ここから本文です

投稿コメント一覧 (20コメント)

  • No.137

    強く買いたい

    最終的な提供エリア

    2019/03/21 20:14

    >>No. 136

    最終的な提供エリア

  • 売り煽りは嘘が好きだなー
    どう見ても日本も入ってるんだけど
    地図が読めないから仕方ないか

  • STADIA(ステイディア)というGoogleの新ゲームサービスがとにかくヤバすぎる

    データセンター一人勝ち時代きたな!!

  • 334円さえもうつけない(´ω`)

  • 4月からフィンランドで自動運転バス開始
    あれ?予想より早く自動運転が当たり前になりそう🥳

  • 1月24日25日 翌日から動き
    2月20日21日 翌日から動き
    3月19日20日 翌日から動き
    たぶん金曜日引けIR、ストキャスK0%
    そこまで計算されてるのかな?だとしたら本尊様凄すぎる

  • 今日の読売新聞は凄い!!
    6、7ページ全部使ってサイバー防衛で凄いことになってる(笑

  • マイクロソフト→イスラエルに研究所
    ブロバン→イスラエル上場企業&投資&交流
    おうけいウェイブの子会社→おうけいウェイブがイスラエルに研究機関

    昨日のirの面白い所🥳

  • No.99

    強く買いたい

    石油関連企業との連携

    2019/03/03 21:05

    石油関連企業との連携

  • >>VRとかゲームにも相性良いんだから、最終的には収益凄くなると思うよ。
    後は医療では5Gは威力を発揮するんだから、コアであるここは重要だと思うよ。

    遠隔で離れたところから、名医が治療出来るとか助かる命も増えるわけだし。
    高速で低遅延なのが活きる理由の一つだし。

    _______________________
    2016年9月14、既にここまで見据えたお知らせが出ている

    イスラエル発の人工臓器ベンチャーであるBeta-O2 Technologies Ltdは、テクニオンジャパンの招きで本年(2016年)9月に来日し、藤原洋とも技術的な議論を行い、糖尿病の患者救済に役立つ最先端の医療技術であるとの共通の認識に至り、同社への投資を具体的に検討することとなりました。
     これらの事業については、投資事業をGiTVが、ブロードバンドタワーがIT(データセンター、クラウド、ストレージ他)を担当いたします。

     テクニオン発のスタートアップには、デスクトップ呼吸検査装置、経口インシュリン、指センサーによる痛み検出、臓器再生デバイス、点滴の自動補填をはじめ、有望なテーマが多数含まれます。
     テクニオンジャパン、ブロードバンドタワー、GiTVの連携により、革新的なテクノロジーを有するイスラエルのベンチャー企業への投資と、投資先ベンチャー企業の日本市場への進出と日本企業との提携の橋渡しについてきめ細かく対応してまいります。

    株式会社ブロードバンドタワー代表取締役会兼社長CEO 藤原 洋のコメント
    今回取得した第一優先権をもとに、同ベンチャー企業群へのベンチャーキャピタル投資をGiTV社を通じて行うと共に、🔥投資先企業の日本での事業展開と日本の株式市場への上場支援を行っていきます。

  • No.190

    強く買いたい

    プレスリリース 2016 年 …

    2019/02/23 22:59

    プレスリリース 2016 年 4 月 26 日、パリ/東京 仏 Ingenico Group Lyudia 社株式取得により日本の事業拠点拡大へシームレス決済のグローバルリーダーである Ingenico Groupは、本日付で、同社の日本における販売パートナーである株式会社 Lyudiaの株式の 70%を取得した旨を公表しました。両社は 2014 年 2 月に国内総代理店契約を締結して以来、日本において、ソフトウェア開発から認証、流通、保守管理までフルレンジのサービスを提供しています。 2013 年に設立された Lyudia 社は、東京証券取引所に上場している株式会社ブロードバンドタワーの100%子会社として、Ingenico Group の決済端末の販売・保守や国内での認証を取得するための決済ソフトウェアの開発を行っています。また、Lyudia 社は東京に拠点を置き、日本における決済事業のエコシステムに精通した 30 名の優秀な人材を擁しています。なお、ブロードバンドタワー社は、Ingenico Group の日本におけるパートナーとして、今後も Lyudia 社の株式の30%を保有し続けます。 日本は Ingenico Group にとって重要なターゲット市場であります。2020 年の東京オリンピックの開催や現金を不要とする安全性の高い支払手段の促進を目指す政府の意向に促され、2017 年から 2020 年の間に EMV方式に移行することが見込まれております。同期間に想定される市場規模として、EMV 方式の決済端末約300 万台が見込まれますが、そのほぼ全てがイノベーション主導型の製品となります。このたびの、Lyudia社の株式取得は、Ingenico Group の決済機器の認証プロセスのペースを上げるもので、国内メーカー優位の市場である日本において主要なプレーヤーの1社になるという Ingenico Group の目標に向けた大きなステップになるものであります。またLyudia 社の経営陣が残留し、Ingenico Group の一員となることによりLyudia 社の経営陣の市場に関する深い知見と Ingenico Group 幅広いソリューションが融合されることとなり、Ingenico Group の日本における地位が高まることが期待されます

