ここから本文です

投稿コメント一覧 (1904コメント)

  • 今日で終わりなのか、1月28日まで延長なのか把握していないのですが、
    僕的にはこの投稿をもって終わりといたします。

    多様な投稿者の方々による、多種多様・多岐にわたる投稿を楽しませていただきました。
    熱いコメント。皮肉の効いたコメント。知的なコメント。
    ユーモアあふれるコメント、人柄のにじみ出たコメント・・。

    野球観や贔屓にしてる選手はまちまちでも、主張や趣向がバラバラでも、
    多くの声に触れられること自体が僕にとってのペナトピの価値でした。

    mayさん、Ceccileさん、レッドスターさん、
    優作さん、ジョージさん、マッドさん、
    マークさん、やじねこさん、義男さん、
    puiさん、ouenさん、シロウトさん・・。

    とても書ききれませんが、本当に多くの方たちの投稿を楽しく読ませていただきました。
    たまたま上記に名前の挙げさせて頂いた方々だけが特別ということではなく、
    そして、たまたま名前を挙げそこなっているであろう特別な方たちも含め、
    本当に大勢の方たちから僕は”学び”や”気づき”を与えていただきました。
    心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

    それでは皆さん、良いお年をお迎えください。
    ごきげんよう。さようなら。

  • ouenさんのチームや選手に向けての、
    威勢のいいハッパ(ouen節?)も読めなくなりますね。
    たくさん楽しませていただきました。

    Ceccileさんにはかつてもお伝えしましたが、
    旧表示面の頃から大ファンでした。
    ときどき構っていただき、ありがとうございました。

    シロウトさんの人柄あふれる投稿は、
    僕にとってペナトピの代名詞的なものでした。
    「学び」や「気づき」をたくさん与えていただきました。

    それでは皆さん、ごきげんよう。
    そして良いお年をお迎えください。

  • ココも24時間を切りましたね〜。
    終了前に、あと一回だけ最後の投稿をしようと思ってます。

    多くの投稿者、あの人、この人…。
    個々に、たくさん伝えたい想いもありますが、
    ほぼ読まれる事もないでしょうから、それらについてはサラッとで、
    普通にお別れのコメントでも。

  • ココも残すところ、24時間ちょいとなりましたね。
    ちょうど1000投稿目のキリ番でシロウトさんに〆ていただけたらエエなぁ〜。
    なんて個人的には思いますが、そう上手く事が運ぶでしょうか…。

    明日はペナトピにも最後の投稿しようと思ってます。
    ぁあ〜、俺は今夜も気分良く酔っ払ってる♪
    御堂筋線、西田辺駅近く、裏路地にひっそりと佇む酒場より。

  • ゴメスがドミニカでの案内役を自ら買って出たらしい。

    マルテと正式契約するためにドミニカに渡った阪神の交渉担当者を空港まで迎えに行き再会、
    ゴメス自身が運転する車でマルテの滞在地まで移動・案内したそうな。

    報知の記事によると・・
    ーーー
    谷本球団本部長は「向こうには危険な地域もあるみたいで、運転手を買って出てくれました。本当にありがたい」と感謝した。
    渉外担当者の安全確保もさることながら、マルテの1年目の活躍に向けて心強い存在だからだ。
    ーーー
    ・・とのこと。

    ゴメスはその後、野球からは離れたらしいけどヒマしてんのかな?
    正式なスカウトに就任しないまでも、
    今後ともドミニカ選手との良きパイプ役になってくれたら嬉しいね。

  • メリークリスマス♪

    ワタクシ事ですが、本日(12月25日)を持ちまして、50歳の大台に乗りました。
    阪神の元選手でいうと、金本、矢野、下柳といったところと同い年であります。

  • >>No. 1674966

    例えがイマイチだったのは認めます(極端な例えと自覚してます)。
    現時点で梅野はイマイチであるとも思っています。
    一方で矢野のコメントも僕にはイマイチだったと。

