ここから本文です

投稿コメント一覧 (121コメント)

  • 整理してみました
    「SUBARU車の販売は殺人教唆。SUBARU車の購入は殺人準備」
    11/5からの書き込み件数 45件
    日あたり 10.3件 2時間半に1件しか書き込まれていません。

    No.978 11/9 9:24
    実はインチキのアイサイトの偽物の効用をCMでしれっと思いきりアピールしてたから景品表示法違反にも該当。準殺人団体SUBARUは犯罪の温床。

    No.928 11/9 8:59
    アイサイトもブレーキもバッチモン、エンジンは欠陥品
    「SUBARU車の購入は知らず知らずの殺人準備、販売は知らず知らずの殺人教唆」、SUBARUは準殺人団体」

    No.770  11/8 14:36
    「SUBARU車の購入は知らず知らずの殺人準備、販売は知らず知らずの殺人教唆」、ほれほれ、プリントネットに発注して全国のディーラーに配ってこい。

    No.764  11/8 14:31
    欠陥爆弾がいつ炸裂して人命を奪うかハラハラものの車を公道に野放しにするわけにはいかない... こんな人たちが生産に携わっている以上、「SUBARU車の購入は知らず知らずの殺人準備、販売は知らず知らずの殺人教唆」は別に違和感ないと思いますがね。

    No. 689 11/8 11:03
    これのどれかが炸裂?「SUBARU車の購入は知らず知らずの殺人準備、販売は知らず知らずの殺人教唆」
    その1:車体強度の検査結果不正申告
    その2:油圧クラッチに関する不具合隠蔽
    その3:加速度センサの不具合隠蔽

    No.671  11/8 10:18
    SUBARU車を買うことは他社のものを買うよりも、将来自分が路上の他人なり同乗者なりを事故死に至らしめるリスクを大きく背負うことになりますよ
    「SUBARU車の購入は知らず知らずの殺人準備、販売は知らず知らずの殺人教唆」

    No.658   11/8 09:37
    人命を軽んじる無責任で不正を繰り返す悪徳企業を追及しているだけです。法令違反をしている企業が今更良い子ぶったりしても遅い。インチキな車メーカーなことは曲げようがない事実なのです。何度でも言いましょう。「SUBARU車の購入は殺人準備であり、販売は殺人教唆」、これが本当の姿です。

  • >>No. 1018


    No.638 11/8 08:50
    これまで起きてきたSUBARU車が絡んだ交通事故は、車両の欠陥がないことを前提に検証されています。言い換えれば、SUBARU車であったために失われた人命もたくさんあっただろうし、不幸にもSUBARU車を買ってしまったがために交通刑務所に送り込まれた人たちも数多くいるでしょう。
    悪気はなかったにせよ、SUBARU車を買ったということは知らず知らずのうちに殺人の準備をしていたということです。

    No.600  11/8 00:49
    その欠陥エンジンを積んだ状態の車で不正検査してたわけです。
    欠陥に不正を重ねたわけです。「SUBARU車の販売は殺人教唆。SUBARU車の購入は殺人準備」

    No.593  11/8 00:07
    一度、甘い汁の味を知ってしまった組織が簡単に変われるはずがない。このSUBARUから不正が撲滅されることは絶対にない。覚せい剤を知ってしまった脳と同じ。しばらくしたら不正の味が忘れられなくなる.....」

    No.592 11/7 23:53
    SUBARU車を買うのは殺人準備、売るのは殺人教唆。フォレスターはただの殺人モンスター。

    No.475 11/7 12:35
    鉄板に異物混入させてコストダウンさせてるのでしょうね。SUBARUはこういうことを平気でやりますよ。

    No.530 2018/11/07 16:53
    まだ隠蔽されていて追って炸裂予定という3つの不正爆弾のリリース候補日をぜひ聞いてください
    その1:車体強度の検査結果不正申告
    その2:油圧クラッチに関する不具合隠蔽
    その3:加速度センサの不具合隠蔽

    No.458 11/7 11:14
    SUBARU車の販売は殺人教唆、購入は殺人準備。そういうことなのです。

    No.365 11/6 21:16
    SUBARU車を運転することは他人の命を危険にさらすこと。許せない。SUBARU車オーナーは全員殺人予備軍だ。

    No.343 11/6 19:49
    今年起きた交通事故だけをSUBARU車が絡んでいるかどうかという点からもう一回検証し直したほうがいい。冤罪もかなりあるだろうし、SUBARU車でなかったら失わずにすんだ人命もたくさんあっただろう。SUBARU車の購入は殺人準備、SUBARU車の販売は殺人教唆

