IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (14コメント)

  • 全財産空売りしました私は天才過ぎる

  • 2020/09/21 23:16

    ブラックマンデーやん

  • ダウ先物プラ転
    なんだこりゃ?🤪

  • 2020/09/21 22:30

    ダウ先物大上昇

  • まさか22:30なんちゃって上昇か?

  • トランプ以前TikTok楽しいとか褒めてましたからね


    >トランプ大統領が、承認しますかね?
    >>TikTokグローバルがバイトダンスの子会社決定

  • 名古屋大学 新型コロナ 人工の抗体 速やかに作ることに成功
    2020年9月19日 4時33分
    NHKニュース
    新型コロナウイルスに感染すると体内にできる「抗体」と同様のたんぱく質を速やかに人工的に作ることに名古屋大学などの研究グループが成功し、細胞への感染を抑えることも確認できたと発表しました。研究グループは、新しい治療薬の開発などに応用できる可能性があるとしています。

  • ユビエンス、たんぱく質分解薬、白血病向け自社開発加速
    2020年9月11日
    化学工業日報

     たんぱく質分解化合物(TPD)の製剤化を目指すユビエンス(東京都中央区、武内博文社長)は、自社開発を本格化する。提携先のエーザイなどとの協業とは別に、単独で血液がん向けの案件を2つ立ち上げた。一つは慢性骨髄性白血病(CML)で、もう一つは急性白血病。CML薬候補は2024年をめどに臨床試験を始め、将来は「グリベック」(スイス・ノバルティス)と並ぶ第1選択薬の地位を目指す。

  • iPS視細胞、今秋移植へ 世界初、中枢神経再生目指す 神戸
    2020/9/18 8:44 Yahooニュース

     人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作製した「神経網膜シート」の移植手術(臨床研究)を、神戸市立神戸アイセンター病院(神戸市中央区)が今秋に実施する方針を固めた。中枢神経の生理的回路の再建を目指す治療は目の再生医療の「本丸」と位置付けられており、世界初。今回の臨床研究は、既に厚生労働省の専門部会で了承されている。

     移植対象は「網膜色素変性症」の患者。光を感じる網膜の視細胞が周辺から死んで視野が狭まり、最後は失明に至る疾患で、国内に推定で約4万人の患者がいるとされる。確立された治療法はない。

     今回の手術は、拒絶されずに定着し、がん化しないことなどを確認するのが主目的。約1年かけて安全性を確認し、機能面はさらに数年、観察を続ける。関係者によると、移植するのは数十年前に同疾患と診断された患者。病状が進行し、このままだと失明する可能性が高いという。

     手術では、健康な人のiPS細胞から作った視細胞になる直前の「前駆細胞」を使ったシート(直径約1ミリ、厚さ約0・2ミリ)を1~3枚、網膜下に挿入する。新型コロナウイルスの感染状況も見ながら手術日を決める。

     成人の網膜は千数百平方ミリメートルあり、今回の移植で移植できるのは面積にして数%程度。このため、病態の進んだ患者に劇的な改善が起こる可能性は低いとみられ、今回の臨床研究の成果を踏まえ、同病院はさらに研究を進める。

  • 緑内障・高眼圧症治療剤「K-115」の タイにおける承認取得のお知らせ

    興和株式会社は、世界に先駆けて日本で販売している緑内障・高眼圧症治療剤「グラナ テック®点眼液 0.4%」(開発コード:K-115、一般名:リパスジル塩酸塩水和物、以 下「本剤」)につきまして、タイにおいて開放隅角緑内障・ 高眼圧症を適応症として承認を取得しましたのでお知らせいたします。

    本剤は世界戦略品として位置づける世界初の Rho キナーゼ阻害剤で、2014 年 12 月より日本で先行販売しています。タイにおいては昨年、タイ王国保健省食品医薬品庁(タイ FDA)に申請を行い、このたび世界で 5 ヵ国目となる承認取得に至りました。タイでの販売体制につきましては、現地法人 Kowa (Thailand) Co., Ltd.による 自社販売を予定しています。

    興和は、感覚器領域(眼疾患)を重点領域のひとつと定め、医療用医薬品ではリパスジル塩酸塩水和物を用いた緑内障・高眼圧症治療剤の製品拡充およびフックス角膜内皮障害変性症治療剤の開発を進めています。

  • ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング、自家培養口腔粘膜上皮の製造販売承認申請
    2020年9月18日 08:08

    角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした再生医療等製品である自家培養口腔粘膜上皮(開発名:COMET01)の製造販売承認申請を厚生労働省に行 ったと発表した。

    この技術は大阪大学大学院医学系研究科の西田幸二教授(眼科学)が開発したもので、同社は自家培養口腔粘膜上皮細胞シート移植の技術を導入するとともに、同教授のグループが実施した医師主導治験を引き継ぎ、2016年9月より「COMET01」の企業治験を行ってきた。

