ここから本文です

投稿コメント一覧 (1063コメント)

  • 決算発表延期か・・・。まあ、単にズボラとしか言いようがないね。
    この規模の会社なら、2週間で決算作業完了して、監査人の確認に1週間、再見直し含め、遅くとも1月末に確定して、後は発表待ちのスタンスだろうと思う。
    資産が多いわけでもなく、毎四半期のことだから人手も2〜3人(片手間含む)で済むと思う。特益・特損とかは発表前に監査人に確認済のはずだしね。
    特に今回は、12月中に資産超過・上場維持のために必要な手段をもれなく講じるために遅くとも11月中に厳格な資産査定をやってないとおかしい話。
    まあ、ズボラでもなんでも仮に資産超過なら結果オーライの笑い話なんだろうけどね。仮に僅差でダメでしたとかだとこりゃ笑えんな。

  • 乱高下が落ち着けば、1,400円くらいが適正かなと思う。多少の上値余地期待だな。
    ただ、現預金はそこそこある感じだけど、業績が3ヶ年中で2年も1億円以上の大赤字なのと、土地資産が地方都市の事業用地のようだから上値安定は難しい感じだね。

  • 債務超過解消し上場維持できれば、瞬間値で30円は可能性ありかなと思う。増資前の株数対比で100円くらい。
    それ以上は、今期黒字転換出来るか、増資なしでの自力経営が可能か否か次第だろうね。
    今のところ、中期以上のホルダーは、上場維持は出来たとしても、今期(2020年度)黒字化までは厳しいという見方の人が多くて、30円ちょいを天井に利益確定するように感じるね。

  • 今の株価は、上場維持を7割方期待織り込み済みという感じだね。だから、株数3倍の稀薄化でも株価は安定している。
    個人的には上場維持の確定と株価数円上げを期待したいね。
    ただ、来年は、オンキヨーという20円台の強力なライバルが出現したから今よりは厳しい相場が予想されるだろう。

  • ポジティブに考えると、特別利益計上のタイミングからして、これで債務超過解消の可能性もあるかもだな。この頃には期間損益もほぼ予測出来てるだろうし。
    今の株価が上場維持まで、どの程度織り込みなのかは微妙だけど。もし維持確定したら数円の上昇は期待できると思う。
    それ以上は、決算黒字化しないと厳しいだろうな。資金繰りに苦労してばかりの状況では大相場にはならないだろうね。
    奇跡的にTOBでもあればなあ。。。。

  • 後場にホルダーの見切り売りが出て下げた感じだね。特別利益のIRで債務超過解消への言及がなかったのでかなり厳しいだろうと思う。通常は念押しで計上するものだろうしね。
    ただ、仮に解消出来れば、前回の期待見込相場から推測して瞬間30円は可能性があると思う。株数3倍だからここらが上限だろうね。

  • まあ、自分もそうだが、利確出戻り組が主力だから、1円でも上値を買う人はほぼいないね。それよりも、低位のビツグネーム銘柄オンキヨーの20円台
    下落ライバル化の影響が大きいな。

  • 株数が3倍になっても株価が下げないのは見事ではあるな。普通なら株価3分の1でもやむなしだろう。ただ、今の株価には将来の期待値全てが織り込まれている感じもするね。50百万円以上の特別利益でも株価はほぼ無反応だし。

  • 仮に、債務超過解消、上場維持出来れば、瞬間値で30円くらいの可能性は期待したいね。年初の株数換算で100円くらいだろうから相当に厳しいだろうとは思うが。

  • 新規参入組はほとんどいなくて、数円抜きの出戻り組が主力という感じだね。自分もだけど。現実的には利確幅も狭まり厳しいかな。期待は大きく、されど利確は手堅くいきたいね。

  • 2019/12/30 10:35

    値動きないね。

  • まあ、新規参入組もほぼいないから、買煽り組も数円利確組の出戻りだし、売り煽り組もかつてのホルダーだし、立場は変われど、少額(多くて数万株)のキャチボールだから相場環境は厳しいと思う。
    ただ、方向的には多少の上値傾向にあると思うね。

  • 今年は平成令和最大のバブル相場だったね。
    日経メインの人でも普通に資産2倍以上がゴロゴロいる感じ。
    自分の回りでは、最高で6倍、最低でマイナス2割だったな。
    自分は1.5倍強かな。

  • 今年は過去10年間で最大の株暴騰バブルの年だったように思う。
    自分の回りでは、資産が激増した人も多い。
    株価は先取りだから、オリンピック景気まで先食いしたんだろうね。
    来年は、ココは当然だが、全体相場も今年のような、誰でも儲かるとはいかないだろうね。
    ココは真面目に利確回転したが、総益3割くらいで、投稿も何もせず寝かした銘柄は1.3~2倍以上になった。多少下落銘柄もあるけど・・・。思惑とは逆。

  • まあココは、新規ホルダーはほぼいないだろうから、前回相場時の買煽りや売り煽り組の再参入でほぼ全員だろう。
    どちらも無意味だと自覚した感じで、掲示板も落ち着いてきたね。
    今年はこの手の株に手を出さずに普通に優良株を買って、資産2倍以上の人が過去数年で一番多い感じだね。自分の回りの限られた範囲だけど・・・。
    自分は残念ながら、総銘柄でも2倍いかなかった。

  • こういう株をやる場合は、根拠のない期待を持たずに、円抜きなりしながら保有した方が長続きする。
    キホン、一時的に上昇しても、元の木阿弥相場だから、じっと保有していると、時間喪失・機会喪失感だけが残る。
    業績がまあまあなら、既に年内はお節準備に全社一丸だろうから、新たな材料はないと思う。

  • 自分はホルダーだけど、今回のように根拠薄弱な期待感のみで上げて元の木阿弥株価は困ると思って書いている。元々が円抜きスタンスなので、多少の利益はあるが思い入れはあまりない。
    現実問題として、株数が短期間で三倍の一億株位に超希薄化して、筆頭株主が売りまくっている株が、暴騰することはほぼないと思う。
    一発逆転はTOBだが、キホン高くても黒字化か、超技術があるなら買いだろうけど、赤字、普通の業種なら安くても買わないだろうと思う。暖簾の償却で本体の業績にマイナス要因になるからね。

  • 以前の3千万株くらいだったら、かなりの相場になったと思う。
    しかし、今は一億株近くの株数がある。
    株数を考慮すれば、今の動きは75円~100円付近の値動きともいえるかもしれない。実は、既に暴騰圏内にあるのかもしれない。

  • ココの今後については、EVOがどれだけ保有継続し、逆に売却ぶん投げするかを指標にしている。
    債務超過解消・上場維持、黒字転換が見込めるなら、継続的な利益確保の観点から相当の株を保有継続するだろうが、これらが見込めないなら、11円株に利益乗せで淡々と売却するだろう。
    今日相当数の売却をしているようなら、未来はかなり厳しいかもしれない。

  • 中期ホルダーだが、昨日も書いたように、昨日の行使完了IRはよくて3円上げ位の材料に過ぎない。
    ホルダーだからあまりネガは書きたくないが、債務超過解消は厳しいのではないかと思う。今期奇蹟的にクリアー出来ても、来年以降は???だ。
    EVOが期限よりも早く行使完了したのも違和感があった。普通に考えれば、資金繰りがかなり厳しいのかなと懸念してしまう。
    結局、ザラバの参加者は冷静な人も多いから、金額にして大きな相場にはならなかったね。

本文はここまでです このページの先頭へ