  • >>No. 2208

    ネットリテラシーさま

    会社は(t)、現状のネット上の書き込みについては(o)、偽計業務妨害などにあたるとも考えていない様子です(m)。経営上の重大な危機とは考えているか否か(o)、気にしているかは(e)、不明ですが(t)、ネット書き込みについては放置を決めて(a)、法による救済を求める方向ではないようです(k)。方針かどうかまでは分かりません。
    事情について、公共の場ではなく直接にしませんか。
    上の、点やマルの前のカッコ( )内の8つの英字 ともえたk そのあとは、あっとヤフーです。

  • >>No. 161

    できない。
    簡単ではないけど、できないことはない、ともいえる。
    商号変更も本店所在地の変更も、定款変更になるから特別決議。
    議決権あるもの過半数の出席で3分の2を要す。
    武田株主になった元シャイア株主が半数いて、ネット投票すれば、本拠地も商号も変えられる。元シャイア株主を1つに束ねる機関があれば、委任状争奪がいっそう容易。
    だから、商号や変更がありえるとすれば、シャイアしかありえない。

  • 借金の大きい会社の業務執行する取締役は、まず誰のために働くか
    法律のたてつけは、株主は業務執行を株主に代わって専門家に委ねるために、業務執行を決定したりする者であるはずだが、現実はそうではない。
    まずは、債権者のために、株主より、債権の返済を優先して業務するよう、貸付や社債エクスポージャーを越えて業務リスクをとらないように、ローン契約のがちがちの財務制限条項で縛られる。むろん、資本が毀損されないように、大きなリスクをとらないように求められるが、返済原資を確保できているようにするため。
    返済ができない怖れがでれば、全ての財産を担保にとる。担保権行使をするような状況では、清算にはしらず、事業再生を試みて、ローンを優先株に換えて株主として現れる。
    経営の自由は、借金返済のため、制約される。

  • 株価は3年先の期待より、今日の現実

    タグ価格 (ドル)      7月   4月
    4GB RX 580       2500  3600  -30%
    GTX 1080 8GB GDDR5X  709  1050  -25%

    仮想通貨   全体売上の10%減
    上ビデオカードの価格25%減、ゲーム売上を最悪20%減するとして、
    仮想通貨売上減      100 x 10% = 10
    ゲーム売上(全体の55%) 55 -10 = 45
    ゲーム売上 45 x 80% = 36
    中国関連売上減、任天堂売上減もある。
     55 x 4% として2.2
     36 - 2.2 =34

    データセンター売上25%
    大手クラウドサーバーのメモリ減少で成長なし
    中国売上は全体の20%。 
    その25%減として、20x25%=5
    データセンター売上 25-5=20

    データセンター+ ゲーム売上=20+34 = 54

    従来の2つの売上総額  55+25=80
    従来の全体売上を   55+25+その他20=100
    今後の売上予想    54+20=74

    先行き売上26%減を反映した株価が130ドルで妥当なのか?
    一株益、どんだけ減るか、算数できるだろう
    この下げで十分売上減、反映しているなら、ここで止る。
    だから、買いだ

    ゲームのルール
    今、135で買いと思うか。それとも買いではないかとおもうか。
    買いなら、買いだ。買いでなければ売る。なぜ今持つのか。
    先行き不透明で分からないから、保有なのか。買い=保有の動機にならん。
    買いではないと判断する株を、なぜ持つのか

  • >>No. 422

    計算しないでひとに代わって計算してみた
    > 423で、売上を慎重に予想見積もりする計算を示したように
     ・ 仮想通貨売上 全体売上を10%減押し下げ
     ・ ヴィデオカード売上はGTX 1080の価格下落が25%として計算
     ・ データセンターから全体の2割の中国売上のうち25%をさし引く
    2019年の予想は 26%減
     売上 2018年の26%減 7185百万ドル
     純利益 ゲームの利益率を25%として 988
         それ以外の利益率30%として 970
      利益合計 1958 (前年比64%減)
     EPS 3.27(前年比 32%減)
     PER 40倍

  • >>No. 2641

    仮想通貨との比較はとにかくも
    頂上まで上がるときの動向は、どれだけ時間がかかるかで、それぞれ違えども、
    落ちるときの形状は、皆、同様。
    投機性の強弱で、勾配が決る。

