ここから本文です

投稿コメント一覧 (193コメント)

  • >>No. 620

    無理でしょうね。まず、リゾートトラストは「運営方針ややり方は会社が決める」という考え方で利用者や株主の意見を取り入れるという考え方はありません。

  • 新しい株主優待券はすぐにラクマで3800円で売りました。
    手数料や送料などを差し引いて手取りは3500円あまり。

  • 2019年4月以降、プランがリニューアルして「ひとり旅プラン」がなくなったかわりに、「会員本人の利用の際、お得なプラン(会員本人のみの1人宿泊のプラン)」が出来ていますが、今、対策が必要なのはエクシブ鳥羽やエクシブ琵琶湖などの平日客の増加なのに、会員本人の利用の際のお得なプランの導入で平日客の増加が見込めるだろうか? 無理でしょうね。

    P.S.
    今までエクシブ白浜&白浜アネックスでは「ひとり旅プラン」はなかったのに、2019年4月以降、「ひとり旅プラン」が新しく出来ましたが、エクシブ白浜は遠いし、一人で行く所ではないのでメリットは感じません。

  • 2019年4月以降、エクシブ琵琶湖、エクシブ鳥羽&鳥羽アネックスで、平日のみ利用可能だった「ひとり旅プラン」がなくなりましたね。

    エクシブ琵琶湖もエクシブ鳥羽&鳥羽アネックスも平日の空き室が多く、エクシブ鳥羽は平日休館になっているので、利用しやすいプラン(平日連泊割引など)を投入して宿泊者の増加を目指さないといけないのに、利用しやすいプランを廃止したのでは逆行しており、現在の経営陣に「経営センス」がないんじゃないだろうか?

  • >>No. 392

    >会社やホテルへの意見は直接言えばいいものを、こんなところに書き込むから

    この文章を読んだら『もっとも』と思うかも知れないけど、まず、『会社やホテルへの意見は直接言えばいい』と言っても、意見を言っても何も返事をしないですね。それだけでなく会社の問題点を指摘してブラックリストに載せられるとメールやFAXを送っても何も返事をしないし、電話をすると一方的に電話を切る事を知っていますか?

    昨年の株主総会でも「エクシブ鳥羽本館の平日休館はやめて、通年、営業して欲しい」という意見がありましたが、会社は、ちゃらんぽらんな回答しかしておらす、どの様に回答したか、覚えている人はいますか? 実際、株主総会の意見を無視してエクシブ鳥羽本館の平日休館は続けており、予約ページを見ても1年先の来年3月まで平日休館になっています。

    また、株主からの質問を制限して、会社が仕込んだと思われる回し者が「質問を切り上げて早く総会を終わってくれ」と言い出して株主総会を終了していますよね。(「他の人の意見を聞きたくない」「早く帰りたい」というのなら自分一人が帰れば良い筈で、「早く終わって欲しい」と言い出すのは会社の回し者としか思えないです)

    「今年の株主総会では問題点を質問しよう」と打ち合わせとしているネットワークがありますが、今年の株主総会でも会社が仕込んだ回し者が「質問を切り上げて早く総会を終わってくれ」と言い出して、まだ、質問があるのに途中で打ち切るか注目してみましょう。おそらく、根本的な体質は変わらないと思いますよ。

  • >>No. 359

    >平日休館って鳥羽本館、鳴門SV等の事かと思いますが、

    エクシブ白浜本館が平日休館のパイオニアでは?

    >稼働させるのは無理でしょ。

    「無理」と言ってしまえば、それで終わりでしょう。

    >部屋代安くするって安くないですか?あの設備であの金額は安いと思いますが。

    私が入会した時はエクシブ鳥羽本館で1人1泊2500円(消費税もなかった)だったけど、当時でも会社は赤字ではなかった筈で、「無駄が多い」か「誰かが儲けている」ので、こんなに値上げをしたのでしょう。

    >要は食事が高いのが問題点でしょうね。

    以前は夕食は2500円からあったけど今は2倍になっています。レストランの原価率は30%前後と言われており、単純に単価を2倍にしたら儲けも2倍になっている筈です。

    >設備にお金かけたらって何に。

    少し考えればアイデアはいくつも出てきます。

    ・エクシブ鳥羽アネックスと温泉大浴場の間にモノレールの設置

    ・平日連泊しても退屈しない様に図書室の設置

    ・フィットネスルームを充実して高齢者向けに「貯筋運動」の講習の実施

    「団塊の世代」と言われている人たちは、現在、60歳代後半でお金も暇も元気もある人が多くいるので、この人たちに連泊してもらう事を考えれば平日休館解消は無理ではないでしょう。

    >それとやはりもう一度映画ルーム復活してほしいな?

