ここから本文です

投稿コメント一覧 (69コメント)

  • 2019年9月2日

    扶桑電通株式会社

    Strategic Cyber Holdings LLC と協業
    AIを応用したセキュリティ診断サービス
    「SasaL AIペネトレーションテストサービス」を9月1日から提供開始

     扶桑電通株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:有冨英治、以下「扶桑電通」)は、株式会社バルクホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石原紀彦)の100%子会社であるStrategic Cyber Holdings LLC(CYBERGYM TOKYO)(代表者:石原紀彦)とセキュリティ分野で提携を行い、2019年9月1日からAIの応用により品質・スピード・コスト競争力を兼ね備えた脆弱性診断・ペネトレーションテストサービス「SasaL AIペネトレーションテストサービス」の提供を開始いたしました。

    ※ペネトレーションテスト(侵入テスト)
    通信ネットワークで外部と接続されたコンピュータシステムの安全性を調査するテスト手法の一つで、実際に既知の技術を用いて侵入や攻撃を試みる方式

    「SasaL AIペネトレーションテストサービス」について
     世界最高レベルの高品質と豊富な実績を持つ「ImmuniWeb AI Platform」によるペネトレーションテストと、ICTコンビニサービスのセキュリティソリューション群を組み合わせ、お客様のコンピュータシステムの安全性を、調査から対策までワンストップで対応いたします。

    【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908280084-O1-5ax96xIJ

    ICTコンビニサービス セキュリティソリューションマップ
     扶桑電通ICTコンビニサービスのセキュリティソリューション群は、標的型サイバー攻撃、不正アクセス、情報漏えいなどのあらゆる脅威から、組織の入口から内部、出口までの対策を網羅し、お客様の情報資産を保護します。
    【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908280084-O2-MY4MyKwp

    ◆株式会社バルクホールディングス(純粋持株会社) 名証セントレックス 証券コード:2467
     社名 株式会社バルクホールディングス(VLC HOLDINGS CO., LTD.)
     本社所在地 東京都中央区日本橋馬喰町2-2-6 朝日生命須長ビル7F
     代表取締役社長 石原 紀彦
     設立 1994 年9 月27 日
     グループ事業内容 1)セキュリティ事業
                サイバーセキュリティソリューション提供、認証支援コンサルティングなど
              2)マーケティング事業
                マーケティングリサーチ、広告代理、セールスプロモーションサービスなど
    U R L https://www.vlcholdings.com/

    ◆Strategic Cyber Holdings LLC
     社名 Strategic Cyber Holdings LLC
     本社所在地 850 New Burton Road, Suite 201, Dover, DE 19904, USA
     日本支社所在地 東京都港区赤坂1-14-11 HOMAT ROYAL 1F
     代表者 CEO 石原 紀彦
     設立 2018 年1 月31 日
     事業内容 1)サイバーセキュリティトレーニング施設の運営・提供
         2)その他サイバーセキュリティ関連サービス・製品の提供

    ■ 本件に関するお問い合わせ先
    【本サービスに関するお問い合わせ】
       扶桑電通株式会社 営業推進統括部
        〒104-0045 東京都中央区築地5-4-18 汐留イーストサイドビル
        電話:03-3544-7191 e-mail:ictconveni@fusodentsu.co.jp
    【報道機関からのお問い合わせ】
       扶桑電通株式会社 管理本部 経営企画室
        〒104-0045 東京都中央区築地5-4-18 汐留イーストサイドビル
        電話:03-3544-7213 e-mail:keiki@fusodentsu.co.jp
    ※プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

  • 今年度に反映されるコストはNYCと東京分だと思います。LAは今年1月に契約したので、費用を計上するとしたら決算に反映されるのはどんなに早くとも来年度の第一四半期以降だと思います。新宿はまだ正式に契約に至っていませんね。コストと売り上げはどういったタイミングで発生するのでしょうね。

  • 社長はまだ買えませんよ。。。少なくとも今通期決算で1億円以上の経常利益が必要です。

  • Innovation Economy Corporationの子会社Nano Engineered Applications Inc.で開発されたようですね。現在の関係性はよく分かりません。

    ttp://www.iecrowd.com/blog/press-release-nano-engineered-applications-announces-development-standard-packaged-customizable

  • 以前よりバルクの幹部であり、今年社外取締役になった西澤岳志氏の財産管理を行っている会社なのではと思います。

  • 調べないで発言すると恥ずかしいですよ。ブッシュ時代の大統領補佐官は辞めてますが、その他で現役バリバリですよ。

  • かなり力入っていると思います。楽しみですね。

  • アリーナとオープンパーティの場所は違います。詳しくはIRを。

  • それが本当でしたらかなり熱いです。結構似てる気もします。

  • 証券会社によっては個人で空売りできるようですよ。数が少ないようですが。

  • 御存知の筈なのに流されないでくださいw

  • 来週オープンという投稿にいいねが多くて悲しくなります(*´-`)

