ここから本文です

投稿コメント一覧 (3605コメント)

  • >>No. 36152

    sumomoさん、こんばんは。
    今年4月のアドバンテストの上昇はちょっと尋常ではないと思っていました。
    率直なところそれほど割安という感じはしないのですが、ここ最近は大きく崩れることがないですね。
    素材と装置の違いはあるものの、割高とも思えないSUMCOとはずいぶん値動きが違うなとつくづく感じていました。
    GPIFの影響があるのかなと個人的には思っていますが、よくわかりません。
    まあしかし、今日は半導体関連が強かったですね、その中でもアドバンテストは一番強くてチャートもいいですね、SUMCOもだいぶ復活してきました。
    私はダービー指名時の1月はSUMCOに資金の半分近くをつぎ込んでいたのですが、今は残念ながらちょっとしか持っていません。
    SUMCOは今年ここまで抜けられそうで抜けらず、今回は三度目の正直となるか、二度あることは三度あるとなるか、非常に動きのクセが悪く、どうなるかまだわからないように思います。
    いずれにしても今日は日経チャートが急回復、参院選明けの月曜は日経にとって鍵となりそうで、東京エレクトロンやアドバンテストといった半導体銘柄の復活で市場を盛り上げて欲しいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは3ドルの上昇、為替は107円台前半、先物は昨日の日経平均終値比で100円くらいの上昇となっています。
    昨日の日経平均は422円の大幅な下落、昨日21000円割れまで想定とはコメントしたものの、昨日の時点で一時的とはいえ割れるのは想定外でした。
    ただ、今週に入って薄商いの中を先物主導で値を下げるような場面が目立つようには感じていたので、こういった状況も考えておかなければならないのかもしれません。
    そんな状況下でsumomoさんご指名のアドバンテストをはじめとする半導体銘柄は昨日意外なほど底堅い展開でした。
    今日もSOX指数は堅調で、半導体関連はごたごたはあるものの、巻き返しの時が来ているのかもしれません。
    いずれにしても昨日はいくら何でも下げ過ぎといった感じはあり、参院選を控えた金曜日ではありますが、陽線で終わるような展開を期待したいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは115ドルの下落、為替は107円台後半、先物はCMEが昨日の日経平均終値比で200円近い下落となってしまっています。
    昨日の日経平均は66円の下落で、一時25日線割れとなり、苦戦の続く状況です。
    今日も先物が大きく下がっており、今度は25日線を完全に割りそうで、21000円割れまで想定しなくてはならなそうです。
    参院選を控え様子見があるのか、はたまた消費税や世界経済減速もあり日本株は売りなのか、何とも難しい状況です。
    せっかくここまで盛り返してきたので、何とか26週線くらいで踏ん張って欲しいところではあります。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは23ドルの下落、為替は108円台前半、先物は昨日の日経平均終値比で70円くらいの下落となっています。
    ダウが最高値を更新する中、昨日の日経平均は前場先物主導で崩される展開、後場も戻すことはできませんでした。
    昨日は円高を嫌気とありましたが、今日は若干円安が進んだものの、先物は下落しており、日経の弱さが目立つようにも思いますが、他国の市場も必ずしも米国に追随できておらず、現状は米国株だけが独走といった感じです。
    日経平均は200日線を挟んだ攻防となっていますが、25日線と75日線のゴールデンクロスを目前にこれ以上の下落は避けたいところであり、今日は何とか切り返してくれることを期待したいと思います。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは金曜日に引き続いて最高値を更新しましたが、相変わらず為替は107円台後半にとどまっており、先物は先週の日経平均終値比で100円くらいのマイナスといまいちな展開となっています。
    日経平均は21800円辺りが抵抗帯という感じで、200日線の上で揉み合う上値の重い日々が続いています。
    とはいえ、ようやくではありますが25日線と75日線のゴールデンクロスが近づいてきました。
    今の状況では日本企業の1Q決算はあまり期待できるところではなく、ここから先は米国企業の1Q決算次第といったところでしょうか。
    ダウはやや行き過ぎ感もあるように思いますが、せめて7月いっぱいは頑張ってもらい、日経も何とか追随して欲しいところです。
    それでは皆さん、今週もよろしくお願いします。