    そんなのがあったの? 映画の上映は著作権の問題があるでしょうね。ちなみに、図書室は「マンガ喫茶」と同様、現在は著作権料の支払いの必要はありません。

    >連泊したところで観光したいところはもうないからつまらないですよね。

    定年退職した世代の人の事を考えれば、1泊2日では1日目も2日目も移動に時間を使うのでのんびりできないので、観光するより「ホテルでのんびりしたい」という人向けに2泊3日のアイデアを考えれば良いでしょう。

    >だから滞在できるイベントを考えて欲しいけど、営業マンはいないから無理でしょうし。
    >よって施設運営は正念場だろうなと思ってしまいます。

    という記述から「無理」というのは「不可能」という意味ではなく、「実施可能な効率的なアイデアが思い浮かばない」という事なら、色々な人が色々なアイデアを出せば良いアイデアが出てくると思われます。

  • >>No. 354

    >剰余金の1割使って自社株買いしてほしい

    そんな事をしても「一時的な子供だまし」となる恐れがあり、根本的な問題である平日休館解消の為に「宿泊料の引き下げ」「利用者に喜ばれる設備投資」などの対策が必要でしょう。

  • >>No. 308

    >増配又は株式分割が一番の株価対策と思います。

    根本的な問題は「平日休館に対する対策を何も示していない事」で、利用者からのアイデア募集すらしない閉鎖的な体質の改善が必要でしょう。

    >最近の株価低迷はトップ交代と何か関係あるのでしょうか?

    「臭い物に蓋をした状態」でトップ交代して、臭い物に上にさらに大きな石を乗せても問題は解決しない事に気が付いていないんだろうね。

  • >>No. 252

    >平日の稼働率をもっとアップさせるようなアイデア。どなたかもおっしゃってたように部屋にアンケートでも置いて公募してもいいかもしれません。良い変化を期待しています。

    現在、エクシブ鳥羽とエクシブ白浜はの平日休館の状態だけど、このまま平日休館が続くとは思えず、今後、次の2つの道が考えられるでしょう。

    (1)改装する。例、サンメンバーズ京都嵯峨など(屋上のプールを撤去して、一部、2つの部屋を1つの部屋にした)
    (2)廃館にする。例、サンメンバーズ赤倉など

    廃館にするのはもったいないし、改装するとしても「ただ新しくする」だけで「変化、改善、付加価値」がないと、他のホテルと比較して「劣る、レベルが低い」と判断されて、「ジリ貧」になる可能性は高いでしょう。

    「今までにない付加価値」をつける場合、まず、「費用対効果」を考える必要があるでしょうし、また、「付加価値」について「運営者側」が考えた場合、「利用者が予想もつかない案」が出てくる可能性もありますが、利用者が魅力を感じなければ意味はないでしょう。(リゾートトラストはゴルフに力を入れていて「ゴルフプラン」を用意していますが、私も含めてゴルフに興味のない人間には魅力はなく、平日の稼働率アップに貢献していないでしょう)

    エクシブ鳥羽やエクシブ白浜は共有制の会員制ホテルなので会員(オーナー)の意見をもっと聞くべきで、「アイデアの募集」「会社がアイデアを検討した上で、実際に実施するかどうかの意見を聞く機会(アンケート)」を実施してこそ、『オーナー』を言えるのではないでしょうか?

    私は、ここに平日休館解消のアイデアをいくつか書いています。
    ・平日連泊割引の導入
    ・湯治目的の宿泊者などの為に退屈しない様にホテル内で落語の「VOD(ビデオ・オン・デマンド)」や落語会の実施
    ・平日連泊しても退屈しない様に図書室の設置(定年退職者の読書が目的の為の宿泊者も見込める)
    ・ホテル内のスポーツジムで「運動を習慣づける」講習会を開く(ホテルに行く目的が出来る)
    ・ホテルの近くに「レンタル農園」を契約して「ホテルに行った時に農作業体験ができる」「行けない時は管理してもらう」「自分で種まきや栽培した野菜をホテルで料理してもらえる」プランの導入

    これらがすべて導入されるとは思っておらず、まず、「導入が可能か?」を検討して、導入が可能なら「皆さんは利用しますか?」とアンケートを実施すれば良いでしょう。

    P.S.
    「ここにアイデアを書いてもリゾートトラストは見ているかどうかわからないので、リゾートトラストに、直接、提案しろ!」と言う人がいるかも知れないけど、リゾートトラストの問題点を指摘したり、問題点について質問したら「何も返事をしない」だけではなく、「返事がない」と電話をしたら「弁護士に連絡してくれ」と言って一方的に電話を切られます。ホテルの改善のアイデアを弁護士に言っても何の役にも立たないでしょう。

    「どういう形のホテルになるのが良いのか?」を一緒に考えてこそ『オーナー』と言えるのではないでしょうか?

