ここから本文です

投稿コメント一覧 (643コメント)

  • 上方修正、出すならそろそろでしょうな。

  • >>No. 187

    おっと失礼。

    連続ストップ安ではなく、連続ストップ高でした。
    お恥ずかしい。


    >ビットフライヤー加納裕三社長が、「LONDON BLOCKCHAIN WEEK 2018」のKeynoteに登壇し重大発表を行うようです。
    >
    >
    >
    >昨昼のTwitterには「23日にTimes SquareにあるNasdaqのスクリーンをご覧ください!」との投稿もあり、上場発表の線もなくはないのではと勘案しております。
    >
    >
    >
    >もし上場発表なら、ビットフライヤーの株主で唯一我々投資家が購入出来る関連銘柄であるGMOペイメントゲートウェイの株価は連続ストップ安でもおかしくないと思うのです。
    >
    >
    >
    >Keynote登壇は日本時間23日(火)19:40の予定。楽しみですな。

  • ビットフライヤー加納裕三社長が、「LONDON BLOCKCHAIN WEEK 2018」のKeynoteに登壇し重大発表を行うようです。

    昨昼のTwitterには「23日にTimes SquareにあるNasdaqのスクリーンをご覧ください!」との投稿もあり、上場発表の線もなくはないのではと勘案しております。

    もし上場発表なら、ビットフライヤーの株主で唯一我々投資家が購入出来る関連銘柄であるGMOペイメントゲートウェイの株価は連続ストップ安でもおかしくないと思うのです。

    Keynote登壇は日本時間23日(火)19:40の予定。楽しみですな。

  • 狙いすまして10,000円まで乗せて終わりましたな。

    明日からは空売り勢には辛い面持ちが更に加速していくことになると思われます。

    当分は売りには厳しい冬が続くであろうでしょうな。
    ここから注目のニュースが目白押しですからな。

  • >>No. 147

    売りを入れている方々には嫌なIRでしょうな。

    >IRおめでとーーー!

  • >>No. 142

    もう少しブロックチェーンやお金というものに勉強していらっしゃい。あなたは根本から理解が歪んでいると見受けられる。

    ブロックチェーンはインターネット登場以来の衝撃とよく例えられるが、ドットコムバブルも同じ、残るものと散るものに二分されるが、インターネットというもの自体は社会のインフラに欠かせない存在になっておる。

    ブロックチェーンも同じこと。
    その開発費調達の為に発行されたトークンが取引所に上場され仮想通貨と呼ばれ取引されるようになり、この仮想通貨を用いたインセンティブが非中央集権のシステム運営を稼働する仕組みとなって機能してはいるが、その本質はブロックチェーンを活用した様々な社会インフラ構築がすべて。

    よく学んで機会損失なさらぬよう。

  • >>No. 140

    あなたのような自らの頭で考えることもなく、人の話を鵜呑みにした人たちが仮想通貨の可能性を見出せずに大きな機会損失を受けているのが現実ですな。

    ビットコインですら、バブルだと揶揄されながら昨年だけでも14倍まで跳ね上がっておりますからな。

    各仮想通貨の裏側にはいずれも技術があり、その技術が社会で稼働し始めるのが今年からになります。

    つまり、ここからが本当の意味で仮想通貨元年ともいえるのに、この波を捉えられないのは損ですぞ。


    [2017年1月1日〜2018年1月1日の仮想通貨値上り率]
    ビットコイン:14倍
    リップル:273倍
    ネム:240倍
    リスク:129倍
    イーサリアム:86倍
    ダッシュ:84倍
    ライトコイン:49倍
    モネロ:23倍
    イーサリアムクラシック:18倍
    オーガ:16倍
    ファクトム:14倍
    バージ:9815倍
    モナコイン:377倍
    ザイフトークン:2倍


    >仮想通貨は悲劇的な結末になる と超有名な投資家も言ってますし。

  • >>No. 138

    あなたは少々情弱なところがおありのようですな。

    ビットフライヤーの株主12社の内訳をみると、ベンチャーキャピタル10社に加え、GMO Payment Gatewayも名を連ねております。

    ビットフライヤーのIPOが囁かれる中(実際、昨夏頃よりIPOに向けた採用も行なっている事実があります)それが現実となった際には、GMO Payment Gatewayの株価にも如実に反映されてくるでしょうな。

