IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (472コメント)

  • >>No. 19

    i-guazu.co.jp/topics/2020/03/20200323-news.html
    idarts.co.jp/3dp/copper3d-3d-print-antimicrobial-masks/
    www3.nhk.or.jp/news/html/20200325/k10012349811000.html

    3Dプリンターでマスク 川崎の企業がデータ無償公開
    2020年3月25日 19時12分

    新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が続く中、川崎市の企業が、3Dプリンターでマスクを作ることができるデータの公開を始めました。
    データを公開しているのは川崎市幸区に本社があるIT関連機器の専門商社「イグアス」で、3Dプリンターで樹脂製の立体的なマスクを作ることができます。
    耳にかけるゴムや、口元のガーゼや布をセットできるようになっていて、手洗いすれば繰り返し利用もできます。
    社員の顔のデータをもとに専用のソフトウエアを使って鼻やほほの形にフィットするよう試作を繰り返したということです。
    23日から自社のホームページで無償で公開したところ、すでに500件以上ダウンロードされているほか、企業などから問い合わせも相次いでいるということです。
    感染拡大の影響で、取り引き先からキャンセルが出るなど売り上げが減るなか、感染防止に役立てることはないかと始めた取り組みだということで、当面は無償での公開を続け事業化については今後、検討したいとしています。
    「イグアス」の矢花達也社長は、「企業が協力すれば、安く大量に生産することも可能になるかもしれない。新型コロナウイルスのさらなる影響が不安だが、できることをやっていきたい」と話していました。

    イグアスの当事者は正直に『ここ(PKSHA掲示板)を見て・・・、』と申し出るように!w
    社長!SAPEETで、はよっ!!
    (万一他社に先駆けられたら、相対的に男を下げるよ!私のせいでww)
    ①オーダーメード出来ること(PKSHA)
    ②豊富なデザインを提供出来ること(デザイン会社)
    ③世界展開出来ること(販売会社)
    ④特殊素材で製作出来ること(メーカー、3Dプリンタ)
    以上で商機(勝機)あると思うんだけどなぁぁw
    まずは社会貢献ね!

  • https://jp.weforum.org/press/2020/03/no-tachi-sakka-nosuta-sutori-toa-thisuto-no
    新しく選出されたメンバーは管理者教育コース、グループでの遠征、信頼できる仲間のネットワークと協力しアイデアをテストする機会を含む5年間のプログラムに参加します。
    彼らにとっては、自身の画期的な仕事が革新の新しいモデルを進化させ、彼ら自身のコミュニティに変化をもたらす方法を見つける機会にもなります。

    世界経済フォーラムは、世界に変化をもたらす40歳以下の優れた人材を、52か国から115名選出。その分野は、保健システムの向上から汚職の調査まで、多岐にわたります。
    彼らは、ノーベル賞受賞者、国連の親善大使、フォーチュン500企業のCEOも輩出しているヤング・グローバル・リーダーズ・フォーラム(YGL)の一員となります。
    2020年の選出者には、Xiaomi(シャオミ)の国際ビジネスでプレジデントを務めるチュー・ショウ・ズ(Chew Shou Zi)も含まれています。
    新たなYGL選出者については、https://wef.ch/ygl20 でご確認ください。

    ヤング・グローバル・リーダーズ・フォーラムは、ますます複雑に相互に絡み合う課題に対処しながら、持続可能な未来に向けリーダーが責任を負う世界を作ることを目的として、2004年にクラウス・シュワブ教授(世界経済フ ォーラム創立者兼会長)により設立されました。今日ではフォーラムのメンバーおよびその卒業生は1,300名を数え、その出身国は115か国以上へと広がっています。著名なメンバーには、女優のヤオ・チェン、弁護士のアマル・クルーニー、作家のヒラリー・コッタム、映画製作者のワヌリ・カヒウ、コスタリカ大統領のカルロス・アルバラド・ケサダ、アリババの創設者のジャック・マー、ウィキペディア創設者のジミー・ウェールズなどが挙げられます。

    https://www.younggloballeaders.org/new-class?utf8=%E2%9C%93&region=a0Tb00000000DCPEA2#results

