ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • 27円安で575円の出来高は2単位株の200株で
    この株価変動は気にする必要はありません。
    狼狽売りに過ぎません。

    岸本圭司Pへ
    赤字よりの脱却なかなかできませんね。もう半年経っていますよ。
    株主総会での意気込みはどうしたのですか。?
    早く赤字転落より復調する売上数字(もちろん黒字転換の)を切に
    お願い致します。先期の二の舞は勘弁して下さい。・・・

  • だから、安い株価で買える。

  • SVの会社の将来性に期待して、大口の買いが入ってきている。

  • 株主総会に参加して、息子の社長の今期(24期)に臨む決意が聞けました。

    今期の黒字決算は確定のようですよ。あとどれだけUPできるかが・・・
    背水の陣で取り組んでいる様子が感じ取れました。

  • 突然の上昇に驚いております。

    最近の株価動向をみると、安く売る投資家が全く出ず、下落の動きが
    見れないので動くとは思っていたが大口買いの投資家が動き出しました。

    次の一手はどうなるでしょうか?大変期待しております。・・・

  • もういい加減にしてほしい。これ以上の下落は・・・
    もう落ちようがないか。!!!

    ところで、
    ダウ平均の下落の流れに、日経平均は常に追従しているのは何だと思う。?
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・
                 ・
                 ↓
    安倍総理が米国のトランプ大統領の顔色を窺って追従し、いいなりになっているのとは異なります。
    そんな関係では金融の論理は動きません。

    理由は、
    ①外国人投資家の動向
    ②巨額年金プール資金の動向
     年金資金が株式比率を上げて巨額の金額を儲けているから
    (=プアな一般投資家は大きく投資できないし、最新の情報も得られないから機敏に動けない。
      だから損失を被る。)
    ①②が日本の株式市場を動かしていると言っても過言ではない。

    所詮日本人は株式投資に無頓着か
    多分株式投資に魅力を感じていないせいなのかも。?

    でも、昔に比べて銀行に預けていても金利は全く期待できない。
    今だから、気が付いてほしい株式投資には
    高配当と株式優待があることを。・・・・・またハイリスク、ハイリターンも

    もっと毅然とした態度で投資に取り組める日本人投資家を求める。
    以上最近の株式の下落に対する今日この頃感じている事でした。

  • もう12月になりました。株価も下げ止まった気がします。
    今後の予想ストーリーでは、今期はあまり期待できないので、来年の2月決算までちょい上向きで推移。
    そして、来期にはV字回復と行きたいものですね。来年の夏には1,000円を回復して、
    再来年の夏には2,000円と行きたいものです。・・・

  • もう11月になりました。
    SVも年末に向けて頑張っています。
    そろそろ株価も起きて頑張って下さい。

  • 日経平均が急落している中、何故SL(スカイラーク)の価格が落ちないのか。?
    不思議・・・ 業績も普通なのに。

  • 売買の流れからして、そろそろ底を感じている。今日この頃・・・

  • 堪忍袋の緒が切れた。どうにも我慢ができなくなって投稿する。

    SVの社長が、親父から息子に交代して期待していたが、全くなってない。

    今期の期初にはこの位の決算で行いますと公表して、半年後には利益がその半分すらいかない。(決算が
    ボロボロ着地の予定)これでは詐欺みたいなものではないか。?(’19年2月決算計画の話)

    先期の決算報告では、利益未達の言い訳として、お客様に還元している現金ポイントカードが利益を食い
    潰したって何ですか。? アンコントロールの販促策は販売促進ではない。(’18年2月決算の話)

    クレジットカードの利用者にポイントが付かないのも時流にあってない。’19年10月の消費税導入時、
    軽減税率の還元はクレジットカードで行う様ですよ。現金ではエビデンスが残らないからか。?
    現金のように100円で1円の還元でなくても、200円で1円の還元でも良いのではないか。さらには
    300円で1円の還元(これはどこもやってない)でも。
    更に、すごく値引した商品にはポイントは付かなくてもお客様は文句が出ないと思う。ポイント戦略も再考要す。

    そして次には営業時間の短縮だと。お客様商売のスーパーが営業時間を短縮して売上が上がるのか。?
    業種によっては、時間短縮の効果が得られるところもあるが、何も時流の流れをSVが取り入れることは無い。

    東京に勤務している共稼ぎ夫婦はSV離れするのは明らか。仕事を終わってから郊外に帰ってきて我が家の
    近くのスーパーで買い物をしようとしたら、SVは閉まっているので他のところに行ってしまう。
    全くそこには工夫が見られない。人件費の問題なら夜の7時、8時、9時の時間で勤務要員を3分割して
    7時上がりの人件費、9時上がりの人件費を相殺すれば8時に終わる人件費と同じになる計算になる。
    つまり、夜9時より8時に時間を短縮したことと同じ計算になり人件費の節減が可能になる。
    当然7時の時間帯、8時の時間帯、9時の時間帯のお客様の動向をウオッチして適切に要員配置する必要は
    あるが。・・・

    兎に角、早急に対策を打たなければ、SVは倒産の道へ進んでしまう事を懸念している。SVの株を多く
    買い過ぎた韋駄天(いだてん)の悩み。

本文はここまでです このページの先頭へ