    以下、ビットフライヤーの株主一覧。

    ・GMO Payment Gateway(決済処理サービス)

    ・株式会社ベンチャーラボインベストメント(その他/ベンチャーキャピタル)

    ・インキュベイトファンド(その他/ベンチャーキャピタル)

    ・SBI investment(金融系/ベンチャーキャピタル)
    ・三菱UFJキャピタル株式会社(金融系/ベンチャーキャピタル)

    ・三井住友海上キャピタル株式会社(金融系/ベンチャーキャピタル)

    ・Digital Currency Group(ビットコインファンド)…米国

    ・合同会社RSPファンド5号(IT系/ベンチャーキャピタル)…リクルート

    ・電通デジタルホールディングス(IT系/ベンチャーキャピタル)

    ・East Ventures(IT系/ベンチャーキャピタル)

    ・GMO VenturePartners 株式会社(IT系/ベンチャーキャピタル)

    ・株式会社QUICK(金融情報サービス)…日本経済新聞


    >もともとGMOPGってのは、仮想通貨銘柄でもなんでもないんだよね
    >でも、フィ・・なんとかっていう株屋が仮想通貨ネタでここを吊り上げてPER100まで騰がったから、仮想通貨が崩壊すれば、普通に考えればここも他と一緒に崩壊せざるを得ないんだろうなあ
    >
    >だが、ここは本当に仮想通貨とは何の関係もない技術もない会社なんだ
    >嘘じゃない
    >
    >あそこがさんざんビットコインとGMOPGを関連づけて煽っておきながら、いまさら仮想通貨と関係がないから下がらないってのも虫が良すぎる話だけど
    >
    >でも本当にここは仮想通貨と関係ない
    >遠い将来、もしも仮想通貨でビットコイン決済できるようになったらすごい価値が出るんじゃないかっていう宝くじみたいな期待で騰がっただけだから
    >
    >でも仮想通貨が崩壊すれば下がらざるを得ないよなあ
    >ここは仮想通貨と何の関係もない低レベルな会社なんだけど

  • >>No. 109

    本当に愚かな男だ。
    資産も心も貧しいのであろう。

  • >>No. 92

    ここでカラ売りして、大納会後にビットフライヤー上場のニュースなど出た日には本当に逃げきれなくなるのでお気をつけなさい。


    >9,500円over刺っさり始めたーっ
    >やっと売りタイミングがキッッッッッッッッッターーーーーーーー
    >
    >もうすぐ1万円だぞ
    >迷わずどんどん買えっ!
    >借金してでも買え!

  • 日経平均が大幅に上昇しておりますな。
    あなたの見立ては甘かったようじゃの。

  • メタップスの今回の発表には文句のつけようはないでしょうな。

    ただし、アメリカ、シリア、北朝鮮など、外部環境の状況には週末も注視して下さい。

    今回のような月曜日からの株価に期待が持てそうなタイミングは外部環境の変化への対応が後手に回りがちです。

    とにかく、浮き足立たないように冷静な投資判断を行える俯瞰的な目線は忘れないように留意し、メタップスの成長を見守りましょう。

  • メタップスがAI活用の新融資基盤、金融機関5社をパートナーに - 日経FinTech -

  • >>No. 835

    EBITDAマージンはよろしいが、あなたは両企業の決算処理の前提が違うことを考慮されて計算されておるのかな?