  • 6月中旬から買い進めていた保有銘柄にだいぶ利が乗ってきましたが、ダービーエントリーをしていなかったことをちょっと後悔しております。
    このタイミングでまた失敗しそうな感じもしますが、私の保有銘柄では比較的で遅れてるいる下記の2銘柄をエントリーしたいと思います。
    獅子真眼さん、夢心さん、よろしくお願いします。

    ネットマーケティング(6175)
    インテージHD(4326)

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは227ドルの上昇、為替は108円台半ば、先物は昨日の日経平均終値比で40円くらいの下落となっています。
    ダウは最高値を更新で終値で27000ドルを超えてきました。
    昨日107円台に突入した為替も108円台半ばまで戻していますが、先物はマイナス圏、ちょっとよくわからないです。
    昨日発表された今週注目の安川電機の決算は正直良いとはいえない内容ですが、折り込み済みともいえそうなところもあります。
    ADRやptsでは下げていますが、ダウが最高値を更新し、全般的に底打ち感が出始めている中、ここから先はダウも日経も1Q決算次第というところで、安川電機がどのように評価されるのか気になるところです。
    ダウに数字上5000超の差をつけられてしまった日経平均、3連休前の金曜日ではありますが、もう少し奮起を期待したいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは76ドルの上昇、為替は108円台半ば、先物は昨日の日経平均終値比で変わらずです。
    パウエル議長発言は好感されたようで、ダウもNASDAQも最高値を更新、上げ幅を縮小したものの堅調といって良さそうです。
    日経平均は昨日は31円の下落ではあったものの陽線とはなっており、引き続き21500円辺りでは底堅さを発揮しました。
    為替が109円を目前にしてまた若干円高方向に向かいましたが、ダウも反発したので今日は日経も切り返してくれるものと期待しています。
    なかなか上値が重そうにも感じますが、週足で見るとどこの市場も底打ちしつつあるように感じられ、まずは今日・明日と堅調に推移して欲しいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは22ドルの下落、為替は108円台後半、先物は昨日の日経平均終値比で50円くらいの下落となっています。
    ダウは小幅ながら続落、NASDAQは若干の反発、米国市場は全般的に様子見といった感じでした。
    昨日の日経平均は30円の上昇とはなりましたが、どちらかというと下落する銘柄が目立ちました。
    現状では21500円がサポートラインとなっていますが、今日もETFの換金売りが出るとのことで、この水準を守れるか微妙なところです。
    いずれにしても今晩のダウの動きが、当面の相場の行方を占う上でのポイントとなりそうです。
    今日も基本的には様子見ですが、サマーラリーになるような展開を期待したいところではあります。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは115ドルの下落、為替は108円台後半、先物は昨日の日経平均終値比で50円くらいの上昇となっています。
    ダウは利下げへの期待の後退から続落、金曜日ほどの戻しも見られませんでした。
    昨日の日経平均は212円の下落、円安が進みそこまで売られる地合いでもなかったように思いますが、相変わらずの薄商いの中でETFの換金売りを吸収できないような感じでした。
    今日はとりあえず先物が若干上昇しているものの、明日も換金売りがあることを考えると、売買は手控えられそうなところです。
    昨日の下落で5日線が下降に転じ、いったんは75日線割れの窓埋めを想定されるところです。
    とりあえず明日まで様子見ですが、上昇基調の継続には踏ん張りどころといった感じで、日経には頑張って欲しいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    金曜日のダウは雇用統計が堅調だったことから、利下げへの期待がやや遠のき、43ドルの下落となりました。
    一時は200ドルを超える下落となっていたので、よく盛り返しましたが、今晩の反応が気になるところではあります。