  • リゾートトラストは大丈夫なんだろうか?

    「社員には厳しい」「経費節減にうるさい」というあたりは共通しているかも?

    他の役員の収入は公表より少なく、その分、会長に多く支払われていたみたいだけどリゾートトラストはどうなんだろうね。

  • >>No. 245

    『好決算間違いなし と思っています。』という部分に「空き室が目立つようになっているので『?』」と書いたもので、エクシブ初島クラブも空き室が多くなっていますね。

    テレビの特集で白浜町に多くの小規模のIT企業が移転していると紹介していました。白浜町も「貸しビルの提供」「出張者の飛行機代の補助」などの優遇措置をしていますが、働く人も「海の見える部屋で仕事をした方がはかどる」という事で良い結果を出しているそうです。取引先は東京の会社が多いですが、白浜空港を利用したら「東京-大阪」間と時間は変わらないとの事です。

    白浜空港はエクシブ白浜の目に前にあり、エクシブ白浜本館は平日休館になっている状態なので、こういう需要を取り入れる事を考えれば良いでしょう。(今回は具体的なアイデアは書かないですが、それは、本来、「エクシブ白浜本館は平日休館解消」の為に企業が考えるべき事です)

  • >>No. 242

    >そんなお金払ってる会員が、年末年始に他のところに泊まりません。
    >毎年の行事として泊まられますよ。
    >だから3Q、4Qの売り上げは堅い = 好決算間違いなし と思っています。

    こんな記述を鵜呑みにする人がいるのでしょうか?

    年末年始は、毎年、どこのホテルも満室なので「昨年と同じく満室」になったとしても「昨年と同じ売り上げ」となり「売り上げ増加」にはならないでしょう。(もっとも、私は今まで混んでいる年末年始に利用した事は一度もないです)

    それよりエクシブ有馬離宮とエクシブ京都八瀬離宮は今年になってから明らかに平日の空き室は増えており、これは『売り上げ減少』に繋がるでしょう。

    また、エクシブ鳥羽本館、エクシブ白浜本館の平日休館解消に『改善策』も考えず、放置している事も大きな問題でしょう。(賞金付きで利用者からアイデアを公募したら良いのにね)

  • >>No. 221

    >私にしても年間で50~60万は
    >エクシブやベイコートでお金を落としますから、
    >半額優待があれば、こんなに株主優待してくれる会社はないと言っていいぐらいの
    >破格の優遇です。

    こんな書き方をしたら『知らない人』は誤解するでしょうね。
    『半額優待』が適用されるのは「1回分の食事代」だけです。

    食事代の原価率は25~40%程度なので、『半額優待』を目当てに高い料理を注文したら、さらにホテルは儲かる事になるのでしょう。

    以前は最低の食事は2500円からあったのに今は最低5000円で、原価率が同じなら儲けは2倍になっている筈なのに、ホテル運営部門の収益が芳しくないのはおかしいですが、現在の経営者はその部分にメスを入れるつもりはないんでしょうね。

  • >>No. 201

    【訂正】
    つまり、経営者は「テニスの需要がなければ駐車場に変更」「平日の利用客がなければ平日休館」という発想しかなく、縮小や撤退しか考えられないのでしょう。自分に新しい発想が出せないのなら広く『アイデアを募集』したら良いのに、そういう姿勢はないですね。

    【追加】
    ここでもいくつか提案しているけど、これらがすべてが『採用に値する提案』とは考えていないけど、まず、『検討に値する提案』をピックアップして、その「メリットとデメリット」を洗い出して、採用するか検討したら良いのでしょうが、リゾートトラストはそういう検討すらせず、「経営者のひとこと」で運営されているんでしょうね。(もし、下記の案を検討した事があるのなら「どういうメリットとデメリット」あって不採用になったのか聞きたいですが、私が聞こうと思って電話をしても、某リストに載っているのか、一方的に電話を切られます)

    (1)宿泊客用のフィットネスルーム(トレーニングルーム)の充実と講習
    一部の一流のホテルでは改装の際、宿泊客用のフィットネスルーム(トレーニングルーム)を充実させている所もあり、「旅行中もトレーニングしたい」という人に対応しているホテルもあります。私の提案は、もう一歩踏み込んで「旅行中にトレーニングするキッカケとなる講習会も開催する」というもので、最近、テレビでも『健康寿命』を取り上げて「運動が効果的」と言われていますが「キッカケ」「楽しく続けられる」があれば始めてみたいと思っている人は多いでしょう。

