ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • 思わぬ上昇にビックリしています。不明をお詫びしますm(_ _)m

  • 昨年、9月5日と11月8日にあった100万株前後のクロスが内藤征吾氏によるものと思われており、今回の前後場88万株のクロスも、たぶん内藤征吾氏によるものと推測しています。前回、前々回と同様に、その後の株価にはほとんど影響無いと思います(^_^)v

  • 昨年の自社株買い65万株が8月27日だったので、そろそろかなと思ってました。まあ、相変わらずTos-netでの買い付けなので株価は反応しないと思いますが。
    1Qでの受注が136億と良かったので、今期の業績はある程度は期待していますが、堅めに考えて会社予想税引き13億は実際11億くらいではないかと思ってます。(もちろん13億達成してくれるに越したことはありませんが)

    そうなると前々期の27円配当に復帰しても、年間の自社株買い余力は時価672円くらいなら90万株。今回51万の枠で50万株市場外で成立するとしたら、次回は明年2月後半~3月初めに40万株程度の自社株買いをしてくる行程ですね。

    問題はどこの大株主(たぶん、いつものようにメインバンク3行(合計176万4千株)が中心でしょう)が市場外にどの程度応募したのかが11月10日前後の中間期有価証券報告書に記載され、2回目の自社株買いでも、同様の大株主が応募するものと推測できます。

    今期からの第12次3か年中期経営計画でも「自己資本は増やさない=株主還元100%は続ける」と株主総会で副社長さんが明言されたので、この業績水準と現在の株価水準が続けば、毎年90万株前後×3か年≒270万株相当の市場外買い付け株の調達が行き詰まる・・・

    いずれにしても、もうちょっと投資期間は長引きそうですね(^_^;)


  • 2019/08/14 17:43

    (08/16 15:00)現在値
    高松機械工業 853 +4
     CNC旋盤、自動車部品加工、IT関連製造装置などを手掛ける高松機械工業<6155>は、前3月期に連結売上高226億5000万円、経常利益25億円、純利益17億800万円と11年ぶりに最高益を更新した。今のところ、米中貿易摩擦による悪影響はほとんど出ていないが、同社は今後もその推移を慎重に注視していきたいという。

     今期は受注残が187億円と高水準、フル生産が続いていて2期連続で最高益更新が濃厚だ。8月9日に発表した第1四半期決算では、経常利益が前年同期比で26.8%増、純利益が25.8%増だった。会社予想の通期売上高238億3500万円、経常利益25億7900万円、純利益18億1900万円は保守的だ。

     先週末の終値は858円、PERは5.1倍、PBR(株価純資産倍率)は0.6倍であるが、認知度が低いゆえに割安に放置されていると考えられる。会社側も好業績の割に株価が安いことは意識しているとのことで、同社の知名度アップに努めていきたいとしている。レーティングでカバーする証券会社が1社でも現れれば、目標株価(1200~1300円)を突き抜ける可能性もあるだろう。

    想定保有期間:6カ月~1年
    買いのレンジ:800~900円
    目標株価:1200~1300円
    損切り株価:なし

    提供:モーニングスター社

    「会社側も好業績の割に株価が安いことは意識している」ということなら、現在の自社保有株26万6千株(前々期15万8千株、前期8万株自社株買い)を今期は30~50万株の規模で市場で買い付けするか、前期の配当性向13.9%(EPS158円で22円配当)を全産業平均?の30%にしたら、途端に株式市場は評価すると思いますよ♬
    もしくは「同社の知名度アップに努めて行きたい」ということなら東証一部上場申請でしょうか♬
    今度の中間決算発表時(11月8日か12日?)に何気に期待しています(^^)/

  • この好決算で騰がらないとは・・・・ひょっとしてもう高値圏なの?(^_^;)

  • >>No. 189

    株主通信どおりの業績達成なら、配当性向35%を公言している以上、今期配当35円くらいが期待できますね♬

  • 1948年創業されて、1973年に上場、当初から最近までは内部留保の豊富さに対して批判どころか、褒められたり、羨ましがれたりした時代が、ISSによってROE5%の尺度が常識になってしまった現代では、サンテックは思わぬ厳しさにさらされている環境に少しばかり同情します(笑)
    創業以来70年、兄弟会社のソルコムと同様、無駄遣いも冒険もせずに、こつこつ貯めた275億円の利益剰余金に対し、時価総額は119億。
    株主総会でも、今期のEPS75円が達成出来なかったら、ROE5%が達成出来なかったら、創業者の家系である八幡社長の退陣を求める、というのは、本人にとってみれば、ここ数年で株主になったばかりの人に、70年間の苦労をしてきた八幡家の代表が罵倒されるのは、内心憤懣やるかたない発言と捉えていると思われます(私が本人なら間違いなくそう思いますw)
    しかし、時代の流れで、内部留保が厚くて、低収益の会社が糾弾されてしまうのはいた仕方ない、そしてこれからもそういう時代は続くと経営者側も覚悟された方がいいかと思います・・。来年の株主総会も荒れそうですww
    今期も業績見通し通りなら、時価ですと130万株超の自社株買いが予想されますが、今後数年、増益ではなくても、配当水準も24~27円程度なら、自社株買いに応じる銀行・生損保もいずれ持ち株が枯渇し、100%配当に回すことは現実的でなくても、「もう自己資本は増やせない、増やさない」を経営者側が公言している以上、TOB・MBO・LBOによって株式市場から退場して、フリーハンドの経営を手に入れるか、同業他社との経営統合か身売りで、会社の規模を大きくして、借入金・浮動株を増やすしかない気がしますね♬
    でも、しばらくは会社四季報の予想通りに会社の今期見通しが過大で、期中に下方修正が十分あり得るので、私を含めてホルダーの皆さんは3~5年は配当を貰いながらの辛抱が必要と、今回の株主総会で感じました♬

本文はここまでです このページの先頭へ