    社長さらに忙しくなるということか。。。

  • https://jp.techcrunch.com/2020/03/18/zenkigen-fundraising/
    Web面接ツール「HARUTAKA」運営が8億円調達、面接体験を改善する“面接官育成AI”開発へ

    Web面接サービス「HARUTAKA」を開発するZENKIGENは3月18日、WiLなど複数の投資家を引受先とした第三者割当増資により総額で8億円を調達したことを明らかにした。

    ZENKIGENでは2018年6月にシードラウンドにてグロービス・キャピタル・パートナーズ、WiL、みずほキャピタルから2億円を調達済みで、今回のシリーズAラウンドを含めると累計調達額は10億円となる。本ラウンドで同社に出資した投資家陣は以下の通りだ。

    デライト・ベンチャーズ(AI領域)
    PKSHA SPARXアルゴリズム1号投資事業有限責任組合(AI領域)
    パーソルキャリア(HR領域)
    エスプール(HR領域)
    ツナググループ・ホールディングス(HR領域)
    WiL(既存投資家)
    グロービス・キャピタル・パートナーズ(既存投資家)
    社名非公開の金融関連企業
    ZENKIGENでは調達した資金を活用してエンジニアを中心とした人材採用を進める計画。既存事業であるHARUTAKAの拡大に加えて、現在PoCを実施している面接官育成AI「ZIGAN」の早期事業化を目指し組織体制を強化する。

    詳しくは後述するが、ZENKIGEN代表取締役CEOの野澤比日樹氏によると今回の新規投資家とはAI領域とHR領域において事業連携も見据えているという。

    Web面接で面接を効率化、200社以上が導入
    HARUTAKAはWeb面接を通じて「面接の場の効率化」を実現するSaaS型のプロダクトだ。

  • https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000035867.html
    ZENKIGEN、シリーズAで8億円の資金調達を実施
    〜 アフェクティブ・コンピューティング領域での事業展開を加速 〜
    株式会社ZENKIGEN2020年3月18日 11時00分

    WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ:https://harutaka.jp/)」を提供するHR Tech スタートアップの株式会社ZENKIGEN(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:野澤比日樹)は、WiL, LLC.をリードインベスターとして、株式会社デライト・ベンチャーズ、PKSHA SPARXアルゴリズム1号投資事業有限責任組合等を引受先とした第三者割当増資により8億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。
    これにより、シードラウンドと合わせ資金調達の総額が10億円となります。

  • 新ビジネス創造してみたpart?w

    ※SAPEETで顔廻り計測
    オンライン等でDMM等で3Dプリンタ等で、
    マスク(ガワのみ)をオーダーメード製作
    表面に不織布等を貼り付け都度交換する方式
    (ガワは毎日手洗い?orz)

    ※耳だし目隠しの前後左右写真アップロードで、
    無料でデータ作成サイトでも立ち上げれば、
    男をあげるよ、社長! 知らんけどw

    オーダーメードで漏れの少ないぴったりフィットの製造が可能、愛犬・愛猫用にも!!

    カッコイイ!マスク(ガワ)のデザインをお願いします。
    不織布等各種資源の節約、ゴミの削減にもなるし、
    まぁ、社会貢献のつもりでw

  • https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000241.000010134.html
    オンライン医療相談サービス「first call」 経済産業省が設置する「健康相談窓口」に選定
    新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策の一環として、オンライン医療相談によって、健康上の不安や悩み解消を支援
    メドピア株式会社2020年3月11日 10時32分

    世界各地で感染が報告されております新型コロナウイルスに関連してお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、罹患された皆様やその他、不自由な生活を余儀なくされている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

    メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)の連結子会社である株式会社Mediplat(東京都中央区、代表取締役 CEO:林 光洋、以下当社)が運営するオンライン医療相談サービス「first call」が、3月10日に取りまとめられた新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策の一環として経済産業省が設置する「健康相談窓口」として選定されましたことをお知らせいたします。
    ※ 設置期間は、2020年 3月11日(水)~3月31日(火)となります。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000236.000010134.html
    メドピアグループ、PKSHAと共同で産業保健支援サービス「first call」における医師の回答文案作成をサポートするAIシステムを開発
    医師への回答文案を自動で複数提示し、医師の回答相談を支援
    メドピア株式会社2020年1月28日 11時29分
    メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)の連結子会社である株式会社Mediplat(東京都中央区、代表取締役 CEO:林 光洋、以下当社)は、株式会社PKSHA Technology(東京都文京区、代表取締役:上野山 勝也、以下PKSHA)と、当社の産業保健支援サービス「first call」の「オンライン医療相談」におけるチャット相談に対する医師の回答候補を自動で複数提示する仕組みを共同で開発することを決定いたしました。
    「first call」は、PKSHAのアルゴリズムモジュール「PMLモジュール」を活用することで、ユーザー~

  • https://note.com/tomo4kata/n/na457d8affed0
    他人のノート(読み物)ですw

    ソフトウェア+プロフェッショナルサービス=AI?
    ソフトウェアの美しさは、一度作られれば何度も売ることができること。この特性はビジネス上の利点をいくつも持つ:継続的な収益源、高粗利(60-80%+)、そしてネットワーク効果や規模の経済が働く場合には超リニアなスケーラビリティを実現できる。

    プロフェッショナルサービスはその正反対の立場にある。新しいプロジェクトには毎回担当の人員が必要で、一度しか売ることができない。結果として売上はリカーリングではなく、低粗利(30-50%)、そして当然スケールしにくい。参入障壁については、ブランドや既存顧客の管理に依ることが多い。

    今日のAI企業は上記のソフトウェアとプロフェッショナルサービスの両方の要素を合わせ持つ。

    ほとんどのAIアプリケーションは普通のソフトウェアのように、ユーザーのインターフェースやデータの管理、他のシステムとの連携などのタスクを行うためにコードが使われる。しかし、アプリケーションの根幹にあるのは学習データのモデルである。このモデルが画像を解析し、スピーチを書き起こし、自然言語を生成し、その他の複雑なタスクを実行する。

    その管理プロセスはサービス業のように感じられることが多い。なぜなら顧客固有の作業が発生し、通常のCS機能以上のコストがかかるからだ。この力学はAIビジネスにとって様々なインパクトがある。以下の章でAIビジネスの①原価、②スケーラビリティ、③参入障壁について考察したい。

    勝ち筋④:王道的に、データによる参入障壁を作る
    AIモデル自体か、その元データが長期的な参入障壁となるかは確かではないが、良いプロダクトと独自のデータは良い事業の必要条件になる。

    PKSHA Technologyは、以下のスライドで分かる通り、その王道を追求していると言えるだろう。

  • https://www.linebiz.com/jp/partner/technology/award/
    LINE for Business
    Technology Partner
    LINE Biz Partner Award 2020
    コミュニケーション
    LINE公式アカウントを中心軸としたAPI関連サービスと連携し、サービスを提供するパートナーです。
    LINE公式アカウントを中心軸とした広告サービスを対象とし、要望に応じてLINEと連携するツールの仕様共有が可能であるか、LINEの仕様変更時に対応するスキル・リソースがあるか、要求される技術仕様を保つことができるかなどを基準に認定され、特に優秀なパートナーは「Diamond」「Gold」「Silver」「Bronze」として表彰されます。認定パートナー各社には、LINEのメディアでの紹介やLINE主催イベントへの招待などの特典が付与されます。

    どうでしょう?
    私はもちろん評価します、LINE内でもライバル多数なんでw

  • https://web.fisco.jp/FiscoPFApl/ThemeDetailWeb?thmId=0010320020200217002&token=
    三菱UFJ銀、顧客企業向けに為替のAI予測
    2020/2/17 8:20 FISCO 
    三菱UFJ銀行は、人工知能(AI)で数十分後や数日後の為替相場を予測するサービスを中小企業向けに17日から始めると一部メディアが報じている。AI開発企業と、過去40年分の相場変動を学習させたシステムをつくったもようで、同報道によると顧客企業向けに為替予測を提供するのは大手行では初めてという。AIの活躍領域が広がるなか、同関連に改めて関心を持っておきたい。

