ここから本文です

投稿コメント一覧 (128コメント)

  • 2014/09/18 14:46

    そろそろ6ヵ月信用の高値付け期日ですね
    残高解消には少しづつでも値を上げて行くのが一番
    そろそろ値がさ株からEPSの高い輸出系に金が入ってくる時期ですので短期戦略から長期に変えるのが吉
    最近いやらしい売り本尊が消えたのは良い事ですね

  • No.10045

    円安の恩恵

    2014/09/18 14:38

    日本農薬は海外販売比率が高いのでこの株価水準だと割安感出てきましたね
    デング熱の一時的な買い上がりから落ち着いて久しぶりに反転
    そろそろ長期での反転攻勢になるのではないかな?

  • No.3634

    うーん…

    2014/09/12 09:14

    なんでしょうね
    朝から9万株以上の売りですが…

  • >>No. 26636

    まぁ確かにエボラネタは一過性であって欲しいと思います。
    ただこういう大型株の場合、今回の騒動で自社評価が上がったのが一番大きな事だったろうと思います。
    昔の武田だって、これほど全世界的ニュースに取り上げられた事は無かったんじゃないかなぁ
    後、業績に寄与する部分では抗インフル薬が今フェーイズⅢにある事の方が重要。
    日本では製造許可申請しないと駄目なんですが、FDAが一般治療薬として取り上げれば、アメリカの基準に沿った措置が日本でも行われる可能性が高いですから
    それと、この薬はRNAマイナスのウィルスだとどんなウィルスでも効果に期待出来ますので、またエボラの様な危険なウィルスが新規で出れば、また治験薬の候補にあがる可能性が高い事も付け加えておきます。

  • ADRが急上昇してるんだが、FDAの治験薬認定されたんだろうか?
    情報よろしくです

  • ここは新興じゃないんだから騒ぎ過ぎですよ

  • MBSで先ほどやっておりました
    現地では治験薬を使いたいと悲鳴があがっているとの事
    これは試験的にでも薬品の緊急輸出が早まったと見るべきでしょう

  • ここは安心してホールド出来ますね
    ADR指定銘柄ですので外人の買いも多く入っていると見ます。
    もうすぐ抗インフル薬のフェーズⅢ認証ですし、エボラ治験も始まります
    新興じゃないので値幅はあれですが、ちゃんとした投資家は短期投資等と馬鹿な事はしないでしょう
    腰を据えてじっくりじっくり上がればいいなぁ

  • 2014/08/11 16:57

    >>No. 9930

    ROEが最低というよりも、IR担当がアホ過ぎるんですよ
    確かに上値が重いのは承知していましたが、午前の下げは予想外ですよね…
    こんな株主を馬鹿にした会社が世界のトップ10を狙うって??
    まじで電話するか株主総会で追及しなきゃ駄目なようですね

  • 崩されるわけでもなく結構強いですね
    外人の買いが多いんじゃないでしょうか?

  • 何度も書きますが、エボラだけ見ないで下さいね
    抗インフル薬のⅢステージが重要なのです。

  • 外国人投資家もダウ上昇に加え、エボラ関連として買っているようですね
    押しから半値スタートであるなら良い買い場だったのではないでしょうか?

  • >>No. 9917

    営業益のコンセンサスは3Qで上回りました。
    日興のレーディング下げが前にありましたが、通期予想の判断で9350百万を下回っていたからです。
    3Qで営業益9482百万
    一株利益 94.38円
    ですので、現在PERで見ると11.7倍と大きく改善されています。

  • ファビピラビルは現在、米国でインフルエンザ治療薬としてフェーズⅢの審査段階です。
    この申請が2013年の12月から始まっていますので、その審査を飛ばしてエボラ治験に入る事が重要なのではないでしょうか?
    緊急の場合、インフルエンザ治療薬として早期にフェーイズⅢを審査する権利が与えられた事と同義と見ます。
    いきなり実験薬をエボラに使うよりも、インフル薬とはいえ認可が取れた物の方が後々利便性が高いと判断するのではないでしょうか?
    一過性(たぶん)だと思われる抗エボラ薬として緊急認可を受けるよりも、実質収益に貢献するであろうインフル薬の認可が一番大事な事であります。
    米国で一般投与可能な抗インフル薬であると認定されると、日本で製造許可しなければいけない足枷も外れる可能性があります。
    エボラだけ見ないで、ファビピラビルを大きな視点で考えていただきたいものです

