IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (971コメント)

  • テクノスデータサイエンス・エンジニアリング <7046> [東証M] が3月31日大引け後(15:00)に業績修正を発表。20年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の8000万円→1億2100万円(前期は2億1200万円)に51.3%上方修正し、減益率が62.3%減→42.9%減に縮小する見通しとなった。

  • 【2月19日 CNS】人工知能(AI)が新型コロナウイルスによる肺炎との闘いで「新兵器」になりつつある。

    阿里巴巴(アリババ、Alibaba)は15日、アリババ系研究機関の「達摩院(DAMO)」が、クラウドサービスを主業務とする阿里雲(Alibaba Cloud)と共同で、新型肺炎に関する新しいAI診断技術を開発したことを明らかにした。

     このAIは、新型肺炎の疑いがある患者のCT画像を20秒以内に判読できる。分析結果の正確度は96%に達し、診断効率を大幅に引き上げることが可能だ。


  • 新型肺炎・コロナウイルス  その対策

    外出は控える
    免疫力強化する
    家の中で、寝てる




    新型肺炎・コロナウイルスは、感染力が強い
    致死率(約2%)と低い方が、危険だ。

    致死率が低いウイルスのほうが、スーパースプレッダー(一人で十数人に感染を広げる人)が出現する可能性が高く、より多くの人が感染し、(大流行)が起きやすい

    日本は、高齢化社会で
    高齢者は、新型肺炎・コロナウイルスに、弱い

    感染したら、20%は重症化=NHK

    今後、深刻な事態が予想される らしいです。

  • 救急隊員の感染「想定せず」 神奈川県と横浜市、十分な対策強調 発熱後も1件担当
    2/16(日) 9:00配信

    隊員は高機能マスクやゴーグルなどの感染防護具を着用していた
    ましてや、普通のマスクでは、防御できない


     横浜市消防局の30代の男性救急隊員が新型コロナウイルスに感染していたことが14日判明し、神奈川県と市は同日深夜から15日未明にかけ、相次いで記者会見した。十分な対策をとっているはずの救急隊員の感染。「想定していなかった」

    (市川喜久江・県健康医療局長)と、県、市ともに驚きを隠さなかった。【樋口淳也、中村紬葵】

    【新型コロナウイルス検査の流れ】

     隊員の感染について厚生労働省が発表したのは14日午後10時半過ぎ。隊員が横浜港大黒ふ頭(同市鶴見区)に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で感染が確認された患者の搬送を担当していたこともあわせて公表した。

     県は当初、隊員が患者の搬送に携わったことは認めたものの、具体的な職種などを明らかにせず「県内の自治体職員」とするにとどめた。だが、会見中に横浜市が記者会見を開くことを知らされると、同市職員であることを事実上認めるなどちぐはぐな対応をみせた。

     市は15日午前0時半から、高坂哲也消防局長らが市役所で記者会見。隊員が鶴見消防署所属で、10日の午後3時前に同僚2人とともに出動し、患者の対応にあたっていたことを明らかにした。隊員が同船の患者の搬送に関わったのはその日が初めてだという。

     隊員は高機能マスクやゴーグルなどの感染防護具を着用していた。市の担当者は防護具について「医療機関でドクターが診察するレベルのものを装着していた」と、十分な防護体制をとっていたと強調。着用状況も異常なかったという。

     県内では感染した80代の女性の死亡が判明したばかり。集団感染が起きているダイヤモンド・プリンセスへの対応も続いており、県幹部の一人は「救急隊員の感染は衝撃が大きい」と語った。県や市は今後、隊員の行動歴などを詳しく調べ、必要に応じて検査や健康確認などを行う方針。

    隊員は高機能マスクやゴーグルなどの感染防護具を着用していた
    ましてや、普通のマスクでは、防御できない







  • 病院院内でのソリューション監視システム

    キーウェアの病院院内での

    監視システムが細菌対応のものということは皆知ってる。
    新型コロナウィルスはまだ発生したばかりだからウィルス対応してないが

    今後の

    7046 - テクノスデータサイエンスのソリューション
    AIバージョン新システムの開発などに期待。


    やがては総合病院科目の病院などは必須な
    AIシステムソリューションとなるだろう。

    キーウェア社も親の7046と急いで
    AIバージョンアップソリューションを開発して貰いたい

  • >>No. 540


    キーウェア

    3799東2

    stop
    > きてます


    > きてます


    > きてます

  • かつて“一億総中流”といわれた日本は今や、格差の拡大という深刻な問題を抱えている。


    投資情報会社「IMC」代表で、投資家の吉永賢一さんは、AI時代になるとさらに貧乏人の生活は追い込まれると予測する。

    「コンビニ店員などの低賃金の仕事は、ロボットに取って代わられるでしょう。

    将来的には収入格差どころではなく、富裕層と貧困層が完全に別々に暮らすようになるかもしれない。すると、貧乏なことが“スタンダード”になり、ますます上を目指さなくなる」