  • そうですよ。ただ、どのタイミングだったかで顧客内容が更新(追加)されて現状のものになっています。確かイスラエル政府、軍事関係が関係が増えたかと思います。元々顧客だったところをキチンと載せたということだと思います。すみません、タイミング的には1/31の前か後か覚えていません。

  • 前からありましたよ。でも皆さん勉強熱心ですね。

  • Chrome翻訳

    説明
    "企業には2種類しかありません:

    ハッキングされたものとハッキングされるもの」

    - ロバートミューラー、FBIディレクター

    世界中の企業は毎日、最も価値のある資産を侵害している最先端のサイバー攻撃に直面しています。今日の先進的なハッカーと一歩一歩前進する攻撃の中で、社員を防御しているときに従業員が何をするのかを知る最良の方法は、それを緩和するのに十分な時間をかけてリスクフリーのシナリオにすることです。

    私たちが起動して私たちに7月18日(水曜日)に参加Cyber​​Gym NYCを、なぜ議論NATO、日立、ミレニアムBCP銀行、およびMicrosoftは今Cyber​​Gymアリーナで彼らの人々を訓練しています。

    人、日常のテクノロジー、および企業のサイバープロセスが、業界が直面している特定の脅威に合わせたシナリオでテストされている、最初の米国サイバージムアリーナの立ち上げを歓迎します。

    Cyber​​Gymのトレーニングプログラムを一緒にデザインしてくれたベテランのインテリジェンスオペレーターやエリートハッカーとカクテルやディスカッションに参加してください。組織がサイバー脅威を特定し、収容し、軽減するように訓練されているNYCアリーナのバーチャルツアーをご覧ください。

    議題

    サイバー戦争の全世界

    イスラエル電気会長(IEC)会長、IDF地上部隊元指揮官のイリタ・ロン・タル(Yiftah Ron-Tal )

    Cyber​​Gymをニューヨーク市場に歓迎

    Strategic Cyber​​ Holdings LLC 会長兼石原典彦

    有名なサイバーセキュリティのジャーナリスト&サイバージムの専門家とのファイヤーサイドチャット

    なぜサイバー資格の新種が必要なのか

    Ofir Hason、Cyber​​Gym &Buky Carmeli 、元イスラエル国家サイバーセキュリティ局長、Cyber​​Gym諮問委員長は、米国のビジネスに直面している特定のリスクを探る有名なサイバーセキュリティジャーナリストとの暖炉のQ&A で話します。

    プレゼンテーションの後には、サイバーセキュリティの専門家とトップの役人とのネットワークが続く。

    高度なRSVPが必要です。スペースは限られており、出席は保証されていません。

  • Description




    “There are only two types of companies:

    Those that have been hacked and those that will be hacked.”

    - Robert Mueller, FBI director

    Every day companies around the world are facing some of the most advanced cyber attacks breaching invaluable assets. The best way to know what an employee will do when they’re defending a company during an attack going head-to-head with today’s advanced hackers, is to put them in a risk-free scenario long before its time to mitigate it.

    Join us Wednesday, July 18 as we launch CyberGym NYC and discuss why NATO, Hitachi, Millenium BCP Bank, and Microsoft are now training their people in CyberGym arenas.

    Come mark the launch of the first U.S. CyberGym arena, where people, their daily technologies and their enterprise cyber processes are tested through scenarios tailored to the specific threats facing their industry.

    Join us for cocktails and discussions with some of the veteran intelligence operators and elite hackers who together design CyberGym’s training programs. Take a virtual tour of the NYC arena, where organizations are trained to identify, contain and mitigate cyber threats.

    AGENDA

    The State of Cyber Warfare Worldwide

    •Major General (Res.) Yiftah Ron-Tal, Chairman, Israel Electric Corporation (IEC) and former Commander of IDF Ground Forces


    Welcoming CyberGym to the New York Market

    •Norihiko Ishihara, Chairman & CEO, Strategic Cyber Holdings LLC


    Fireside Chat with Renowned Cybersecurity Journalist & CyberGym Experts

    Why We Need a New Breed of Cyber Qualification

    •Ofir Hason, CEO, CyberGym & Buky Carmeli, Former Director General, Israel National Cyber Security Authority and Head of CyberGym Advisory Board, in a fireside Q&A with a renowned cybersecurity journalist that will explore the specific risks facing U.S.-based businesses.


    Presentations will be followed by networking among cyber security experts and top officials.

    Advanced RSVP required; space is limited and attendance is not guaranteed.

本文はここまでです このページの先頭へ