ここから本文です

投稿コメント一覧 (293コメント)

  • 12月18日後場には、「今期配当を3・33円増額修正」の発表があったわよね!

    18年12月期の期末一括配当を従来計画の1・67円→5円(前期は無配)に大幅増額修正

    会社側からの修正の理由の中に、「当社は、長期にわたり株主の皆様へ安定的な配当を継続することを基本方針としております。」と素晴らしいキーワードがあったわ。

    急成長する中国向け漫画コンテンツ市場へのライセンス輸出分野に参画することで更に業績数字の向上期待値が高まる展開が来たわね。

  • ①去年のデジタル読書白書によると、中国デジタル読書市場規模は、前年比26・7%増の152億元(約2,584億円)

    ②去年のデジタル書籍の利用者は、前年比13・37%増の3億7,800万人に達しています

    ③中国は日本のアニメコンテンツの最大の輸出国となっています

    ④これまで、中国漫画市場と日本国内の漫画家を繋ぐプラットフォームが存在していなかった


    ①+②+③+④=未来への期待値が高まるわね。

  • 共同ピーアールのホームページに好材料が出てるわね!


    12月20日

    中国国際漫画コンテストの運営事務局メンバーに参画


    急成長する中国向け漫画コンテンツ輸出
    「悟空杯 中国国際漫画コンテスト」に参画
    当社が日本国内運営事務局メンバーに



    共同ピーアール株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:谷 鉄也)は、中国外文出版発行事業局(以下、中国外文局)が主催する「悟空杯 中国国際漫画コンテスト」(以下、悟空杯)の日本国内側の運営事務局メンバーとして、急成長する中国向け漫画コンテンツ市場へのライセンス輸出分野に参画いたします。

    当社では、日中間のコンテンツ分野でのビジネス交流が活発化する中、今回「悟空杯」事務局としてビジネスの活性化を行うとともに、日本国内の優秀な漫画家の海外での活動促進を図ってまいります。

    ~略~

    「2・0・1・7年度デジタル読書白書」によると、2・0・1・7年の中国デジタル読書市場規模は、前年比26・7%増の152億元(約2,584億円)。

    2・0・1・7年のデジタル書籍の利用者は、前年比13・37%増の3億7,800万人に達しています。

    アニメーションやゲームの分野では、2・0・1・6年に中国に輸入された日本新作アニメは、2・0・1・6年190作品、2・0・1・7年170作品。

    各シーズンの日本の新作アニメの8割以上を輸入している計算となり、中国は日本のアニメコンテンツの最大の輸出国となっています。

    しかし漫画(コミック)という分野においては、出版物に関して規制などもあり、あまり伸びていません。

    またその一方で日本国内の優秀な漫画家は、言語の壁もあり中国の読者に読まれていないという問題を抱えていました。

    これまで、中国漫画市場と日本国内の漫画家を繋ぐプラットフォームが存在していなかったため、2・0・1・6年から「悟空杯」という枠組みで、優秀な漫画家を支援する活動として開始されています。

  • 国土強靭化の国策にも関わってくるわね!

    国策に売り無しよね!

  • 応用地質のホームページに好材料が出てるわね!


    平成 30 年 12 月 20 日

    戦略的イノベーション創造プログラム(SIP:エスアイピー)第2期の課題「国家レジリエンス(防災・減災) の強化」の公募に対し、共同研究開発機関として応募した2つのテーマが採択されました。


    応⽤地質株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:成⽥ 賢)は、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP:エスアイピー)第 2 期の課題「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」の公募に対し、共同研究開発機関として応募した 2 つのテーマが採択されました。

    戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議が司令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野を超えたマネジメントにより、科学技術イノベーション実現のために創設した国家プロジェクトです。

    第 2 期では 12 の課題に対する取り組みが計画されています。

    当社は 12 課題の一つ「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」に共同研究開発機関として応募し、「災害時地下水利用システム開発」および「市町村災害対応統合システム開発」の 2 つのテーマが採択されました。

  • ダブルスタンダードのホームページに好材料が出てるわね!


