IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (305コメント)

  • 3月29日にGMOメイクショップ株式会社と共同で、ネットショップ運営事業者様向けに、ネットショップにおけるSNS活用術を事例をまじえながらご紹介するセミナーを開催いたします。

    【会場】アライドアーキテクツ株式会社 3Fセミナールーム(地図)
    【開催日時】2016年3月29日(火) 15:00~17:00(受付開始14:30)
    【参加費】無料
    【定員】40名
    【プログラム】
    15:00〜15:40 「公式オンラインショップの主要集客方法(仮)」(講師:GMOメイクショップ株式会社 師橋 淳一氏) 
    15:50〜16:30 「SNS活用によるEC売上向上施策!」(講師:アライドアーキテクツ株式会社 三木 悠輝)
    16:30〜  個別相談会(事前申込制)

  • 3月22日に株式会社インティメート・マージャーと共同で、「顧客像の見える化によるマーケティング効率の高め方」と題したセミナーを開催いたします。
    日本最大級を誇る約4億件のオーディエンスデータを提供するDMP専業最大手、インティメート・マージャー社より、オーディエンスデータによる顧客像の見える化とそのマーケティング活用について、当社からはSNSにおける顧客像の見える化とマーケティング活用について解説いたします。

    【会場】アライドアーキテクツ株式会社 3Fセミナールーム(地図)
    【開催日時】2016年3月22日(火) 15:00~17:00(受付開始14:30)
    【参加費】無料
    【定員】40名
    【講師】
    株式会社インティメート・マージャー 簗島 亮次氏 
    アライドアーキテクツ株式会社 津下本 耕太郎

  • 3月16日~18日に開催される「健康博覧会」にて、当社のブースを出展しモニプラやSNS広告の活用など、当社サービスについてご案内いたします。

    【会場】東京ビッグサイト 西1・2ホール(地図)
    【開催日時】2015年3月16日(水)~18日(金)10:00~17:00
    【ブースNo.】S-19

  • アライドアーキテクツ(6081)には、買いサインは出現していませんが、隠れサインが出現しています。

    3/15
    三角保ち合い

    「三角保ち合い」
    「三角保ち合い(三角持ち合い)」とは、上値抵抗線(高値を結んだ線)と下値支持線(安値を結んだ線)が三角形のような形で構成されるチャート

  • ソーシャルメディアの可能性にいち早く着目し、SNSユーザーと企業をつなげるソーシャルメディアマーケティング事業「モニプラ」を展開するアライドアーキテクツ。同社の広報活動を一手に担う横山さんに話を伺った。

  • 各業界の専門メディア回りと、事例紹介で活路を見出す

    当社が運営しているソーシャルメディアマーケティング事業「モニプラ」は、企業が生活者と交流できる場を提供するプラットフォームです。食品や化粧品、生活用品、アパレルなどのメーカーから、Webサービス、通販事業者まで、多様なジャンルにわたり約2,000社のお客様が利用しています。

    言い換えると、それぞれの業界の新製品や新サービスの情報が、Facebookやブログなどソーシャルメディアを活用して日々発信されているわけです。そこで、「企業のソーシャルメディア活用事例として、各業界の専門メディアに、当社のお客様事例を紹介して回ったらどうだろう」と思い立ちました。

  • たとえば、食品業界の専門誌に、「A社という食品メーカーが、ソーシャルメディアを使ったマーケティングに取り組んでいます。業界のソーシャル事情として面白くありませんか?」という具合に提案するわけです。

    Q事例紹介は珍しいですね
    当社のようなBtoBサービスを提供する企業にとっては、自社の広報活動もさることながら、お客様企業の事例紹介がサービスの説得力になります。実際に社内で営業マンにヒアリングしてみると、すごくユニークで、先進的な取り組みをしているお客様企業の話がどんどん入ってきました。そこで、私自身も広報の立場からお客様に電話やメールで情報収集をしたり、直接訪問したりして、お客様企業の資料をまとめて、積極的に取材誘致を行いました。