    ファッション業界の役員をやっていたからクルーズとスタートトゥデイの決算内容を読み間違えるのか、寧ろ決算書もろくに読めないと揶揄すべきなのか、言えることは相変わらず薄い考察であなたのような方に運用を任せたら、いくらあっても足りませんな。

    少々酒に酔っておるので口が悪く申し訳ない。

  • >>No. 798

    楽しみにしております。

    理論と具体性に欠ける過去のあなたの抽象論よりは少しばかし成長した姿を拝見出来ることを期待しておりますぞ。

  • >>No. 745

    あなたが実に頭の悪い投機家ということだけは分かりましたが、ZOZOとSHOPLISTの比較に関しては相変わらず抽象的で説得力がないですな。

  • >>No. 724

    あなたの投稿には具体性がありませんな。

    ZOZOとSHOPLISTの比較分析をもう少し具体的数字と論理的根拠で書いていただかねば誰も説得出来ませんぞ。

    それで中長期的な株式投資について語られては寧ろ心配にしかなりませんがね。

  • 2016/12/16 05:51

    クルーズは誰が何を言おうとも、小渕社長の巧みな事業戦略を礎に、無借金、創業以来黒字での経営を行っておりますから、今回の越境ECを本気で獲りにいく選択も想定内ではありました。

    2020年にはアメリカを抜き世界一のアパレルEC市場 約30兆円規模を築くと言われておる中国市場で、SHOPLISTが一歩リードする為の勝負に出たということでしょう。

    クルーズ、そして小渕社長は、ここからもまだまだ株主を驚かせる一手を打っていくと確信しております。

    株主の楽しんで参りましょう。

  • 酒豪さんとも長いお付き合いになりましたな。なんとも感慨深いもんです。

    クルーズは先に転記した一年前の私の考察時より更に成長加速しておりますし、ゲーム事業売却での獲得資金をSHOPLISTへ集中投資すると明言しておりますから、私の想定より早いスピードで結果をつくってくると期待しております。

    > 成程
    >
    > じゃむさんとはそれなりに長いお付き合いですね。
    >
    > 上げている状況で嬉しいのは理解しますがホドホドにするが良。
    >
    > 悪い癖と思料します
    >
    > よ。

  • 現状をまとめる気力がないので古い内容で恐縮ですが、以下ちょうど一年前(驚くことに昨年の12月8日です)に酒豪さんからクルーズ買いの理由を問われた際に丁寧に書いた私の考察を転記致します。

    ------------------

    ゲーム事業は非常に安定性の読めない反面、クルーズにはSHOPLISTという安定的な成長が見込める事業があり、こちらが私がクルーズへの積極投資を行いたい理由でもあります。

    ECアパレルの国内市場規模は1.3兆円で年率10%で伸びておりますが、アパレル市場売上全体のEC化率はまだ9%と、世界基準で見てもECに限ってはまだまだ伸び代があります。

    現在、クルーズは総合アパレルECで5位の位置にあるということですが、最大王者のZOZOTOWNは取扱高ベースで2009年以降の伸長率平均34.1%なのに対し、クルーズのEコマースのセグメントがSHOPLISTだと想定するならば、2013年以降の3年間の平均伸長92%、直近2015年3月期比較ですとZOZOが12.5%、クルーズは51%と、こちらもクルーズにはまだまだ伸び代があることが分かります。

    SHOPLISTに関しては、営業利益率の低さがネックでしたが先日の2Q決算のセグメントで見ると宣伝費を四半期で3億9,300万円も投下しているにも関わらず、営業利益率は5.6%まで改善しております。

    営業利益率に関してZOZOとの圧倒的な差は顧客購入単価の違いにあると思われますので、この先「顧客購入単価を上げる」「来店回数を増やす」など改善の余地はまだまだありますし、会員数、及び購入者数が安定的に増加すれば「宣伝費を絞る」だけで、圧倒的に利益改善が出来るでしょう。(ZOZOは前期年間で6億4,000円しか宣伝費を投下しておりません)

    このようなことから、クルーズは現在投資期間であり、各事業が確実に伸長している今はまだ株価への反映は鈍いかもしれませんが、近い将来一部への鞍替えなども期待しておりますし、市場が評価せざるを得ない時期がやってくると考え長期的なスタンスで見守っておる次第です。

    > 突然の質問ご容赦下さい。
    >
    > 前から疑問に思っていましたが
    >
    > クルーズの何処にそこまで惚れ込んでいるのですか?
    >
    > 嫌いになる理由は山ほど思いつくのですが(笑)

本文はここまでです このページの先頭へ