IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (41コメント)

  • 決算通貨で乱高下、ありましたね。
    ただ、配当は維持されましたので、個人的には安心しました。
    533円で少し買いました。
    下がるようだったら追加していきます。

  • ソフトブレーンの投げ売りが落ち着いたので、久々に買ってみました。
    15日の前後で乱高下はありそうですが、中長期で800円前後を目標にしてみます。

  • 決算で上げたとしても、材料出尽くしで下げたとしても、どちらでも腹が立たない程度に利確しておくとするか。
    珍しく買い板がそこそこあるから売りやすいな。

  • 総悲観になってきたか?
    そうすると取るべき行動は一つだが。

  • 2016/03/25 00:03

    さて、買うか。

  • ここが前回増資したときに株価がどう動いたか
    覚えている人間はおらんのか?
    みんな新参ばっかりか?

  • 先週は思いの外、値を保っていたな。
    上げは出来高が少ないので信頼性に欠けるが、
    売りが細っているのは事実だろう。
    信用の投げがもっとくるかと思っていたが
    ほとんどみられなかったな。
    日柄の調整が進んできたので、
    ボチボチ買っていくぞ。

  • > 820円で買って975円で売却しましたわ。短期竹槍組バンザイ。

    チャートだけみて後から「いくら儲けた」などは愚の骨頂だな。
    妄想か?(笑)

    IRカレンダーが更新され、第3四半期決算は4月30日発表だ。
    先の大型案件がどの程度業績に寄与するのか、見極めの決算と言えるかもな。
    4月30日に向けて、思惑から動意付く可能性はある。
    まあ俺のスタイルでは短期の動意は本筋ではないから、
    夏の本決算に向けてじっくりと取り組むがな。

    ちなみに信用買いが急増しているな。
    全体の地合い悪化もあり、スルスルと売られているが
    売りの主体は短期信用組の投げが有力なのだろう。
    株価の調整は進んできているから、850円を割ってくるようなら
    俺は少しずつ買い下がっていくぞ。
    指値で500株前後ずつ、細かく入れる感じだな。
    さあ、売ってくれ。

  • 今日は早速調整になったな。
    短期筋にとっても、願ってもない展開なんだろう。
    後場は大した出来高でもないが
    買いが入らないことをいいことに、どんどん下げ誘導をしているな。
    まあ普通に考えれば数日調整だ。
    第3四半期決算やIRに期待している人間もいるようだが
    俺はそれには懐疑的だ。
    次の相場は本決算前後だろう。
    多少のスイングはするかもしれんが、基本的にはじっくり取り組む姿勢だな。

  • 先週、素人にも分かりやすい底の付け方をしたな。
    5000株程度の買板を出すと、それをサポートに個人の竹槍部隊が参加するようになった。
    5000~8000株程度の小筒部隊で売板を食らうと、竹槍部隊が更に活性化してくる。

    5000~8000株程度の売板を出してみても、これまでと違って少しずつ食われていくな。
    以前はその程度の板を出すだけで、弱気が弱気を呼んでスルスル下げていったものだが。
    地合いと言ってしまえばそれまでだが、好循環が生まれてきている。

    1050円を目指す展開なのか、その手前で止まるのか、短期は知らん。
    ただ、中長期で投資するにも少し急激に上げすぎたので一端買いは休む。
    本音を言えば、もう少し買いたいところだが。
    株価もしくは時間の調整が進むまで、しばし待つことにしよう。

    短期筋は大分入れ替わりがあったようだ。
    新参株主殿、せいぜい相場を盛り上げてくれたまえ。

  • 全く刺さらないな。
    804円に上げてみたぞ。これで刺さるか?
    いずれにせよ、売り物は枯れてきているな。
    短期筋はもう退場したか?
    ここを買っても実を結ぶのは8月頃だろう。
    他で利益確定したぶんを少しずつ回す感じだな。
    今は主力が賑わっているから、蚊帳の外だ。
    主力は追いかけても良いが、
    俺はもう十分腹一杯だ。
    とりあえずここは少しずつ買っていくぞ。
    さあ、売ってくれ。

  • 資本業務提携か。下手なM&Aよりは良いな。
    現金は豊富にある。そのうち2億3千万少々使ったところで、財務は良好だ。
    創業系の大株主が高値で売り抜けているは少々気に食わないが。(笑)
    まあ、過去にも株価上昇局面で取締役が売り抜けしているので
    ここの既定路線といえばそれまでだ。

    業務提携ですぐに業績に反映されるものはないが、
    顧客開拓の道筋が新たに示されたことは
    ストック型収益構造の将来性にはプラスだ。

    繰り返すが、短期は知らんが中長期ではボラ取りの旨みがあるな。
    他人は知らん。俺は買う。それだけだ。

  • 板の雰囲気が1部鞍替えの直後とそっくりだな。

    さあ、来週からぼちぼち買いだ。
    他人のことは知らん。
    俺は買う、それだけだ。

  • M&Aは決算の度に可能性に言及したり、四季報にも載ってくるので期待する気持は分からなくもない。
    ただ、この会社の歴史をみると、10年ちょっと前のM&Aは結果的に失敗。
    整理、整理を重ね、ようやく基幹事業が固まったところだ。
    利益率が回復してきたか?というところで、本社移転を実行し、ここに来てようやく収穫の時期だ。
    安易なM&Aに手を出すとは思えんがね。

