IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (549コメント)

  • 甥っ子(害学生)が、発熱4日ぐらい続いて、今日病院に行ったら門前払いだと。
    2~3病院に電話してもダメ。
    救急車を呼んで、病院には何とか入れたがPCR検査はしない...と言われたらしい。
    「気を失いそうだから何とかしてくれ」と頼み込んで、ようやく検査出来たらしい。
    結果は陰性で、熱は治まっており自宅待機。
    PCR検査の実情はこんなもんだ。全然やろうとしない。
    ところで
    まだね、日本で公平に販売できるだけの在庫が揃ってないと思うよ。
    従来からの継続的な販売と違って、日本では突然・急きょの大量受注(多分)。

    日本では新発売でしょ?
    一斉に出荷できる体制が整わないと、販売開始のアナウンスは出来ない。
    スマートフォンなんかでも、そうしてるでしょ。
    常識的に、受注分+αの在庫を揃えてから販売開始のアナウンスする。
    受注規模にもよるが、最低必要量が行き渡る分ぐらいは、在庫の積み上げが必要だし。

    仮に、何処かに優先出荷すれば、そこから瞬く間に情報が発信されて
    他の受注先からのまだか~、まだか~の催促は受けたくないでしょ。

  • >>No. 856

    ボヨヨーンさん
    総会の結果を見てたんだけど、
    積極的立場の筈のリモート株主総会見送り。
    米国特許は、行方不明で迷子。
    社長無言! 
    IR担当、反社の若頭のような開き直り発言(俺が受ける)
    社長のイエスマンかな?

    という事で
    監視はしますが、ソーシャルディスタンスを取りました。
    動きが見えたら参加しますわ。
    ごめん!!

  • 既出と言う人もいるが
    世の中、一を聞いて十を知る人もいれば、
    十を聞かないと解からん人もいる。

    あまりにも電凸が多いから、出した方が良いと判断したんでしょうよ。

  • <新型コロナのPCR検査、生産が需要に追いつかず-ロシュ会長>

    これで
    販売開始のアナウンスが多少遅れてる感も納得できるのでは?

    販売開始のアナウンス時期は神経使うだろね。
    公的機関サイドからの注文予約が多ければ、試薬・マシンとも
    充分な在庫を積み上げた上で発表しないと軋轢が生じますな。
    横並びの情報で、○○は入ったのにウチは後回しなのか?......とか。

  • 薬事・食品衛生審議会 (医療機器・体外診断薬部会) 医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課
    2019年1月11日以降は開催されていない。
    しかし
    5月13日に、迅速診断用の抗原検査キットが承認されている。
    富士レビオ株式会社
    ・エスプライン SARS-CoV-2 抗原検査法(簡易キット)
     申 請 日.....令和2年4月 27 日 承認日.....令和2年5月13日
    ・富士レビオ株式会社ルミパルス SARS-CoV-2 Ag 抗原検査法(定量)
     申 請 日.....令和2年6月 5日  承認日.....令和2年6月19日

    PMDAの基準にクリアを参考に、薬事・食品衛生審議会 (医療機器・体外診断薬部会)
    を開催する事なく医薬・生活衛生局 医療機器審査管理課が特例承認する。

    保険適用が可能という事は、事実上の承認はされている。
    ただ、承認情報として挙げていない事だけ。
    薬事・食品衛生審議会の日程は関係なく、突然、承認情報として挙げてくるだろう。

    他に
    ach*****さんのカキコが信頼できるよ

  • 核酸鎖等種々の バイオマーカー簡便検出法 群馬大学院理工学府 准教授 桒原正靖
    SATIC法
    等温かつポリメラーゼ反応としては低温(37℃)で、検出反応が 進行する。

    想定される用途
    • 細菌やウイルス、寄生虫等、種々の感染に対する安価な簡易検出
    • 感染症や生活習慣病、がん、ストレスなどの簡易診断
    • オンサイトでの食品衛生および環境モニタリ ング

    実用化に向けた課題
    • 計測対象標的物質の拡充
    • 装置化によるさらなる簡便性および高感度化の追求
    • 臨床サンプルによる実証実験の実施 など

    感度が低いようだね。抗原検査の替りにはなりそうだ。

  • 富士レビオ  唾液で抗原検査、試薬を承認

    従来の検査キットを使った抗原検査より精度が高い。
    対象はウイルス量が多い発症から9日目までの人。
    ①発症した人・・・唾液
    ②無症状の人・・・鼻の奥の粘液

    お解りだろうと思うが
    唾液・鼻の奥の粘液のウィルス量には有意差がないというデータがあるにも
    関わらず、このようなバカげた施策。ナニこれ珍百景。

    政治家は、検査能力の拡充をアピールしながら、片方では無症状の人には
    検査ハードルを上げて、実質的に抗原検査を受けさせないように誘導する。
    つまり、 
    PSSの全自動機始め、PCR検査体制が整って来るのは2~4か月程先になる。
    まぁ、メインディッシュが出来上がるまでの前菜といった所か。

    PTS見ても、反応が薄く投資家に見透かされてるね。

  • ま~ったく!!
    社会生活に縁の無い輩にも困ったもんだね。
    無症状でも
    頻繁に検査するか、定期的に検査の必要な人は沢山いるよ。
    いわゆる社会を回している現役世代の人達ね。

    PCR不要論の輩は
    電話も滅多に掛かってこねえ
    それほど出歩くわけでもねえ
    社会と繋がりがなけりゃPCR検査の必要も無いわな^^

    人が自分と同じだと思い込んでいるのかね?

