ここから本文です

投稿コメント一覧 (14492コメント)

  • >>No. 421

    ムフフッ

    BEENOSの投資先から デカコーンが多く誕生するかも

  • スラックは約170億ドルの価値があると推定

    ニューヨーク(CNNビジネス) UberとLyftは、公開されてから投資家を失望させました。しかし、間違いをしないでください:最初の公募の市場はまだ赤熱しています。

    暑すぎると思う人もいます。
    サイバーセキュリティ会社CrowdStrike (CRWD)は水曜日のデビューで70%以上急上昇した。そしてギグ経済フリーランサーのマーケットプレイスFiverrは木曜日の売り出し価格から約45%上昇した。
    それは植物ベースのタンパク質会社Beyond Meat (BYND)、ビデオ会議会社Zoom (ZM)、そしてオンラインファッション小売業者のRevolve Group (RVLV)の驚異的な成功に続きます。
    まだ来て、オンラインペット用品小売業者Chewyは金曜日に取引を始めるように設定されています。PetSmartからスピンオフした同社は、水曜日にIPOの価格帯を拡大した。新しい範囲の上限では、Chewyは84億ドルと評価され、いわゆるユニコーンになりやすくなっています。



    そして人気の仕事用メッセージングツールSlackは間もなく直接上場を通じて株式を売却するでしょう。Spotify (SPOT)が公開されたときに行ったのと同じような動きで、SlackはWall Streetの銀行家を雇って会社の新しい株を機関投資家に売るという伝統的なプロセスを回避できるようになる。スラックは約170億ドルの価値があると推定されています。

    翻訳少し変だけど

  • 2019/06/14 12:44

    上髭食ってしまえ

  • 2019/06/14 11:28

    2000円食った

  • 窓埋めてから 上髭全食い 来てね

  • 日足 カップウィズハンドル 作って行くかな

  • Slack's IPO shows how much we’re obsessed with work


    h
    ttps://finance.yahoo.com/news/slack-ipo-nyse-stewart-butterfield-210129044.html

  • SlackはIPOの準備を整えており、今年度は50%の収益成長を見込んでいる
    ヤフーファイナンスビデオ2019年6月12日



    Slackは6月20日に予定されているIPOに先んじて最新の財務情報を発表し、今年の収益は50%増加すると見込んでいる。Yahoo FinanceのZack Guzman氏とHeidi Chung氏が、元議会議員(R-NY)のNan Hayworth氏が討議のために加わった。

    翻訳

  • Droomは人工知能実験室をセットアップするためにRs 50クローを投資します
    グルガオンに本社を置くオンライン自動車市場では、AI、機械学習、ビッグデータなどの新しいテクノロジを活用して、市場ソリューションを改善し、顧客基盤を強化することを目指しています。更新日:2019年6月6日

    前回の資金調達ラウンドで207ルピーを調達してから8か月後、自動車のオンライン市場であるDroomは、人工知能(AI)の分野に進出しています。グルガオンに本社を置く同社は、AIラボの設立に向けて50ルピーを投資し、この新しいテクノロジと機械学習およびビッグデータを活用して、市場での提供内容を改善し、顧客基盤をより充実させる予定です。

    シリーズEラウンドの後の10月、Droomはオンライン自動車市場セグメントでの優位性をさらに強化する計画を発表しただけでなく、現在オンライン自動車取引の80%以上をリードしています。その幅広い製品ポートフォリオに対するAI機能の開発に重点的に取り組んでいます。

    同社は現在、その計画を実行しています。創設者で最高経営責任者(CEO)のSandeep Aggarwalは、新しいラボがより良い参照のために推奨されるエンジンシステムを改善すること、そしてとりわけ車がメンテナンスを必要とするときに顧客に警告することなどの分野に取り組むと日々語った。

    「私たちは、メーカーやモデルのような車に必要なすべての情報と、あなたがそれに得るか払うべきであろう可能性のある価格を与えるであろう我々の知的な画像処理システムの改良にも取り組んでいる」と彼は言った。

    同社はまた、インタラクションの大部分がチャットボットによって行われるカスタマーサポートや、中古車の推定値を提供するOrange Book Valueなどのツールの作成などの分野で、テクノロジを多用することも検討しています。

