ここから本文です

投稿コメント一覧 (8708コメント)

  • >>No. 1726

    この子と我が子に置き換えて考えて見ること

  • 補正予算のばらまきが決まったということは、これは選挙が近いという見方はさらに高まった様子
    さすがに年度内は解散は無いかも知れないが、近いうち解散と予想する声が増えてきているようだ

  • 投稿規制の原因がわからず、困る

  • 政治家を批判すると、政治家になって世の中を変えれば良いという人が居るようだが
    そのような論点ずらしこそが、彼らの特徴
    某総理大臣と相似している

  • 101歳大往生の大勲位であらせられる某N曽根氏は、素晴らしいことに国民に夢を与えるのが政治家の仕事と述べたそうだが
    実際、彼の改革路線に乗った結果、日本は失われた30年に突入し、若者が将来に夢があるか、と言う質問に1割程度しかイエスと答えない国になった
    見事に、先進国でダントツの最下位だというのだが
    某N曽根氏に、これについて聞いて見たかった

  • 賢い大人たちが集う掲示板ですから、見事に皮肉めいた嫌味がスルーされてきております、これまでも
    正直者が直球で批判めいたことを言うと、AIが少しでも不愉快な表現として規制するようですね

    ほら、スルーでしょ

  • 少しでも不快な投稿は出来ないというが、AIは皮肉を理解できないようだ
    ヤフーは、皮肉を推奨しているのかと勘繰る

  • 某総理大臣名と某政党名がNGワードになっているという噂の掲示板はここですか

  • 人々が夢を持たなくなった
    皆、老後の足りなくなる2000万円の心配をしている
    現実ばかり見るようになった
    虚構の改革を続けて来た結果、嘘と現実の見境が無くなったかのようだ
    101歳大勲位大往生某N曽根にはきっちり歴史の法廷に立ってもらうことになる

  • 「国や社会を変えられる」と思う若者は5人に1人
    12/3(火) 9:56配信テレ朝 news
    All Nippon NewsNetwork(ANN)
     「自分で国や社会を変えられる」と思う日本の若者は5人に1人しかおらず、国や社会に対する意識の低さが浮き彫りになりました。

     日本財団が日本やアメリカ、イギリス、中国、韓国やインドなど9カ国の17歳から19歳、それぞれ1000人を対象にした調査によりますと、「自分で国や社会を変えられる」と考える日本の若者は18.3%で、残り8カ国で最も低い韓国の半数以下となっています。また、「将来の夢を持っている」「国に解決したい社会課題がある」という質問への回答も他国と比べて30%近く低い数字でした。さらに、「自分の国の将来についてどう思うか」という質問に「良くなる」と答えた日本の若者は9.6%で、9カ国中最低となり、トップの中国の10分の1にとどまりました。
    最終更新:12/3(火) 9:56

  • 消費税ゼロにして、その代わり年金ゼロにして、老後は親戚や親しい人に面倒見てもらうという社会にするとか
    これなら、理解できる
    ちゃんと親の面倒を子供が見切る、子供がいないなら、兄弟が見る、無縁な人なら地域やコミュニティの人が面倒を見る、そういう縁を重視した社会保障にしていく
    それであれば、まだ理解できる
    消費税ゼロにして金持ちから奪い取り、貧乏人が赤の他人のふんどしで人生を生きるような社会になれば、イノベーションどころか、社会の維持すらままならないだろう

  • 大体、ただ漫然と昨日と同じ仕事をしている人が多すぎる
    それでイノベーションなど起こらないから
    経済成長もしません
    はっきりしているのは、そういう漫然と生きている大衆が、老後に困った、不安だからという理由で金持ちから奪い取るようになれば、それはイノベーション阻害要因にしかならないし、経済のブレーキにしかならない

  • 自分の老後は自分でしっかり面倒見るという当たり前の原点です
    社会保障など無かった時代では当然
    それが現代人には出来ないというのはおかしな理屈
    しっかり、帳尻は合わせてもらいます

  • それはそれ、これはこれ
    逃げの論法であり、それを何十年も続けて来た
    その結果、社会保障による莫大な赤字の垂れ流しであり、国家債務1100兆円である
    1100腸炎であり、下痢寸前

  • 消費税は、今後は上げるしかない
    自分たちの社会保障を自分たちでしっかりする、という意識が必要だ
    金持ちから取れ、というのは無責任
    自分の責任を他人に擦り付ける行為だ
    長く行きたいなら健康に配慮して長く働けるようにすべきだし、国家にぶら下がる意識で居てもらっては困る
    消費税は全く足りておらず、社会保障費の伸びのほうがはるかに大きい
    弱者に負担が重いと言うが、そもそも弱者が負担が重いのは弱者だからであって、強者になれば負担が軽くなるというだけのこと
    弱者であることを誰かの責任にすることは出来ない
    経済成長させるためには、金持ちがイノベーションを起こすための投資をしていく必要があることは前から提言して来た
    国内のイノベーション投資を活性化させるための税制が重要であり、間違っても貧乏人の社会保障のために金持ちから奪い取るようなことがあってはならない

  • 大衆迎合と言えば某Y本太郎が消費税ゼロを掲げているようだが
    本当にこれを支持している連中は無責任
    金持ちから取れとか言うが、消費税をゼロにしても、君らが望むような形にはならない
    本当に取りたいところから取れない
    どう頑張っても、グローバルマネーからは徴税出来ないことがすでにわかっている
    なぜなら、税制改正を議論し始めたら、そういう金持ちは海外に資金を逃がすからである

  • 日本は失業率が低すぎる
    殆ど完全雇用で、望めば誰でも働けるということ
    これはおかしなことで、本当は失業率目標というのがあってしかるべきなのだが、それを言うと政治家は落選するから、絶対に言えない
    そういうタブー的なことをしっかりこれからやって行かないと、大衆に媚びた政治ではいけない
    某101歳で大往生した大勲位から始まった大衆迎合から脱却したい

  • 高橋洋一は消費税反対論者で、消費税反対の大衆から担がれやすく
    さらに、排外主義的言動がファシストどもに受けている
    本人はたぶん中立的な人間なのだが、頭が無駄に良いため、どう振る舞えば大衆から支持されやすいかとか計算して振る舞える人間である
    そういう意味で確かにとても賢い人であるが、利用されている大衆も実は彼を利用しているという関係があり、一番間抜けなのはそうした構造を見抜けないお人良し
    まあ、そうした人はここには居ないはずだが

  • 高橋洋一が野球選手とか言っているが
    彼は経済学者として認められてないでしょう
    どこの誰が彼を尊敬しているのです
    大衆に担がれているだけですが

  • ファシスト高橋洋一が、ファシストと呼ばれたことにオコ
    石垣議員に噛みついているようだが
    名誉棄損とか言っているが、ファシストと呼ばれたら名誉棄損になるのかと
    法律も良くわかってない様子

本文はここまでです このページの先頭へ