  • No.189

    強く買いたい

    2017年8月17日 イード…

    2019/02/23 22:52

    2017年8月17日
    イードとブロードバンドタワー、5Gデータセンターの活用で協業を開始
    株式会社イード

    ■概要

    イードは、日本最大級の自動車情報サイト「レスポンス」や、日産自動車の戦略子会社を源流とするリサーチ事業を擁し、自動車業界と深い繋がりを持ってきました。また、通信キャリアを表彰する「ブロードバンドアワード」やユーザーの通信速度をビッグデータとして提供する「RBB SPEED TEST(アールビービースピードテスト)」を長年提供し、通信業界とも深い繋がりがあります。自動車業界における自動運転や電気自動車(EV)、通信業界における5Gモバイル通信はいずれも2020年前後に実用化され産業を大きく変革すると予想され、それを後押しするアクセラレーターとしての「iid 5G Mobility」を新たな戦略として掲げています。

    一方のブロードバンドタワーは、都市型インターネット・データセンターとして2000年の創業以来、インターネット・インフラを活用する事業者向けの情報通信インフラを提供してきました。同社では業界に先駆けて、第5世代(5G)データセンター開設のため、大手町地区に拠点を確保し、2018年8月に「千代田区新データセンター(仮称)」を開設する予定です。5Gデータセンターは、5Gモバイル通信などIoTに対応したデータセンターで、超高速(10Gbps)・超低遅延(1msec)・超多地点同時接続(100万点/km2)仕様に対応し、日本の情報通信産業の発展を加速するものと期待されています。

    自動車の進化には3つの大きな潮流、すなわち、「コネクテッド・カー」「電動化」と「自動化」があります。特に、変化する自動車業界の中心となる「コネクテッド・カー」にとって必要な情報と仕組みを両社で提案してまいります。具体的には、両社では「産業を支える情報通信インフラ」と「自動車業界、情報通信業界におけるネットワーク」を活かして、2020年の自動運転技術、電気自動車(EV)、5Gモバイル通信などの実用化を見据えた、5Gデータセンターの活用や、自動車特化型アクセラレーター「iid 5G Mobility」との展開を共同で推し進めて参ります。

    ※コネクテッドカー関連の提携が多い印象

  • No.77

    強く買いたい

    2019年2月19日 news…

    2019/02/23 13:57

    2019年2月19日 news【プレスリリース】オープンテレマティクスプラットフォーム共同開発プロジェクトについて
    当社は、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社ディーアンドエムの3社による、オープンテレマティクスプラットフォーム共同開発

    本提携の背景および目的

     既にIoTでは、自動車、家電、スマートフォンなどがインターネットにつながり、これらに組み込まれたセンサーが出す多種多様なデータを取得できるようになっています。その組み込まれたセンサーで得られたデータは、クラウドに集積・分析され、ビジネス上の判断や処理に生かすための分析基盤が進化しています。
     ブロードバンドタワーは、「c9(シーナイン)」や「GrowServer」などのクラウドサービスを提供しており、2014年6月には、国内企業第1号としてクラウドセキュリティ認証制度「STAR認証」を取得しております。EverySenseは、世界中のセンサーデバイスデータの収集、交換を可能とするプラットフォーム「EverySense」を開発・提供しております。また、EverySenseでは、今年夏に販売を開始する小型汎用環境センサーを開発しており、今年後半のEverySenseデータ交換プラットフォームの一般公開に向けて強固な体制を整え展開してまいります。
     このような背景の下、両社はIoT事業に参入するため、今回の資本・業務提携によって、EverySenseの開発するセンサーデータの収集、交換プラットフォームをブロードバンドタワーのクラウドで実現することで合意いたしました。

    本提携の内容

     このたび、ブロードバンドタワーは、EverySenseとの資本提携として、EverySenseが新たに発行する普通株式2,900,000株を引き受け、ブロードバンドタワーのEverySenseに対する所有割合は25%となります。一方、業務提携においては、ブロードバンドタワーとEverySenseとでセンサーデータのデータ変換プラットフォームの共同開発を行い、大規模な実証実験を展開し、そのプラットフォームを活用したIoT時代の"Information Harvesting -情報を収穫する"データ取引所を展開していきます!