    記念配を出すかどうかは別として、配当性向は数年間変わっていないのだから
    最高益を受けて増配は確実だ。
    株価が10倍になっているので、配当の旨みは相対的に低下してはいるが。

    まあ収穫期には入ったばかりだから、短期は知らんが中長期ではボラ取りの旨みがあるな。
    本決算までに買い増しを継続しておきたいところだ。

  • No.48026

    記念配当

    2014/11/25 17:32

    これについては先の2部鞍替えの際に
    実施されることが発表されている。
    過去の株主還元策の傾向から考察すれば
    いずれそれに近いものを発表してくるだろう。
    ただ、欲張り過ぎ、急かし過ぎては駄目だ。
    「年内に1部鞍替え」を
    実際にやってのけたことを、
    まずは評価すべきだろう。
    次の思惑へ向かうのは、明日かもしれないし
    しばらく調整を余儀なくされるのかもしれない。
    ただ、ここはあまり熱くなる局面ではないだろう。
    人気が無いことを嘆く銘柄ではない。
    もともと出来高では、
    分割前に100株に満たないことも
    ざらにあった銘柄なのだから。

  • 300円台から思惑だけでここまで上がってきたのだ。
    一部鞍替えという事実が発表されたことで、
    一旦調整するのは何も不思議ではない。
    相場に参加している者すべてが勝者になるなど有り得ない。
    min*****のように、安易に飛びついた後に
    損切をして退場して行く者がいてこそ、勝者が生まれるのだ。
    材料出尽くしの後、相場が落ち着くのを待とう。
    次の思惑は、第2四半期の決算だ。
    第1四半期のサプライズは、中長期で投資している者からすれば
    記憶に新しいところだ。
    第2の波は、いずれやってくる。

    ところで最近フミヒロ君を見かけないが、
    彼は元気でやっているのか?
    安値売りをバカ、バカとあれはあれで見苦しかったが
    しっかりと握力を発揮できていたのだろうか?
    フミヒロ君のことを御存じの株主は、現在の株価なら皆勝者だ。
    心にゆとりがあることだろう。

  • >>No. 248022

    8月相場に入りましたね。
    前回の投稿でも書きましたが、8月のアノマリーには注意。
    証券会社のレーティングなど、まともに相手するものではありません。
    それぞれの思惑が絡んでいることは誰の目にも明らかなのですから。

    決算内容は真新しいものは全くありませんでした。
    私は随分前からCAを投資対象から外していると書き込んでいます。
    2Qと全く変わらない内容なので
    わざわざそれを書き込む必要もないと放置していましたが、
    コメントが欲しいといわれるならその旨だけ書き込んでおきましょう。

    買い方の元気がすっかりなくなってしまって、売り煽りが優勢ですが
    私のスタンスはどちらかといえば後者ですね。
    ただ私の場合は、株価だけを追いかけるのではなく出来高をみます。
    これも長期に渡って書き込んできましたが、
    CAの場合は出来高15,000を境に強弱を判断しています。
    つまり、本日程度の出来高ですね。
    売りで入るにしても、出来高からみて相場が強い環境ではリスクが大きすぎます。
    買い方はこの数日が正念場。
    8月のアノマリーで国内機関投資家は来週辺りから姿を消していくので、
    個人&外資でどれほどの勢いを保つことが出来るのかポイントになるでしょう。

    ただ、他に好業績を発表する銘柄がたくさん出てきている状況ですから
    わざわざ全体の流れと逆行するようなCAを、私は投資の対象にはしません。
    (たとえ空売りであっても)
    買いを検討するとすれば17万以下。これは変えていません。
    掲示板の他人の意見にあれこれ左右されるのではなく、
    しっかりと自分のスタンスを確立しておくことが必要でしょう。

  • >>No. 246141

    先日の投稿の様子からすると、大分迷ってらっしゃるのかなと思いましたが
    素早く決断されて利確に動いてらっしゃったのですね。

    「上がりそうで怖い」「もう少し待てばよかった」「売るの早まった」
    株をやっていれば、このような感情とは常に隣り合わせになるものですね。
    そのようなときは、原点に戻って、
    買いを入れたときに御自身が描いたビジョンとの突合せをすると良いですよ。
    18万前後で購入をされたということでしたので、
    恐らく今回の投資は決算内容に期待をした上でのものであったと想像しております。
    先の投稿で「決算は悪くないと思った」そうですが、
    少し日がたった現時点においても同じ見立てをされていますでしょうか?
    あるいは「悪くなかったが良くも無かった」という解釈はされていませんか?