  • >>No. 438

    yayayaさん
    情報ありがとうございます。​
    yayayaさんに対しては正直に特許の遅れを認めたようですね。

    会社の経歴から、どうもIIJと被るところがあるんですが、
    会社規模は圧倒的な差をつけられているにも関わらず、
    元祖〇〇で、プライドだけは高い気がしてます。
    (負の側面は見せたくない、平静を装う)

    提案を交えるなど、聞き方がよければ
    上手く答えを引き出せるという事で納得しました。
    ありがとうございました。

  • 全自動PCR検査システム&検査キット製造・販売 PSS株田島社長
    ①エリテック製品はフランス国拠点で販売。本社は日本
    ②外国のブランドで500台以上販売(フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ、韓国)
    ③全自動リアルタイムPCR測定システム 検体をおいてスイッチを入れればデータが出る。
    ④遺伝子抽出から増幅解析まで全自動メリットは
    1)迅速:約1~2時間で結果判明
    2)正確:付着ミスがなく精度が高い
    3)安全:人がウイルスにふれない
    4)1日最高240件
    5)コンパクトで狭い医療現場に最適

    **************************
    6)このリーフに掲載するには相応しくない(商業的意義)為、除外してある事項。

    見逃してはならんのが検査業務のコスト及び収益ですよ。
    公益法人はコスト、一般施設及び病院は導入が利益に繋がる事が大事。

    PSSの1ストップ全自動機を導入すれば
    検査施設・病院なども収益の大きな柱になる。
    私の実体験から
    6台稼働で、検査技師1人+アシスタント1人
    24台稼働でも検査技師1人+アシスタント1~4人
    で、余裕で稼働できる。

    詳しくは、No.15 2020/06/10 04:59を、見てくだされ。

  • >>No. 206

    >ASJからは順調、予定通りというアナウンスしかないように見えますが、
    何かソースあれば知りたいです。

    国際段階WIPO
    No.917 2019/08/01
    ②2017年11月21日 WIPOより欠陥を指摘され補正命令が出された。

    国内移行・欧州EPO
    No.683 2020/03/15 欧州特許推移 時系列まとめ
    発行文書の​指摘項目​
     ①出願料/検索料が期限内に支払われない​
     ②国際出願の翻訳(EPOの公用語)の不提出。

    WIPO・EPOで漏れなく出願ミス。
    加えて、欧州に先駆けて出願したはずの米国出願の公文書が出ません。
    社長言の2018年4月の出願なら2019年11月初旬には必ず国内公開されますが
    そうなっていない。(6月時点で6か月の遅延で迷子状態)

    順調、予定通りというアナウンスは明らかに矛盾している。

    No.211に関しては、その通りだと思いますね。私の期待は持続してます。
    残念なのは広報のあり方、株主に対する姿勢ですね。

  • 丁寧な説明ありがとうございました。
    ちなみに、どれ位掛かると思われますか?

  • (キーワード)新型コロナウイルス検査機器特例承認
    日経バイオテク
    特例承認
    国内で未承認の医薬品などについて、一定の条件を満たした場合に迅速に承認を与える仕組みのこと。医薬品医療機器等法の第14条の3第1項に定められている。
    具体的には、(1)国民の生命や健康に重大な影響を与える恐れがある疾病による健康被害の拡大を防止するために必要な医薬品であり、かつ当該医薬品以外に適当な方法が無い、(2)医薬品の製造販売承認に係る制度が、日本と同等水準にある外国において販売や授与などが認められている医薬品──という条件を満たした場合、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聞いて承認できる。

    通常の部会開催➙審議会開催➙厚生労働大臣の流れではないようですよ。
    2週間程度で、突然の承認が出るのではないかな?

  • 大口さん入ったね。♪

  • >21さんはあんま人の話を受け入れるタイプではないと。

    なるほど!!
    相性抜群に悪いですわ^^

  • 別件ですが、電話番号を記入したモノには電話で返事がありましたわ。
    どうも、話術が得意みたいで”立て板に水”で喋って言いくるめるような
    感じですな。
    メールで回答もらった人いるのかね?

  • >見守り続けるしかないんですかね。

    それでも順調です。....って言い張るから見守り続けるしかないねぇ。

  • PS
    荒っぽい内容に見えるが
    コレ最初じゃなくて、3回目の督促ですからね。

  • 一人しかいないのに
    コンセンサスとか........笑わせてくれるね^^

  • お願いしますね。
    私は、社長言は撤回するのか、しないのか。
    内容は、どうあれ返事をくれるのか、くれないのか、はっきりしてくれ
    という内容でメールしてあるが、回答なしですわ^^

本文はここまでです このページの先頭へ