合性のエピトープペプチドを2種類、国立がん研究センター東病院の中面らにより同定されました。
    マウスの実験で、Yokomineら3)は、HSP105をパルスしたDCワクチン治療が、HSP105を発現する悪性黒色腫および大腸癌細胞を皮下注射したマウスで、腫瘍拒絶を誘導することを報告しています。これらの実験において自己免疫反応は一切観察されませんでした。ヒトにおいてex vivo IFN-γ ELISPOTアッセイで、原発性大腸がん術前患者の21例中14例(67%)でこれら4種のHSP105ペプチドのいずれかに特異的なCTLが存在することが示されてます。

    以上より、HSP105は進行・再発がん症例に対するがんワクチン治療の標的抗原として有望な抗原であると考えられます。そこで、私達の講座では、HLA-A2あるいはA24の患者において、HSP105エピトープペプチドを自己DCにパルスして、より強い腫瘍抗原特異的なCTLの誘導とそれに伴う抗腫瘍効果が期待される樹状細胞ワクチンの臨床試験を実施しています。国立がん研究センター東病院ではHSP105由来のペプチドワクチンの第I/II相臨床試験が計画されています。

  • 爆上げの燃料が貯まって来ている。

  • 日証金だけではなく、合算倍率も良化している。
    これに、数字には現れない隠れ空売りがあるから、良い勝負になるのでは?

  • 引け前にずいぶんと慌てて買戻しが入りましたね。
    貸借倍率は悪化してしまいましたが、この程度なら問題なさそうですね。

  • 外資のショートポジション、
    さらに、数字に出てこない隠れ空売りってのが
    あるらしい。
    こいつらの買戻しが爆上げの燃料となる。

  • 昨日108円年安付けて、
    それ以下に下がるのを嫌って115まで上昇。
    108円の底をつけてからは上昇しているのが現実だが、
    ここの土日の姑息な売り煽りを見てしまった後じゃ
    疑心暗鬼になってしまい、なかなか買いに行けないよなあ。
    週足、月足を見ると底値にしか見えないけどね。

  • 115円の板に97万株
    これって見せ板じゃないの?

  • 買いでしたね!
    今日は初動でしょうね!
    やっぱスタンドマンさん、センスありますね。
    儲けてるのわかります。
    160円台のもみ合いを軽く上抜けたんで、
    まだまだ上げそうじゃないですか?
    どんな動きするか明日以降が楽しみですね。
    次の目標は一度300円付けて
    去年の1月~7月にもみ合った250円で落ち着く感じしょうか?

    150で売った人はもう助からないかもね。
    一番高いところで買い戻してください。
    姑息な売り煽りをしてきた良いお仕置きです。

  • こんばんは。
    カイオムおめでとうございます。
    メディもいつかは、そうなって欲しいものです。

    今週の週足は短いですが、陽線で終わり、
    13週平均線も上を向いてきました。
    下げれば安心して買い増し出来るチャートになってきたと思います。

  • スタンドマンさんは相変わらず儲けてますね。
    羨ましいかぎりです。
    姑息な売り煽りが多い中ですが、
    スタンドマンさんには頑張ってもらいたいなあ。

  • 超絶赤字予想でも下値を切り上げている。
    折込済みでなければ、今週は大暴落していたのではないですか?

  • もはや2016年9月期の赤字予想は織り込み済みになった!

  • 中長期的に大きく成長が見込まれる!

  • やはり165円が底値か。
    165円を割るのを嫌って、
    上を目指している動き。
    今まで大人しかった分、
    そろそろ1度噴きそうの気がする。

  • OXAM、野村、ドイツが大量に空売りを入れている。
    爆上げ前に売るとはプロなのにセンスないなあ。
    こいつら全員踏み上げ決定。
    爆上げの燃料になってくれます。

  • 25日線が164.8≒165円になっていてる。
    やはり、165円が強力なサポートラインになりそうですね。

  • 今日の下げはちょっときついなあ。
    空売りの人多いようで、みんな大喜びですね。
    どこの証券会社で空売りできるのでしょうか?
    詳しい方、どなたか教えてください。
    でもチャートはまだ崩れていない。
    下値支持線は165~170円あたりか?

  • ここは日々集められている。
    三角持合上離れはもうすぐ。
    雲を上抜けるのももうすぐ。

  • 国策に売りなしですね!

    国内では政府もiPS細胞技術の深耕には積極的で、2022年度まで年間1100億円の予算を作成するなど再生医療分野への政策的恩恵が厚い。

    ■タカラバイオ <4974>  1,180円  +65 円 (+5.8%)  本日終値
     タカラバイオ<4974>、カイオム・バイオサイエンス<4583>、ペプチドリーム<4587>、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>、コスモ・バイオ<3386>、メディネット<2370>、テラ<2191>、新日本科学<2395>、プレシジョン・システム・サイエンス<7707>などバイオ関連株が一斉高となった。TPPでは最大の懸案だった医薬品で米国とオーストラリアが歩み寄り実質的に決着。「これに先立って、前週末の米国株市場でバイオ関連株が大きく買われており、この流れが日本に波及した」(国内準大手証券)という見方が出ていた。国内では政府もiPS細胞技術の深耕には積極的で、2022年度まで年間1100億円の予算を作成するなど再生医療分野への政策的恩恵が厚い。法律面では昨年11月に再生医療の実用化を目指す「再生医療安全確保法」と「医薬品医療機器法」(旧薬事法)の関連2法が施行されており、9月中旬に労働厚生省がテルモ<4543>、JCRファーマ<4552>などが申請していた再生医療製品の製造販売を承認するなど、ここにきて動きが出ている。

本文はここまでです このページの先頭へ