ここから本文です

投稿コメント一覧 (10コメント)

  • >>No. 165

    恐れ入りますが、「レベル3も達成出来ないでいる」と具体的に仰っておられますが、何故そう言えるのですか?当該企業の現(あるいは元)社員の方ですか?HPにニュースとしてリリースされていることも、いい加減なのでしょうか?昨年の12月にUDトラックスからレベル3より、レベル2、レベル4の市場に注力する旨の発言があったことは、ご存知なんでしょうか?(レベル3については、一般的なドライバーにとって、メリットが少ないそうですが。) 以上

  • 7月19日付の日経新聞朝刊の1面に、『日通 自動トラック実用化へ 「レベル4」相当』の見出しで記事が出ておりました。当該企業は1つのニュースとしてHPにリリースはしているのですが、こういう材料こそJPXの適時開示情報閲覧サービスにリリースすべきだと思います。ただでさえ、IRを出す事が少ないにもかかわらず、株価に多少なりとも影響を与えうるであろう情報を何故、ニュースとしてしか発信しないのか不思議でなりません。「どうせ新聞に掲載されるから、出さんでもええわ。」とでも考えられたのでしょうか?19日の朝刊に掲載されたということは、最低でも18日の取引終了後か、もしくは19日の取引が開始される前に’適時開示’にリリースできたはずです。6月28日付の’適時開示’で株式分割を匂わすIRが出ております。その中で、齋藤社長さんは「当社は、投資単位の引下げが、個人投資家の方々の株式市場への参加を促進し、株式の流動性をより高めるために、有用な施策であるとの認識をしております。 」と仰っておられますが、もっとIRを積極的に出していく事も、個人投資家の参加の促進かつDynamic Growth(非連続な成長)につながるのでは、ないでしょうか?Dynamicという単語を’非連続’としたことについては、何の依存もございません。それどころか’非連続’という言葉の発想に、驚くばかりです。ただ、Dynamicという単語には、本来’行動的な’とか’精力的な’という意味があることも、忘れないで頂きたく存じます。 以上

  • >>No. 154

    確かに法令違反ではないのですが、人道的観点からするとどうでしょうか?非人道的だと言わざるを得ません。未だに無念でなりません。ソクラテスは「悪法も法なり。」と言いましたが、一刻も早く悪就業規則の改正を望みます。 以上

  • 不適切な投稿かもしれませんが、退職金が10万円(勤続26年)しかなかったので、当該銘柄で取り戻そうとして、傷口を広げてしまいました。明日の株主総会の席上か、来月にでも自社株買いのIRが出るように祈っております。来年のオリンピックにちなんで、2,020万株なんて如何でしょうか? 以上

  • 今日は今月に入って初めての連騰になり、誠にありがたく思っております。日経平均寄与度も+0.18となっておりました。ところで、本日(6月20日)の日経平均株価の終値は、21,462.86円で、昨年の6月20日のそれは、22,555.43円でした。一年前と比べると、-1,092.57円(下落率は約5%)に対し、当該銘柄の昨年6月20日の終値は8,630円、前年比-2,960円(下落率は約34%)です。(1日分のデータですが)日経平均の騰落に関して、’落’の方での寄与度がいかに大きいか、驚くばかりです。もちろん、当該銘柄以上に下落している銘柄もあるでしょうし、毎日上がり続ける銘柄など存在しませんが、日本国の株式市場の代表的な株式指標の1つである日経平均株価の足を、日本いや世界を代表する当該企業が引っ張ていることは、残念でなりません。どうか日経平均225採用銘柄から外されるなんて不名誉なことにならないよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 以上

  • 今日は今月に入って3度目の前日比+になり、多少ホッと致しました。日経平均寄与度も+0.48となっておりました。ところで、来週の27日(木)に株主総会があるそうですが、とても東京までは行くことはできません。一昨年の株主総会前日(6月28日)の株価は7,000円で、昨年(2018年6月27日)のそれは、8,290円と前年比約18%の騰貴に対して、今年6月19日時点の株価は、5,620円と前年比約32%の下落となっております。欧州の経済危機や米中の貿易摩擦等々、いろいろな要因が挙げられるものの、いくら頑張って仕事に取り組んでも、上司から結果が全てと言われるように、株主もきっと同じ思いでしょう。昨年の株主総会は、おそらく終始和やかで、不満を言う株主は、ほとんどいなかったかもしれませんね。さて今年は、どうでしょう?紛糾したりするんでしょうか?株主総会前日の26日まで、あと5営業日ありますので、株価が何とか6,000円台にのれば、多少なりともカッコはつくと思うのですが、そのためには地合いが良かろうが悪かろうが、1日平均80円騰げなければいけません。ちょっと、しんどいですかね。申し訳ないですが、私個人はナンピンする余剰資金がありません。 以上

  • >>No. 144

    例えば、今日の日経平均(225)は前日比+0.03%、しかしながら当該銘柄は単独で前日比ー1.43%、日経平均騰落寄与度で言うなら、’落’の方で貢献していることになります。簡単に言うと、本日は日経平均を押し下げた方で寄与した銘柄の1つという事になります。当該銘柄が日経平均225採用銘柄であることは、知ってますよね?陸運業界全体がパッとしないというのもあるかもしれませんが、半官半民の企業であるにも関わらず、かつ世界に冠するフォワーダーとしては、もう少し株価対策をしてもらいたいものです。しなくても、法令違反にはなりませんが... 以上

  • 今日も地合いは悪そうで、最低でも2~3%の下落が予想されます。取得単価が5150でも、うかうかしていたら、あっという間に含み損になるかもしれません。利益が出ている内に、約定するのもありかなと思う次第です。(いずれにしろ、あくまで自己責任でお願い致します。)

  • >>No. 96

    それは困りましたね。士気も株価も下がっていては、株主にとっては頭の痛いところです。1年前とは様々な外部環境も違うので、一概にこういうことを言うのは何なのですが、1年前の4月は始値~終値まで7000円台を割り込んだことはないのに対して、今年は24日前場終了時点で、ずっと6000円台に沈んでおります。せめて平成最後の取引日(26日)には、7000円台に到達して有終の美を飾ってもらいたく、存じます。 以上

  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 40社中、当該銘柄は第4位に選ばれております。4位の日通 <9062> は国内で値上げが浸透したことに加え、アジア向けを中心に電子機器関連などの航空貨物が引き続き増勢だった。以上

本文はここまでです このページの先頭へ