ここから本文です

投稿コメント一覧 (297コメント)

  • >>No. 748

    そうですね。今回はけっこう面白かったです。

    予想外の事も結構多くて「ああしていたら、こうしていたら」と思う部分も
    多いですが、楽しめましたし損はしていないので、もう少し粘ったら
    買い増し分は撤収する予定です。

    ただ、REITは上がり過ぎてしまったので、他に資金を移したいのですが
    より良い投資先が見当たらない・・・。

  • >>No. 746

    > 私がスタアジ支持者の意見で賛同できない点は、
    > ・スタアジ=村中を倒す正義のヒーロー
    > ・みらい=村中氏と結託する悪の親玉

    私も、そうは考えていません。

    特に「みらい=悪」ではなく、あくまで「さくら」の運用に対する姿勢が
    投資家の利益より、自分たちの利益を優先している事に対して、もう少し
    所轄官庁に問題意識を持ってもらいたいと考えて居るので、「さくら」の
    運用に対して問題意識を持っている「スターアジア」が勝った方が、状況が
    改善される可能性があると考えただけです。

    まあ、「さくら」より、「みらい」の方が投資口価格が上がったのは、
    少し意外でしたが。

  • >>No. 743

    おっしゃる通りで、「善悪」と「損得」の狭間で悩ましい選択でした。
    私は結局、どちらにも提出しませんでした。

    正直なところ、スターアジアに票を入れるつもりでしたが、
    さくらのIR担当のお姉さんが一生懸命対応してくれたので、
    ポストに投函するのを止めました。

    確かに、損得も大事ですが、投資家の不利益になるような運営をしている
    REITは退出するべきだと思いますし、今後、同じ事が起きないように
    白黒をハッキリとさせるとともに、法令等の整備が進むように、問題が大きく
    なる方が、REITの全体の発展のためになり、大きな意味で「投資家全体が
    利益を得るようになれば良いな」と思っています。
    ※あくまで個人的な理想論ですが・・・。

  • ちなみに、今日のIRで
    ・資産デューデリジェンス費用 24 百万円
    ・IR 関連/投資主総会関連費用 53 百万円
    ・財務アドバイザリー報酬 6 百万円
    ・法務アドバイザリー報酬 70百万円
    となっていますので、関連の費用は増えています。
    ※ 法務のアドバイスをするだけで7千万円ですか、
     どこに支払っているか教えて欲しいですね。

  • >>No. 729

    「なお、当該費用の本投資法人と資産運用会社間での負担割合につきましては、2019 年 8 月の役員会で承認がされているものの、現役員としてはその後の状況も踏まえ投資法人役員会の承認が必要と考えております。」
    だそうです。

  • >>No. 638

    それは、MIUMIU神戸の売却益で、今期・来期の分配金が一時的に増えているからです。
    REIT同士で利回りを比較するのであれば、巡行の分配金から算出される利回りで考えた方が本当の実力が判ると思います。

  • どうでもいいけど、さくら投資顧問は、この訴訟の費用まで「投資主の利益のため」とか言って投資主に付け替えるつもりかな?正直なところ、早く消えて欲しい!

  • > さくら不動産投資顧問株式会社の解約まで来年まであるのか!・・・
    > しかも、予定、なのか。。。
    > 投資法人の代表者が変わっても、これでは、何も変わらない。。。

    お気持ちは判りますが、既に交わした契約書があるので、スターが勝ったからと言って一方的に打ち切りは出来ません。
    そんな事をしたら違約金が発生して、さくらREIT→投資主の負担が増えるだけです。

    また、予定と言っても、既に「解約する旨を通知」しているので、大きくずれることはないと思います。
    先方から承諾の連絡があって初めて確定するのでそう言っているだけで、契約書に6ヶ月前に通知するルールがあるようですから、実質的に確定と思って良いでしょう。

    REITは基本的に中長期の投資です。
    慌てずに果報は寝て待ちましょう。

  • 理論通りの動きにならないですね。
    リスクに対して敏感になっているのか、信用買いが膨らんでいるので需給の影響か、
    それともそれ以外の理由があるのか。
    これからスターアジア側の手腕に注目ですね。