    ふぃす子が挙げてる関連銘柄4件の中で、一番関連性が高いのはPKSHAと思うんだけど、こればかりはねぇぇ。。

  • https://qiita.com/tamurahey/items/53a1902625ccaac1bb2f?utm_campaign=popular_items&utm_medium=feed&utm_source=popular_items

    Camphr: spaCy plugin for Transformers, Udify, KNP
    PKSHA Technologyから,NLPライブラリCamphrを公開しました.
    Camphrを使うと,TransformersやUdifyなどの最先端の手法の他,knpなど伝統的な言語処理手法を簡単に組み合わせて使うことができます.
    本記事では,Camphrの特徴や,簡単な使い方を紹介していきます.

    spaCy
    CamphrはspaCyのプラグインです.日本だとGinzaがspaCyを利用しており有名ですね.
    spaCyはNLPフレームワークで,以下のような特長があります(主観).

    様々な機能を簡単に合成できる (深層学習からパターンマッチまで何でもOK)
    パイプラインを1コマンドで保存&復元できる
    1つ目の機能は実用上とても重要です.NLPはここ数年で大幅に進歩しましたが,実際のタスクはend-to-endにデータを食わせればOK,みたいに美味しいものばかりではありません.かといって新しい手法を全く使わないのも,あまり筋が良くなさそうです.
    spaCyを使うと,最新の手法からルールベースの手法まで,様々な手法を組み合わせることができます.そしてCamphrを使うと,例えばBERTをfine-tuneした後にKNPと正規表現を組み合わせる,ということが簡単にできます.
    また2つめの機能のおかげで,組み合わせた複雑なパイプラインを簡単に保存・復元でき,容易に持ち運ぶことができます.

    >
    > 難しすぎてチンプンカンプン

    私も!w

  • https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000031879.html
    Mellowがトヨタファイナンシャルサービス、PKSHA SPARX アルゴリズム1号より総額5億円の資金調達を実施

    モビリティビジネス・プラットフォーム「TLUNCH」を展開する株式会社Mellow (本社:東京都渋谷区 代表取締役:森口 拓也、石澤 正芳、以下メロウ)は、トヨタファイナンシャルサービス株式会社(本社:名古屋市西区 代表取締役社長:福留 朗裕 、以下 TFS)と、株式会社SMBC信託銀行(特定金外信託 PKSHA SPARX アルゴリズム1号)(本社:東京都港区 代表取締役:荻野 浩三)※1 を引受先とする第三者割当増資により、5億円の資金調達を実施いたしました。今後は、ショップ・モビリティ※2 による豊かな街づくりを推進し、安心・安全なサービスの開発体制をさらに強化いたします。なお、創業から今回の調達を含めた累計調達額は約9億円となります。
    ※1 PKSHA SPARX アルゴリズム1号:株式会社PKSHA Technology(東京都文京区 代表取締役:上野山 勝也、以下PKSHA)と、スパークス・グループ株式会社の共同設立ファンド
    ※2 ショップ・モビリティ:移動型店舗のこと。フードトラックをはじめとし、移動型アパレル店や移動型マッサージ店などがある

    ■資金調達の目的と背景
    メロウは、ショップ・モビリティ活用を通じ、人々に安心・安全で豊かなサービスを届けてまいりました。創業から約4年で月次の流通総額は1億円を越え、ショップ・モビリティを活かした街づくりを推進しています。この度、TFS、PKSHAの両社と、「新たなモビリティビジネスを創出し、未来の街づくりをアップデートする」という目的を共有し、資金調達の実施に至りました。

    メロウは今般の資金調達にあわせて、小寺 信也氏(TFS上級副社長/株式会社KINTO代表取締役社長)と上野山 勝也氏(PKSHA代表取締役)を社外取締役に迎え、当社の持つモビリティビジネスに関するプラットフォーム基盤と、TFSおよびPKSHAの持つ様々な強みや知見をかけ合わせ、きたるMaaS普及社会、スマートシティ時代を見据え、ショップ・モビリティ市場のさらなる拡大を目的とした協業を推進してまいります。

