ここから本文です

投稿コメント一覧 (12コメント)

  • じわーっときてますね。
    600円切ったときに600円調度で買い足したのでありがたい。
    まあ近いうちに流石に700円台までは戻るでしょう。

  • 2019/09/13 18:39

    6月に1120円くらいで仕込んでいたのでありがたい限り。
    オリンピックまでは長い目で見れば上昇基調だと思うので、しばらくは放置かな。
    結構下げた局面もありましたが。

  • 流石に底をつきましたかな。
    再審も折り込み、相場の悪さでこういう株価だとは思うが、バイオプラスチック銘柄としてワンチャンを賭けてみる価値はあるかもしれんな。
    流石に高裁の判決前後で買わなくて正解だった。

  • 建機、アルミ事業はそれなりの技術力があるし、電力事業も利益が出るでしょう。
    しばらくは500円前半で乱高下すると思うので、焦らず安値で買い進めたいと思います。
    長い目で見ればこの辺は成長の余地がありそうですが、鉄と銅は…

    鉄は腐っても祖業なので残すでしょうが、銅事業は将来性なさ過ぎでは?
    リードフレームは住友が世界シェアトップ級で利益も結構出していたのに売っているし、もうダメでしょう。
    他の端子やエアコン用の銅管といった製品類も…いまさら住友、三菱、JXなどの非鉄各社でも要らんだろうし、事業価値は0に近そう。

  • 7月19日頃の判決前後で買ってた人は含み損抱えているのか。
    バイオプラスチック銘柄としてワンチャンはあると思うが、引き続き裁判問題があるので買うのはキツイな。
    今は相場が悪過ぎるから買い時ではあるが。

  • >>No. 373

    私もここ持ってるからあんまり言いたくないですけど、高炉1本トラブルで停止するだけで大幅減益、株価は上がらず配当無しという可能性は常にあります。
    (まあ高炉1本だけ、というか致命的なんですが…)
    他にも配当がいい企業はあるんで、ふつうに分散した方がいいですよ。

  • まあここすでに1回債務超過になってますから、70億円も払って本業が失速したら債務超過の危険はつきまとうと思いますよ。
    今のところ稼ぐ力も弱いですし、個人的には70億円も出せるビジョンが見えないと思いますし。

    350円台は火災と日経平均の下げが主要因と見てます。
    材料が出切り債務超過の見通しもなければ、400円割るくらいだったら入るかも知れません。
    結果は7月19日に出るはずなんで、焦って怪しい株を掴むことはないなというスタンスです。

    ここをうまいこと乗り切ったらV字回復が見えますから、静観してます。

  • 営業利益は300億円程度なので稼ぐ力は問題なし。買収から10年以上がたち、リストラも概ねできており、のれんの償却ももうすぐとなるとV字回復まであと少しのところです。
    これで時価総額600億円台はもうびっくりするほど割安ですが、上がるようなきっかけもないのでしばらくはダラダラとこんな感じでしょう…

    しかしこんなチャンスもないので、とりあえず730円で入りました。
    3年くらいのんびり待ちましょう。

  • 自己資本のうち現金も200億円程持っているので払えなくはないのはもちろん承知の上です。
    しかし化学メーカーは設備産業で、設備の維持更新だけでも、2割を下回って15%くらいになるのはかなり資金繰りが厳しいかと。

    せっかくのバイオプラスチックブームでも債務超過にヒヤヒヤしながらでは十分な投資も難しいと考えています。
    本当に70億円となるとやはり下げるリスクが高いと思うので、一旦は静観の構えです。
    6月上旬は貿易摩擦の影響かどこも下げて、いまはなんとなくG20前後のバイオプラスチック銘柄ブームでどこも上がっているので、訴訟のリスクを考えた値動きではないというのが私の考えです。

    バイオプラスチックも競争激化が予想されるのでなにかブチ上げて欲しいところですね。

    訴訟の結果が出て暴落するか、上がるか見てからでも入るのは遅くないとみています。
    上がるなら1000円をくらいまでは戻すでしょうから。

    私も掲示板を見ているくらいなので入る機会を伺ってはいます。

  • いくらバイオプラスチック銘柄とはいえ、流石に訴訟負けるしちょっと厳しいのでは?
    70億円を払えるビジョンがなさすぎる。
    訴訟を負ける事を見込んだ株価と信じたいのもわかりますが、そうではないと見ています。

    まず、当期利益が最大でも70億円程度の水準です。訴訟でこれが吹き飛びます。
    さらに自己資本は370億円、自己資本比率は19%なので70億円支払ったらいきなり債務超過の危機ですよ。

    ただ、訴訟負けても70億円がなんとかなった場合はV字回復といくでしょうね。
    しかしリスクが大きすぎるな。

  • もちろん中国の粗鋼生産量は伸び続けていますがだいぶ鈍化しました。2000年以降は恐ろしい勢いでしたので。
    鋼材の社会への蓄積も増え、今後は電炉などスクラップ由来の粗鋼生産量が増えていくと思いますので、粗鋼生産量は伸びるかと思います。

    しかし年率数割で増加する事は恐らくなく、質の競争が始まるだろうという予測です。(最近の下げは中国メーカーの合併による、質勝負への不安からだと思いますので。)
    それでもしばらくは技術で追いつかれないと思うので、これくらいが現状では底だったと思います。

  • 下げてほしいと言っている人、1500円切ったときに買えばよかったのに。それ以上はよっぽど経営が傾かないと下げないでしょ。
    何もわからない人が投機でお金遊びしているおかげで我々が儲かるのでありがたいですが。

    米中貿易戦争で中国製鉄鋼製品に対する規制が強まればJFEなどにはプラス材料。また中国も一昔前のようにバカみたいに粗鋼を作らず、質の勝負に出てくるものの、10年は技術で並ばれない。
    そのためしばらくは日鉄とJFEは手堅い経営が可能なため、株価も2000円くらいまでは戻すでしょうね。
    今後は二酸化炭素排出量や大気汚染物質の規制が強まるため、そうなるとCourse50など産学連携で高炉への水素吹き込み技術等を世界に先駆けて取り組んでいる点でもしばらくは盤石かと。

本文はここまでです このページの先頭へ