IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (186コメント)

  • 卐今こそナチス式経済政策が必要なのだろう

  • 卐ドイツにはナチスの経済手法を見習って欲しい。卐

    卐ヒトラーのような、財政出動、公共工事
    卐ナチス経済博士のような、国債大量発行、偉大なドイツ民の通貨マルクを刷ってデフレ対策
    卐ナチスドイツの華麗な旧国連脱退を見習って、EUとNATOからも威風堂々と脱退!

  • アビガンの原料は石油由来なら、すごい量産しやすい。
    植物由来なら、量産は無理かも

  • 100日後の死ぬかもしれないドイツ銀行

  • AFD(ドイツの為の選択肢)が与党になるかもしれない。
    EUが不景気になって恐慌になってもドイツはファシズムによって経済的強さをすぐ取り戻すだろう。
    AFDはヒトラーが行ったように国債を発行して公共事業拡大や工業や兵器産業の大幅な公共支出をするだろう。

    ドイツは今こそナチスの手法を見習って不景気に立ち向かっかえるはず。
    ドイツ銀行もAFDが与党になったら業績が回復するか救済されるのだろう。
    (ドイツ銀行を見捨てるメルケル氏が選挙に敗れ、AFDのような保守派ネオナチ党が力をつけるかもしれない。

  • ドイツ銀行は大丈夫

    ドイツ銀行のミスの尻拭いはドイツじゃなくてEUの責任。

    EUがドイツ銀行を救済しないならば、ドイツはイギリスの次にEUを抜ければいいだけ。
    EUがドイツ銀行の責任を取るか、それとも工業力のあるドイツなしで、貧しく産業の廃れたEUになるかだろう。

    イギリスはユニオンジャックを振ってEUを後にした。ドイツは鉄十時と鍵十時を振ってEUから出て行くだろう。

  • コロナウイルスは日本には問題ない。

    仮に死亡率2パーセントでも、60代以上の死亡率が高い。
    労働生産人口の死亡率はたかだか、0.1~1パーセントくらいだが、高齢者は3~18パーセント死ぬ

    もし、日本国民がコロナが流行しても死ぬのは老人であり、国家の生産力の主体である生産人口への影響は少ない。
    コロナウイルスが蔓延しながら工場を動かして、工業製品を輸出しても、死亡する高齢者を損失に入れれば、日本の輸出や工業力に生産力の問題にはならない。

    老人がコロナウイルスで死亡した医療コストや経済的影響より、社会福祉費用や生産人口比の改善の経済メリットの方が大きい。

    日本において、コロナウイルスは問題ではないのかも。

  • 中国で生産されるのは大反対だ。
    米中貿易戦争中になぜ、米国の貿易戦争に足を引っ張ることをするの?
    このまま、コロナウイルスが中国に蔓延したら、西側諸国や米国側の貿易戦争に勝利できたのに。
    日本政府は、米国側につき中国と貿易戦争をし、米国側のブロック経済圏に入るかどうか決めるべきだった。
    米国側を裏切ったと見なされかねない。大量に中国人の死による経済麻痺が、西側諸国に貿易戦争の勝利につながる。

  • アビガンはコロナウイルスに効果があるかどうかは分からない。
    実際、誰かコロナウイルスに感染した患者がニンゲンモルモットになってくれないと効果が不明なのでは。
    誰が最初に副作用を承知で人体実験やニンゲンモルモットに協力するかが問題だと思う。

  • アマゾンなどのIT企業は、現実空間に出てこれない。アマゾンが鉄道網を世界中に牽く技術がないからだった。

    都市ではメトロや鉄道網を牛耳る事が重要。
    都市圏の鉄道さえ手に入れれば、物流(鉄道輸送)、電力、電線網(情報)、不動産(駅周辺)、商業(駅ビル)、決算システム(スイカ)を独占できる。

    アマゾンは大手私鉄やJR東日本みたいな鉄道コングロマットと競争はすでにアマゾンの劣勢だろう。
    途上国の都市圏の鉄道会社のコングロマットに対してもアマゾンは勝てないだろう。

    情報通信業と都市鉄道ほど、相性がいい異種業界は無いだろう。
    だが、アマゾンは鉄道網や公共交通、不動産や沿線開発がかなり弱い。

  • Googleの広告ビジネスは衰退していくだろう。
    ブラウザーがchromeからfirefoxにして、広告を消すために拡張機能のadblock(広告を消すサイトブロッカー)とDuckduckgoの組み合わせはとても快適
    googleが広告に頼り切ったビジネスモデルの脆弱性によってGoogleは衰退してしまうだろう。

  • アマゾンはインフラにはなりきれない。
    街を作る努力をしないと不可能です。アマゾンが1から都市を作り上げる事は難しいだろう。
    なぜなら

    ①不動産・沿線開発能力がない。
    (東急電鉄などの企業は沿線開発が得意)
    ②アマゾンが自前の都市を作るための道路技術や電力プラントなどの都市やライフスタイルそのものを商品として扱う技術力がほぼ無い。
    ③アマゾンは公共交通ビジネスをしていない。物流よりも大切な人の流れである交通を牛耳る能力がない。特に公共交通のバスと鉄道網が弱いのが最大の弱点。
    JR東日本、JR西日本、東急電鉄などの鉄道系多角企業と戦いはきつい。
    ④強力な決済手段を持たない。
    (SUICAやICOCAなどの交通系ICカードは強力な決算手段。)
    ⑤実店舗の拡大能力があまりない。ショッピングモールを駅近に作るためには、自前で鉄道路線やバス運行を行わないといけないのでアマゾンには難しい。
    ⑥鉄道や船の物流はJRや日本郵船などと比べても不得意です。
    アマゾンは自前の物流、公共交通用の鉄道網の開発することば無さそうです。
    自前で物流用のアマゾン私有の港を作ることも無さそうです。

