ここから本文です

投稿コメント一覧 (22コメント)

  • もう、済んだことだが、
    前期で
    ホテル開発プロジェクトを含む開発事業案件で「減損損失24.8億」を保守的に計上した。(配当40円の場合の、必要資金は、約14億円)

    が、どうも腑に落ちない。
    公示地価は、関西圏の大阪、京都の商業地では、40%の値上がり。
    その中に有って、「ホテル」は、開発の主要なターゲット。

    地価上昇傾向にある、全国の主要都市においても、
    ホテルは、開発の主要項目。

    このご時世で、
    ホテル開発で「損失」を出した等、これまで聞いたことがない。

    ・この件、ホテル開発で先行する盟友・日本エスコンの意見を聞いたのか?
    ・何でもかんでも、前社長の否定は駄目だろうが、、。

  • >>No. 526

    空売り機関による
    押さえつけじゃね

    東証全銘柄
    配当利回り、今期40円前提で、「7.55%」

    皆様は、
    どう思われますか??

  • >>No. 525

    > ただ一部の大口が無理な配当に難色を示し経営陣と交渉中🎵


    「風説の流布」そのものじゃね ww

  • 配当利回り上位一覧をみて、
    後場寄りから引けにかけて相当数を現物買い。

    本日の日経本決算欄では、
    確かに、2020/3月期 配当40円となっている。

    会社は、今期決算予想は、後日に改めて出すとのことだが、
    「火のないところに煙は出ない」

    鷲は、今期配当予想の40円を信じるぜ

    なお、
    終値での、東証全体配当利回りは、「7.47%」で、第3位です。
    記念配当銘柄を除けば、実質1位じゃないかな?

  • おい、昨日の株価は、何なんだ
    「Nomuraによる株価操作」に一票を入れるぜ

    東京建物/8804
    昨日1Q開示/前年同期比)
    売上 −5.1%
    営業益 −33%
    経常益 −37%
    純益  −36%(1株益 46円/70円)
    株価 1193円(+22円)

    エスコン
    昨日1Q開示/前年同期比)
    売上 +5.8%
    営業益 +18%
    経常益 +16%
    純益  +17%(1株益 29.4円/25円)
    株価 717円(−65円)

  • Nomuraの売り崩しのパターンじゃね
    売りコストは、確か、765円前後くらいかな?

    おかげで、俺の評価益もぶっ飛んでしまいましたわ
    しばしの様子を見て、

    下げている様なら、断固現物買い増しで対処の所存です。

  • ウーム、、、

    外資空売りが参入なんだな

  • >>No. 311

    決算延期のお知らせ(2/12)以降の大口の動向を
    暇すぎるので、確認してみた、、

    日付は報告義務発生日

    三井住友アセツト  3/15売却 309万株→256万株

    レオスキャピタル  3/29売却 234万株→182万株
    三井住友アセット  3/29売却 256万株→ 46万株


    レオスキャピタル  4/15売却 182万株→112万株

    ・三井住友は、3月権利を取って、すでに、トンズラかもな。

    この先、ビルドで一発稼ごうとしても、
    なかなか、難しいと思いますけど、どうでしょうかね?

  • >純益ベースでの影響額は17.3期が1.6億円、18.3期が4.8億円、19.3期上半期が>0.3億円などとされる。報告書の内容をもとに15日に第3四半期報告書を提出す>る計画。

    大騒ぎしたものの
    結果は、大勢に影響なしw

    所詮は、現役リーマンが同僚との情報交換でやってきた事、
    たいそうな額の不正など出来るわけもない。

    転勤業務引き継ぎ時にスグに発覚するわけだしなw

  • > 前にも投稿したけど、もう一度、僕の100%無いとは言えない妄想。
    > 単純計算すれば、エスコンが約2,800万株分増資をして、中部電力がそれを>全て引き受ければ、エスコンは中部電力の連結子会社になる訳だ。

