ここから本文です

投稿コメント一覧 (2853コメント)

  • 日銀のマイナス金利政策も3年・・・、
    その効果はどうか??

    消費者物価上昇率はいまだに1%未満とのことだが・・・
    ●ただし、私の生活実感では、もっと上がっているように感じる。
     販売価格が明らかに上昇しているものもあるし、
     価格は据え置きでも、内容量が減っていて、実質値上げも多い・・。

    今は、トピックスのETF買いに注力のようだが、
    来月の日銀定例会合では、ETFの銀行株への配分が増えるような・・・?

    各地を代表する有力地銀からも、悲鳴の声が届いているはずだ。

  • 無理して、粉飾まがいの決算をするよりも減収・減益・減配でも良し。

    配当性向だけは、きちんと50%以上を確保してもらえれば良し。

  • 敵対的なTOBなら可能性はありますが、

    今回のケースは大株主のMUFGも了解しているKDDIですからね。
    他社が出てくるケースは考えられないですね。

    レノグループなどが出てきたら面白いのですが・・・。

  • アコーディアゴルフもTOBで上場廃止になりました。
    その後、サービスが悪くなりましたか?
    私は、上場廃止後、メンバーも退会し、利用していないので知りませんが・・・。

    なお、非上場でも、こんなに有名企業があります。
    ほんの一部だけ紹介します・・・(順不同)

    ●サントリーホールディングス株式会社
    【設立】2009年2月16日
    【連結売上高】2兆4,552億円(2014年1月1日~2014年12月31日)
    【従業員数】37,613人
      
    ●株式会社竹中工務店
    【設立】1909年(明治42年)5月16日
    【連結売上高】1兆3,085億9,000万円
    【従業員数】12,322人
        
    ●YKK株式会社
    【設立】1945年(昭和20年)8月(吉田工業株式会社)
    【連結売上高】6726億44百万円
    【従業員数】3万8399人
       
    ●佐川急便株式会社
    【設立】1965年11月24日
    【連結売上高】8,713億円
    【従業員数】46,674名(2013年3月期)
      
    ●株式会社ジェイティービー
    【設立】1963年11月12日
    【連結売上高】1兆1,369億8,000万円(2012年3月期)
    【従業員数】25,846名(2011年9月30日現在)
        
    ●株式会社ロッテ
    【設立】1948年6月28日(創業)
    【連結売上高】約4709億6600万円(2010年3月期※)
    【従業員数】約4,500名※2013年3月
     
    ●日本郵政株式会社
    【設立】2006年1月23日
    【連結売上高】16兆6,614億4,000万円(2012年3月期)
    【従業員数】約23万4,311人(2011年3月)
      
    ●エースコック株式会社
    【設立】1954年(昭和29年)1月20日
    【連結売上高】956億円(国内525億円 海外431億円)(2014年12月期)
    【従業員数】5,893名(国内678名 海外5,215名)(2014年12月末時点)
       
    ●ヤンマーホールディングス株式会社
    【設立】1912年(明治45年)3月
    【連結売上高】6,507億円(2014年度3月期)
    【従業員数】16,678人(2014年度3月期)

    ●富士ゼロックス株式会社
    【設立】1962年2月20日
    【連結売上高】9,831億円(2011年3月期)
    【従業員数】42,529名(2011年3月期)

  • >>No. 400

    > 自社株買いの上限 500万株 100億円
    >
    > 期間は 2月14日 ~ 12月26日
    >
    > 金額 又は 株数が 上限に達したら終了です。
    >
    > 2000円以下の売り注文は控えましょう。

    自社株買いは、上値を追えませんが、
    確実に、下値抵抗線にはなります。

    昨日今日の動きを見ていると
    1500円あたりが下値のようですが・・・。

  • >>No. 125

    >>ゴルフの優待券は送ってくるけどパチンコの優待券は送って来ないな~? パチ>>ンコ玉100発の無料券を100株につき4枚を支給する・・・なんて言ったら>>世論がうるさいだろうな~

    何度言っても、偏見・先入観の激しい貴方には理解されないようだけれど、
    平和は、PGMブランドでゴルフ場を経営・運営しているけれど、
    パチンコホールを営業しているわけではない。
    遊技機を製造販売しているだけだ。

    ゴルフ場の優待券は単なる優待ではなく、販促目的のためにも配布できるけれど
    経営運営していないパチンコホールの優待券など論外だとわからないのかね。

    貴方の言っていることは、
    ゴルフクラブのメーカーに、
    ゴルフ場の優待券を配布せよ・・と言っているようなものだ。
    世論がうるさい・・などは、関係ない話だ。

  • >>No. 786

    私が書いている手数料とは、
    TOBに応じた個人が負担するものではなく
    (応じた個人は、売却手数料は不要です。)
    TOBをする側(KDDI)が負担する手数料の事です。

  • >>No. 786

    私が返事することもないのでしょうけれど

    TOBに応じた時、売却益は、もちろん課税対象ですが、
    売却の手数料は ありません。
    その点は、市場での売却よりは有利です。

    売却代金は、TOB締め切り日の翌日に決済されて
    その3営業日目に口座入金されるはずです。

  • >>No. 784

    自分で判断されたのなら、それで良いと思います。

    念のため、老婆心ながらの投稿ですが・・・、

    まだ公表されていないと思いますが、
    このTOBの決済取り扱い代理人の証券会社。

    私が昨年経験した日特建設のTOBでは、
    三菱UFLモルガンスタンレーが代理人でして
    復代理人として、このカブドットコム証券が指定されていました。

    TOBに応じるには、この代理人証券会社に、口座を開設して
    TOBに応じる株を移管する必要があります。

    まだ、どの証券会社が代理人になるのかわかりませんが、
    おそらく、手数料を外部流出させないように、
    このMUFG系列の証券会社を指定されるものと思います。

