ここから本文です

投稿コメント一覧 (1545コメント)

  • 日本のマスゴミは朝鮮人奴隷伝説が大好きだ。
    半島の朝鮮人も朝日新聞などに感化されて奴隷伝説の信奉者になっている。
    そのため文大統領のように、現在も奴隷制度が続いている北朝鮮が大好きな南朝鮮人が増えている。
    日本のマスゴミ関係者の出自は、鹿児島の南日本新聞などが顕著であるが、そもそも秀吉公の朝鮮出兵の戦利品奴隷が由来である。これが奴隷へのシンパシーとなり、今でも朝鮮人は奴隷だったと騒ぎたいようだ。
    ただし、偽日本人のくせに日本人のふりをして記事で煽るから迷惑なのである。

  • 朝鮮と中共からの観光客は無くなっても観光業者が困るだけの話だ。
    観光業者は日本経済の底上げには貢献しない。
    そもそも観光業は行儀の悪い客がいると全体で損する場合がある。
    観光業は周りに迷惑をかける業態と言える。
    日本人相手ではない観光業がどうなろうが気にする必要は無い。

  • 中共と朝鮮は、日米に対抗しようと必死にもがいているが、世界的な通商基盤を日米欧が維持管理しているため、鎖国しない限りは日米に全面降伏するしか手はない。
    欧州が手を差し伸べれば、中共と朝鮮にとって救いとなるが、欧州は当然に対価を求めるのでよい取引にはならないだろう。
    アルゼンチン破綻のニュースは、日米欧の価値観に背を向けるとどうなるかをよく示している。
    日本の資産を差し押さえ日貨排斥をする国に対しては、日本は積極的に攻撃を加え破綻させ政権転覆を計る。

  • 朝鮮叩きは中共叩きの前哨戦である。
    日米欧の価値観が勝つか、中共ロシアイランの価値観が勝つかの勝負所だ。
    新モンゴル帝国の価値観で儲けておいて、日米欧の価値観で生活したいと都合よく考える者は、もうどちらに身を任せるか決断しなくてはならない。
    南朝鮮人のいいかげんな発想はもう許容されない。それは日本の中共進出企業に対しても強く言える。
    朝鮮と中共には、日米が価値観を制裁を加えつつ教育しながら交易をすることである。

  • 日本は、中共・ロシア・イラン連合の新モンゴル帝国との対決を覚悟しなければならない。
    歴史的な思想と価値観の変遷によって、中共・ロシア・イランが正面から日米欧の権益に本気で対抗してきている。
    この新モンゴル帝国に対しては、米国だけでは対峙が不能であり、どうしても日欧の共闘が必要なのだが、このあたりの世界情勢の変化に日欧は不感症だ。
    米国は最近、香港と台湾に支援をすることで新モンゴル帝国の膨張に抵抗している。この動きを日本は感謝し支援しなければならない。
    日本は中共に強力な制裁を加え、朝鮮半島と東シナ海と南シナ海から手を引かせるべきだ。

  • またイランの害務大臣が日本にやってくる。
    日本のタンカーを破壊しておきながら知らぬ顔で、ペルシャ湾はイランに任せろと言いにやってくる。
    イランは朝鮮と同じ面倒くさい国だ。日本は米国と一緒に強力な制裁を加えるべきである。
    本来は、日本は中東の紛争には関わるべきではないのだが、馬鹿の安倍がわざわざ顔を出して日本は巻き込まれてしまった。そして、日本のタンカーがイランの攻撃力の宣伝のために利用され破壊されてしまった。
    こうなった以上、日本は米国と共にイランと対峙せざるをえないのである。