    オリックスによる大京TOB方式ならバンザイだろうが
    2800万株増資で何がうれしいのか、訳がわからんw

    この妄想が具体化されれば(100%ないわな)、
    Nomuraはバンザイするだろうが
    ホルダーにとって
    1株利益の減少、配当額の大幅削減、株価暴落につながり
    何一つ良いことなどない筈なんだがw

  • > 筑波は厳しいのでは?
    > →ライフディベロッパーとして地域の活性化を目指す。
    スポーツクラブやフィットネスクラブ等の誘致実績やノウハウを持っている。

    筑波クレオ取得IRが出たな
    筑波市議会とマンション建設で折り合いがついたんじゃね

  • 【現実直視な】
    >でも琵琶湖と播但線姫路は売れてません。特に浜大津は11月8日売り出しまし>たが、まだ1戸も売れてないのです。

    ハワイファンドへの5億出資で騒ぐより

    浜大津マンションが心配じゃ
    掲示板情報によれば
    売り出して4か月経過するもまだ1件も売れていないらしいぜ

  • 「初月契約率」50%割れ…始まったバブル崩壊 価格高騰で不振
     マンション業界の秘密
    2/19(火)  

     不動産経済研究所が先月、「首都圏のマンション市場動向」を発表した。それによると、2018年12月における初月契約率は49・4%。50%を割るのは1991年8月以来だそうだ。あの平成大バブルの崩壊以来になる。

     初月契約率は、その月に初めて売り出した住戸がどれくらい売れたかという割合のことだ。  

     例えば、ある物件においてまったく初めての売り出しの時に、10戸程度しか購入申し込みが入らないと予測した場合、「第1期1次」の販売を「10戸」にしたとしよう。予測通り、その10戸に申し込みが入ると「第1期1次登録申込 即日完売」と人気物件らしく装うことができる。

     その物件の総戸数が300戸だった場合、最初の売り出しで10戸しか契約できなければ、販売は完全に不調とみなせる。だが、表向きは「即日完売」。さらに第1期2次を「8戸」に設定して、そこにも全戸の申し込みが入れば「第1期1次・2次連続即日完売」と打ち出せる。

     新築マンションの場合、建物が竣工した後も販売が続いていると「完成在庫」と称し、販売は不振とみなされる。
     
     だから、不動産経済研究所が毎月発表する初月契約率は、常に7割以上になってあたり前。それが5割を切るというのはかなりの異常事態となる。

     首都圏で新築マンションの価格が高騰し始めたのは2013年から。最初は建築費の高騰が大きな要因だった。やがて土地の価格も上がり始めた。そこへ史上最低金利を導いた異次元金融緩和が加わる。

     15年は外国人の爆買いや富裕層の相続税対策によるタワーマンション購入が重なって、一気に局地バブルが膨らんだ。

     市場は崩れることなく18年いっぱいまでは高止まりの状態だった。
     
     当然ながら、売れない物件は売れない。完成在庫は日々膨らんでいる。それが1つの指標である初月契約率の低下になって表れたというわけである。

     マンションデベロッパーは高くなった土地でも買わざるを得ないから買ってきた。しかし、そろそろ限界を超えていることを自覚し始めたのではなかろうか。いよいよマンション不況の到来だ。

  • > 昨年、中部電力が1,150円で2,300万株買っている訳で、今現在、約390円のかい離がある。
    > そのため、総会前に一応程度株価を戻しておかないと日本エスコンとしてのメンツが立たない。また、その類の厳しい質問があるかも。

    Ⅱ.当社株式の売出し(H30 8/28)
    1.売出要綱
    (1) 売出株式数 当社普通株式22,980,000 株(予定)
    (2) 売出価格 1株当たり1,150 円
    (売出価格については、当事者間において協議のうえ、決定しております。)

    【現実直視】
    エスコンは、売り出し価格については、一切、タッチしていないのだ。
    あくまでも、1150円は、王グループと中部電力、両当事者間での合意事項。