  • 皆知らんと思うけど
    2020年時点だとここの5Gと他の5Gは速度が違くなるぞ
    5GにはenhancedLTE(遅い)とNewRadio(高速)の2種類があって
    2020年時点でNewRadioが使えるのはここのみだと思うぞ
    じゃぁ他がNewRadioが使えるのはいつからか?
    それは2022年以降、つまり実質アドバンテージになるってこと
    気になった人は調べてください

  • 総務省は13日、高効率な第5世代(5G)移動通信方式基地局の研究を進める、IT大手のブロードバンドタワーや名古屋大などに採択通知書を手交した。この研究は、省電力性が高い特性があり、青色発光ダイオード(LED)の素材として知られる窒化ガリウムを5G基地局内の電波を増幅する機器に活用するためのもので、電波利用料を使って研究が進められる。名古屋大の天野浩教授は「消費電力を現在実用化されている5G基地局の3分の1にできる」と、今後の研究に意気込みを示した。

     5Gは、「コネクテッドカー(つながるクルマ)」などIoT(モノのインターネット)機器への活用が期待されている。ただ、遠くまで飛びにくい高い周波数帯の電波を使うため、現行規格より高い出力で電波を飛ばす必要がある。そのため、省電力素材の窒化ガリウムの活用が期待されている。

     研究で、名古屋大やNTTなど産学官のとりまとめ役などを担うブロードバンドタワーの藤原洋会長兼社長は「窒化ガリウムの結晶を作る技術は、名古屋大を中心とした日本の誇るべき技術だ」と強調した。

    非表示になってたから貼りました

  • No.891

    強く買いたい

    3月15日 四季報 3月XX…

    2019/02/15 20:27

    3月15日 四季報
    3月XX日 今期1Q
    4月10日 5G周波数割り当て
    3月末までに バルクHD子会社SCHとBBT親会社IRI業務提携の可能性
    3月末までに モネテクノロジーズ自治体や企業と連携して「地域連携型オンデマンド交通」「企業向けシャトルサービス」の展開を開始

    ※IRI/BBTowerグループは今回の上場を通じて現地の情報収集や株式市場を通じてのM&A(合併・買収)セキュリティのほかあらゆるモノがネットにつながる「IoT」レーダーや画像解析などの自動運転関連技術を発掘・事業化していく所存であります。
    ※ティエスエスリンク提携戦略→バルク?
    ※ティエスエスリンク:新規顧客獲得済
    ※AIスクエア提携戦略→トヨタ?モネテクノロジーズ?
    ※Aiスクエア:リクシル、サントリーの追加
    ※マイクロソフト:反アマゾンでクラウド強化、協業中
    ※電脳交通:クラウド型タクシーコールセンター、協業中
    ※5Gデータセンター:500ラック完売残り250ラック大口受注済
    ※インタープロテイン株式会社と株式会社エーアイスクエアとの人工知能技術活用創薬の取り組みについて、2019年1月6日インタープロテイン、新薬化合物の探索短期でAI活用で記事

  • はじめ社長これです(/・ω・)/

  • サクラインターネット4G
    ラック20万〜 通信費等込み150万〜200万
    ブロードバンドタワー5G
    ラック35万〜 通信費等込み300万〜400万

    あとは500〜750ラック✖️300万

    ブロバンの価格はサクラのラック料から予想しただけだから、根拠はありません

  • ①大株主はヤフー、孫さんと藤原社長はお知り合い
    ②現在トヨタのお手伝い中(藤原社長がストックボイスで発言7分20秒位から見て)
    ③トヨタに関して何も決まってない、進展はありますが、業務提携に発展したら開示(IR担当)
    ④子会社の株式会社エーアイスクエア:株式会社LIXIL自動応答システム「QuickQA」採用
    ⑤ 当社社員が、一般社団法人電子情報技術産業協会 (JEITA) の情報配線システム標準化専門委員会が進める「情報配線システムの計画と施工」に関する国際規格、ISO/IEC14763-2をJIS規格として策定するための原案作成委員会分科会委員に選任
    ⑥当社代表取締役会長兼社長CEO藤原洋は、🔥総務省🔥「デジタル変革時代のICTグローバル戦略懇談会」の構成員に就任

    直近材料の一部✨✨✨

  • リミックスポイント(発行株式数 約5700万) 
    出来高急増開始日 2017年1月6日  株価174円
    最初の最高値   2017年6月19日 株価1820円

    ブロードバンドタワー(発行株式数 約5200万)
    出来高急増開始日 2018年8月17日 株価203円

本文はここまでです このページの先頭へ