  • 朝鮮問題で、フェイクニュースで放火魔の朝日新聞は、フェイクニュースで消防隊に一時的に変身のようだ。
    しかし、しばらくするとまたフェイクニュースによる放火魔に戻るのが朝日新聞や南日本新聞のような地方紙だ。
    燃えやすい物や燃える物が積まれ溢れていると危険なので、日本人は朝鮮問題の解決方として、朝鮮の弱体化を促進するのである。
    朝鮮問題にフェイクニュースで火を付けるまたは消す行為は、言論と表現の自由がある日本では全く自由である。
    現在はフェイクニュースに踊る朝鮮人の勢いも助けとして、朝鮮の減量を追求するべきなのである。

  • 朝鮮問題に火をつけておいて大火事になったと騒ぐ朝日新聞は、火災の調節にもっと頭を使うべきであろう。
    わしは、もっと大火事にして朝鮮だけを丸焼けにしたいと思っているので、朝日新聞や南日本新聞など地方紙のいまさらの消火活動には反対だ。
    南朝鮮の文大統領は奴隷根性が染み付いた発想を持つ非常に朝鮮的な人物だ。同姓の文国会議長はこれまた朝鮮的な居丈高な両班貴族の様子を示している。
    朝鮮海峡の対岸の火事は見ていて愉快だ。
    日本人はもっと朝鮮半島に火を投げ込もう。

  • 朝鮮人奴隷伝説の流布に一役買ったのが従軍慰安婦合意である。
    安倍と岸田とオバマは、嘘つきの朝鮮老人と朝日新聞などの反日マスゴミに逃げ道を与えてしまった。
    安倍と岸田とオバマは、先の従軍慰安婦合意は誤解を呼ぶいいかげんな合意であり、自称性奴隷の嘘つき婆さん達に金を恵んでやったのは大変な間違いだったので、やっぱり金を返してくれと声明を出せ。
    それくらいしないと安倍・岸田・オバマの大罪は消えることは無い。

  • おいおい、従軍慰安婦合意をした安倍と岸田とオバマに謝罪を求める投稿が削除されたぞ。
    どういうつもりか知らんが、安倍・岸田・オバマは朝鮮問題において、嘘つきの朝鮮老人や朝日新聞などのマスゴミと一緒のトラブルメーカーであるから、許すつもりはないからな。

  • 日米中露の信託統治による朝鮮支配は、日米中露が朝鮮に対して莫大な債権を保有していることで実施の可能性が高い。
    また朝鮮人が現在でも、両班貴族と奴隷の歴史観しか持ち合わせていないので、民主国家としてまとまることが出来ない。
    朝鮮人は、周辺大国への恐怖心から一時的な精神的安定を得るため、無謀な対外挑発をする性格を今でも有している。
    日米中露とすばしこい一部の朝鮮人にとっては、朝鮮半島の信託統治が最高の解となる。

  • 朝日新聞による話のすり替えが朝鮮騒動をますます大きくしている。
    従軍慰安婦が女性尊厳の問題にされ、朝鮮人少女売春が平和の少女像にすり替えられている。
    更に募集に応募した朝鮮人工が、なぜか徴用工あつかいにすり替えられている。
    これらは全て、事実関係を無視してフェイクニュースを広めた朝日新聞や南日本新聞など地方紙の責任である。
    朝日新聞など日本のマスゴミよ、話のすり替えでは騒動が大きくなるばかりだから、真実の周知という方法によって事態の収拾にあたれ!

  • いつものことながら、性奴隷と奴隷労働を吹聴する朝鮮の嘘つき老人に対する追求がほとんど聞かれない。
    朝鮮老人の大嘘のネタは、もともと朝日新聞や南日本新聞などが世界中に広めたことなので、日本のマスゴミには責任をもって事実の追及をしてもらわなくてはならない。
    特に朝日新聞は全力を尽くして世界中に広まった嘘の収拾にあたれ。

  • わしの見立てでは、朝鮮問題の解決策として南朝鮮の朝鮮海峡沿岸に『任那経済特区』が開設されるだろう。
    そこでは日本から自由に商品を輸入でき、日本製品の輸出入管理が日本政府によって行われる寸法だ。
    おそらくまともな朝鮮人は進んで特区にやって来るだろう。
    貿易の保税地域が日本領化したものと考えたらよい。