    Nomuraが、空売り追加じゃね

  • 現実直視

    6連続陰線の要因としては

    投資用ワンルームマンションへの不安
    増配と言えども、配当性向の低さ(1株益289円/配当40円)
    ほぼ売上に匹敵する、有利子負債の多さ

  • つくば市は、
    マンション建設に規制の導入を検討中らしいぜw

    市はつくば駅周辺の中心市街地にマンション建設が相次ぐことに懸念を示し、規制の導入なども検討している。

    つくばの商業施設「クレオ」、日本エスコンが取得へ
    日本経済新聞 電子版

    第三セクター、筑波都市整備(茨城県つくば市)が売却の方針を示しているつくばエクスプレス(TX)つくば駅前(同市)にある全館閉館中の商業施設「クレオ」について、不動産開発の日本エスコンが取得する方向で調整に入った。東京都心部や成田空港に近いことからスタートアップのオフィスなどとして活用し、一部は環境配慮型のマンションに建て替えたい考えだ。今春の合意を目指して交渉している。

    日本エスコンはクレオの取得に向け、筑波都市整備をはじめ、つくば市、関連する企業などと協議している。取得金額は数十億円規模となるとみられる。

    クレオは2017年2月まで西武筑波店が入っていた「旧西武棟」があり、日本エスコンは同棟は継続利用し、同市に多いスタートアップのオフィスやスーパーなどを入居させる方向で検討している。スポーツ・医療、サイクリング、子育て支援などに関連する施設にも関心を示している。

    日本エスコンは18年12月、クレオに隣接する商業施設「キュート」と「モグ」を筑波都市整備から取得している。これらは、より消費者のニーズに応じた店舗構成にしながら引き続き商業施設として運営していく方針。

    クレオを巡っては、18年9月につくば市の五十嵐立青市長がまちづくり会社を設立し、サイバーダインなどと取得する方針を表明した。だが、11月には市議会の理解が得られないと判断し、断念した。

  • ●鼻息荒いが、現実直視じゃねぇーの

    ●「下期純益」をみてみろよ。
    たったの「5億」ですよ。
    特に会社予想4Q単独は、売上189億 純益ゼロ。

    上期 売上1213億   純益 174億 
    下期 売上 365億    純益   5億
     (会社予想4Q単独 売上189億 純益 0)

  • >>No. 507

    > 下期の伸びがほとんどないが・・

    ※上方・増配は、結構な話ですが、、
     数字が極端なんだよな?

    上期 売上1213億   純益 174億 
    下期 売上 365億   純益 5億
      (会社予想4Q単独 売上189億 純益 0)

    ※土地高騰、建設資材・人件費高騰 なんか、先行き厳しそうやな。

  • > 考えてみると、120円配当なんて言ってないんだよね。
    > 勝手にそう思っているだけど。
    > 正しくは、「配当性向を50%にする」ということ。
    > 予想EPS240を前提にし話がひとり歩きしただけ。

    強く同意します。
    3Qの開示進捗を見て、
    市場の誰一人として、会社予想の「純益95億 配当120円」の達成を信じる者はおらず、期末純益95億の下方修正は当然にあるだろうとの判断。
    で、有るからこその、「急落大陰線」なんじゃね。

    1/4半期単独純益の推移
    1Q 23.7億 2Q 21.7億 3Q 17.3億 「4Q会社予想32.3億/前年同期21億」

    僕の推測では、
    4Q単独純益は、せいぜい前年同期の21億程度であろう。
    と、すれば
    今期純益は、95億➡83.7億へ減額となり、
    配当は、120円➡105円となるのだが、、

    アメリカ工場のM&Aも、先行きの不透明感を増したよな。

  • 月曜日が怖くなってきた

    3Q累計純益、前期比マイナス14.3%じゃん

    買いは失敗だったか
    これでは、
    期末配当60円を貰っても、割に合いません、残念です。

    今日のザラ場の動きは
    このクソ決算が漏れていたのかもじゃね

本文はここまでです このページの先頭へ