     AI時代に苦労しないためには、アルバイトなどで目先のお金を稼ごうとする姿勢ではいけない。

    金持ちは、決して「その場しのぎ」で働くことはないという。

    「お金持ちは『ライフタイムバリュー』といって、目の前の仕事が一生でどれほどの価値を生むか考えている。

    10年後を見据えて働くので、残業するにしても、ただ単に時間を費やすのではなく、10年後にお金を稼ぐためのスキルアップになるのかを考える」(吉永さん

  • >>No. 17

    困難にある
    ここはあきらめて


    テクノスデータサイエンス (7046)

  • >>No. 379

    580~600円

    > キーウェアすごいね、ただ取得価格公表されてないし、思ってるよりは高い価格で買わされてる可能性はある。まあでもどっちにしろキーウェアの株価が上がること自体は良い

  • >>No. 372

    いつ我々 は暗闇の中であります。
    我々 は太陽を夢見るだろう
    暗闇の中で私たちの光を感じるでしょう
    私たちの心の暖かい人

    私たち一緒に保持する場合
    私たちの夢は決して死なないのか知っています。

    夢は永遠に見る
    高い魂を飛ぶことができます。

    雲をロールします。
    あなたと私のため

  • >>No. 371

    あなたの方法を失わない
    毎日毎日です。

    あなたのところに来た
    それを捨てるな
    信じてライブします。

    機織りの夢であります。
    驚異の開始を待っています。

    あなたの物語を生きる
    信仰、希望、amp の栄光
    あなたの心に真実を保持します。

  • 金融庁により2019年4月12日発表された「人生100年時代における資産形成」を参考に見てみましょう。

    2015年の推計では、現在60歳の人が85歳まで生きる割合は64.9%、90歳まで生きる割合が46.4%、95歳まで生きる割合は約25%とされています。

    つまり、60歳で定年を迎えても、約半分程度の方が90歳まで生きることになります。いくつで定年を迎えるかという議論はありますが、60歳で退職しても約半分の方は30年間老後生活があることになります。

  • 平均寿命を見るだけでは、そうした状況は見えてきません。金融庁により2019年4月12日発表された「人生100年時代における資産形成」を参考に見てみましょう。

    2015年の推計では、現在60歳の人が85歳まで生きる割合は64.9%、90歳まで生きる割合が46.4%、95歳まで生きる割合は約25%とされています。

    つまり、60歳で定年を迎えても、約半分程度の方が90歳まで生きることになります。いくつで定年を迎えるかという議論はありますが、60歳で退職しても約半分の方は30年間老後生活があることになります。

  • 08/07 11:14 キーウェアについて、TDSEは保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

    08/06 17:16 キーウェアについて、株式会社HBAは保有割合が5%を超えたと報告 [大量保有報告書]

  • >>No. 678



    新元号「令和」好感が持てる73.7%





    ◆トラック運転手にとって恐怖の存在とは……



     中でも「邪魔」を通り越し、もはや「恐怖」すら感じる存在なのが、「自転車」だ。

     道路には、大きく分けて「自転車」「原付」「バイク」という3種の二輪車が走っている。

     。



     特に車道においては、文字通り「2つの輪っか」に生身のカラダを乗せて走行する彼らは、無防備かつ不安定であるがゆえに、ほぼ全ての自動車に邪魔扱いされてしまいがちなのだが、中でもとりわけトラックにとっての自転車は、時に体中の毛穴が一気に引き締まるほど恐ろしい存在になることがあるのだ。

     慣れない自転車通学・通勤を始める人が増える季節

    ◆トラックと自転車の相性が悪い3つの理由


     トラックがとにかく自転車と相性が悪いのには、大きく分けて以下の3つの理由がある。

    1.見えない

     トラックの死角については「トラック左後方の死角の危険性」をはじめ、過去に何度も紹介してきた。再度強調するが、トラックは、車体の左側に多くの死角を作る。

     そのデッドゾーンに背丈の低い自転車が入り込めば、どれだけ反射板を引っ付けようがライトを光らせようが、その存在には全く気付くことができない。

     それに、彼らが身の危険を感じて鳴らすのは「クラクション」ではなく「鈴」。振動音が常にするトラックの車内に、その「チリンチリン」が届くことはほとんどないのだ。

    2.動きの予測ができない

     自転車はその死角に自ら入り込んでくるうえに、ふらついたりよろけたりするなど、不安定極まりない。

     赤信号で止まったトラックの脇をすり抜けようとした自転車が、トラックのエアブレーキからエアが抜ける「プシュー」という音に驚き、転倒・怪我をするというのはよく聞く話だ。

     そんな自転車の行動の中でも最も怖いのが、突然車道に出る行為。

     朝や夕方、歩道がにぎわう通学路や駅近くで起きやすいのだが、歩道を走っているサイクリストが後ろを振り返ることもなく、突然車道に降り、歩道の歩行者などを追い越そうとすることがある。

     車幅の広いトラックの直前でこれをされると、急ブレーキや急ハンドルでも避けられないか、幸いに避けられたとしても積んでいる積み荷が荷崩れを起こし、横転や荷物の破損などの二次的被害を引き起こす可能性があるのだ。

  • お金に好かれる人は、余計な敵を作ることを最も嫌います。

    そこに前向きな話や、生産的な話がないからです。

    そればかりか、余計なトラブルに巻き込まれ、使う必要のないエネルギーを使うことにもなりかねません。

本文はここまでです このページの先頭へ