IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (141コメント)

  • ちょっとぐらい売り煽りがあっても、
    自信があるなら血眼になって騒ぐことないと思うけどな。

    以前からのホルダーは、自分自身はもう余裕なので、
    新規の人に対して何でもいいから買ってホールドしろと言うけれど、
    すでに10倍化した株をタイミングもみず構わず買って、
    直後に下がって含み損を抱えるなどという恐怖を分かってるんだろうか?

    確かにいつIRがあるか知れないので、
    早く買った方がいいと思うけれど、
    押し目のときや横ばいのときにうまく買ってもらった方が、
    結局は長期ホルダーを増やすことに繋がることになるんじゃないかな。

    12月12日までは苦しい道のりだったような表現もたまに見ます。
    先行きがわからず、値動きの少ない株をホールドするのは、
    我慢と忍耐がいることですが、アンジェスやそーせいなど、
    過去のかなり激しいバイオの荒波をどう思いますか?
    カイオムはストップ高3連続などという偉業を達成する素晴らしい株ですが、
    ストップ安3連続とかを乗り越えてきた訳ではないですよね?
    比例配分でも何日も売れない、そういう道のりを歩んだバイオも中にはありますし、
    カイオムだってこれからはそういう激しい動きをするかもしれません。
    今のように調子よく上昇しているときには、誰だって余裕です。
    いざ荒波が来たら、皆さん大丈夫ですか?

    分かっている方には、釈迦に説法で恐縮な書き込みですが、
    よく覚悟を決めてホールドしていただきたいと思い書きました。

  • いろいろなご意見ありがとうございました。

    私自身は、前のバイオバブルの頃からちょこちょこ手を出し、
    痛い思いもしつつ、5年ほど前からは新薬承認を信じて、
    そーせいだけをずっとホールドしてきました。

    そーせいは10年チャートをみれば分かるとおり、
    80万円で始まって9100円まで下がり、
    その瀕死の状態から今まさに輝かしい復活を果たそうとしています。
    中には、上場から持ち続けている筋金入りのホルダーもいるようです。
    そういう人達のすごさを少し分かってほしかったのかもしれません。
    ただし、下がってもひたすら持ち続けることを勧めているわけではありません。
    見切りも大切です。

    そーせいのことばかり書きましたが、今はすべてカイオムに換えました。
    私がカイオムに乗り換えたのは、軽鎖IRと重鎖IRの間、
    VCの売りにより上値を抑えられていた時期です。
    その際は、神様ほか皆さんの書き込みは大変参考になりました。
    感謝しております。

    おそらくカイオムは、そーせいのような苦境には遭遇することなく、
    まだまだ高みに上っていくことでしょう。
    ホルダーは、もっと安心して持っていればよいのだと思います。

  • カイオムは他のバイオとは違う、ということは確かにそうかもしれませんが、
    今日の値動きを見た通り、短期的には今後も他のバイオの影響を受けるでしょう。
    理不尽に思えても、株の世界では理不尽なことはたくさんあります。

    今日IRが出たので明日からの動きが少し予測しづらいですが、
    こういう下げが起こってから買い時を伺う方が、
    上り調子の17万、18万の時に買うより心理的に優位に立つことができます。

    ナイアガラは始まったばかり。
    大きなIRがあるまではそうそう上がらないでしょう。
    今週、来週あたりで少しずつ買っていけばいいと思います。
    多少高くてもいいから絶対欲しいのであれば早めに、
    仮に上がって買う機会を失ってもいいから安く買いたい人はゆっくりと。

