IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (118コメント)

  • 今期は、9割以上の企業が赤字になるだろう。

    ここに限らず、すべての銘柄で今のPER割安指標で買うと後悔すると思う。
    今は、割安でも買わない。よっぽど資金力のある人以外は持ち株を売って、何もしないのがベスト。
    これから世界がどうなるか想像すらできない。
    今は、少しでもリスクを減らして、備える時期。

  • 日経、ニューヨークダウ、上海総合指数がまだ暴落してないので、世の中はまだ明るい。
    株価を買い上げて維持するのには、心理的には意味があるのだと思う。

    上海総合指数は、3000以上あり、3か月前より高い。
    ウイルスで経済が落ちる前より、今のほうが株価が高い。
    こんなこと、想像できる人がいるのだろうか?

    ウイルスに金融政策で今のところは勝っている。

    ここは、すでに高値から半値以下。
    株価が下がれば、弱気になるというのは事実だと証明している。
    逆に、株価さえ高値に維持しておけば、ある程度の悪材料でも受け入れられる。

    あの悪化したPMIでも、株価が下がらない中国という国がそれを証明している。
    株価は、心理面が重要だと痛感します。
    自動売買システムのコンピューターにウイルスで弱気心理になっている人間が勝つのは相当難しいことだと思う。

  • どこでもそうだけど、再開したら今まで我慢していた人が殺到して大混雑になると思う。
    そこで感染拡大なんてことになれば企業が責められる。

    だから、終息の見通しが立つまで企業として営業という判断はできないんじゃないかと思う。

  • ここは、すでに日経15000円時の水準。

    政府は全く本当のことを言わずに、要請内容は、日本が終わるレベルの要請をしている。
    本当に恐ろしい。日経15000円でもおかしくないってここの株価が言っている。

  • 政府の対応と感染者数が全く釣り合わない。

    不安になるのは当たり前。説明すらないのだから。

    今出ている業績予想は、この状況をまったく織り込んでいないのだから、PERで割安は今は当てにできない。

    全部自己判断ですね。基準としては、休みの時に株価が全く気にならない。
    夜、ぐっすり寝れるのなら買ってもいいと思う。
    健康が一番ですから。

  • まだ日経が22300円あるという現実。

    ここだけ見ていれば十分売られているのだが(1年で3割程度下落)、日経が下がれば売りが出るようになっているアルゴが活躍している現状では、買いにくい。

    日経が18000円ぐらいなら、600円台は買いだけど。
    なぜここは先取りして下げていたのだろうか?

  • 株主数、1万人。 かなりの数だと思う。

    その割に流動性が低い。ほとんど取引がない。上場のメリットはあるのかな。

  • 消費税引き上げが延期になったからね。

    それでも、増益に持っていけるのは、あなたの言う通りです。

    また、消費税の駆け込み需要がすぐにあるから、この辺り値段で買っておくのは正解だと思います。

    最後に、決算発表後増益予想で売っている人は大丈夫だろうか?
    普通は、下方修正で売って、決算発表後に予想を見て買い戻すっていうのがリスクヘッジだと思う。
    下方修正の時点で売るのがリスク管理の基本です。
    もし今期の予想が大幅に減益なら大損している可能性が高いのに、そのリスクを冒しておきながら、下方修正で付けた値段より下で売ることのリスクを理解しているのだろうか?

  • 下方修正のやり方が、さらに下方修正があることが誰にでもわかる最悪のやり方。
    つまり通期の予想が、中間の下方をただ差し引いただけの手抜き予想。
    下期の予想は、増益になるという期初計画から全く変えていない。
    本当なら、中間までの業績を考慮して通期の予想を見直すということをしなければならない。

    だから悪材料出尽くしにはならないでしょう。
    PER4倍の評価の会社がこういうことをするから、ますます信用がなくなる。
    ただ、配当は15円出せるでしょうから利回りは4%超といい水準ではあると思う。
    300円前半なら利回りから買ってもいいかなと思う。

  • 誰でも他人に少なからず迷惑をかけています。あなたの投稿もそうです。

    他人を自己中と批判しているあなたを他人が見れば、あなたも自己中なんですよね。
    前回の投稿で、不快な思いをしている人しかいないのに(そう思わないの数)また同じようなことを投稿するのは、自己中社員と同じレベルの行動です。

    ここの社員だとわかる格好をして、他人に迷惑をかけているのなら会社にも動いてほしいですけど。

  • 信用度が極めて低い。脆弱の一言に尽きる。

    前期の実績で、PERが3倍台で配当利回りが4%を超えるなんてありえない水準。

    下げ誘導の自動売買にいいようにやられすぎ。

  • 人気ないね。
    下がるときは大手の工作機械株につれ安。
    オークマ、牧野フライス、森精機の株価が戻る場面では全くついていけずに安値放置。
    これが2部銘柄の現実です。
    前期の3割増益の最高益が株価に全く反映されていないという現実。
    800円で横ばいだった頃より、利益水準が大幅に上昇しているのに650円で取引されている現実。
    株主が全く報われていません。

