ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • 長期的にみている人はほとんど同じ目線っぽいですね。
    代理店契約の増加は獲得契約費用の増加につながるので、ここをどうカバーしていくか。契約件数が増えれば、広告などの宣伝広告費は相対的に負担が軽くなるはずなので、どことバランスをとるのか。
    そのためには、まずは新規契約件数はこのまま順調に増加傾向が続くこと。
    ここらへんが最低限の条件かと。
    これらが順調であれば、今は決算上赤字でも問題ないと思います。

  • 黒字化、配当って当面無理。
    本当に保険の株を理解したいなら、他の会社の決算も見比べることだよ。
    こんなとこで聞いてたって理解できないと思う。
    EEVが重要じゃないと思うなら、IRに問い合わせて聞けばいい。
    すごい優しく教えてくれるから。
    なぜ赤字なのかも理解しないと、値動きに振り回されて終わり。
    売りだとか買いだとかは言いたくない。

  • TOBありきの話になってますが、私はないと思ってますよ。
    株主構成的にもEasさんがおっしゃられているように、過半数すら難しいかと思います。それならKDDI引き受け手の第三者割り当てが現実的じゃないでしょうかね。
    TOBしてもライフネット自体に資金が入るわけでもないですし、割り当てで出資比率上げながら経営基盤を作っていくんではとみてます。
    希薄化するのは嫌ですが、下手な増資よりはるかにいいですし、未来も見通し安くなると思います。それに上場も維持できます。

  • 記事の内容読みましたが、薄っぺらすぎじゃないですか?
    あたかもライフネット生命が窮地に追い込まれてTOBされるかのように書かれていますが。
    記事の内容だと、TOBを察知したハゲタカが、高値売り抜けするために買い進んでいるって感じですよね。業績もだめだから、TOBされるだろうと。

    今は逆に新規契約が順調ゆえに、TOBされる可能性が出てきてると思っているのですが。
    エフィシモが登場し、安値TOBの抑止力になれるかといった現状かと判断してます。
    EVの内容もなし、新規契約や広告宣伝費を見ずに赤字拡大を大きく宣伝する記事は参考にはならないと思いますね。

  • ファンドは50%程度の利益なんて望んでないと思いますよ。
    私が考えるTOBのシナリオはあくまでダメなパターン。敵対的なTOBではなく、あくまで資本傘下に入るパターンですね。
    出資割合を上げるために、増資を引き受けてくれるのがベストシナリオ。
    今回の資料からも、資金流出は抑えたいが、成長投資は加速させたい。この二つを両立させるためにはどっかしらの資本が必要かと考えます。それがKDDIであればいいかなと。
    最高の形は利益計上できるまでに育って、配当、昇格、ここら辺まで育ってくれることだと思ってますよ。

  • TOBだと想定している株価とは程遠い値段になるだろうな。。。
    一段の成長を見込めそうなときに、ガンガン金使わせて成長戦略打ち出してきてるんだから、取り込むにはベストタイミング。
    今期予想の流れから、いやな予感はしていたが。
    事業が黒字化するのはタイミング的にまだまだだし、どっちがいいのやら。。。

  • abcさんのはいつも参考にさせていただいてます。
    あまり書き込むようなことはしませんが、今のタイミングで株価があがるか?と問われればまだ時期が早いかと思います。
    普通に決算だけの見た目では評価しづらいですから。
    ただ、時価総額200憶を切れば間違いなく割安ですし(今でも高くはない)、タイミングを見て買おうとしている人も一定数いると思いますよ。
    少量ホルダーですが、しっかり成長していくか、私はじっくり見てますよ。

  • 直近では見た目黒字になるのは厳しいし、新規契約件数増加スピード早まればもっと黒字化するのは厳しい。
    ただEEVを基準とした実質的価値は向上していく。

    黒字化まで買わずに待つ人もいれば、今が安いと買う人もいる。
    このまま新規契約スピードが早まれば今でも十分安いが、人気化しないと株価が動くのは難しい。
    機関投資家は黒字化するタイミングで仕掛けてくるだろうが、いったん黒字化したら長い相場になると考える。

  • 中小小型株は、個人投資家が沢山います。好業績でも理不尽に売られ続けられたら、悲しいけれどギブアップします。損切の大切さは骨身に沁みて分かっています。その会社の将来を見据えずっと応援するつもりだったにも拘わらず損切してしまう、そして、あざ笑うあなたがいます。悲しいかなその後、業績に見合った上昇をスルスルとするのです。これで会社を本当に応援できるのでしょうか。空売りの本当の存在理由を、今一度考えて欲しいと思います。

  • 大きなうねりが来ています。ポケベルが急速に携帯に移行したように。今迄スイカもパスモも普及していながら銀行に紐つけなかった、だから本当にメタップスが銀行に紐つけられたら、三大メガバンクに紐つけられたら、その意味は図り知れないと思います。又、銀行自体も、日本が現金偏重だといって、大きな世界のうねりに背を向けてはいけないと思います。大切なのは、そういう世界が他の国では現実に存在しているという事実です。日本の円に対する信頼はよくわかります。しかし、それ以上に利便がまさったら、当初、携帯に全く反応しなかった年配の人達の動きをみれば分かると思います。主導権をメタップスが握るかは分かりません。只、今の時点では他よりは少し先を見つめ歩んでいると思います。

  • 2月2日に売らないという選択を投稿した者です。その後、直近まで大きく下げましたが、月次を確認をしながら持ち続けています。何年後かには、この上げ下げが小さなさざ波に見える時が必ずくると、私は信じています。それまで成長を見守りたいと思います。

  • >>No. 166

    たまごリピートが現在1000社なのを考えると、驚異的な数字だと思いますけどね。

    基本料金形態が全然違うので、テモナの客はこちらが食べてしまうのでは?と思ってます。
    基本料金安くても、販売代金から収益出すつもりでしょうから、ECのスタンダードになれば会社の評価も変わりそうですね。

  • 昔ソフトバンクが好業績にも拘らず激しく売られたことがあった。最初、楽観視していたがそのうち掲示板が阿鼻叫喚になってこの下げは理由があるのかと思った。そしてその後、強烈な下げは終わり株価はスルスルと上がり好業績に見合う株価になった。地味だがこの会社の真面目さ、そして近い将来激変する自動車業界を思えば、私はこのまま売らないという選択をする。

本文はここまでです このページの先頭へ