    貴方が、すでに、この2社で取引されているのなら
    何の問題もないでしょうけれど
    別の証券会社を利用されているのなら、
    単にTOBに応じると言っても、
    口座開設から移管まで、それなりに面倒な事務があります。
    また税務処理も・・・・。

    念のため、再度書いておきます。

  • >>No. 394

    私は、そうではないと思っています。

    余裕がある時に減損処理をして、
    来期、中期計画の最終年度を最高益達成(前年対比も大幅増)
    こういう形で終えたいのではないかと思いますが・・・。

  • >>No. 121

    中国人(華僑?)もお忘れなく・・・。

  • >>No. 779

    >>このまま放置でいいのかと・・

    個人の自由選択ですから、面倒なら、このまま放置でも良いでしょうけれど、

    結局は、数か月以内に、強制的に買い取りされてしまいます。
    配当金を受け取った後は、@559円で強制買い取りです。
    個人では対抗できません。

    要するに、このまま放置すれば
    手間はかからないでしょうけれど、
    売却代金の受け取りが遅くなり、
    資金効率が悪くなるだけです。

    まあ、どうするかは、ご自由ですが・・・。

  • >>No. 764

    配当権利落ち後は、TOB価格の559円未満になると思います。
    (市場で大口の成買いがあれば、瞬間的に、559円を超えることがあるかもしれないけれど・・・)

    株主優待は、このTOBと、その後の対策により
    最終的には一般個人の保有株をすべて買い上げて、上場廃止になりますから、
    当然に、個人株主がいなくなり、優待割引も廃止になるでしょう。

    こんなTOB価格では嫌だ!!と反発して応じなくても
    その後、単位株の変更などの処置を取られ、
    嫌でも、確実に、買い取り処分されてしまいますから
    抵抗しても無駄でしょう。

    ただ、KDDIに対抗して、
    別の企業が、TOBを発表すれば、面白いことになるかもしれませんが・・。

  • 自社株買いにはルールと言うか規制がある。

    確か・・・
    寄値や終値を付けられないし、
    高値を追ってさらに高値になるような買いはできない。
    当然、株価が新高値を付けるような買いはできない。
    市場操作になるようなことはできない。

    しかし、間違いなく、買い需要にはなるわけで、
    市場での流通株が減って、需給の改善になり、
    結果的に、株価にはプラスに作用する。

  • >>No. 757

    貴方も、ネット掲示板に投稿されているくらいですから、
    自分で、ググってみてはどうですか?

  • >>No. 747

    貴方が ご存知ないという事がわかりましたので、お返事は結構です。

    私は、アコーディアのTOB(その後、上場廃止)と
    日特建設のTOBに応募して経験しております。

    他にも部分的なTOBは経験しております。

    TOBの際には、買い付け窓口の証券会社が指定されて
    その証券会社に口座を開いて、その口座にTOB応募株を移管する必要があります。

    自分が以前から利用している証券会社なら、
    パソコン画面で、クリックするだけで簡単に応募できますし
    買い取り後の売却代金もTOB締め切りの翌日に入金反映されます。

    TOB以前から開設している口座なら、平均取得単価も記録されているので
    簡単に特定口座損益通算されます。

    ただし、他の証券会社の口座から、TOBに応募するために移管した株は
    その平均取得単価が、移管時点でリセットされてしまうので
    特定口座の損益通算出来ないものと思います。

    私は、買い煽りでも売り煽りでもないのですが、
    個人株主は、早めに、市場で、適当な価格で売却する方が賢明だと思います。

    TOBの事務取扱の代理人証券会社が判明してからでも遅くは無いですが・・。

  • >>No. 208

    うっ!??

    配当は高い方だと思うけれど、
    6%近いですかね??

    増配の見込みで考えても5%未満だと思いますが・・・。

  • >>No. 744

    > 損益通算ができなくなるので、市場で売るほうがよさそうです。
    > 配当と手数料で1株5円ちょっとの利益が出るが、取得価格が400円以下なので1株160円以上の利益になる。このままだとこれに20.315%の税金がかかってしまう。損失の出る人も同じですよ。

    この損益通算できなくなる・・・と言う意味が不明です。

    私は、昨年秋に 1929のTOBに応募して
    半分以上を買い取ってもらいましたが、
    買い取り手数料はゼロで、利益も大きく出たのですが、
    他の特定口座の取引と、自動的に損益通算されていました。

    この1929のTOBの際には、副幹事会社がカブドットコムで
    私がもともと、カブドットコムの口座で取引していたからかもしれませんが・・。

  • >>No. 743

    一部の個人は、そう考える方もいるでしょうけれど、

    TOBに応募して現金を手に入れるのは、いつですか??
    4月末?  5月ですか??

    それなら、今から2~3カ月先ですよね。

    早く現金にして、資金を何回も回転させる方が得だと・・
    そう考える投資家は多いはずですが・・・。

  • 朝方の急落で、買い増しをするつもりでしたが、
    仕事の予定があり、また電話も入ったため、買い注文できず。

    午後になって買い増ししようか・・・決断できず、
    残念無念な1日でした・・・。

本文はここまでです このページの先頭へ