    日本の昔の東急電鉄、近鉄などの街づくりする能力と比べるとアマゾンの街やライフスタイルそのものを商品として売る能力はかなり不得意です。

  • 広告ブロック機能の普及でgoogleのビジネスモデルは破綻してしまうだろう。
    広告をブロックするADblock はすでにあるが、有償、無償のどちらでも広告を消し去ってしまうソフトウェアが普及してgoogleは破綻してしまうだろう。

  • 日本でとは一言も言っていないのです。

    鉄道ビジネスは囲い込みビジネスとしては最高の利益がでる。
    アマゾンが都市近郊の住宅街の沿線を開発した場合は、住居と物流、交通や金融決済手段さえ支配できる。
    鉄道輸送と不動産、交通系ICカード(など)の3つ支配してしまえば儲け続けられる。

    アマゾンのネットショッピングやサブスクリプションサービスなどの囲い込みビジネスの延長線上にある。

    人々はアマゾンの住宅地に住みアマゾンのバスと鉄道を使い、アマゾンのショッピングセンターや通販で日用品を買い子供とアマゾンの運営する映画館に連れて行く・・・沿線の住民はアマゾンに囲われて生きるだろう。

    アジアやインドなどの人口密度が高い都市に進出するには、鉄道と沿線開発の技術とノウハウが必要だと思う。
    なら、沿線開発に詳しい東急鉄道やJRの技術とノウハウが必要だということ。

  • アマゾンのビジネスモデルは、JR東日本や東急電鉄や西部電鉄、近鉄にも届かない。
    (JR、西部、東急、近鉄は鉄道以外にも物流、不動産、アミューズメント、スポーツ、ショッピングモールなど多角経営で大儲けしている。)
    アマゾンは宇宙ロケットより私鉄を買収するべきだった。私鉄と都市開発をすべきだった。

  • アマゾンはロケット打ち上げるよりも、昔の西部鉄道や東急電鉄の真似をして、アマゾンの町を一から作るべきだった。私鉄か発電所と道路とバス網を含めた都市システムを自分で作り上げるべきだった。

    アマゾンは郊外や都市部の一区画に、住宅や超高層マンションを作るべきだった。
    アマゾンが物流だけじゃなく、電力や鉄道やアマゾンの実店舗、アマゾンのショッピングモールを作るべきだった。

    西部鉄道や東急電鉄みたいに、まちを一から作り上げて住民を囲い込むべきだった。

  • >>No. 963

    googleは広告業ですが
    広告出しても、誰でもが広告に煽られて買い物をしまくる時代ではない。
    必要がない、宣伝で買い物したのはひと時代もふた時代も前の世代だった。
    「隣の家の車はあなたよりでかいです。」
    とかいう、無駄なモノを買わそうとすCMはもはや無意味な時代だろう。

    現代の賢い消費者は、無駄を好まず、必要のない物を求めず質素倹約に務める風潮だ。
    実際にコストパフォーマンスと実益に沿った経済的合理性があるモノしか売れないだろう。
    戦後世代のあとの現代の世代は、家電や自動車、コンピューターの使用経験がある。
    物が無かった時代とは宣伝の効果が違っている。
    宣伝してももう商品の一回は使ったことがあるので宣伝の効果が低い。
    しかも、多くの人が使う最低限の性能のハードルと価格は低い。
    CMは質素倹約やコストパフォーマンス、実用性を求める賢い消費者にはもはや無効なのです。

  • googleの広告業は効果が実は無いのかもしれない。
    googleの広告の効果は誰もわからない。
    テレビやネット広告で売上が上がるかどうかは不明だろう。
    代わり映えのしない商品を、あたかも新商品だと宣伝するのはナンセンスだ。
    石鹸はどんな宣伝を打っても、石鹸であり過去30年以上主な成分は変わっていない。
    化粧品なども、成分表示を見れば安物も高い製品も主要成分は同じだろう。
    コーラや炭酸飲料も、ただの炭酸砂糖水なので安物も高級品も違いはない。酒もアルコール希釈水なので大差がない。
    広告は大抵はナンセンスだ。

  • アマゾンの物流コストが高くなりまくると、水とか米とか、重くてかさばるのに売ったところで利益にならない物が出てくる。
    アマゾンは小口で利益額でにくい物を頼まれると、物流コストが掛かりすぎて利益がガンガン減っていく。

  • >>No. 204

    ムーアの法則が亡くなってしまった。
    もう、半導体が高性能になることは起こらなそうな気がします。
    半導体の回路のサイズが原子と同じサイズになって、性能向上がもうできなくなったから、人工知能の性能はもう上がらないのでは?

本文はここまでです このページの先頭へ