    感じ方はそれぞれであり、僕はそう感じたと同時に、
    そのように感じる人が少なからずいたとしても不思議には思わないかな・・程度です。

    仰るとおり、梅野がどう感じるかが大切ですよね。
    梅野のコメントを読む限り、かなり矢野の真意をしっかり汲み取ってるようにも思えます。

    真意は監督が選手に伝えたらいいと思います。
    選手が真摯に受け止めたらいいと思います。
    ただ、受賞を受けてのメディア向けのコメントとしては「野暮だな・・」とは思いました。

    感じ方の問題ですね。
    これまた仰るとおり、僕がどう感じるかなど、本来的にはどーでもいいことですね。

  • >>No. 1674961

    矢野の真意はさておき、聞き手(読み手)次第では、
    非常に野暮ったい発言として受け取られても仕方ない側面はあったかな??
    ・・と個人的には思いました。

    本人も「自分の事を言うといやらしいけど・・」と前置きしてる。
    そのあたりからも、そういった側面にまったく無自覚ではなさそうですけどね。

    極端な例え話をすると、2014年に最多勝を獲ったメッセの13勝を指して、
    「もっとレベルの高いところで競って欲しい」と言い、
    「僕らの時代は別所さん、稲尾さん、金田さん、小山さん、権藤さんなんかがいて~」
    「30勝は当たり前。下手したら40勝。それに比べて今は~」
    とか言ってしまう指揮官がいたら??

    古い野球観から抜け出せない、年老いた解説者が昔を懐かしんで、
    「ワシらの頃は~」「今の野球はレベルが~」と”オラが話”をするぶんには、
    まだ可愛げあるんですけど、現役の監督が、それで現代野球を勝ち抜けるのか・・。
    少々不安に感じたのは、僕だけじゃないような気もするんですよね~。

    ”かつて”に対して、今の野球は何が違うのかについて、もっとも敏感であって欲しいです。

  • >>No. 1674858

    史上最強打線ですね~。

    ちなみに、球団創設以来70数名の助っ人打者が入団したそうですが、
    40本以上を放ったのは、ブリーデン、バース、ブラゼルの3人のみ。
    そこにマルテが加わるとなれば、一気に伝説の助っ人入りですね!

    国内選手で30本以上を記録したことがあるのは、
    藤村、別当、山内、田淵、掛布、岡田、真弓、金本の8人。
    そこに原口、中谷、大山が同時に加わるとなれば、もう笑いが止まりませんな!

    「どうせ来季も貧打だろう」と予防線はるのもファンならではの心理。
    一方で、大きな夢を思い描くのもファンの特権です。

  • 阪神には「91年会」というのがあるらしく、
    ’91年度生まれの同学年で定期的に集まって食事会を開くなどして、
    結束を固めているのだとか・・。

    メンバーは、秋山、岩貞、岩崎、梅野、原口、陽川の6人。
    (原口は’92年早生まれの同学年)

    来季はここに、’91年6月生まれのマルテもぜひ加えてあげて欲しい。

  • >>No. 1674739

    > いくら何でも編成の人は見てるんだろうな・・・!?

    さすがに、僕らレベルってことはないでしょう(笑
    凡打や失策も含め、色んなプレーをチェックしてるはずだと信じています。

    もちろん、どれほど細かな調査を怠らなかったとしても、
    それで確実に活躍するとは限りませんけどね~。

  • マルテ、いくつか動画見ただけの第一印象。

    プルヒッターだが身体が開かない。インコースも開かない。
    内側からバットが出てきて、インパクトの後は外へ外へと大きなフォロースルー。
    (相手捕手は要注意ですなw)
    パッと見、逃げる球は大丈夫なのでは?落ちる球に対しては不明。
    変化球に限らず、低め全般不明。

    ファースト守備。問題なさそう。
    マルテ>>>ゴメス>>>ロサリオといった印象。

    ま、こればかりは実際に来て、やってみなければ分かりませんな~。
    とりあえず、来る前から悲観するのはやめとこう。
    高望みこそしないけど、そこそこやってくれると期待!
    そんで、ファンやチームメイトに愛される選手になって欲しい。

  • 竹安は「致し方なし」といったところでしょうか・・。

    藤浪、小野、竹安、福永、尾仲の5人が同学年で、
    チーム内の投手陣では、数的に最も厚い年齢層。
    そこから身を切っての出血なので、
    考えようによってはチームのバランス的に「最小限の痛手に留まった」と言えなくもない??

