IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (692コメント)

  • 回転してまた追加。いよいよ大統領選挙ですね。来週にかけてどうなるでしょうか?

  • 市場がゴタゴタするときには、長い目でものを見るといいような気がします。

    ホルダーの皆さんには当たり前でしょうが、INVを長期で私が持つ理由。理屈っぽいのが嫌いな方は飛ばして下さい。

    かつて日本の経済を支えた輸出産業が競争力を失って衰退し、また国内需要も人口減及び少子高齢化により先細りとなる中で、引き続き力強い経済成長と人口増加が見込めるアジア経済圏の中に、魅力ある旅行先としての日本があります。

    これをどうビジネスとして活用するかは、国家としての今後を考える上で極めて戦略的重要性が高い訳です。

    実際に、2018年にインバウンド関連市場規模は既に自動車輸出、次ぐ第2の外貨獲得産業となっています。半導体・電子部品よりも、鉄鋼よりも既に経済貢献は大きくなっています。

    先細りする日本の国内需要に縛られることのない、また根本的に国際競争力を持つ産業というのはなかなか見当たらないなか、インバウンド関連は今後長期で国家として育成していくことになる、筋が良い業界だと考えます。

    だからこそ国も一生懸命にGoToキャンペーンなどでサポートしている訳です。

    添付は2002年と2020年の中国での中流階級の人口の伸びを比較したものです。2002年には中国全体で8000万人しかいなかった中流階級が、2020年には7億人になっていると推計されています。この18年間で、日本の人口丸ごと5個分の中流階級が増えたということ。

    コロナ後の成長度合いを見ても、中国の中流階級はまだまだ億人単位で増え続けます。インバウンドの再加速は必然だと考えます。早晩これまでのインバウンドが穏やかなものだったと思うレベルに到達することでしょう。

    それを楽しみに、本玉ガチホをしつつ、他銘柄も含めて回転させているのが私のスタンスです。

    あくまで私の考え方、やり方です。長文失礼しました。

  • 今日はINV以外でも泳がせてもらって結構いい稼ぎになりました。

    上下がある方が面白いっちゃ面白いけど、明日からはどうなるかな?

  • ほんの2週間のオリンピックのために沢山ホテル建ててた人がいたら、アホですね。

    根本的な中長期のホテル需要は、アジアを中心とした世界中での中流階級人口の増加と、その層の海外旅行需要が大きく伸びていくという構造的要因があります。

    アジアでは今後数億人単位で中流階級人口が増えますので、いやでもインバウンドは復活すると考えるのがまともな見方だと思います。特に日本はトップクラスの人気旅行先ですし。

    特に今回のコロナ禍のインパクトが少なかった中国をはじめとする東アジア諸国からのインバウンド需要は、1〜2年の時間軸で復活してくることと考えています。

    ま、あくまで私見です。判断はご自由にどうぞ。

  • 34000割れでしっかり追加できました。まだ下がる局面あればさらに追加予定。11月にかけて短期は回転チャンスですね。

  • なるほど。でも、最近ここの掲示板で眉間にシワ寄せてる人あんまり見ないですよね。

    うまい棒事件の5月や、コロナ集団ヒステリーで総悲観の7月あたりは違ったかもしれませんが、最近はなんだか牧歌的とも言える雰囲気です。

    あの頃はアホルダーとかギャンブル中毒とか呼ばれてました。まあ、そういうトンチンカンがいてくれたから安く仕込めたので、ありがとサンです。

    カモやんが来たら今は何をいうのかな?

  • fwxさんも、カモヤン好きだねー。いまどうしてるのかな?久しぶりに投稿見たいけど。

  • 今日は多くの銘柄が下げてますね。大統領選挙に対しての備えに、欧米でのコロナ感染状況ニュースによる心理悪化でしょうか。

    不動産としての中長期の根源的価値に変わりはないので、他の出遅れREIT銘柄も含めて投資家心理悪化は買いのチャンスですね。

    いつ頃本格的に買い増しするのが良いか観察中です。

  • 当面は4〜5万円を目処として、多少の上下ありながら動いていくと言いましたが、それにしても結構強いですね。

    モルガン・スタンレーがまだ5万口空売り持ってるみたいですが、どうするのでしょうか。大統領選挙の混乱に一縷の望みかけてるのかな?

