IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (10308コメント)

  • >>No. 649

    momoさん、どうもお疲れ様です。

    いえいえ、上手く回してはいないんですよ。
    コロナ初期で大きく下がった頃に青山財産の企業姿勢と将来性を妄信していたので、どん底でも平気で買いまくって平均取得単価を落としただけで。

    oots1230さんの仰る通りで指数組み入れで機関が買い参戦してきている可能性はありますね。

    一方でコロナは相変わらずマスコミがギャーギャー騒いでやれ何人増えたと声高に叫んでいます。
    コロナは日本人のような東アジア系で、若い人には大したウイルスではないんですけど、お年寄りや年配の方は呼吸器系の重症化のリスクがあるので、どうしても現状を考えると資産家の大勢は年配の方であることから青山財産にやや不利な状況かなと思っています。(習近平マジでふざけるな!です。)
    来期は減配しないって言ってくれるといいんですけどね。

    あの3QのダメダメIRの書きっぷりで妄信ができない状態でどうしたらいいのか悩んでいる最中です。
    2代、3代と財産コンサルをやる会社なので誠実であってほしいと願ってしまうんですよね、こっちはそれなりに自分の資産を預けるんだから。
    って、私は個人投資家として甘ちゃんです。(^^;)

    但し、絶対に需要だけはあるので、3年以内に大きく戻すと思います。
    !(^^)!

  • >>No. 647

    momoさん、こんにちは。
    ホントに青山財産ってよく値動き分かりませんね。
    変則的な動きをします。(^_^;)

    来週MSQなので、ここで少し買い戻そうかなと思っています。

  • >>No. 622

    姫さん、こんばんは。どうも、お疲れ様です。

    師匠は全株売却したと思います。


    私は一度決めたら5年とか10年というスパンで保有するタイプなんですが、3QのIRは株主への誠実さが欠ける説明内容だったので、付かず離れずのスタンスになってしまいました。

    配当金の件は姫がおっしゃる通り、一度減配になれば現物HOLD株主が剥がれていくと思います。
    ここがホントに肝です。

    別にコロナで業績が落ち込むことは問題ではないんです。その説明の仕方が雑であり、何故3Qで急に?となってしまう訳です。
    まだ組織体制が若く企業として発展途上なんでしょうね。

    あとここは1年間ずーっと見てきましたが、ボラが激しいです。
    地盤が柔らかいという感覚がどうしても拭えません。

    現在GPIFも売りに転じていますし、外国人投資家が買いにやってきているようですから、休むも相場を視野に入れます。

    但し、財産コンサルの需要はあるので、そことのバランスですね。

  • >>No. 619

    oots1230さん、こんばんは。

    ホントにコロナ次第だと思っています。
    世論調査の結果によると米国民はワクチンができても即座に打つ人はそれほど多くないようです。
    やはり副作用情報がしっかり出てきた後でないと(一定人数が試した後でないとババは引きたくないということでしょう)安易に打つのは危険と思っている人が多いようです。

    臨床試験を数か月で終わらせて医薬品として承認するというのは、ホントに緊急事態のときでありサリドマイドじゃないですが、危険性はある程度孕んでいると思われるのは仕方ないです。
    ただ、Mderna社やPfizer社のmRNAタイプのワクチンは生のコロナウイルス(弱毒化したウイルスそのモノやコロナから採取した抗原タンパク質)を打つ訳ではなく、ウイルスから取り出した遺伝子の一部RNAを投与する形なので、そこまでの危険性はないと思いますけどね。(専門的な話ですいません。)

    日本M&AセンターとCAPが資本提携したときに購入した株価は確か1458円だと記憶しています。
    私はこのあたりまで落ちてきたら資金を再度ぶっ込もうかと思っています。配当金が来期も現在の水準が維持されるなら、別に現在の株価で買ってもいいんですけどね。

    TOBだけはホントに夢がなくなるし、つまらないので、やめてほしいですね。
    (^^;)