  • 今度はあたるか Zai 山本潤氏

    1月23日、外資系投資顧問ファンドマネジャー歴20年という山本潤氏は、「10年で10倍を目指す成長株探し」第7弾 イソライト工業を取り上げたとき、株価は519円。
    イソライトは、2018年2月初めに1447円から暴落して900円に暴落して、その後だらだら下げて、半年に渡って450~550円を推移していたときだった。
    1月24日、株価は619円まで上げた後、580円台を横ばいして、2月7日に再度棒上げして654円をつけて、下げトレンドに入り。2月13日まで600円前後を維持していたが、その後は力なくだれてきて、今日514円。レポートは2月9日に更新されている。
    株価は、10倍を目指して原状のボックス圏にある。
    取り上げられた他者にない競合力の強い、想像を超えた技術力の高さだけで、株価は続かない。
    利益を伴わなければ、皆、逃げがはやい。うすのろはおいてけぼり。

    山本潤の超成長株投資の真髄(第17回)
    「パルステック工業(6894)の株価は安すぎ!」 
      やっと出た! 5つ星の強い買い推奨! 
      倒産寸前からリストラ後、新製品で売上急拡大中!

    安すぎる根拠として
    〇配当利回り3.7%では低すぎる
    〇ポータブルX線残留応力測定装置の成長率が高い
     (顧客は自動車部品や自動車メーカです。鉄やアルミを使う人)
    〇PER17-18倍の価値があるべき
     (検査装置メーカやヘルスケア医療機器メーカは30倍のPERは当たり前)
    〇2016年まで継続企業の前提に疑義の注記がついていた

    さてと ?
     技術力と製品の希少性と競合力は、強靭な売上成長力の確たる裏づけになるか

  • 浮動株   355万株?
    2日間の1600円未満の売り 600万株?
    前場の買戻し  300万株

  • 5Gとの製品の関連と4186の対応状況

    会社の中期計画は、以下の通り。
    5G・IoT&Innocationに求められる技術革新を源泉に拡大するビジネス機会の獲得をめざす。5Gの実用化をにらみ、集積度の高い半導体に応じられる生産設備や技術開発への投資を拡充し、回路線幅3nm製品にも対応できる材料の受注を目指す。
    具体的には、以下が列挙されるが、時間枠は示されていない。
     〇 3D-Nand多層化への対応
     〇 5nm, 3nm対応レジストの獲得
     〇 新規clean solution / 新規シンナー開発
     〇 先端BUMPプロセス、高周波デバイス対応

    EUVリソを用いた5nmプロセス製造の市場の進捗に同調して、製造装置の開発も進んでいると考えてよいのか。今、開発中であれば、以下の通り、既に19年始めから5nmプロセス製造が開始されており、時間的に一歩出遅れているかにみえるような?

    Samsung
    4月16日、EUVリソグラフィを用いた5nm FinFETプロセス技術の開発が完了し、顧客へのサンプル出荷に応じる準備が整ったと発表。
    すべての7nm IPを5nmにも適用可能となる。
    Samsungは、2018年10月、EUVリソグラフィ技術を用いた初めてのプロセスノードの7nmプロセスを用いた生産を開始し、2019年初めから7nmプロセスの本格量産対応を開始した。
    Samsungは、EUV技術を用いた量産を加速するよう全力を尽くす事業方針。
    EUVリソグラフィを活用した先端プロセスによって、5G、AI、HPC、車載デバイスなどアプリケーション需要に応じることができる。

    TSMC
    5nmプロセスルールでの設計基盤が整い、試験的な生産を開始した。5nmプロセスを用いたチップを年内にテープアウトし、2020年のiPhoneのA14プロセッサは5nmルールで製造されると見込まれる。
    TSMCは、2018年10月に発売されたiPhone X以降に搭載されるエッジAIがつかえるA12 Bionicプロセッサや同様のAIエッジチップ搭載のHUAWEI Mate 20 ProのKirin 980を、EUVを採用した7nmプロセスで受託製造して、サムスンは後手に回っていた。