    「良い決算を期待して買ったが、期待したほどのものが出なかった。」
    もしこのような関係が成り立っているとしたら、
    「薄利といえど利確できたことは良し」と思えることでしょう。
    その後の相場環境で、多少のイレギュラーは当然出てくるでしょうが、
    それは「宝くじに当たった」とか「交通事故にあった」といった類のものとして
    処理をすれば良いのです。
    真の投資家は、己の分析に立ち戻り、仮説と実証を繰り返しながら利益を積み重ねているのだと思いますよ。

    今回のように決算の市場からの評価が芳しくなく、急落したりすると
    「私は長期投資家だから売らない」とか「短期筋が淘汰されて長期投資家だけが残ればいい」とか
    そんなコメントが並べ立てられますよね。
    ところが得てしてそのような方々の決算直前の投稿を読み返してみると、
    買い煽り発言の多いこと多いこと。(笑)

    「長期投資」と「短期投資の失敗」は決してイコールではない。
    こんなことは誰が見ても当たり前のことですが、掲示板ではそんな輩がのさばることのさばること。(笑)
    売りを決断されたことで、後々いろいろと解釈をつけられることもあるでしょうが
    過度に振り回されること無く、自身の見立てを持つことが重要だと思います。

    私は昨年の7月、3Qの決算をみて14万5千どころを一つの目処と捉え、投稿をさせて頂きました。
    相場の変動はありましたが、自分の思う価格帯までは手を出すことはしませんでした。
    それはファンダメンタルズの分析をもとに、長期的視野で買いのタイミングを計っていたからに他なりません。
    「長期投資」の本質は、「含み損を抱えようが持ち続ける」ことではなく、
    「この価格帯なら買える」ところまで「待つ」ことではないでしょうか。

    今回の決算だけをみれば、私の見解は「買いは16万台まで待つ」です。
    失望感の大きい決算でしたが、ファンドの介入や自社株買い効果で、1Q以上の調整は考え難い。
    昨日は反発しましたが、5月は下げやすいアノマリーがありますし
    夏のボーナス時に買いが入った後の外資勢の売り攻勢のアノマリーなどは抑えておくべきところ。
    もちろんアベノミクスや参議院選挙で政治学的リスクが後退するなど、
    同時期に外部環境の良い側面も予想されますので、株価は変動することでしょう。
    ですが、「自称長期投資家」達のように、その時々に一喜一憂するのではなく
    御自身の基準で買いを入れることが出来る水準を、洗いなおしてみれば良いのだと思います。

    戦略さえ間違わなければ、どんどんと利益を積み上げられる地合です。
    めったにお目にかかれない環境ですから、楽しんでいきましょう。

  • 2/8付けで1833株新規参入。
    自社株買いが終わった途端に仕掛けてきていますね。

    「底をうった」と書き込みされてる方々、
    このような最低限の情報をみたうえで、需給を判断してらっしゃる?
    根拠を示される方が皆無なので、ただの願望にしか聞こえませんね。

    さて、デカグラフの収益化について質問をされている方がいらっしゃいますが
    会社側はまずPVありきで論じている段階であり
    見通しは全く立っていないのが現状でしょう。
    収益化に繋がれば株価は上昇しますが、
    その難しさをグリーの決算が示した格好となりました。

    2012年、株価は20%下落しました。
    2013年もそうならないと、否定できるでしょうか?
    決算上の数字は、確実に悪化している。
    この辺り、冷静に立ち回っていきたいですね。

    しばらくすれば、会社側から追加で株価対策が打たれるでしょう。
    そのタイミングを見計らって、買うなら買えばよい。
    とりあえず4月下旬まで、材料がでる兆しはなさそうなので
    様子を見ておけばよいでしょう。

    短期リバウンド狙いにしても、
    まずはSNSで好調を維持しているDeNAの動向を覗いながら
    CAに流れが波及するかを見極めると良いでしょう。

    それにしても、株価が下落したら下落したで、
    醜い買い煽りが結託して掲示板を汚してきますね。(笑)

  • >>No. 244293

    本当に独りよがりな投稿続けているよね。(笑)

    先日の投稿、再掲してあげようか?

    >ヨタ話が現実になるかも知れませんよ、
    > デカグラフが順調に回転し始めたらどんだけ業績が急上昇してくるか
    > まあ見ててください。売上に対する経常利益の掛率が6.8%が10%に改善しただけでも今年170億行きます。
    > 先駆者がいますのでね、2度あることは3度ある。
    >先生は23万で降りそうだから、その後は指咥えて見ててください。

    グリーの決算を読めば、業界全体として利益率が厳しい状況にあることがよくわかりますよね。
    んだもしたんのいう、先駆者が厳しいことになっているのにCAだけを楽天的にみるのは何故かな?
    「指を咥えて見ているだけ」になったのは、んだもしたんだね。(笑)

    ちなみに、信用の取引の内訳をみたらよく分かるけど、
    個人投資家が「投げた」というのは誤りで、
    しっかりと利益を確定させた上で、空売りを乗せているのが現状。
    投げが出るのは心理的節目を割り込む18万以下ですよ。

    >個人的にはロングで応援する人だけが残ってくれればそれで良い。

    個人ブログへ移動されたらいかがですか。(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