    こんな状況下ですが、個人投資家は負けないように動かないといけないと常に心して行動しています。

  • >>No. 615

    姫さん、こんにちは。

    今回の3Qの下方修正と1Q~2Qまでのコロナ影響無しの順調な書きっぷり決算短信から、少し距離を置いて見るようにしようと思い、もちろんHOLDもしていますが、CP高めにしています。

    うちの株師匠は下方修正の出し方でブチ切れて、機会的損失だったと速攻叩き売ってました。

    私は引き続き青山財産を追っていこうと思っていますが、師匠から言われた言葉で、確かに思ったのは「従業員を大量に雇用してしまったから固定費が重くのしかかるため、コロナが終息せず今までのような営業活動ができないなら、さらに下方修正出すぞ。」って脅されました。

    2020年3Q売上高は2019年3Qのそれよりも多いのに、原価率が上がり利益率が下がっているのが顕著に表れています。人件費とシステム導入費用が響いているのかなと推察します。
    コロナが下火になるとまた利益率も戻ってくると思うのですが、慎重に見ていこうと思っています。需要はあると信じているので。

    また、バイデンの不正選挙の可能性がなんか、怪しくなってきており、あれだけトランプと仲が悪かったNY州知事がマスコミのトランプへの敬意が無いことを急に発言してトランプ寄りなところを見せたり、ペンシルベニア州はバイデン勝利を不受理にして選挙人による選挙に移行するそうです。
    シドニー・パウエル弁護士がバイデンを国家反逆罪で逮捕する可能性を示唆するような形で米軍と連携しながら訴訟を起こしたようですし。

    もしも大統領選がひっくり返った場合は株式市場にどんな影響があるか分かりませんが、日経もそれなりに短期間で高値を追い過ぎてるきらいがあるので気を付けようと思っています。

  • >>No. 377

    cooちゃんもお元気そうで!

    主流の公共無線通信になるためには、一企業が狭い範囲で採用したとか、そんなんじゃ駄目なんですよ。
    最低でも1000万通信規模で普及しないと。
    東電だけで確か2400万世帯あっと記憶しています。
    東京ガスは1300万世帯だったかな。
    🤓

    あと15年勝負なんですよね。
    Wi-Fiがこんだけ普及したのも15年がかりなんですよね。
    Wi-SUNが開発されたのは2012年です。
    そのときからISBはNICTに依頼され初期開発から携わっています。
    楽しみにしていていいんじゃないですか。

    と、長い能書きを垂れました。

  • >>No. 362

    凍死家さん、お久しぶりです!

    Wi-SUNは総務省の出先機関NICT(現在の京都大原田教授)が開発したLow Power Wide Areaであり、半官半民と言ってもいい東電や東京ガスのようなインフラのスマートメーターの無線通信として広く入り込んでいます。

    東電が選んだ時点で他の地方の電力会社もすべてWi-SUNを選択していたはずです。全国8000万宅に2024年までにすべて配設される予定だったかと。

    一方で、Sigfoxはフランス、ローラは米国発の通信技術のため、安価ではありますが、国益に直結するインフラ無線通信にはなかなか選定するのは難しいと思いますよ。

  • >>No. 610

    姫こんちは!

    ちなみに青山財産のカブタンのニュースや開示にも掲載されていないですね。
    カブタンはいち早くIRの内容が載るのに。

    東証の指数に選定されたことはIRしないし、何だかちょっとおかしな対応が青山財産の広報担当の中で起きてる印象を受けますね。

    まあ国土交通省の選定があったからと言って即座に業績に多大な影響がある訳じゃないですし(小松や敦賀の地方再生案件で業績が大きく上振れしてないですし)、ゆっくり観ていきます。

    ただ、国土交通省にコネが確実にできているのは、一緒にセミナー開催したりしてるし、プラスでしょう。
    青山財産がやってることは資産家の節税対策などに関係するので、どちらかと言うとお上に睨まれる業種ですから。