    2018年12月19日

    ダブルスタンダード、AI搭載型OCRを用いたサービス提供が決定

    ~カブドットコム証券の業務効率向上を支援~


    株式会社ダブルスタンダード(本社:東京都港区、代表取締役:清水康裕、以下、「ダブルスタンダード」)は、当社が開発した『人工知能(AI)搭載型OCR(光学式文字読取システム)』をカブドットコム証券株式会社(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長:齋藤正勝、以下「カブドットコム証券」)へ提供しました。

    当システムは2018年12月19日(水)より、カブドットコム証券の新規口座開設申込及びマイナンバーアップロード申込に利用されています。

    ダブルスタンダードがカブドットコム証券に提供する画像情報活用ソリューションは、OCR(光学式文字読取システム)で取得した情報を当社独自のAI技術を活用したクレンジングにより、書類のフォーマットを自動判別し、さまざまな形式に成形・加工することにより、情報を正確に読み取りデータ化します。

    また、画像チェック機能により、書類アップロード時における不備のある画像を申込完了前に指摘することで正確な画像をアップロードさせることができます。

    本サービスの導入により、カブドットコム証券では、顧客による各種手続きの利便性を高めるとともに、手作業及び目視で確認していた各種業務における作業時間を大幅に削減します。

    ダブルスタンダードは、独自の基盤技術を用いたビッグデータ処理を軸に、企業の新たなサービスを創出する企画開発プロバイダーです。

    本サービスに活用している基盤技術を利用し、今後も多くの企業様に有用なサービスの企画開発を続けてまいります。

  • 先週のストップ高は19年1月期第3四半期の営業利益の進捗率が98.2%に達していて、計画を上回るとの期待から買いが膨らんでいたことは記憶に新しいわね。

    チャートを見ても分かる通り、上場来最安値の大底を二回叩いて二番底になるかどうかの大節目ね。

    国内最大級の音楽ライブ情報サービス「LiveFans」と「bitfan」が連携をスタートしたのは未来への更なる明るい兆しとなるわ。

    二番底叩けば底堅くなって後は騰がるしか道はないと思うの。

    4桁へ乗せる道筋を信じてみるわ。

  • SKIYAKIのホームページに好材料が出てるわね!


    2018 12 19

    bitfanとLiveFansの連携をスタート

    音楽ライブ情報サービス「LiveFans」でもbitfanを取得可能に

    アーティストやクリエイターへのファンの熱量の可視化を実現したサービス「bitfan」(※1)を中核とする会員総数220万以上(※2)を誇るオムニチャネルプラットフォームを提供し、“FanTech”分野(※3)のパイオニアとして新たな価値提供を目指し続ける株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮瀬卓也、以下「SKIYAKI」)は、2018年12月19日(水)にbitfanとLiveFansの連携をスタートしました。

    この度、国内最大級の音楽ライブ情報サービス「LiveFans」(株式会社SKIYAKI APPSが運営)と「bitfan」の連携がスタート致しました。

    「LiveFans」は、過去60年に渡るライブ情報やセットリスト、アーティスト独占インタビュー、関連ニュースなどの情報が満載のポータルサイトです。

    bitfanとLiveFansが連携することにより、LiveFans上のアクションでbitfanのポイントを取得することが出来るようになりました。

    例えば、アーティストをクリップ(お気に入り登録)してアーティストの最新情報を得られるようにしたり、ライブのレビューを投稿したり、アーティストのライブ情報をチェックしたりすることにより、そのアーティストのbitfanのポイントが付与される仕組みです。

    LiveFansは、月間ページビューが1,600万を超え、月間UU数も200万人を誇るサービスです(※4)。

    今後も、M&Aや業務提携を進めることで、オムニチャネル戦略におけるチャネルの強化を図って参ります。

  • ALBERTのホームページに好材料が出てるわね!

    2018/12/13

    FUJIとALBERT、多関節ロボットのプログラミングフリーを実現するAIを共同開発

    株式会社FUJI(本社:愛知県知立市、代表取締役社長:曽我 信之、以下FUJI)と株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松本壮志、以下ALBERT)は、FUJIの多関節ロボット「SmartWing」において、AI・ディープラーニング技術を用い、ティーチングやプログラミングを必要としない扱いやすい多関節ロボットの実現に向け、共同技術開発を進めております。

    近年、製造業では、さまざまな場面でロボットが活用されています。なかでもカメラで対象物の形状を認識し、作業を行う多関節ロボットの必要性は極めて高く、部品の搬送や整列、加工、組み立て等での活用が期待されています。

    通常、カメラを用いて多関節ロボットを動かすためには、対象物の形状認識やロボットの動作をプログラミングする必要がありますが、これらは煩雑で、スキルの高いプログラマが必要となり、多くの現場でロボットの導入を困難にする要因となっています。

    今回、共同開発の第1段階として、「SmartWing」の部品認識機能にAI・ディープラーニング技術を活用した学習済みモデルを搭載し、初めて見る部品であってもAIで自動認識し、プログラミングなしで部品認識ができるようになりました。これによりSmartWingのティーチングフリー技術と合わせ、SmartWingの立ち上げ時間のさらなる短縮、柔軟な製造品種変更が可能になりました。さらに、単眼カメラのみで対象物の三次元姿勢を推定し、部品の姿勢に応じた正確なピッキングが可能となります。また、色味や影等の撮像環境の変化に影響を受けにくいため、様々な環境下でロボットを使用できるようになります。

  • >>No. 853

    何に期待してるのかわかってる?