  • 2014/08/09 12:55

    >>No. 9905

    株探ニュースは気にしないでいいですよ

    ここの当社試算は通期予想から現状をただ計算しているだけですから。
    例えば通期予想を3Qで上回って修正が無い場合、4Q(本決算)-3Qで赤字になると言ってるだけです。
    株探は進捗を探る物ではなくただの計算式だと思ってください。

    3Qで通期予想を上回ったにも関わらず修正出来ない理由は前に書いてありますので参考にして下さいね。

  • 修正を行わなくてはいけない基準値が決められており、「売上高で10%以上の増減があった場合」、「営業利益・経常利益・当期純利益で30%以上の増減があった場合」です。

    私も基準値があるとは知らず書き込んでいましたが、実は明確な基準があるのですね。
    但し、これは任意に修正出来るとあるので、企業がこれと同等、もしくはこれに抵触する場合は基準を越えて修正を出す場合もあるとの事。

    また混乱してしまう話ではあるのですが、為替レートの修正が発表されていない事を鑑みて、今季は3Qで通期予想を上回ったと見て良いと思います。

    ただ、前年比で見ると(規定基準)の修正が出せなかったのではないかと思います。

    決算内容ですが、売上が伸びていないにも関わらす、営業益、経常共前年比を上回り、利益率も前年越えという事は、一番の懸念材料であった技術料収入がコンスタントに入って来ている裏付けでもあるのでしょう。

    薄利多売の戦略ではなく、高収益企業に見られる3Qだと思いますので安心してホールド継続ではないでしょうか?

  • 抗インフル薬として備蓄認可されたファビピラブルだが、一般薬としては認可を受けなかった。
    これによく似た事案があの有名な丸山ワクチンではないか?
    ガンに効くとされ、がん患者から絶大な支持を受けていた薬であるが結局認可されなかった。
    だが、本人の同意と医師の許可があれば今でも日本で使える薬である。
    丸山ワクチンは現在、ゼリア新薬がアジア市場に展開する薬として大復活を遂げた。
    確かに丸山ワクチン自体にガンを治す効用は(現在の治験において)乏しかったが、抗ガン剤投与による白血球の減少を抑える効果が認められ、抗がん剤と併用すれば患者負担が大幅に減るとの事であります。
    日本の治療薬認定は既存の製薬会社が独占している状態であり、ここに風穴を開けるのは相当に厳しい作業であります。
    日本の許認可は昔から少しばかり保守的ですね

  • 日本でインフルエンザ備蓄認可されたファビピラブルだが、この薬最大の特徴はRNA複写を阻害すると言う事です。
    ウィスルは人体に入り細胞のDNAを自信のRNAにコピーしながら自己増殖をします
    最初この薬が発表された時、全てのウィルスに万能なのではないか?と驚愕の声が上がったのを覚えています。
    RNA複写を阻害(RNAポリメラーゼを阻害)すると言う事は、RNAを持つウィルス全ての増殖を抑えると言って他なりません。
    後、薬害の危険性についてですが、妊婦の使用が禁じられています。
    これは動物実験において奇形が生まれる等したことからですが、これは現在使用されている薬品でも同様の禁止事項は沢山ある事です。
    この薬を一般認可しなかった政府は最近顕著になってきた薬害訴訟を恐れての事でしょう。
    タミフルも中高生が行動障害に至り死亡と(本当は高熱による脳障害)ニュースになった事もありました。
    今回ファビピラブルがエボラで脚光を浴びているのですが、それよりも米国における抗インフルエンザ薬の認可が早まったと見るべきではないでしょうか?
    一過性(たぶん)のエボラ治療薬は大ニュースですが、FDAが真剣にこの薬の効用を知らしめた事の方が物凄く重要であります。
    インフル薬の認可、抗エボラの初認可等になれば日本人として誇れる大発見という事になります。
    私は、最初からこの薬は素晴らしい発見と思っていますので、皆様も今後の推移を見守って頂きたく思います。

    かしこ

  • 2014/08/07 19:05

    >>No. 9891

    IR担当が相当馬鹿じゃない限り上方修正は確実だと思われます。
    想定為替レートはかなり円高設定にしてるはずですし、ドル円、ユロ円から利益は相当出ているはずであります。
    上方修正と共に増配もあるかと見ておりますが少し欲張り過ぎですかね…
    とにかくそろそろ通期予想は上方修正を迫られると思っております

本文はここまでです このページの先頭へ