ここから本文です

投稿コメント一覧 (159コメント)

  • >>No. 283

    配当を期待すると、翌日、それ以上に下がるのは仕方ないね。
    それより、ここは信用取引を始める人にとっては、良い銘柄だと思うな。
    1,400円台では「売り建て」して安心して見ていられるし、本当に「空売り」の練習にはもってこいの銘柄だね。

  • >>No. 55

    NY株がまた不安定になってきたので、ほぼ全銘柄そうなるような気がします。配当を取りにいくと、明日、ほんとにドスンと落とされそうな気が・・・。

  • >>No. 130

    今日はNYが下げ止まったけれど、配当を取りに行くと、また明日、配当以上に下げられるんじゃないかな。スケベ根性を出していくかどうかだが、なんか明日、ヤバそうな気がするが・・・。

  • >>No. 281

    今日、スケベ根性出して、配当を取りに行ったら、明日、ドスンドスンと配当以上に落とされるんだろうな。
    後場、引け間際まで様子を見て、今日プラスだったら見送って、明日ドスンときたら買おうかな。今日はヤバいかもね。

  • う~む、なかなか面白い話になってきたな~。
    確かにバカボンパパの言うことには一理あるし、そんな時代がいつかやってくるのは間違いないが、少なくとも、わしら生きている時じゃないことを祈るね。
    まあ、今の政権は、オリンピックまでは株価を維持しようとするだろうから、急落後は買っておいてもよいかもな。
    年金基金も運用しているのは、ド素人だし、年間10数兆円も損失を出して、誰も責任を取っていない。
    日銀もETF買いしたは良いが、持ち高を増やすことはできても、減らすことはできない、蟻地獄じゃな。(米国債を売れない財務省と同じじゃな)
    ヘッジファンド運用者の悲願は、日本国債を暴落させることだが、日銀、財務省が躍起になって食い止める。国民もたくさん持っているしな。
    でもいつかは、実行される。

  • 冷静に考えて、これから先、金融機関がすべて生き残ることは考えにくい状況である。特化した銀行を除いて、三菱UFJ,ここ、ミズホ、郵貯くらいしか残らないだろう。その中でもミズホが一番問題が大きい。それを悟った幹部が早いうちに処理を済ませておこうと考えたのだろう。ある意味、あの決算は積極的なものでマイナスになるものではないと考える。
    さて、ここはどうか? UFJと違って、ちょっとまだ先々を楽観的に考えているふしがある。はてさて、ミズホを見て、どんな策を練っていることやら・・・。

  • >>No. 77

    3月に入って、機関投資家の五月雨的な売りが出てきています。少し株価が戻ると銘柄に関係なく、すかさず利食い売りを出しているようです。機関投資家の本心は、12月末の株価だと肝を冷やしたのではないでしょうか。トランプ大統領が市場を意識した発言に代わり、NY株が戻し、日銀がETF買いを出して株価を支えたことで、何とか決算を乗り切れる水準に達しました。このあたりの上げで買った人は、すぐに利食い売りの標的にされてしまいます。

    3月は、一時的に大きく下げた銘柄を買うようにしましょう。戻りが大きいと完全復活したように見えてしまいますが、そこは機関投資家も利食いのタイミングを見ていますから。
    私の予測では、この機関の売りは、4月第一週までは続くと見ています。つまり、平成30年度の決算処理が終わるまでは、株価の本格的な回復はないと考えています。私自身は、優良銘柄で大きく下げた株を狙っております。ここも狙いたいのですが、ここのところの戻りが大きいので、2,300円台に入れば買いかなと思っております。 あくまで予測ですが・・・。

  • >>No. 933

    確かにそうでしたね。 まあ、銀行が悪の権化みたいに言われていた時代だからね。 自分たちのしでかした悪行を国民の税金と預金者の受け取るべき利子を使って復活したんだもんね。 住友信託のエライさんは怒ってたよな。タダより好条件で外資に献上したよね。

  • >>No. 130

    そうですね。 証券会社が強気の目標株価を出して、上がったためしがないです。
    私は、外資や日系大手証券が高い目標株価を出したときは、手を出さないようにしています。 まあ、証券会社はペテン師みたいなことばかりしていますな、昔から。

  • >>No. 15

    残念ながら「株」は人間の心理と全く逆の動きをします。まあ、よく考えてみれば、大多数の人が同じことを考えていれば、そうはなりませんよね。
    極端なことを言えば、大多数の人が「株」はもうダメだと思っているときに買いに向かわないと儲かりません。(もちろん恐怖心まMAXですが)
    多くの人が上がって浮かれているときこそ「売り」のチャンスなのです。
    で、これを実行できる人は極少数派です。ですので、大多数の人が損をして、ほんのわずかな人が大儲けをしています。
    証券会社は、自分たちがテーマを作って上げたいときは、前もって悪材料を提供して、個人に株を売らせます、その間、自分たちは仕込みに入ります。その後、あることないこと煽って株の総仕上げを行います。このとき個人が買わされるのです。
    私は、各証券会社が強気の目標株価を出したときは手を出さないことにしています。証券会社はその性格上、あまり弱気な目標株価は出しませんが、あえて出したなら、真剣に「買い」を考えることにしています。