    (2)湯治などの平日連泊客が退屈せずに過ごすアイデア
    笑いは免疫力を高めるといわれており、「平日にコンサートのかわりに落語会」「VOD(ビデオオンデマンド)や有線放送で落語を放送」。また、テレビ番組で温泉ホテルに図書室を設置して「温泉と読書でのんびり過ごす」という所があり、エクシブのホテルでも図書室を設置したら退屈せずに過ごす事が出来るでしょう。

    (3)近くに貸農園を契約
    ホテルの近くに貸農園を契約して、通常は地元の人に管理してもらって、「種まき」「収穫」など自分がやりたい時だけ行って作業できるプランを作れば「ホテルに泊まる目的」が出来て、レピーターが期待できるでしょう。また、自分で収穫した野菜をホテルで料理して出してもらえば、さらに魅力的。

    (4)モノレールの設置
    エクシブ鳥羽アネックスと温泉大浴場の間を現在のシャトルバスではなく、モノレールで移動できる様にする。集客としてはそれほど期待はできないでしょうが、子供だけでなく、大人でも「一度は乗ってみたい(行ってみたい)」と思うのではないでしょうか?

  • >>No. 192

    >原因は代わり映えしないこと。
    >要は飽きてきた事じゃないかな。

    2000年以前はプールとテニスコート、2000年以降は温泉大浴場とゴルフを目当てにレピーターが見込めると考えたのでしょう。

    テニスは利用率が低かったのかエクシブ鳥羽では改装の際、テニスコートの一部は駐車場になっています。バブル時に乱立したゴルフ場も倒産が相次いでおり、団塊の世代が定年退職してゴルフ三昧という話もあまり聞きません。個人的には温泉大浴場には魅力を感じません。

    つまり、経営者は「テニスの需要がなければ駐車場に変更」「平日の利用客がなければ平日休館」という発想がなく、縮小や撤退しか考えられないのでしょう。自分に新しい発想が出せないのなら広く『アイデアを募集』したら良いのに、そういう姿勢はないですね。

  • >>No. 198

    >でも顧客のブラックリストのようなものもあると、
    >ホテル側のスタッフからきいてからは……。

    ブラックリストはありますね。反社会的勢力の人たちをブラックリストに載せているのなら良いのですが「リゾートトラストの問題点を指摘したり、質問する人」をブラックリストに載せていると思われます。それに関して、以前、下記の様な事例を紹介しました。

    リゾートトラストの下記の U.R.L. 「のプライバシーポリシー」のページに書かれている文章の中から大事な点を抜粋して紹介します。

      ************** ここから **************
    個人情報の利用目的
    当社は、個人情報の利用目的をお客様へ通知または公表してお伝えし、その目的の達成に必要な範囲において利用いたします。お客様の同意なく、目的以外に利用することはいたしません。

    お客様への情報開示・訂正
    当社は、当社に登録されているお客様の個人情報に関し、開示を希望される場合には、当社所定の手続きに基づき、ご本人であることを確認した上で、開示いたします。

    問い合わせ窓口
    お客様が提供された個人情報の問い合わせ・苦情、及び個人情報に関する照会、訂正、削除等に関する詳細は、問合せ窓口にご請求下さい。

    お問い合わせ
    リゾートトラスト株式会社 インフォメーションセンター(RIC) / TEL:0120-500-705
    https://www.resorttrust.co.jp/corporate/privacy_policy/
      ************** ここまで **************

    《解説》
    『当社に登録されているお客様の個人情報に関し、開示を希望される場合には、当社所定の手続きに基づき』と明記されているので、「0120-500-705」に電話をして「個人情報の開示を求めたいので、その手続きを教えて欲しい」と言えば、きちんと答えられなければならない筈です。

    しかし、「0120-500-705」に電話をしても『その手続き』について説明できる人はおらず、それだけでなく、「お客さんのお名前は?」と聞いてきたので「手続きを聞いているだけなので私の名前を言う必要はないでしょ」と言うと、一方的に電話を切られた事があります。これは「ブラックリストに載っている人、もしくは、ブラックリストに載っていると思われる人からの電話は一方的に切りなさい」と上から指示されているからかも知れません。

    もし、「本当にブラックリストなんてあるの?」と疑問に思う人がいたら、前記の様に「個人情報の開示の手続き」を質問してみて下さい。私の場合、自分の名前を言っても、名前を言わなくても、きちんと返答しないので、もし、ちゃんと説明したら、その内容をここで紹介して下さい。但し、「個人情報の開示の手続き」の質問をしたらブラックリストに追加されるかも知れないので、それは承知しておいて下さい。