    一方で、オリックスはいい選択をしたと思いました。
    ていうか、人的補償が竹安と知ったとき、「やっぱりな」と思いました。

    150kmに達するような剛球ではないにも関わらず、打者が差し込まれる真っ直ぐは魅力。
    肘の故障が癒えてない段階でのドラ3入団でしたが、
    その後に発生した肩の故障も含め、だいぶ良くなった模様。
    来季あたりから、いよいよブレイクするか??といったこのタイミング。

    チーム事情からして、オリックスに移籍したほうが明らかにチャンスは多いでしょうから、
    もしかしたら竹安にとっても、これはいい話だったのかもしれない・・と前向きに捉えてます。

    頑張れ竹安~!!
    願わくば、竹安ー岩本ー金田のミラクルな(?)投手リレーを一度見せて欲しい。

  • >>No. 1674568

    > もちろん、晩ごはんさんに同様な意図があっての投稿とは思いませんが、

    そうですね。
    高額年俸の選手を執拗に叩くといった投稿を繰り返す”書き手”に向けて、
    何かを発してやろうといった意図は無かったです。

    どちらかというと逆で、
    そのような類いの投稿を頻繁に目にしているであろう”読み手”のみなさんに向けて、
    「一方で、僕のようなタイプのファンもおります」と。

  • 契約更改、梅ちゃんが大トリとは意外だったが、
    2400万増の5000万で契約したそうで(推定)。

    個人的には「2000万増なら納得」と思っていたぶん、
    非常にいい評価してもらえたと感じた。

    僕は年俸に関するニュースを読むとき、
    支払う側の球団目線ではなく、受け取る側の選手目線で感じてしまうので、
    選手が誰であろうが、その金額がいくらであろうが、
    「払いすぎ」とかはあんまり思わない。
    高額なら高額なほど「評価してもらえて良かったね」と思ってしまう。

    その意味で、岩貞や大山については「もうちょい上げてくれよ」と不満を感じた。
    そのぶん、球団をギャフンと言わせるぐらいの活躍を期待してしまう・・。
    よし、来季は今まで以上に、岩貞と大山を応援しよう!

  • >>No. 1674399

    > 2019開幕スタメン奇想天外案

    では僕からも一案。
    1(遊)梅野
    2(中)片山
    3(投)糸井
    4(一)原口
    5(捕)ロサリオ
    6(三)坂本
    7(左)岡崎
    8(ニ)長坂
    9(右)小宮山

  • 7/30に歳内が育成から昇格し、支配下登録選手は69人に。

    オフに入り、退団したのが、
    マテオ、モレノ、ロサリオ、山本、小豆畑、西岡、今成、西田、緒方の9人。
    加えて、育成枠に降格したのが、横山、藤谷の2人。

    ドラフトを経ての新入団選手が6人(育成除く)。
    加えて、新外国人ジョンソンと、FA西を獲得。

    69-9-2+6+2=66人
    プロテクト漏れから人的補償でひとり失うとして65人。
    残るは5枠となるが、3枠ぐらいは空けておくだろうから、
    獲れるとしてもあと2人程度かな??

  • 糸井、来季が4年契約の3年目。
    現状維持(4億)でサイン。

    契約更改の順番みたいなのがあると、ぼんやり思ってきた。
    まずは2軍選手→1.5軍→1軍若手→中堅→大御所・・みたいな。

    ところが、能見と糸井が更改し、残るはなんと梅野のみ。
    これの意味するところは??

    A.チームが勝てなきゃそうそう上げないよ・・という選手たちへのメッセージで契約更改を締めくくる(来季への奮起を促す)
    B.頑張ればちゃんと上げるよ・・という選手たちへのメッセージ(同上)
    C.特に深い意味なし(たまたま)

  • 能見さん、1.1億で更改(1000万減)

    最低でも現状維持だと思ってたから意外。
    確かに開幕当初はコケたけど・・。
    やはり最下位ともなると査定も辛いですな。

  • おかえり~。来季の契約ようやく締結。

    ドリス「大変ハッピー。自分の家へ帰るような気分」

本文はここまでです このページの先頭へ