    日経平均は相変わらず閑散とした状況の中、金曜日は5日線をキープ、ダウが下落して先物も下落しているものの、為替が108円台半ばまで円安に戻しており、案外頑張ってくれるのではと思っています。
    今週から徐々に決算発表が本格化、昨年はここら辺りでかなり売り叩かれた印象があり、日経平均が上昇トレンド入りできるかの正念場となりそうです。
    全般的にだいぶチャートが好転してきており、今週も堅調な展開になることを期待したいところです。
    それでは皆さん、今週もよろしくお願いします。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは休場で、為替・先物とも小動き、欧州株も目立った動意はありません。
    昨日の日経平均は相変わらずの薄商いで、陰線とはなったものの、上昇での終了となり、5日線をキープしました。
    本日、昨日の終値をキープすると、日足だけでなく週足でも雲上での終了となりますし、日足のボリバン+2σが上方に拡張して上値余地がでてきており、テクニカルが好転してきています。
    夢心さんがご推薦の外食株、チャートを見させていただくとここ数日凄い勢いで上昇しており、ちょっと驚きでした。
    いろいろな銘柄のチャートを見ていて思いますが、従前に比べて200日線の上で推移する銘柄がだいぶ増えてきており、全般的にトレンドが変わってきたように感じるところがあります。
    ただ、短観を見ても決して景況感が良いとはいえず、現状の為替で迎える1Q決算、どういった内容のものが出て、それに対する反応はどうなのか、全く油断はできないところです。
    とりあえずは今日をいい形で終わり、雇用統計を上手くこなして、来週に繋げて欲しいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは179ドルの上昇、為替は107円台後半、先物は現状昨日の日経平均終値比で80円くらいの上昇となっています。
    ダウはあっさりと最高値更新、NASDAQも最高値更新となりました。
    雇用統計を前にちょっと意外で、何というかどうも盛り上がりに欠けるような、低金利で仕方なく株式に資金が向かっているような感じがしてしまいます。
    経済が悪化する中で利下げ期待での株高で、この7月に本当に利下げがあるのか、ちょっと心配ではあります。
    とはいえ今のところ大きな過熱感もないところで、200日線が21620円で現状ほぼオンライン、25日線と75日線が上向いてきており、チャートは好転してきました。今日は(も)閑散としそうな感じですが、堅調な展開を期待したいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは69ドルの上昇、為替は107円台後半、先物は昨日の日経平均終値比で70円くらいの下落となっています。
    ダウは売り買いが交錯する展開でしたが、引けにかけて上昇し、プラス圏での終了となりました。
    為替でやや円高が進み108円割れとなり、先物は若干の下落となっています。
    日経平均は昨日もプラスを確保し、25日線に続いて75日線も切り返してきました。
    日足ボリバン+2σに絡む展開で、やや過熱感はあるものの、下がれば押し目も入りそうな感じもあります。
    ダウは最高値を目の前にしてさすがに上値が重い感じもありますが、きっかけひとつで27000ドルを突き抜けそうなチャートにも見えます。
    雇用統計後のダウ最高値更新を期待しつつ、復活しつつある日経に引き続きの頑張りを期待したいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは117ドルの上昇、為替は108円台半ば、先物は昨日の日経平均終値比で若干の下落となっています。
    ダウは一時300ドル近い上昇となっており、やや失速した印象もありますが、もともと高値圏でもあり、ある程度売りが出るのは仕方ないところかと思います。
    ダウは最高値更新が視野に入っていますが、テクニカル的に若干余裕があり、個人的にはまず更新するのではと思っています。
    昨日の日経平均は引けまで勢いが続き、日足のみならず週足の雲も抜けてくる強い展開でした。
    7月に入ってまだ1日が終わっただけですが、まずは今週何とか勢いを保ち、週末の雇用統計を無難にやり過ごし、来週くらいまで良い相場が継続してくれることを期待したいです。