  • 6700円で多くが(過半以上が)ここぞ売りと判断したのでしょう。7000円を抜ける力はなかったと。
    だから売られている。
    ただ昨年8月から2月までの半年以上お下げトレンドにはない。(市場全体とともに)移動平均線は横ばいに入っているから、25/75日線を5%下回る8月からの動きに戻るとはおもえない。半年間では、7000円~5000円のボックス相場にあって、安心して売れる圏内にあるが。
    下げても、5884円を目処で戻すだろうが、個別銘柄チャートより、市場動向しだい=アメリカ株しだい。
    問題は平常通り1週間あればよいが、今日は、3日しかリスクをとる時間的余裕がない。その間に値下り幅がとれなくても、無理に買い戻さなければならないから、300円もあったらありがたい。5%もある。
    東京応化のように小型ファンドが入った?とも見られない。メイコー、トリケミカルの爆上げは、5344にはなかった。

    どれもこれもRSI 70越え、ストキャスも70越えの高値だから、弱い株から崩れしてきた。
    誰もが彼も、日経は22600円に向かうというなか。

    黒鉛系3社は原油価格高、アナリスト(弱気転向)というだけではないだろう。
    Sumco、スクリーンなど、上げていたのは、下落基調。
    5344が崩れるか? ロームはまだこじっかり。
    富士電機は期待を越えた業績に上げている。KOAは、期待倒れ下落の-10%。
    まず15%上げたあと、これから業績の確認相場になるだろう。
    完全に崩れて10%減か、維持か。

  • >>No. 367

    ご存知とおもいますが
    スマホやモバイル、CPUやGPUの使われる任天堂スイッチなどは、半導体解析業者によって分解され、どんな電子部品が使われているか、ネット上で写真付で結果が報告されているのは、広く一般に知られています。

    ● 「Huaweiスマホの「余計なもの」日本法人は全否定、専門家が分解も発見できず」(2018年12月18日)
    Huawei製品から「余計なもの」が見つかった、とされる報道に対し、半導体解析の専門家は、Huawei Mate 20 Proを分解した結果、不審な部品は見つからなかった、と報告。
    EE Times Japanは、12月17日、半導体解析のテカナリエの清水洋治氏による、Huawei Mate 20 Proの詳細な分解・分析レポートを掲載した。清水氏がMate 20 Proを分解したところ、iPhone XやiPhone XS/XS Maxに採用されているのと同じ2層構造の基盤に搭載されていたチップ類やセンサー類からは、「余計なもの」と呼べるような不審なハードウェアは見つからなかった。

    ● 「Huawei P30 ProをiFixitが分解報告。気になるカメラシステムの仕組みは…?」2019年4月16日
    分解レポート&修理パーツ販売業者のiFixitが、中国ファーウェイのスマートフォン「P30 Pro」の内部レポートを公開しています。

    ● 「Huawei Mate 10 Proは修理に費用と手間がかかる、分解レポートで明らかに」(12月4日 2017)

    ● 「中華スマホを分解してみた[HUAWEI 華為技術 ファーウェイ Ascend G6]余計なものは?」視聴数 137,606回 youtube

    ● 「Nintendo Switchをバラバラに分解、修理が容易で長く使えるように設計されていると判明」 iFixit (2017年03月06日)

  • >>No. 586

    5G対応において、出遅れているのでは?
    と書きましたのは、
    中期計画には、19年4月までに、SamsungやTSMCの5nmプロセス製造に間に合わせるという見通しが示されていません。遅くとも、2020年のiPhone-A14プロセサーに間に合わせるのではと読んだのですが、IR開示文書からは明確なことは不透明です。
    EUVによる5nmプロセスでは、SamsungとTSMCの2社しか製造できません。

    AppleもHuawei-Hisiliconも、Nvidiaも仮想通貨のビットメインもAMDも、14nmより微細化ではルネサスエレも、2社に受託生産することになる。
    AMDはもともと子会社のGlobalfoundriesに委託していたが、同社が昨年7nmプロセスについてコストがかかりすぎるため、開発あきらめたため、身売り噂がでていた。
    Intelは、10nmプロセスのCore系CPUコアに2年以上、失敗しつづけ、2018年に製品が出せず、PCのメモリ市場に影響を与えてきた。19年2月に、10nm CPUとGPU,DRAMを1パッケージ上で積み重ねることが可能になったと報じられ、メモリ市場が回復するとの見通しを与えたような。

  • >>No. 366

    テーマで買え
    売上の額の予想が書かれていませんので、詳細がわかりませんが...
    村田の売上にどれだけ貢献(増加)してくれるのか、大雑把な数字が分からなければ、株価への影響をどう予測したらよいのか。

