ここから本文です

投稿コメント一覧 (1142コメント)

  • ガストの持ち帰り、お手頃弁当、

    ハンバーグ&若鶏の唐揚げ弁当
    421 円(税抜390円)

    ハンバーグ&白身魚フライ弁当
    421 円(税抜390円)

    若鶏の唐揚げ弁当
    421 円(税抜390円)

    ひれかつ&若鶏の唐揚げ弁当
    421 円(税抜390円)

    チキンガーリック&春巻き弁当
    421 円(税抜390円)

    安過ぎ!
    できたら朝に買って職場へもって行きたいが、10時半からの販売なんだよね。
    テイクアウトは時間限定せずに売ってほしい。

  • 今でも8180は欠番ですね。8179はロイヤルHD。

  • 「優待が3倍」が騒がれるうちは、堅調に上げ続けていくんだろうな。
    「優待が手厚いようだ」と言われるようになって落ち着いてきて、
    「優待がいいってさ」と当たり前状態になって上下循環株になるんだろう。

    とこれからの長期の値動きの見通しをしてみる。

  • >>No. 87

    過去ニュースを調べてみました。

    すかいらーくは2006年7月11日、経営陣による自社買収(MBO)が成立したと発表した。 2006年9月に上場廃止。

    とありました。
    手元の2005年の夏季の四季報によると、コード番号は8180
    1978年の上場、上場来高値は、1983年に4970円、さらに2000年には4340円を付けたようです。上場来安値は、1992年に1150円、2003年にも1263円の安値を付けたようです。2005年の価格レンジは1864~1682円。
    2004年の売上は3834億円、営業利益は198億円、純利益は73億円あり、20円配当を出していた。
    当時の発行株式数は1億1800万株、1800円だと時価総額は2124億円だった計算になる。
    当時の優待内容は、100株以上 25%割引券 3枚。(同伴4名まで使用可)
    1000株以上 12,000円の優待食事券(500×24枚)
    6月、12月の2回。

    2006年の夏季の四季報によると、株価は2150円、時価総額は2537億円。
    2005年12月期の配当は24円。純利益は66億円。「小僧寿し本部を完全子会社化」なんて記事もあります。

  • 九州はいつまでも雨。
    客足落ちているだろうな。

  • >>No. 535

    会社の一番正式な報告書である有価証券報告書を読んだことがありますか?
    たいていのことはこちらに載っています。
    四季報のデータはその抜書きだったりします。
    目論見書はほとんど有価証券報告書から抜粋されています。
    全体を読むことでその投資法人の概略を知ることができます。
    今回は240ページ弱ありますが、薄いほうですよ。
    印刷して製本?ダブルクリップで留める?
    何時間もパソコン画面では目が疲れませんか?
    有価証券報告書にはないカラーページもあります。
    増資などの際はこれを冊子で無料で入手できます。
    一度手にとって読んでください。読みやすくて読み応えありますから。
    さらに他の投資法人と読み比べると違いや特徴なども把握できます。
    特にインフラ投資法人の場合、どうせ太陽光発電所なんてどこでも同じと思っているとオペレーターが違うとこうも違うのかというくらいに何もかも違いますから。

  • 15時に「ライオンパートナーズによるさくら総合リート投資法人の投資口追加取得に関するお知らせ -取得資金枠の増額-」がリリース。2億円→5億円に。しかし時価総額317億の5億円は1.57%に過ぎず少額であることに変わりは無い。自らとの合併への意欲というよりむしろみらいとの合併で高く買い取ってもらえると見込んでいるとも見える。

  • さくらは、20社以上に打診→複数社から提案→3社を最終候補→みらいに絞る→独占交渉

    3社がどこなのか気になる。。。

  • リリースが出た。

    さくら不動産投資顧問からの出資・役員の受け入れは行わない、

    合併報酬は、さくら不動産投資顧問へは支払われず、三井物産・イデラパートナーズには支払われる、
    実額を開示する予定、

    取得に至らなかった物件の調査費用等は、今後も資産運用会社の費用とする、
    (よっぽどこの件は投資家に不評を買ったと見える)

    と明記。
    さくら側のマネジメントは一掃されるが、よくここまで譲歩した。
    よほどスターを毛嫌いしているのだろうか?
    スターに乗っ取りされるくらいなら、みらいに売却して撤退だとなったものか。
    みらいは合併比率でさくら側に配慮があるのかも。