    勘違いしてる人がいるみたいね?

    手数料収入の大幅増収よ!

    XGXコインが何に使われようとしているのか調べてみなさい♪

    まずはそこからね。

  • ①本件ICOは日本円にして約30億円を調達する予定

    ②2019年3月より仮想通貨交換所ビットワントレード香港にて独占的に上場予定

    期待が高まる展開が来たわね!

    一度、XGXの詳細を見た方が良いと思うわ。

    AR、VR、ライブ…思惑が高まるキーワードがたくさん見つかるわよ。

  • ビットワングループのホームページに好材料が出てるわね!


    2018年12月11日

    当社孫会社が他社ICOのテクニカルサポートをいたしました


    当社の孫会社であるBIT ONE HONG KONG
    LIMITED(以下「BOHK社」という。)がテクニカルサポートとして参加する他社ICO案件が、台湾において、本日付けで公式発表されましたのでお知らせいたします。


    本日、台湾において、East Fortune Global Limited が発行元となる ICO(以下「本件 ICO」という。)が公式に発表されました。

    本件 ICO は、BOHK 社がトークン設計や技術的企画等の ICO に関するテクニカルサポートを行っていた案件です。

    本件 ICO は、本日より Cloud Sale が開始され、日本円にして約 30 億円を調達する予定です。

    本件ICO により発行される新規トークンの名称は、「XGX Coin」(以下「XGX」という。)であり、XGX は、2019 年3月より
    BOHK 社が運営する仮想通貨交換所“BitOne Trade HK”(ビットワントレード香港)にて独占的に上場予定です。

  • PCIホールディングスのホームページに好材料が出てるわね!


    2018 年 12 月3日

    PCIホールディングスグループ
    『早稲田大学理工学術院総合研究所との共同研究を開始』
    ―高度な次世代 IT 技術の開発とビジネス創出に向けて―


    当社の連結子会社であるPCIソリューションズ株式会社は、早稲田大学理工学術院総合研究所(所長木野 邦器)と、このたび、次世代 IT 技術の開発とその技術を核とした事業基盤の創出を目的とする共同研究契約を締結しましたのでお知らせします。

    本共同研究では、「自動運転」「画像処理」「5G」「エッジコンピューティング」「位置測位」「セキュリティ」、等の要素技術をキーコンセプトとし、スマートで安心な次世代社会へ貢献する研究・開発に共同で取り組むとともに、新しいサービス価値を創造することで事業基盤を構築し社会に発信して参ります。

    PCI ソリューションズは、早稲田大学西早稲田キャンパス内 55 号館に設けられた研究室を拠点に、以下各号の目的で、本共同研究開発を強力に推し進めていく所存です。

  • 研究の背景に、「橋梁では5年に1回行う定期点検が義務化されました」って記載があるわね?

    義務化ですって、義務化。

    社会インフラの老朽化が喫緊の課題となっているから、これは国策に関わってくるわね!

  • 国立研究開発法人土木研究所が発表した共同研究者決定の中に、名立たる大企業や組織の名前があるわ。


    三菱電機株式会社
    富士通株式会社
    株式会社日立製作所
    首都高技術株式会社
    一般財団法人首都高速道路技術センター
    一般財団法人橋梁調査会
    国立研究開発法人理化学研究所


    FCホールディングスは時価総額30億台、PER7倍台、PBR0・7倍台で配当20円有りのバリュー株よ。

  • FCホールディングスのホームページに好材料が出てるわね!

    2018/11/30

    国立研究開発法人土木研究所は、「AIを活用した道路橋メンテナンスの効率化に関する共同研究」について、当社(株式会社福山コンサルタント)を含む25者を共同研究者に選定しました。


    詳細は国立研究開発法人土木研究所のホームページでご覧になれます。
    (以下は国立研究開発法人土木研究所より転載)


    国立研究開発法人 土木研究所(理事長 西川和廣、茨城県つくば市)は、「AIを活用した道路橋メンテナンスの効率化に関する共同研究(以下、本共同研究)」について、2018 年 9 月 27日に 25者の共同研究者を決定しました。