  • 南朝鮮への経済制裁は日本の経済成長に繋がる。
    せっかく堂々と条約違反をした南朝鮮を堂々と潰せる機会がやってきたのである。
    政治屋と厄人は好機を逃してはならない。
    経済制裁をお互いに拡大することで断交状態に持ち込める。その後は南朝鮮が勝手に日本の支配下に落ちる。つまり、対北朝鮮と同様の対敵国制裁を気長に継続するのである。

  • 朝鮮人の奴隷根性はそのまま乞食根性に繋がる。
    自称奴隷の朝鮮老人たちの乞食行為を厳しく非難しよう。
    そして、奴隷物語を創作し乞食行為をさせている朝日新聞などのマスゴミは、徹底的に批判されるべきだ。
    嘘つき朝日新聞や南日本新聞などの地方紙のやっていることは、自分で不具者を造って物乞いをさせている前近代的な賤民の姿である。
    それは極めて非日本的であり、朝鮮由来である反日マスゴミの非日本性をよく顕わしている。

  • 朝鮮人は歴史的に奴隷根性が染み付いているので、性奴隷と奴隷労働の話が大好きである。
    そのため、朝日新聞や南日本新聞など地方紙の日本発の大嘘に簡単に乗ってしまったのである。
    そして朝鮮人自体が奴隷根性なので、朝鮮の老人たちは自分たちが性奴隷で奴隷労働をさせられていたと大嘘をつくのである。
    この問題に対して、まず日本人は、自称従軍慰安婦と自称徴用工が金欲しさに嘘を言っていると何度でも説明する必要がある。
    ここまで話が大きくなると、朝日新聞などは必死に話題のすり替えをしようとするし、南朝鮮にとっては国家の存亡にかかわるが、朝日新聞と南朝鮮がどうなろうが放置しておけばよいので、朝鮮人の老人たちは大嘘つきだから、嘘を言いふらすなと言い続ければよいのである。

  • 南朝鮮の国家単位の日貨排斥運動に対して日本政府は経済制裁を行う必要がある。
    いつもながら報復措置が遅いのが日本の政治屋と厄人である。
    相手が攻撃してきたらすぐに反撃することだ。
    ひとまず提供する半導体素材と原料を、日本が輸入する半導体量相当だけに絞れ。
    日本以外へ輸出される半導体の素材原料は、日本が購入相手を選別して許可を出すことにするのだ。
    南朝鮮はただの下請け工場でよいのだ。面倒ならば南朝鮮企業へ工場移転を奨めよ。

  • やはり、朝日新聞も南日本新聞も、大陸進出と対米英開戦を煽ったことをまだ反省していないな。
    それでおいて他人事のように、当時の国民と昭和天皇に全ての開戦責任を押し付けようとしているのだから、朝日新聞と南日本新聞はトラブルメーカーとしか言いようがないのだ。
    トラブルを煽るネタが無いときは、従軍慰安婦や徴用工のように作り話で反日を仕掛けるのが朝日新聞や南日本新聞などの地方紙である。
    これから半島の朝鮮人と一緒にマスゴミで日本人の振りをしている朝鮮系日本人には厳しい制裁を継続的に加えるから覚悟するように。

  • 言語道断で破廉恥の朝鮮が、日本と決定的な敵対関係になるのは予測通りだ。
    次の未来予想は、朝鮮半島が日米中露による信託統治下に置かれるというものだ。
    もともと国家意識の薄い朝鮮は、反日もしくは反米で国をまとめていたが、日米ともそれを許容する気が無くなったので、反日と反米は日本と米国の報復を呼ぶのである。
    近日中に朝鮮半島の流通通貨は日本円と米国ドルと人民元で占められるだろう。
    北朝鮮などはとっくの昔に外貨と麻薬覚せい剤が流通通貨に代わっている。

本文はここまでです このページの先頭へ