    さくらの主な物件に、商業施設がまったく紹介されていないのは笑う。
    やはり売却対象と思う。

    10月の決算が終わって、11月01日に合併予定。
    この際に増資と物件取得とかぶる可能性もあると思っている。

  • スターアジアから7/17 15:00に、2億円の投資口追加取得に関するお知らせが出ている。
    「ライオンパートナーズは、投資一任契約に基づく一任取引により総額 200百万円を上限として、さくら総合リートの投資口を東京証券取引所における市場買付けによって取得することを決定致しました。なお、日々の市場での投資口価格の形成に大きな影響を与えない範囲で、本日より買付けを開始しています。」
    アナウンス効果を狙ったものか。明日以降の値動きに注目。

  • 東証に通報した案件がありますが、東証や当社から何の反応もないようです。
    こちらに記載しようと思いますが、どうでしょうか?
    どちらかといえば悪材料と思われますので躊躇しています。
    皆さんのご意見を聞きたいと思います。
    読みたい方は「そう思う」、読みたくない方は「そう思わない」をお願いします。

  • いつも思うことなんだが、インフラファンドの増資があったら、証券会社の店頭へ行って目論見書を冊子で入手すべきだと思う。今回の主幹事はSMBC日興とみずほ。物件ごとに特徴があるわけで目論見書でしかわからない物件情報や賃料計算式もある。REITと同じく物件を押さえておくことは、投資に必須の作業だと思うし、PCでなく紙媒体でじっくり読め、読み応えがある。PDFで読むには少々疲れるページ数があるので。

  • 日韓の無謀な「貿易戦争」、痛手は不可避

    というロイター記事が配信されました。
    釜山の倉庫会社を買収し既存倉庫を拡充したが、「韓国は日本への報復を検討している。」とのことで不透明感が出てきましたね。

  • 今回取得する主な物件の建築時期は以下の通り。
    現在から21.47年前は1998年の始めごろ。
    今回はそれ以前の物件が多いので平均築年数は伸びそう。
    ホテルマイステイズ名古屋錦は築45年になる。


    ホテルマイステイズ名寄 2014年11月6日
    ホテルノルド小樽 1996年3月19日
    ホテルソニア小樽 1992年4月5日
    ホテルマイステイズ札幌アスペン 1995年12月8日
    ホテルマイステイズ札幌中島公園 1991年2月5日
    アートホテル旭川 1987年10月26日
    ホテルマイステイズ札幌すすきの 1981年5月29日

    ホテルマイステイズ富士山 展望温泉 2016年11月4日

    フレックステイイン桜木町 1991年11月22日

    アートホテル新潟駅前 1985年4月25日
    ホテルマイステイズ金沢キャッスル 1982年6月29日

    ホテルマイステイズ名古屋錦 1974年3月23日

    ホテルマイステイズ松山 2000年7月28日

    ホテルマイステイズ鹿児島天文館 1990年9月14日

    アートホテル石垣島 1984年1月20日

  • マルコム・エフ・マクリーン4世については執行役員の方に聞いたことがあります。
    マルコム・エフ・マクリーン1世って有名だったと思われるんですが、アメリカで何をされた方なんですか?って。
    その執行役員の方の答えは「知りません」
    でした。
    会社の方でさえ、知らないんですね。

    海外での○世ってどういうときに付けて名乗るのか、その慣習が分からないのでなんともいいようがないです。

  • リノベーションを行っているが、建築年が1980年代から1990年代初めのバブル最盛期の築古のものが多い。安く手放されたホテルも多いと思われ、FIGが購入、それをマイステイズなどのチェーン店化して、インバウンドが増えて息を吹き返したところを当投資法人に組み込み。
    ホテルたくさん買っているが、ホテルはオフィス以上に市況変動に踊らされる物。
    北海道名寄???今回の購入物件も地方が多いが、地方は海外からのインバウンド頼り。
    米中貿易戦争に加え、インバウンドの1/4を占める韓国との交流も冷え込む恐れが出てきている。

  • >>No. 22

    株主優待利用されている方おられますか。
    館内をつきっきりで案内されたり、アンケートをかかされたり、プライベートなことを聞かれたり色々面倒そうで怖くて諦めていますが。

  • ようやく全貌が見えてきたが、前のめりになって高い買い物をした印象。

  • 業績について弱気なコメントも記載。
    書き入れ時に消費税アップ、貿易戦争の影響、不透明と。
    あらかじめ予防線を張っている印象も。

  • 公募増資せず、自己株式と借入金で100億円強の買収をしたようなもの。

本文はここまでです このページの先頭へ