  • モデルケースとして、以下の地方での権利を国土交通省から獲得したようです。


    山陽小野田市⇔(株)青山財産ネットワークス

  • なんだ、ポジティブIR出てるじゃないですか!
    国策として一歩一歩土台を固めていって欲しいです。


    国土交通省発表「不動産証券化手法により公的不動産の利活用を検討する地方公共団体・事業者」選定に関するお知らせ

    2020年11月25日に国土交通省が発表した「不動産証券化手法により公的不動産の利活用を検討する地方公共団体・事業者」に当社が選定されました。

  • >>No. 589

    確かにIRで発表してくれてもいいですよね。

    会社にしてみたら、プラスな出来事なのに。

  • JPX日経中小型株指数に指定された事に伴うファンドの買いは有り得るかもしれませんね。

  • >>No. 577

    oots1230さんの意見に完全に同意です。
    来週月曜日には売られると思います。

  • 決算悪くともずっと監視していきますよ。

    資産家の財産承継や中小企業の事業承継の需要はがあるんだから。

  • 1000株所有していれば、ちょっとした株主優待はもらえますよ。

  • これは朗報のようなやや悲報のような…。
    税制優遇をもらえるけど、海外の資産運用業者も日本市場に参入してくるって訳ですか。



    政府・与党が、日本の金融資本市場の競争力を高めるため、一定条件を満たした資産運用業者の報酬について所得税を軽減する方向で検討していることが24日、分かった。

     ファンドの運用成果を反映した報酬を金融所得と見なし、その分について以前より低い20%を課税する。海外の資産運用会社や高度金融人材の国内市場参入を促す狙い。12月にまとめる2021年度税制改正大綱に盛り込む。

     菅政権は国際金融都市構想を重要政策課題に掲げている。ただ、海外金融機関の誘致をめぐっては、アジアで競合する香港やシンガポールの所得税率が20%前後なのに対し、日本は所得税(45%)と住民税(10%)を合わせ最高税率が55%と高い。この税率の違いが、これまで誘致の足かせとなっていた。

     さらに、これまで日本でファンドマネジャーが自社のファンドの運用成果として高額報酬を得た場合、金融所得に当たるかどうか明確に示されていなかったことも問題点として指摘されていた。

     今回の税制改正大綱では、一定条件を満たす運用報酬について、所得税と住民税を合わせた税率を適用せず、金融所得(税率20%)の対象とすることで、税率を実質的に軽減できるようにする方針。

  • >>No. 530

    姫さん、どうも!
    一回リセットして、やり直します。

    EPS99円→59円に落ちた訳で、これは2017年の業績前に戻ったレベルのため、決して楽観視はしてはいけないと思っています。
    特に減配が来年以降に行われないか気になっているので、よく注視していきます。

    ダウ凄いですね。
    30000ドル突破。
    あやかりたい!

  • >>No. 528

    陽はまた昇るさん、コメントならびにご教示ありがとうございます。
    推奨銘柄のご紹介も感謝申し上げます。
    m(_ _)m

    私は極端な性格をしていて、普通の投資家のような分散投資をしません。
    リスク分散できてない馬鹿と言われるのは承知の上でです。
    これは長年株をやっていて、それが自分には一番だと気づいたからです。

    余った資金を使い遊びで他銘柄を一時的に売り買いして遊ぶことはありますが、基本的にいくつも銘柄を保有しません。基本的に1銘柄です。

    この極端な性格のおかげというか、せいというか、青山財産の場合にはコロナのせいで株価1000円あたりに落ちた頃に実はバカスカ大量に購入していたので、この下げ程度では実は大したダメージがあまり無いのが正直なところです。

    私が気になるのはあれほど1Qや2Q決算短信でコロナの影響皆無のような陳述をしていたのに3Qにきて急に下方修正してきたのが非常に気になります。
    蓮見社長の人となりを信じていたので。

    大口の株主(恐らく個人資産家の顧客の中に青山財産の株主になっている人がそれなりに居ると予測しています)を逃がすためだったのかな?と少し勘繰っている自分がいます。

    需要はあると思うので引き続き付かず離れず青山財産を手がけていくつもりです。

本文はここまでです このページの先頭へ