  • 皆さん、おはようございます。
    先週はG20の米中首脳会談を前に日経もダウも様子見の相場となりました。
    その米中首脳会談での協議結果はある程度想定内でしたが、ファーウェイ禁輸措置解除はちょっと驚きでした。
    どうもこれに対する米の見返りが見えないところではありますが、サプライズ感はあったように思います。
    しかし、つくづくトランプに振り回される相場で、正直、辟易としている人も少なくないのではないでしょうか。
    トランプの安保発言も安倍さんの憲法改正論議への援護射撃ではないかと疑いたくなります。
    もう少し自己の持つ力を抑制的に使えないものかとつくづく思ってしまいます。
    とはいえ、G20をかなりいい形で通過したのは間違いなさそうで、とりあえず今日の株式市場は世界的に期待できるのではないでしょうか。
    今週の日経には13週線・75日線が位置する21400円を突破してもらい、トレンド転換を期待したいところです。
    それでは皆さん、今週もよろしくお願いします。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは10ドルの下落、為替は107円台後半、先物は昨日の日経平均終値比で100円超の下落となっています。
    ダウはG20を前に様子見が続き小幅続落となりましたが、SOX指数が今日も上昇しており、NASDAQは堅調な動きとなっています。
    昨日の日経平均は円安が手伝い機械関連を中心に買いが入り251円の大幅上昇、様子見姿勢のダウとは対照的に正直なところ意外な強さでした。
    昨日の上昇でテクニカルはやや改善、G20後にうえにも行けそうな雰囲気にはなってきました。
    75日線あたりの雲は厚そうにも感じますが、G20を無事通過して日経には頑張って欲しいところです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは11ドルの下落、為替は107円台後半、先物は昨日の日経平均終値比で変わらずといった状況です。
    ダウは始まりからプラス圏を推移していましたが、引け近くでマイナス圏に転落して、続落となりました。
    為替はだいぶ円安に戻ってきたものの、利下げ期待がやや後退していることの影響と思われ、手放しで喜べないところもあるかと思います。
    昨晩は先物も一時100円以上の上昇となっていましたが、ダウの失速で値を消してしまっており、日経は今日もあまり期待できそうにありません。
    昨日は日経100円超の下落の中で機械関連が上昇、今日もSOX指数が上昇しており、ちょっと期待できるかもしれません。
    ただ、ダウを見てもG20までは様子見感が強く、日経は21000円を守れるかが焦点となりそうです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは179ドルの下落、為替は107円台前半、先物は昨日の日経平均終値比で若干の下落となっています。
    持ち堪えていたダウも寄付き後、早々に値を下げて、下げ幅を拡大する形で終了となりました。
    利下げへの期待が若干後退したとのことで、昨日一時106円台をつけた為替は、少し落ち着きを取り戻していますが、テクニカルが悪く105円台突入への懸念もあるところです。
    日経平均は昨日の下落で5日線割れとなり、再度21000円割れも見えそうなところです。
    G20での米中貿易協議はあまり進展が見込めそうになく、この辺りを市場がどの程度折り込んでいるのか、ここまでかなり一本調子で戻してきただけに気になるところです。
    イラン関係でよほどのことがない限り、今週は大きな動きはなさそうで、来週まで引き続き様子見となりそうです。

  • 皆さん、おはようございます。
    ダウは9ドルの上昇、為替は107円台前半、先物は昨日の日経平均終値比で若干の下落となっています。
    ダウも日経も小幅上昇とはなりましたが、市場には活気がなく、G20を前に様子見姿勢が強い相場という印象です。
    特に昨日の日経は極薄の商いで、見ていてもなかなか売買が成立しないように感じました。
    ダウのチャートは悪くはないもののやや天井を付けた感もあり、果たしここから更に上があるかといわれれば、下に振ったほうが値幅がありそうで、強気にはなりにくいところです。
    ここまで元気がないと日経には何とか頑張って欲しいところではありますが、突っ込みにくいところではあり、様子見となりそうです。

本文はここまでです このページの先頭へ