    牧野フライス 1株利益予想54円  PER12.5倍 株価681円。

    高松機械   1株利益予想124円 PER5.3倍  株価655円。

    同じぐらいの値段なのに比べると高松のがっかり感しかありません。

  • 相変わらずクセが悪い。超割安水準での推移。

    信用売りの逆日歩満額というおまけ付き。

    PER4倍の銘柄を空売りする勇気がすごいし、下げようと必死なのが伝わる。

    15円配当で、配当利回りでも4%近くある銘柄を下げて儲けようとする意図が分からない。
    普通に買いで450円ぐらいまでもっていくほうが楽だと思うが。

  • 上方修正と増配の確立が非常に高いと思うが、この地合いでは修正しないことがマイナスに働いている。
    会社予想では、4Qの利益は5000万ということになり、先行きに不透明感がある状況では値下がりを恐れて買い手が少なくなり、1人か2人が売るだけで大きく値下がりする状況が出来上がる。
    閑散に売りなしの状況なのだが、この格言はアルゴリズム取引の自動売買の時代には全く当てはまらなくなっている。
    自動売買の売りは、個人投資家の利益を奪いマーケットを殺し続けている。
    1月22日に日経平均900円上がったときは、11円の上昇。
    2月9日に900円下がったときは、43円の下落。
    下落は上昇の4倍である。下がれば自動で売りが出るからこうなる。
    年間10%程度ゆっくり確実に成長している日経の上昇には全く反応しない企業でさえ、半月で10%以上の下落が起こる。

    個人が面白い企業で上方修正があると思って保有していても、こういう売りによって損させられて殺されていく。
    下がったところを機械的に買うしか、機械的な売りには対抗できないのが今のマーケット。
    人間を相手にしてないのだから、なぜ下がるのかとか、どこまで下がるのかとか考えても無駄で全く面白くない。

  • 4Qの利益予想は、約2億円で1株利益は約10円に落ち込む予想。下方修正までしてこの予想を出してきているのでかなり信用できる数字だといえる。
    修正なしの企業より売られる理由がここにあると思う。

    単純にここから来期を予想すると、来期の1株益は約40円程度となる。
    現時点ではPER5倍で超割安に見えるが、来期で見るとPER8倍台と割安レベルになる。

    すべての銘柄がこのように漠然とした不安で売られている地合いでは、現時点の割安さだけで安易に買うと損が膨らむだけ。

  • ここが微減益予想で1300円台なら、これから決算を発表する銘柄はリスクしかない。
    行き過ぎにもほどがあるが自動売買の売りで株価は反発さえできない。
    ここの株価2000円を日経平均20000円とすると、株価1300円は日経平均13000円の水準。
    ここの株価を見ているから、日経が13000円台まで下がっても何にも驚かない。
    むしろ、そういう前提ですべての銘柄を見る必要があるとさえ感じる。
    これからも自動売買にマーケートが殺される日が続くだろう。

  • 一年前と株価が変わらない水準ですね。
    増益なんだけど、大幅増益予想で下方修正して小幅の増益になる格好だから印象が悪い。
    だからPERも6倍まで売られる。増益企業で6倍は相当割安な水準なんだけど。
    大幅増益予想で株主に損失を与えた会社は、いつ1部に昇格するんでしょうかね。
    その期待で700円台で買っておけば、来年はいいことあるかな。

  • 安値に我慢してきた株主が、この決算で投げ売りをする意味が分からないよ。

    リスクとリターンが全く釣り合わないと思うけど。
    コンピュータにいいように相場が操られているのだろうね。

  • 決算の見方が難しいね。

    4~6月の利益が、218もあったから単純に4倍して通期で10億だと思って買っている人(特に公募で買った人)には、7~9月の利益76は最悪の数字になる。
    利益が、3分の一になっているわけだから。

    しかし、上期で利益294は普通の人にはすごくいい決算に見える。
    実際上方修正だし。これで暴落するのは、やはり相当期待が高かったんだろう。

    公募での10%以上の希薄化、特損の悪材料ということで350円程度まで下がるのは受け入れるしかないというのが現実だと思う。
    売上が増えずに経費削減で利益を伸ばしているというのもあまり先行きに期待が持てないし、地道にコツコツの業態だから株価の変動ほど、会社自体は変動してなかったということなんじゃないのかな。

    300円台前半なら、配当と優待で十分なリターンがあるし、保有したい人もいるんじゃないのかな。ちょっと公募価格が高すぎた感は、否めないよね。

  • 上場来安値、2000円ですね。
    日経7000円の時でも2000円以上あった株価が、個別銘柄の材料なしに2000円をつけるという異様さ。

    評価損計上で赤字の時でも2000円は割り込まなかったのに。
    板を見ていると、必ず200株以上の売りが先頭になるプログラムで株価が上がらないようになってますね。

本文はここまでです このページの先頭へ