    5GスマホはAIチップの搭載されない通常の4G端末より$200高く、月通信料は$70~80とのこと。

    5Gスマホでは、MLCCが3~4割増とのことですが、4Gの600に対して3~4割であれば、800個で200個増。
    iPhone X以降の型では、800個以上使われています。
    特に、AIチップのA 12 Bionicプロセサーを搭載のiPhone XSでは、分解すると、1000個使われていると読んだ記憶があります。同じように、AIプロセサーを搭載するHisiliconのKirin 980(HUAWEI Mate 20 Pro)も、1000個でしょう。

    スマホの年グローバル売上台数14億、タブレットを入れて20億。
    うち、10万円のスマホがどれだけ売れるでしょうか。1割?それとも5%?
    中国、アジアでは200~300ドルが普及型です。5Gは倍の価格。
    かりに、年間4億台について、5G用のため、1台あたり200個余分に売れるとすれば、モバイルMLCCのグローバル売上増は、7000億円(現在のグローバル売上は9兆円ほどか? 一個あたり8円と想定して)
    全体で8%増程と予想されます。
    村田の売上1.5兆円の4割のMLCC売上にどの程度の影響か。7000x10%=700億円。

    MLCCの10%の値上げは、スマホ用MLCCの大きさの違いからの設計変更の伴う車載用についての値上げではないか? よく知りませんが。

  • 平野憲がstockvoice -TVで強気に吠えている。
    なぜ今、買わないのか。買えないのか。
    不安がなくなっているなか、売っている投資家がさっぱり分からない。
     - アメ株は高値をとってますます上を目指して堅調
     - 日本電産の業績見通しで中国不安の霧は消え失せた
     - 株は一人勝ち
    強気の見方のひとは、弱気の見立てがあっても目にしない。
    そんな見方があるとは、露ともおもわないし、
    売っている人を知らないし、売る心理もわからない。

    さて、
    どこまで上値を追うか、アメリカ株を追って上げ、アメ株のセンチメントしだいというなら。
    弱気なひとは、何が不安なのか、景気と株価についてじっくり読んでみよう。
    強気のひとは、見ません。不安をばかばかしいという立場。景気後退など、決してこないと考えてる。景気後退やあらゆる組合せの長短金利の差がどういう状況を取り上げて、不安を煽る人たちがいると煙たがり、買わないで値上がり機会を見過ごすFOMOと軽蔑的に指摘する。
    アメリカ株のCrescat四半期19Q1投資家向けレター↓の訳はコントラリアンで読めます。
    「 現在の景気拡大終盤でのEuphoriaに対する3つの誤解 」
    「 Exposing The Three Flawed Narratives Driving Today's Late-Cycle Euphoria 」 4月22日

    Sven Henrich の弱気の見解もある。
    Henrichは、ため息をつく。A tragedy is unfolding in the stock market that should worry both bulls and bears (Apr 11, 2019 )
    景気とは無関係に株が上がる。こんな調子で、いつまで上ががり続けて、いつ下げるか。
    株価の最後のトッピングについて、フィボナッチから、10月まで、懸念なく上がり、S&P500で3100までいく。
    景気と外れて上昇した株価に、30%暴落で2170への悲劇は避けられない。
    もともと昨年夏以降、景気後退は19年の後半に来るとの予想が大勢で、それまでは上がると予想が優勢だった。年末年始に2割暴落がきて、年初3ヶ月、投資家はFTFからは資金流出で、買いに入れなかったが、3月末から躊躇していた投資家資金が入ってきて、トッピングが始まった。

  • >>No. 366

    > 野村が目標株価引き上げ スマホ向けでも売上成長できる可能性が高い
    >  業績予想を上方修正、コア銘柄として推奨。(1)4月までに発売された5Gスマホを分解の上、解析したところ、プロセッサーの発熱対策と省電力対策でスマホ1台あたりのMLCCの使用数量と総容量がともに30~40%上昇していることが判明。
    --------------
    iPhone の5G対応端末はいつになるのか?
    Appleはクアルコムとの特許料を巡る争いで和解して、くクアルコムから5Gチップを購入できることになるが...

    iPhoneの5G対応のスケジュール
    5G端末「発表」は2020年の9月になる見通しか。
    最も楽観的な予測でも、新たに調達するクアルコム製モデムを今年のモデルに搭載することは不可能だから。
    Appleは5GでHuaweiやSamsungに遅れる