  • どんなに良い株、上がる株も調整は必ずあります。

    大口の株価操作は別として、売った個人は悪い人ではなく、
    自分の投資スタイルで行動しただけです。

    そして、もし買い始めるならこういうときがチャンスです。

    信用で買っていて損失が出ている方には厳しい話ですが、
    カイオムにも、しばし休憩の時間をあげましょう。
    その方が、次のIRの威力も増しますし。

    カイオムを信じて長期で持つ予定の人は、
    しばらく株価を見ないぐらいの気持ちの方がいいかもしれません。

  • しかし地合いによっては1万までの下落の可能性もあるので、
    信用買いについては危ない気がします。

    このあたりの株価は、将来余裕で超えていくと思うので、
    現物の人は構わずホールドしていればいいでしょう。

    世界初または世界唯一の技術を持つ企業はカイオム以外にもありますが、
    カイオムのすごいところはその技術によって、
    「価値の高いものを短期間で次々に生み出すことができる」
    ということだと思います。
    確かに医療革命を起こせそうな予感を感じます。
    だから魅力があるんでしょうね。
    こういう企業は、ほかにはあまり見当たりません。

  • >>No. 1

    このニュースは、いい追い風ですね。
    ただ、今日の午前中のニュースなので、既に折り込み済みではないでしょうか。
    新規の人、増えた気がします。
    今日ぐらいの下げは、現物の人は全然気にすることはないでしょう。
    カイオムが一直線に上がってほしいと期待してる人もいるかもしれません。
    気持ちは分かりますが、それは無理というもの。
    どれくらいまで下がる可能性があるかなーというのを自分なりに予想して、下がるのを許す寛容さがないと、長くホールドするのは辛いと思いますよ。

  • すごいIRだと思います。
    敗血病に対し、「単剤で」生存率を「大幅に」改善。
    カイオムが作成する抗体は、実に優れているようです。
    アドリブシステムでも、このように優れた抗体を作ってくれることを期待します。

  • 今日はまあまあの出来ですね。

    普通のバイオならSema3Aの材料でストップ高になってもおかしくないんですが。

    それだけカイオムへの期待が高いのか、または上がるのが早すぎたのか…。

    どちらにしろ、明日がプラスなら、とりあえずの底確認ってとこですかねー。

  • ここ最近の下げで、怒ったり平常心を失っている人もいるようですね。
    でも、一部の狂信的ともいえるホルダーやその買い煽りに乗せられた人以外は、だいたい想像してた動きじゃないでしょうか?

    プロトタイプ完成のIRまではこんな動きが続くと思います。
    さすがにそのIRでは上げると期待してますが、それでも値動きがパッとしないこともあるかもしれないので、覚悟はしておいた方がいいでしょう。
    そーせい他みて分かる通り、新薬承認されたのにほとんど反応なしという、信じがたい動きをすることがありますからね。

    気長にいきましょう。

  • 敗血症の市場規模は気になっていたところで、怪しいHPで市場規模数千億円というのはちらっと見たんですが、エリトランだけで3000億円を売り上げると予想されていたんですね。
    抗セマフォリン3Aがブロックバスターになるかもという話は、これから本格的に出てくるかもしれません。

    参考までにそーせいは、COPD治療薬のNVA237をノバルティスに導出し、既に販売を開始しています。
    COPDは、世界の市場規模は1兆円、今後ますます増加し、2030年には死亡原因の第3位になると言われている肺の病気です。
    NVA237はそーせいとベクチュラ社の合剤ですが、マイルストーン総額はそれぞれ200億円、ロイヤリティーは公表されていませんが、噂では6パーセントぐらいらしいです。
    さらにこのNVA237とQAB149の合剤であるQVA149が承認申請中ですが、現在の第一選択薬に比べ格段に臨床結果が良く、ブロックバスターになるだろうと言われています。
    ちょっと複雑ですが、要するにそーせいの開発品だけでブロックバスターになるわけではないということです。
    ですが当時会社の存続も危ぶまれていたバイオベンチャーが、天下のノバルティスにブロックバスター候補を導出したというのは大変すごいことでした。
    株価は1年で1万円から20万円まで急騰しました。
    当時より事業が進捗している現在、もっと上がっていてもいいはずですが、業績として表れるまではあまり動かないのかもしれません。
    ここがバイオのよく分からないところです。