    同社は現在急成長を遂げており、GMVの年間年間12億ドルの成長と、前年比150%の成長率を記録しています。Lightbox、Beenext、Beenos、Digital Garage、豊田通商、日本に本拠を置く投資家のファミリーオフィスJoe Hirao、創業者、ZIGExN、統合資産管理の各投資家の間で、これまでに6回の資金調達ラウンドで1億2500万ドルを調達。

    現在735の都市に存在するDroomは、自動車販売店のネットワークを積極的に拡大しており、昨年は2.71 lakhを突破しました。また、トヨタグループのトレーディング部門である豊田通商との間で、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、シンガポール、タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオスの東南アジア9カ国に国際的に拡大する覚書も締結しています。

  • オウケイウェイヴ <3808> [名証C]について、松田元氏は6月10日受付で財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、松田元氏のOKウェイヴ株式保有比率は8.90%となり、新たに5%を超えたことが判明した。報告義務発生日は6月6日。

  • ケケケッ 焼かれるぞ

  • オウケイウェイヴ・松田元氏が語る「ブロックチェーンの未来」と仮想通貨の投資初心者に必要な3つの視点
    投稿日:2019年6月5日

    各仮想通貨の違いって分かりづらいかと思うのですが、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの主要通貨に投資するメリットや、今後の価格についてもご意見をうかがいたいです。

    ビットコイン(BTC)は現在の時価総額を考えても、仮想通貨の世界から無くなることはないので、安定的に伸びていくと思います。今から10倍~20倍になるのは考えづらいですが、ドルコスト平均法という毎月少しずつ買っていく方法であれば、基本は負けないだろうなと僕は解釈しています。

    あとイーサリアム(ETH)は一時期20万円を超えていましたが、それ以上の価格になる気はしています。そうするとここから50倍くらいになることはあり得るので、そこに期待はしています。

    ただ一方で、ICOのトークンはイーサリアム(ETH)ベースで作られているので、ICOの市況が悪くなるとイーサリアム(ETH)が売られてしまうデメリットがあります。もしイーサリアム(ETH)からスター的なアルトコインが生まれれば一気に価格が上がると思いますが、まだそれは誕生していないので、ICOによって価格に影響を受けてしまう点では心配ですね。

    またリップル(XRP)は、決済をあのスピードで、安くできる技術は極めて素晴らしいと思っています。僕が決済業者だったら使うと思います。ただ、発行上限の1000億XRPをもし銀行が買ったら、XRPの売り需要が強まるのと、価格が高騰してしまえば決済として使えなくなるので、これから1000円、2000円になるかといったら、そうはならないと思います。

    最後にビットコインキャッシュ(BCH)は、もしかしたら100倍~200倍まで上がるかもしれないと考えています。ただひとつ言えるのが、特定の人たちが大量のBCHを保有している疑念もあるので、「中央集権じゃないか」という指摘を受けてしまうリスクはありますね。



    ―ありがとうございます。最後に、米国のCoinZoom(コインズーム)社との提携が発表されましたが、今後の展望などについてもおうかがいしたいです。

    CoinZoomさんとは今年の2月くらいに、イスラエル系のファンドの方にご紹介をいただいて話をしました。CoinZoomさんはもともと金融商品のデリバリティブシステムで月間8兆円くらいをさばいていたプロ集団です。

    よくある仮想通貨の交換業者って、「こんなことやります」って言っておきながら、サイトでは“Coming soon”の表示が続くことが多いのですが、彼らの場合はシステム構築も、海外での仮想通貨交換業のライセンス取得もすでに完了していました。そのセンスに僕は脱帽して、「これはすごいな」と。

    また彼らの特徴は、100種類ほどのアルトコインと対応したデビットカードを作っていることです。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のデビットカードは多くあるのですが、アルトコインに関してはまだあまりないので、その点にも凄みを感じました。

    これから様々なアルトコインが上場してもCoinZoomだったら、それらをさばけるだけのシステム的許容もありますし、CoinZoomに通貨を上場させ、デビットカードで仮想通貨決済ができるようになったら、より魅力的な世界になると思っています。

  • 仮想通貨取引所マウントゴックス元社長のマルク・カルプレス氏は、日本のブロックチェーン関連企業「トリスタン・テクノロジーズ」のCTO(最高技術責任者)に就任すると発表した。新たな役割を引き受けることで、日本がブロックチェーン技術の世界的リーダーとなる手助けをしたいと表明した。毎日新聞が6月5日に報じた。

    久々に見たなw

本文はここまでです このページの先頭へ