  • https://www.eventbrite.com/e/global-ai-trends-and-opportunities-with-prof-matsuo-university-of-tokyo-registration-92167233677
    2/17(月)松尾先生とフィンランドで講演だってさ

    The leading AI researcher in Japan, Professor Yutaka Matsuo will visit Helsinki and Tallinn on February, 17th and 19th. Professor Matsuo works at the University of Tokyo (UT) and he’s acknowledged as one of the leading individuals in the global AI research. He serves as the President of JDLA

    Professor Matsuo will bring with him a delegation of AI focused university students and the President of the first publicly listed AI company in Japan, Dr. Uenoyama from PKSHA technology.

    Program:

    1:00PM Opening
    1:10PM Keynote by Prof. Matsuo – "Key trends and opportunities within AI"
    1:30 pm Panel "AI trends" with Prof. Matsuo, Rainer Sternfeld, Pekka Ala-Pietilä
    2:00 pm Keynote by Dr. Uenoyama, President of PKSHA Technology – "Experience from building an AI company worth billion dollars"
    2:20 pm Panel "AI & Business"
    3 pm Closing

  • https://catr.jp/companies/d6b24/41895
    官報決算データベース 株式会社RVNAの情報

    http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS81483/fe2778d4/1d59/4d0a/8859/3728fad8bc9e/S100HNJU.pdf
    有価証券報告書

    ☝眺めはしたけど、まだ全然読めてないorz

  • https://www.jpx.co.jp/listing/ir-clips/interview/detail/3993.html
    上場会社トップインタビュー「創」
    株式会社PKSHA Technology
    アルゴリズム・知能化技術は、ヒトの力を増幅させる
    上野山 勝也
     すでに現代社会は無数の人工知能技術が使われたソフトウエアによって制御され、人間の生活やビジネスにおける欠かせないピースとして機能している。もとはシンプルな計算機にすぎなかったコンピュータがどうやって現在のような力を備え、社会に影響を与える存在となり得たのか。その問いに対するひとつの解が、「アルゴリズムの進化」であるのかもしれない。

     アルゴリズムをシンプルに定義すると「組み合わせの最適化」ということになる。たとえば何かの目的を達成するには幾種類もの方法があるだろう。端的に言えば、その中から最適な道筋を見つけ出すための定式がアルゴリズムだ。つまり優れたAIの構築に適正なアルゴリズムの駆動は必須であり、世界は今、このアルゴリズム研究に莫大なコストと膨大なエネルギーを注ぎ続けている。

  • 忙しすぎるorz
    台湾あたりへ行って、ゆっくり休みたいw

    https://www.sagojo.link/work/show/582
    株式会社RVNAがライターを募集
    https://tabiraku.net/magazine
    株式会社たびらくの「たびらくマガジン」に掲載

  • > https://www.meti.go.jp/press/2019/12/20191226001/20191226001-3.pdf
    > Society5.0の時代における法とアーキテクチャのリ・デザイン
    ↑有報まったく読めていないのに…、ボリューム有りすぎw

    http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS81483/fe2778d4/1d59/4d0a/8859/3728fad8bc9e/S100HNJU.pdf

  • https://bunshun.jp/articles/-/24521?page=2
    なぜトヨタは富士にイチから「自動運転実験都市」を作らなければならないのか
    豊田章男社長がラスベガスで語った真意
    西田 宗千佳2020/01/08
    source : 週刊文春デジタル
     デザインを担当するのは、建築家ビャルケ・インゲルスが率いるBjarke Ingels Group(BIG)。イーロン・マスクとともに、火星移住計画用の都市設計やチューブ状の高速移動システム「ハイパーループ」を検討したことでも知られる。富士の裾野に未来的な都市を作るなら、うってつけのパートナーといえる。
    https://youtu.be/wGihNp3p1E0
    Woven City image video (long ver)

    デンマーク、BIG、デザイン・・・、大事だよねぇ。。。

本文はここまでです このページの先頭へ