  • >>No. 260

    ここは、昔から金にならない投資は積極的だがね。技術力がどうのこうの言っても、この売り上げ額に対して、収益力の低さが今の株価になっている。
    役員はじめほとんどすべてが官僚的な会社です。
    それに加えて、財務内容の不健全さが群を抜いている。私個人としては、NEC神話が復活してほしいと願っているが、今の幹部連中では無理なような気がする。
    株主の方々は反対するかもしれないが、一時的にせよゴーンのようなグイグイと引っ張っていけるような人間が来ない限りは、このまま長期低迷が続くのではないかと考える。

  • >>No. 4369

    できたら100円割ってからマネーゲームを見たいね。
    このあたりで止まると、リスクが大きいからね。
    できれば、数十円のところで、出来高が1億株とかになってくれんかな。

  • >>No. 26

    下げるかどうかは何とも言えませんが、これから、戻り高値を試すことになるでしょうね。高止まったところから、しばらくは下げとなるでしょうが、2,400円どころでは止まると思います。
    野村が目標株価を下げてきたので、少し強気で行けるかなという気もします。
    このあたりで、3,000円とか出して来たら、間違いなく「売り」でしょうが、かなり下を出しているので、強気で良いと思います。

  • 過去の同じ系統の株の動きからして、あと1回吹き上げがありそうだね。
    3,800円は無理かもしれないが、3,300円どころまでは行きそうだけど。
    この振幅が小さくなってくると、また下に行きそうな気がするが・・・。

  • う~ん、さすがに外資だね。
    「信用売」を積み上げずに株価を押し下げている。長期下げトレンドと見るや、1,460円どころで、かなりの規模売り建てておいて、あとは売り買いを繰り返しながらうまく株価を下げている、実に巧妙な手口だ。
    寄り付きは、売りを控えて、ちょうちん筋が付くと、じわじわ株価を下げる。
    この手法を何度見たことか・・・。
    これで日経平均が上がっても、ここだけはカヤの外ということがわかってしまいました。残念です。

  • >>No. 8

    それはないでしょう。100%断言できませんが、そこまでは下がらないと思いますよ。
    ここのところ、好決算や自社株買い決定企業の株価を見ていますが、むしろ株価に追い風の企業が売られて、減益発表の企業が買われたりしています。
    結局のところ、外資や国内の悪徳証券会社など大手機関の思惑で個人が振り回されている状況だと思います。
    この1~3月期は、やはり機関投資家の決算処理があるので、持ち合い株の解消やその他利益確定するために上がっている株を売るということも多々あるので、ちょっと予測不能な動きをするかもしれません。
    5706は、ずっと持っていればまたどこかで吹く可能性のある株だし、配当もあるので、無理に売る必要もないと思いますが・・・。

  • ご返答ありがとうございます。
    そうですね。外資は下げトレンドと見るや、まず大規模空売り、ある程度押し下げたところで、今度は売り買いを繰り返しながら少しずつ下へ持って行く、最初に売っている建て玉は、十分利益が乗っているので、そのまま置いておく。
    そして、真綿で首を絞められていく個人は、どこかで恐怖のあまり売り急ぐ。
    思いっきり押し下げられた株を一転ドテン買いで、利益を上げる。
    まあ、餌食になる銘柄を見つけると、こんなことばかりしていますな、外資は。
    さすがに、国内悪徳証券会社は、自国の市場を崩したくないので、露骨なことはしないが、最近は自社が生き残るためなら、やるところもあるようです。

  • 上に行くにはあまりに株が多すぎる。公募価格を割った時点で、「戻ったら売りたい組」が大多数になった。
    結局のところ、この「売りたい組」を振い落とすには、長い時間をかけて徐々に手放せさせる所謂「日柄整理」をするか株価を押し下げて、できるだけ恐怖感を味わせる方法をとって売らせるしかない。
    「売りたい組」がたくさん居る間は、株価が上がることはない。
    日経平均が30,000円を超えてくるようなことがあれば、比較感から戻るでしょうがね。
    まあ、そこのところを熟知するゴールドマン等の外資が仕掛けてきているように思いますね。
    これまでの経験からして、300~500円くらいまでは、やりそうな気がしますが・・・。 ここの空売り株数を注視しましょう。

  • >>No. 6

    何かここ、火曜日は「買い気配」から始まりそうな予感。
    予想外のことが起こるのが株の魅力。 
    期末一括配当があるなら、ひょっとして・・・。
    期待しましょう。

  • >>No. 695

    まあ今のところ決算次第だろうね。
    余程悪い内容でない限り、配当はこのままのはず。
    で、私も期待して、持ち株と入れ替えるか検討中だが・・・。

本文はここまでです このページの先頭へ