    自社ではなく、他社のために取材をセッティングするのは不思議に見えるでしょうね。でも実際には、自社の記事と同じか、もしくはそれ以上に、お客様企業の事例はサービスへの信頼に繋がると思います。

    当社がセッティングした取材であっても、ご担当者様(お客様企業)には「当社のサービスについて触れていただく必要はありません」とお伝えしています。取材の対象は、あくまでもお客様企業だからです。この活動を重ねていくことで、ソーシャルメディアマーケティングへの注目が高まり、結果として当社のPRに繋がるものと思っています。

  • 当社のようなBtoBサービスを提供する企業にとっては、自社の広報活動もさることながら、お客様企業の事例紹介がサービスの説得力になります。

  • 毎年、多くのWebマーケティングの手法が海外で生まれ、少し遅れて日本に輸入され てきます。多くの手法はBtoC、言わゆる一般消費者をターゲットに考えられた マーケティング手法が中心で、何百万、何千万円というお金が動く可能性があるのがBtoBの 市場

  • 最新版】国内EC市場のEC化率まとめ|BtoBとBtoC

    経済産業省が2015年5月に2014年の日本のEC市場、日米中の3ヵ国の越境EC市場などに関する市場調査を発表しています。本日は、経済産業省の調査結果をもとに、EC化率について記事にしました。

    EC化率とはなんでしょうか?例えば、経済産業省のデータから2014年のアパレル産業(衣服・服装雑貨等)の例で説明します。

    アパレル産業のネットとリアル(実店舗)を含めた全商取引は、15兆8101億円。そのうちECサイトなどの電子取引されているものが、1兆2822億円です。ですからアパレル産業のEC化率は、8.11%と言えます。

    ■アパレル産業を例にとったEC化率
    1兆2822億円(EC取引総額) / 15兆8101億円(全商取引総額)= 8.11%(EC化率)

    8.11%というのは、全分野でのBtoCのEC化率3.85%ですので、アパレル産業はEC化率が進んでいる分野と言う事ができます。

  • EC化率が高ければ、オンラインを基軸に戦略を置くことになりますし、一方でEC化率が少なければ競合他社の参入が少なくチャンスかもしれません。(産業により、EC化の敷居の高い場合がありますが)

    本日は、経済産業省のデータをもとにEC化率についてインターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者が、解説してまいります。

  • 日本国内のBtoBのEC化率は?

    BtoBのECの市場は280兆円と非常に大きなマーケットなため、ECシステム各社の新規参入や、BtoBに特化したASPの展開する会社も出てきました。しかし経済産業省が出しているEC化率の26.5%は、EDI※等の受発注システムとECが区別されていないため、BtoBのEC化率がかなり高い数値になっています。

    EDI等の受発注システムでは様々な制約があり、マーケティングなどの時流に合った施策を実行していく事が難しい為、EDIからEC化を検討している企業が増えております。

    ※EDIとはElectronic Data Interchangeの事です。つまりBtoBの場合、取引を行う企業と企業のコンピューターをつなぎ、企業のやりとりに必ず発生する受発注(注文書、納品書、請求書)などを自動化する仕組みであり、ECサイトではありません。

  • 「キャンバス広告」でカタログへのスムーズな遷移を
    ニュースフィード上の広告からはFacebook外のウェブサイトへも誘導することができますが、リンク先のウェブサイトがモバイル向けに最適化されていなかったり、読み込みに時間がかかりすぎる場合などには、ウェブサイト訪問を断念されてしまうおそれがあります。

    そこでFacebookでは、6月にカンヌで発表した「キャンバス広告」という新しい広告形式を、いくつかの企業と協力してテスト(英語)してきました。これから先の数週間では、あらゆるビジネス目標の達成に役立つこの広告形式に、これまでフィードバックに基づく改良を加え、さらなるテストを実施していきます。キャンバス広告をタップすると、あっという間にフルスクリーン画面に切り替わり、様々な商品を閲覧したり、広告主のウェブサイトへ移動して商品を購入することができます。