    「COMET01」は、患者自身の口腔粘膜組織を採取し、分離した細胞を培養して作製する自家口腔粘膜上皮由来細胞シートで、本品の移植によって、患者自身の口腔粘膜上皮細胞を生着・増殖させ、欠損した角膜上皮を再建させることを目的としてい る。角膜上皮幹細胞疲弊症によって両眼の角膜が広範囲に混濁し視機能が著しく低下した患者に対する新たな治療法として期待されている。

    なお、2020年3月に、COMET01が角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした希少疾病用再生医療等製品に指定された。

    角膜疾患のため失明した患者に対して、現在角膜移植が実施されているが、わが国では献眼数が絶対的に少なく、ドナーが不足している。また、重篤な角膜上皮疾患の場合は、特に拒絶反応のため、角膜移植が奏功しない。

    西田教授らは これらの問題を解決しうる、独自の自家培養口腔粘膜上皮細胞シート移植法を開発した。口腔粘膜の上皮細胞を代替細胞として移植する再生治療法(自家培養口腔粘膜上皮細胞シート移植:COMET)を開発し、臨床応用を行い、従来の角膜移植術に比較して良い成績が得られるようになった。

  • ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング、自家培養口腔粘膜上皮の製造販売承認申請
    2020年9月18日 08:08

    角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした再生医療等製品である自家培養口腔粘膜上皮(開発名:COMET01)の製造販売承認申請を厚生労働省に行 ったと発表した。

    この技術は大阪大学大学院医学系研究科の西田幸二教授(眼科学)が開発したもので、同社は自家培養口腔粘膜上皮細胞シート移植の技術を導入するとともに、同教授のグループが実施した医師主導治験を引き継ぎ、2016年9月より「COMET01」の企業治験を行ってきた。

    「COMET01」は、患者自身の口腔粘膜組織を採取し、分離した細胞を培養して作製する自家口腔粘膜上皮由来細胞シートで、本品の移植によって、患者自身の口腔粘膜上皮細胞を生着・増殖させ、欠損した角膜上皮を再建させることを目的としてい る。角膜上皮幹細胞疲弊症によって両眼の角膜が広範囲に混濁し視機能が著しく低下した患者に対する新たな治療法として期待されている。

    なお、2020年3月に、COMET01が角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした希少疾病用再生医療等製品に指定された。

    角膜疾患のため失明した患者に対して、現在角膜移植が実施されているが、わが国では献眼数が絶対的に少なく、ドナーが不足している。また、重篤な角膜上皮疾患の場合は、特に拒絶反応のため、角膜移植が奏功しない。

    西田教授らは これらの問題を解決しうる、独自の自家培養口腔粘膜上皮細胞シート移植法を開発した。口腔粘膜の上皮細胞を代替細胞として移植する再生治療法(自家培養口腔粘膜上皮細胞シート移植:COMET)を開発し、臨床応用を行い、従来の角膜移植術に比較して良い成績が得られるようになった。

  • iPS視細胞、今秋移植へ 世界初、中枢神経再生目指す 神戸
    2020/9/17 Yahooニュース

     人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作製した「神経網膜シート」の移植手術(臨床研究)を、神戸市立神戸アイセンター病院(神戸市中央区)が今秋に実施する方針を固めた。中枢神経の生理的回路の再建を目指す治療は目の再生医療の「本丸」と位置付けられており、世界初。今回の臨床研究は、既に厚生労働省の専門部会で了承されている。

     移植対象は「網膜色素変性症」の患者。光を感じる網膜の視細胞が周辺から死んで視野が狭まり、最後は失明に至る疾患で、国内に推定で約4万人の患者がいるとされる。確立された治療法はない。

     今回の手術は、拒絶されずに定着し、がん化しないことなどを確認するのが主目的。約1年かけて安全性を確認し、機能面はさらに数年、観察を続ける。関係者によると、移植するのは数十年前に同疾患と診断された患者。病状が進行し、このままだと失明する可能性が高いという。

     手術では、健康な人のiPS細胞から作った視細胞になる直前の「前駆細胞」を使ったシート(直径約1ミリ、厚さ約0・2ミリ)を1~3枚、網膜下に挿入する。新型コロナウイルスの感染状況も見ながら手術日を決める。

     成人の網膜は千数百平方ミリメートルあり、今回の移植で移植できるのは面積にして数%程度。このため、病態の進んだ患者に劇的な改善が起こる可能性は低いとみられ、今回の臨床研究の成果を踏まえ、同病院はさらに研究を進める。

  • 2020/09/18 20:19

    ユビエンス、たんぱく質分解薬、白血病向け自社開発加速
    2020年9月11日
    化学工業日報

     たんぱく質分解化合物(TPD)の製剤化を目指すユビエンス(東京都中央区、武内博文社長)は、自社開発を本格化する。提携先のエーザイなどとの協業とは別に、単独で血液がん向けの案件を2つ立ち上げた。一つは慢性骨髄性白血病(CML)で、もう一つは急性白血病。CML薬候補は2024年をめどに臨床試験を始め、将来は「グリベック」(スイス・ノバルティス)と並ぶ第1選択薬の地位を目指す。

本文はここまでです このページの先頭へ