  • >>No. 192

    >行かなきゃいいだけでしょ。

    経営者もその様に考えていると思われ、そういう経営姿勢を『大名商売』と言うのでしょう。

    一般的な「1つの商品やサービスに対して*円支払う」という商売なら、その商品やサービスに満足できなければ、利用者は『二度と利用しない』となるだけでしょうが、リゾートトラストの場合、『入会の際、多額のお金』を払っており、年会費も払っており、利用しなければ、会員はさらに損をするだけとなります。

    つまり、『釣った魚には餌をやらない』という商売のやり方をしており、そんなやり方がいつまででも通用する事はないでしょう。

    >文句は言わない。

    経営者は、そういう姿勢で、文句を言ったら弁護士から嫌がらせの電話がかかってきますよ。こちらの対応に問題があるのなら弁護士なら訴訟をしたら良いのに、訴訟をしても勝ち目はないので訴訟をしないのでしょう。(最近、弁護士の質が落ちていると言いますが、その通りです)

    >後は会社が考えますよ。

    都合の悪い電話は一方的に切ったり、弁護士から連絡させたり、会社も色々と考えているのでしょう。

  • >>No. 188

    >今年は異常気象、夏場の猛暑に地震や台風、しかも土・日曜日に集中 レジャー関連企業としては集客にかなりの影響が出たのでは。

    エクシブ京都八瀬離宮とエクシブ有馬離宮は昨年までは平日でもほとんど満室でしたが、今年に入ってから平日の空き室が目立つようになってきており、『お客離れ』は天候不順のせいではないでしょう。(経営者は天候不順のせいにしたいでしょうが~)

    原因はいくつか考えられますが一言で言えば『経営方針の問題』で、個々には「掃除が行き届いていない」「食事が高い割に質が伴っていない」などですが、根本的には『お客の声を聞かない姿勢』でしょう。「大名商売」と言うより「独裁政権」「恐怖政治」と言えるでしょう。

    リゾートトラストにとって都合の悪い質問すると一方的に電話を切ったり、弁護士から嫌がらせの手紙を送ってくるし、「この件は消費者センターに相談した所、リゾートトラストの方から話し合いを拒否したので、この件について話し合いをするのなら、再び、消費者センターを通じて話し合いをする様に申し出さない」と言っても、それについて何も返答せず、弁護士から電話までかかってくるんだから、まともな会社とは言えないでしょう。

  • >>No. 180

    >営業力もホテルの質も落ちているような気がします。

    リゾートトラストは「自社のやり方や考え方が正しくて、それに文句を言うお客が間違っている」という考え方みたいで、リゾートトラストは『質も落ちている』なんて考えていないし、当然、改善するつもりもないでしょう。

    >友人の会員権で八瀬離宮に泊まった時も、冷蔵庫に前の宿泊者の飲み残しのペットボトルがそのまま入っていた。掃除も不十分。

    これは「パートのおばちゃん」の問題だろうけど、一般的には「褒めたり、叱ったり」「給料に差をつける」という方法で改善できると思われがちですが、某企業では「働く人の意識、プライド、働き甲斐」を改革する事により成功した例が紹介されていました。

    これは働く人と経営者との間に距離があると無理で、リゾートトラストの様に「経営者とお客や株主」との間に大きな距離のある会社で「経営者と働く人」の間にも大きな距離があると思われ、無理でしょうね。

    リゾートトラストは軍隊の様な組織で、お客も部下の1人で「上官に従わない者は処分する」という関係と考えているのではないでしょうか? (同じ部下でも会員権の値段により階級に差があり、会員の紹介のお客は最下位兵士?)

  • >>No. 177

    >無料招待券に代わるものは出るのでしょうか?

    リゾートトラストに、直接、問い合わせた方が、余程、正確な情報が得られるでしょう。下記の電話番号は「会員に関するの問い合わせ先」として公開されている電話番号です。

    リゾートトラスト株式会社 インフォメーションセンター(RIC) / TEL:0120-500-705

    P.S.
    「貴方が問い合わせたら?」と言う人がいるかも知れませんが、私はリゾートトラストにとって都合の悪い質問をしたら「クレーマー扱い」され、電話をかけても一方的に電話を切られ、弁護士から嫌がらせの手紙や電話が来る様になったので、これ以上、嫌がらせをされるのは嫌なので、個人情報の情報公開などについての電話は引き続きするつもりですが、この件について電話をするつもりはないです。

本文はここまでです このページの先頭へ