    カイオムはまだ反応がありませんね。実態がはっきりしていないからでしょう。
    市場規模はそーせいの方が上でしょうが、カイオムは単剤で高い効果を示す結果が得られたということですから、その点ではカイオムの方が上だと思います。
    当時のそーせいとは立ち位置が異なるとはいえ、導出先やマイルストーンが公表されれば、それに見合った上昇を見せてくれると期待します。

  • 明日からどうなるか?
    攻撃的なコメントをしようがどうしようが、下がるときは下がります。
    極端な買い煽りの人は、いなくなってくれた方がこの掲示板にとってはよいような気がします。それは難しいと思いまが。
    この掲示板は、あってもなくても変わらないんだけど、新規で買う人にとっては参考になるかもしれません。
    新規で買うなら、もう少し様子をみた方がいいでしょう。
    将来、爆上げするとしても、それをホールドし続けられるかどうかは、いくらで買うかが重要ですから。

  • >>No. 14697

    意味分かりませんかね?

    分かってもらわなくてもいいでいすが。

    1万まで下がるかもと言うと、そんなわけないと総攻撃を受け、
    いざ下がると、それくらい下がるのは想定内だったという。

    自分に都合の悪いことでも、一時下がる可能性のあることを認める、
    たったそれくれいのことがなぜできないのか、不思議です。

  • この株の値動きとは別に、今日は機嫌悪いんで言わせてもらうけど、ここには若干、たち悪い人がいますね。

    ちょっと下がる予想をすればギャーギャー!騒いで。

    下がるものは下がるんですよ!

    そういうのを飲み込んで、ホールドするならホールドすればいいし、回転したいならすればいい。
    下がることを予想すること自体をけしからんという、その自分をもっと省みるがいい。
    素直にみれば株価の動きはもっとよく見えるだろうに。

    誰かがいった大掃除は、まだまだ終わりそうにないですな。

  • >>No. 14712

    おー、そのとおり!上がることもあれば下がることもある。
    その当たり前のことを受け入れられない未熟なホルダーが散見される、ということです。

    売り煽りってそんなボロクソいってるかな?全くそうは思わないけどね。
    自信のない人には、ちょっとの言葉が、もっのすごい響くのかもしれないな。

    言いたいことはひとつ。自分に都合の悪い現実も、ありがたく受け入れろってことです。

  • >>No. 14719

    受け入れている人に対して書いているわけではない。

  • >>No. 14723

    売り煽りに対して、内容なく攻撃してるのは嫌というほど見たけどね!

    反感買う?

    上等ですよ。

  • 今回の増資は、ほぼ前向きに受け取ることができます。

    ただ一つ気になるのは、藤原社長がマイルストーン社に80,000株を貸すこと。

    この80,000株はリスクヘッジのための空売りに使うんでしょうが、そのリスクとは?

    ①株式希薄化による株価下落
    ②増資発表による株価下落
    ③プロトタイプ失敗による株価下落
    ④本当はリスクヘッジのためでなく、空売りで利益を得るため
    ⑤その他

    私には分からないので、誰か教えてもらえますか?

    3月末に結果をみれば分かりますけど。

  • ありがとうございました。

    社長が貸した8万株は、素直にとらえれば問題なさそうですね。

    あとはアドリブシステムがどうなるか…。

    それがハッキリしたため、この増資の契約が締結されたのかもしれませんが。

    カイオムが目論見どおり50億円、いや75億円を調達できることを祈ります。

  • 社長が筆頭株主だから株主の利益になることしかしない、という理論は甘い気がします。

    世の中いろんな社長がいますから。突然、市場で大量に売却しちゃうような社長も。

    腹黒くて個人投資家からお金を吸い上げることに手段を選ばなかったり、追い詰められてそれどころじゃなかったり。

    藤原社長が株主の利益のことを気にしているのは、自分が筆頭株主だからではないと思います。というか、そう信じたいですね。

本文はここまでです このページの先頭へ