  • 三角保ち合い

    「三角保ち合い」
    「三角保ち合い(三角持ち合い)」とは、上値抵抗線(高値を結んだ線)と下値支持線(安値を結んだ線)が三角形のような形で構成されるチャート

  • アライドアーキテクツ

    [十字線]上下のヒゲが同程度で短いもの相場全体が様子見気分の時に現れるもの。相場の流れが変わる予兆とされます。


    十字線のうち、下ヒゲが上ヒゲより
    大幅に長い足形

    買い勢力が強いことを示唆します

  • マイナス金利
    それでも買いたい株20銘柄 大波乱相場をチャンスに変える!

    2016年3月3日

    Texts by サンデー毎日

    経済ジャーナリストの雨宮京子氏は、二つのトレンドに乗って業績が拡大しそうな銘柄を選んだ。

    外国人対応に役立つサービスを提供する会社です。訪日客や在日外国人の増加を受けて需要が高まる翻訳サービスや翻訳ソフトを提供するロゼッタ、それにフェイスブックに広告を出稿したい世界中の企業と、広告を制作したい各国の個人をマッチングするサービスのアライドアーキテクツです」

  • アライドアーキテクツ

    モニプラ、有力インターネットサービス企業の連合体「Syn.alliance(シンドットアライアンス)」に参画企業キャンペーンへの流入経路を大幅に拡大、SNSプロモーションの効果向上を実現

    Syn.(シンドット)構想の推進を目的に組織される有力インターネットサービス企業の連合体「Syn.alliance(シンドットアライアンス)」に参画し、3月10日よりサービス連携を開始しましたのでお知らせいたします。

    「Syn.」構想は、スマートフォンが普及した現代において、全てのサービスが入り口となる「中心のないポータル」を構築することで、モバイルインターネット上でユーザーが新たなサービスを発見し、そのサービスからまた新たなサービスを発見する、さらにはサービス同士が繋がって新たな価値を提供するという、スマートフォンにおける価値倍増計画です。現在、「Syn.alliance」に参画する各社サービスの合計月間利用者数は国内最大級となる1億人超にのぼります

  • アライドアーキテツクツ/TV通販の元社長が社外取締役に就任へ

    SNSを活用したマーケティングなどを手掛けるアライドアーキテクツは2月19日、ジュピターショップチャンネルの元社長・大橋茂氏が社外取締役に就任すると発表した。就任予定日は3月30日付。総合商社でのグローバルビジネスと、ダイレクトマーケティング事業経営者の経験から、適切な助言が受けられると判断したという。
     大橋氏は1973年4月、住友商事に入社。ジュピターショップチャンネルの代表取締役社長兼CEOや住友商事の常務執行役員などを歴任した。
     現在は住友商事の顧問と、タイのテレビ通販会社であるショップ・グローバルの代表取締役社長兼CEOを務めている。

  • アライドアーキテクツ、イベントキュレーションアプリ「watav」実証実験第2弾をスタート-京急電鉄と連携し位置情報を活用した沿線イベント情報通知を開始

  • 京急電鉄沿線のイベント情報をユーザーに発信
     当実証実験でwatavは、京急電鉄が発行する沿線地域の観光情報やイベント情報などを紹介するフリーマガジン「なぎさ」と連動しています。あらかじめアプリの通知機能を「ON」に設定していたユーザーが対象の駅に訪れると、スマートフォンの待ち受け画面に、「なぎさ」で掲載されているイベント情報を中心にまとめた特集ページを紹介するプッシュ通知が送られます。通知をタップしてアプリを開くことで、開催日程やアクセス方法といった詳細なイベント情報を入手することができます。これにより、沿線地域にお住まいの方はもちろん、家族や友人とのお出かけで京急沿線を訪れた方など、同地域のイベント情報に対して感度の高いユーザーに向けて情報を発信することが可能となります。

本文はここまでです このページの先頭へ