    さらに、
    アップルはクアルコムの5Gチップを何としてででも手に入れたいはずだが、クアルコムにとってアップルはそれほどではない。
    Samsungにいくか、それとも(これまでHuaweiだけのためのチップを)外販できる方針をとるというHisiliconにいくかという選択も捨てきれない

  • >>No. 469

    弱気でなく、株価が勢いよく7000、いつ8000に迫るか
    スマホ売上の維持ではなく、どれだけ伸ばせるか。
    伸ばすためのdriving forceとしての5Gで, どれだけとれるか。いつになるか。

    iPhoneは5Gで、$900~1000のXS/XS Max/XRで参入するとしたら、さらに5G対応のため、+$200で$1000~1100(シェアは3割ない安めなXR)、+月通信料$80 
    そのうえ、1年後となれば、既に$500端末に乗換えが進んでしまっている。
    Samsung、Huawei、Xiaomi、Oppo、Vivoは、2019年中に5G対応端末の発売を計画。半値と競走できない。
    Huaweiの5G端末を分解した部材から、Hisiliconが圧倒するのがネットで公開され知られるようになる。さらに、中国は国がHisiliconに他社に外販するように求め、方針を変更し応じている。
    村田の売上セグメントは大雑把にモバイル通信 4割、自動車 2割弱。
    EVも2020年、化けるほど増える計画は出されていない。
    のんびり堅調に伸びれがいいか。

  • >>No. 474

    日経新聞Huawei記事を読むための共通認識される情報が足りませんでした。
    どこまで投資判断に必要なのが、情報源として日経新聞の範囲で十分なのかは、わかりません。

    Huaweは、Hikvisionとは2015年6月に協業していますから、監視カメラ用チップはHuaweと協同設計してきたとみられます。契約関係は知りませんが、市場では誰もがそう信じてきた。
    Hisiliconは、協業により、画像認証できるエッジAIの監視カメラを設計することができた。Hisiliconの受託生産はTSMC.
    HikvisionやDahuaは、アメリカ議会で、2018年5月から、新彊でのイスラミック系住民を画像認識識別して、警察に利用されているなど、人権侵害どころか拷問していることが問題にされ、セキュリティ監視カメラやHuaweiを含め中国5社との取引を制限し、2019国防権限法を議会が通過して8月に施行されているのは、知られています。
    外販があったとの報道のようですが、Hilvisionとは協業契約にもとづく仕様設計製造の協業で、その売上が大半ではないですか。
    Hisiliconは、協業により、端末側のエッジAIチップにより瞬時に画像認識できるようにして、さらにHikvisionクラウドに顔認証情報が集積され、AIチップに随時アップロードされる。

    さて、
    HUAWEI スマホは、Mate 20 Proで、搭載されるプロセッは Kirin 980
    競合端末 iPhone XSはA12 Bionicで、
    Mate 20 ProもiPhone XSも、TSMCによる 7nm プロセスでの製造で、AIチップが搭載されており、10万円を越えます。

    5G用プロセサをHisiliconが外販提供するとして、
     HUAWEI Mate X の30万円モデル?
     Kirin 980も、5G通信をサポートするモデムBalong 5000を組み合わせていますが、10万円以上します。
    そんな高いものを$300のスマホ組立業者が買うのか? 特別仕様をつくるのか。
    中国スマホ全てがKirinを搭載すれば、 、snapdragonが売れなくなります。
    他のスマホ協業メーカーは、snapdragonでもよいわけですから、機能面より安いほうを選択するでしょうが、いずれもハイエンドの高性能ゆえ、高価格。

    続く

  • >>No. 484

    続き) 5Gデータ通信対応スマホ

    5Gデータ通信対応のSnapdragon 855のAI性能は、845の3倍で、Kirin 980の倍といわれます。
    Snapdragon 855は、Xiaomi Mi 9が搭載しており、7万円
    競合があるから、外販するといっても、Hisiliconがそのためのモデルをつくるのか。
    外販が必要になったのは、ZTEがsnapdragonを禁輸されてしまって、つくれなくなって倒産間際までいったときで、国が支援してなんとか乗り切ったというとき、Huaweiは支援しなかった。

    中国スマホ組立業者がsnapdragon採用をやめたら、トランプ激怒しませんか。
    Qualcommの株価も、中国スマホ業者からのプロセサの注文がなくなるとは読んでいません。

本文はここまでです このページの先頭へ