  • >>No. 562

    残念ながら、みらいには他のREITを買収するほどの「投資に関するセンスはない」事が判ってしまったので、そこに期待するのは難しいかと。
    もう少しみらいにセンスがあるのなら、今回の買収は成功できる案件だったと思います。

  • >>No. 631

    普通に考えたら「スターアジア」と1:0.88の比率にサヤ寄せですが、リスクを感じる投資主もいるでしょうから1~2%くらいのズレは出るでしょうね。
    昨日の「スターアジア」の終値が113,600円なので、論理値としては99,968円ですが、リスクを考えると98,000円くらい。
    あとは、合併に向けての期待で「スターアジア」がどれくらい値上がりするかです。

  • 合併比率を欲張り過ぎましたね。
    せっかく棚から落ちてきた「さくら餅」を食べ損なったようですね。
    「みらい」も「さくら」も投資主を舐めすぎですね。

  • 午後の総会が「さくら」主催で開催されるなら、「みなし」もあるので合併が承認されそう。
    「スター」が1/3の反対票を獲得できていれば別ですが・・・。

  • >>No. 550

    合併したら、1割くらい巡航の分配金が上がる。資産も増えてAAもますます近づく。みらいの投資主としてはメリットしか無いと思うのですが。
    私は賛成票を入れると思います。

  • >>No. 527

    > まぁー、みらいはこのまま単体でも、来年には格付AA取れると思うが、
    > さくらを飲み込んで資産規模がデカくなれば、繰り上げで、今年中の
    > 格上げも有り得るかと。

    それは、その通りだと思います。
    巡行の分配金もアップするので、少なくとも来年の昇格は「より確実」になるでしょうね。
    まあ、どちらに転んでも損はないと思いますが、最悪なパターンは「どことも合併しない」でしょうね。

  • >>No. 514

    > みらいにしたい人
    みらいの投資主だと思います。
    ※ 私もそうなので悩みます。

  • 「さくら」から「投資法人みらい及びさくら総合リート投資法人の合併契約締結に関する補足説明資料③~議決権行使の方法とよくあるご質問 (FAQ)~」という資料が出ました。

    P17の内容は、「合併前の巡行分配金」を記載しないことで、今回の合併で「さくらの投資主が損をする」ことを隠しています。
    ほとんど「詐欺」です。行政の指導が必要なレベルと感じます。

    以前の投稿(No491)で、「連絡がない」と言っていた件、ちゃんと「さくら」のIR担当の方から電話がありました。
    その人は、私の意地悪な質問にしっかりと対応してくれました。
    しかし、理論的に「みらい」との合併比率が「さくら」不利であることを説明すると、反論できなくなってしまいました。
    ※ その方も各々の合併前の巡行分配金が以下の通りである事は理解していました。
    ・みらいの合併前の巡行分配金:1,425円
    ・さくらの合併前の巡行分配金:2,600円

    仕事だから仕方ないのでしょうが、正直「かわいそう」でした。
    ※ 私に虐められたからではなく、矛盾がある事実を無視して、投資主を説得しないといけないのは「プロ」として辛いのではないかと思いました。

    私は「みらい」も「さくら」と同じくらいの投資口を持っているので、「さくら」が「みらい」との合併する方が「得」なのですが、今回の「さくら」のIR姿勢については「あまりにもひどい!!」と感じております。

  • >>No. 262

    > 高値の代償はスターアジアの投資家が負いますよね。
    さくらとの合併比率から算出される価格は、今の状況(物件価格が高騰している)で
    新たに物件を取得するのに必要となる費用を考えたら決して高くはないと思います。

    > ライオンと運用会社のために無理して外部成長されたって、
    > 投資主に良いことなんて何もない。
    分配金を減らすような外部成長には反対ですが、分配金の成長に資する外部成長はウェルカムです。
    特に、今回のように「PO」を伴わない外部成長は、投資主に優しい外部成長と言えると思います。
    また、その結果で格付が上がれば、投資主にもいろいろとメリットが出てきます。

本文はここまでです このページの先頭へ