  • オックスフォードのCEBMによるCOVID関連の分析が面白いです。最新の記事は、イングランドでの超過死亡分析です。

    結論としては、コロナによる死者数と報告されているもののうち、本当に超過死亡と言えるものは比較的少ないということ。

    イギリスで、病院でのコロナによる死亡とみなされている方は32275人ありますが、実際に超過死亡と言えるのはその4分の1に過ぎないとのこと。つまり、それ以外の4分の3は、統計的にはコロナがなかったとしても亡くなっていたということになります。

    これを見ても、コロナによる本当の死亡率はかなり低いと推定できます。

    逆に、コロナ以外の理由で自宅で亡くなるケースが増えてきているということです。

    コロナだけ取り上げてヒステリックに騒ぎ立てることで、本来病院に行くべき人々が治療を受けるのをためらったり、手遅れになったりしていたのではないでしょうか。

    いまだにマスコミの報道は感染者数ばかりですので、煽られずに冷静に事実を確認することが大切だと思います。

  • 2週間そこそこのイベントでここの価格に2〜3万のインパクトがあるとはとても考えられません。

    長期で7〜10万を目指す動きは、コロナ集団ヒステリーを乗り越えて、アジアの数億人にのぼる中流階級によるインバウンド復活を見据えてのものでしょう。

    当面は4〜5万の純資産〜NAVあたりを目指しての動きになると考えます。短期では上下を繰り返すので、ガチホ以外に回転も織り交ぜながらですね。

  • アメリカのGDPが第三四半期は戦後最高の成長だったようです。年率換算30%とか。

    面白いですね。

  • ゆっくりでも回復することが大切です。そのうちに加速しますので。

  • この人は今?

    7月末から8月初めにかけてのコロナ集団ヒステリーの中で、こんな意見に乗っかる売り煽りがたくさん湧いて出てきましたね。

    今から思うとずいぶん昔のようですが、ほんの2ヶ月ほど前のこと。この頃に仕込んだ人は既に爆益です。

    >さて、目標8000円に向けてスタートしていますがまだ割安とか言ってる人がいてすごく心配です。私は3万円台から売り始め皆さんにも売るよう言ってきました。ぜひ参考にしてください。
    >
    >まだ間に合います。即売るべきです。
    >
    > 目標8000円なんて衝撃的ですよね。9月か10月くらいにはそこまで落ちる可能性があります。
    >
    >気を付けて下さいね。
    >
    > それでは。

  • >>No. 840

    ずいぶんと薄っぺらい天井だったようです。

  • 中国での今月初めの国慶節の旅行熱は凄いものがありました。全土で5.5億人が移動したとか。

    彼らから見て、海外旅行先の行きたい国として常に日本はトップクラスです。

    出入国規制が解除されていくに従い、日本に大挙してやってくるのは自明でしょう。

    このアナリストは、中国での経済回復の強さと、人々の旅行熱の強さを掴み損ねているように思います。

    ま、あくまで私見です。短期の上下はあるでしょうからそこでも利益を上げられれば良いと思います。

  • マーケットていうのは面白いもんですね。

    REITのように現物不動産の裏付けがある資産でも、市場全体の揺れ動きの中でたたき売られたりして。

    そもそも証券市場の短期筋は、揺れ動きを短期で繰り返さないと儲からない宿命なので、ありとあらゆるニュースをこじつけて上げたり下げたりしてるのが、今回のコロナ禍や大統領選挙の煽りを見ているとよく分かります。

    ワクチンできそうと言っては上げ、治験がストップと言っては下げ。経済刺激策が滞ると言っては下げ、合意近そうだと言っては上げ。結局のところ大げさに言い立てるだけのマッチポンプでしょう。

    結局こういううねりの中で、煽りを喰らって損するのが個人投資家という構図なんでしょうね。

    改めて、売り煽りムードが強い時にこそ腹を決めて買うことの大切さを感じます。

    あくまで私見です。悪しからず。

  • なるほど。

    私は短期は言い切れませんが、長期では必ず5万越え、7万越えに行くと言い切ります!

    短期はお好きなようにどうぞ。

  • 今の流れだとバイデンになる確率6〜7割でしょうか。まあ、2016年も直前までヒラリーがかなりリードしていたので分かりませんが。

    ビジネス関連の友人たちはバイデンでもすぐに大きな変化には繋がらないのでは、という見方が優勢です。ただし、民主党になればやがては増税が来るのでその影響を考えておく必要があるという意見。

    短期的には、投票結果が一応出てもトランプが法的闘争などですぐに認めずにしばらく政治的混乱が続くことへの懸念はあります。

    私の個人的見方は、そういった混乱があれば買い増しチャンスにしても良いと思います。実際には、アジアの中でも日本の不動産への注目が高まっているようなので、アメリカの混乱にそこまで影響されるとも思えませんが。

    心配なら、うまい棒事件当時にせっかく安値でゲットした現物を処分するよりも、大統領選挙前後の期間は保険と思って一部をヘッジ売りして両建てで様子見してはどうでしょうか?

    上がればヘッジ売りの損切りをしても本玉で儲かりますし、下がれば若干の損失補填になりますので。

本文はここまでです このページの先頭へ