    今後、共同研究者とともに、「点検 AI(床版の土砂化)」、「点検 AI(画像解析)」、「診断 AI」、「データ基盤」の開発に取り組んでいきます。


    研究の背景:近年社会インフラの老朽化が喫緊の課題となっているなか、橋梁では5年に1回行う定期点検が義務化されました。

    一方、老朽化橋梁の増加にともなう点検コストの増大や、橋梁についての専門知識を持った熟練技術者の減少などの問題が顕在化するなど、より効率的な維持管理が求められており、加速度的に発展する
    AI 技術に着目して、メンテナンスサイクルにおける点検・診断・措置の信頼性向上を目指します。


    <本共同研究で検討する内容>
    ① 点検 AI(床版の土砂化)の開発
    床版の土砂化を対象に、電磁波レーダー等の技術を活用して、水の早期検出技術の検証、及び、早期検出を前提とした措置法の検討を行います。

    ② 点検 AI(画像解析)の開発
    ディープラーニングなどの画像解析技術を活用して、変状の抽出や要点検部位への誘導、採取データの分析等を行う点検AIについて、必要とされる性能を検討し、実務で使えるAIの開発を行います。

    ③ 診断 AI の開発
    AI 技術等により形式化した熟練技術者の暗黙知や、既往の点検データ等を基に、診断ロジックを可視化し、技術者の判断支援を行う AI を開発します。

    ④ データ基盤の開発
    点検・診断・措置に関するデータを収集・保管・活用・更新する方法について検討を行います。

  • アクセルのホームページに好材料が出てるわね!

    2018 年 11 月 29 日

    コンパイルハートの人気キャラが集結、夢のクロスオーバータイトル!スマホ向けSRPG「メガミラクルフォース」の提供が決定


    株式会社 NTT ぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二、以下 NTT ぷらら)、株式会社ズー(本社:長野県上田市、代表取締役社長:藤井修亮、以下 ズー)、アイディアファクトリー株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤嘉晃、以下 アイディアファクトリー)および株式会社アクセル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松浦一教、以下 アクセル)の 4 社は、アイディアファクトリーの子会社である株式会社コンパイルハート(本社:東京都豊島区、代表取締役会長:桑名真吾、以下 コンパイルハート)がこれまで手掛けてきた人気ゲームタイトルのキャラクターが一堂に登場する、スマートフォン向けシミュレーションロールプレイングゲーム(SRPG)「メガミラクルフォース」を 2019 年 1 月末より提供することを決定しました。

    本ゲームは、コンパイルハートの人気ゲームタイトル「ネプテューヌ」シリーズや「限界凸騎」(読み:げんかいとっき)シリーズ、「フェアリーフェンサー エフ」などのキャラクターに加え、アイディアファクトリーが提供するSRPG「スペクトラルフォース」および「ジェネレーションオブカオス」のキャラクターなどが登場する、アイディアファクトリーグループ25周年記念プロジェクトとして新たに開発されたゲームタイトルです。異なる作品同士のキャラクターが融合することで新たなキャラクターが生み出される“メガミラクル化”も見どころです。

  • ①特許取得×②IOT分野=業績寄与期待となるわ。

    この特許のキーポイントは、『ICタグを着用』というところかしら。

    ICタグよ!?

    ICタグが着用された、未来の着衣をイメージしてみると良いかもしれないね。

  • 時価総額30億未満、売上高300億円超え、PER9倍台、PBR0・74で、月初の決算は上期経常42%増益、今期配当2円増額修正で通過してるわね。


    「更なる拡大が見込まれる高齢者事業のIOT分野」


    超高齢社会の問題は国策にも繋がってくるわ。

  • クリエイトのホームページに好材料が出てるわね!

    2018 11 27

    特許取得のお知らせ

    このたび弊社の子会社「株式会社ハイライト」にて出願しておりましたスマート徘徊見守りWare「タグアシスト」について、特許を取得しましたのでお知らせいたします。

    今後とも、更なる拡大が見込まれる高齢者事業のIOT分野において、その発展の一翼を担えるよう積極的に取り組んでまいる所存でございますので、より一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


    【発明の名称】 徘徊検知システム・徘徊検知装置およびプログラム
    【特許番号】 特許第 6426138 号
    【特許権者】 株式会社ハイライト
    【特許出願日】 2016 年 12 月 26 日
    【特許取得日】 2018 年 11 月 2 日

    本特許は、老人ホーム内に設置されている複数のアンテナ付きの端末コンピュータが、IC タグを着用した入居者から ID
    を受信し、管理室のコンピュータが徘徊を検知する徘徊検知システム及びプログラムであり、IC タグはランドリータグ型の RFID
    タグを使用しています。

    また、介護担当者のスマートフォンに通知を行い、警報装置、更には IOT 対応機器(照明・撮像・ドローン等)が作動するシステムです。

本文はここまでです このページの先頭へ