IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (5コメント)

  • 投資商品別の210年チャート(インフレ調整済)
    株式投資は年複利6.7%で930,550倍!現金は年複利-1.4%で約20分の1
    株式投資パフォーマンスは長期複利で圧倒的。優良銘柄MCJなら尚良し!

  • >>No. 125

    こちらは投資方法別200年チャート。株式投資は圧倒的パフォーマンス。

  • MCJは中長期向け銘柄にも関わらず
    短期目線で一喜一憂するからストレスが溜まるのでは?
    長期増収増益、PER1桁、BTO市場の潜在成長力、
    配当性向30%以上、優良財務。
    MCJの企業価値は伸び続けているのに市場ノイズで株価上下するなら、
    PER20倍以上は売り、PER15倍は中立、PER1桁は買いとか、
    銘柄毎に投資基準を決めて常に買付余力を残しておけば、
    MCJに限らず中長期では負けにくいと思います。

    ★短期トレーダー=芸術家★ 
    ・「才能とセンス」で勝負が決する世界
    ・一握りが信じられないくらい大勝ちし、大多数は退場する世界
    ・再現性困難で、天才型に優位性

    ★中長期投資=学問★ 
    ・会計学、経済学、統計学による「勉強と努力と我慢」の世界
    ・再現性高く、凡人にこそ優位性
    ・まさに「ONE UP ON WALL STREET」
     (アマ凡人ならではの知恵・手法でプロを出し抜く)byピーター・リンチ

    以下リーマンショック時に買付したテンバガー4銘柄中、継続保有はMCJだけです。
    理由は業績UP長期継続しつつ割安性も不変で、
    「未だ売却基準に達しない」から。
    ②③はシクリカル業種特有の値動き、④はITバブル化、
    全て途中で振るい落とされました。

    ★テンバガー4銘柄(分割後換算)
    ①6670 MCJ 14円→1078円【77倍】
    ②6161 エスティック 370円→8200円【22倍】
    ③6668 アドテックプラズマテクノロジー 73円→3475円【48倍】
    ④2148 アイティメディア 安値70円→高値3010円【43倍】

    ★買付時(2009~2010年頃)状況
    ①ディフェンシブ×バリュー×グロース
    ②シクリカル×バリュー×グロース
    ③シクリカル×バリュー×グロース
    ④ディフェンシブ×バリュー×グロース

    ★現況
    ①ディフェンシブ×バリュー×グロースの本質価値に揺るぎなし(継続保有)
    ②③は優良企業ですがシクリカル業種で売買タイミング高難度(売却済)
    ④はITバブル化し、手を出しにくい(売却済)

  • バリュー株は過去200年で最悪のパフォーマンスです。
    逆に言えば品川に代表される「優良バリュー株」はバーゲンセール中。
    9月は耐火物同業5363TYKが画期的プレスリリースきっかけにストップ高。
    品川子会社イソライトも少し反応したんで、
    異常安値放置の当業界も見直し物色期待ですね。
    先日のバフェット商社買いのような触媒があれば動意づくと思います。

  • 前にも書いた通り「理論的には」黒崎との比較で品川は異常割安状態です。

    ◆四季報2021年3月期予想(百万円)
    ・営業利益 黒崎3700<<品川6700
    ・経常利益 黒崎4000<<品川7000
    ・配当利回 黒崎2.93%<<品川4.03%
    ・自己資本比率 黒崎44.1%<<品川54.0%
    ・有利子負債 黒崎34770 品川14962
    ・現金等 黒崎3785<<品川12669
    ・発行株式数は黒崎9,114,528株≒品川9,429,366株で概ね同じ

    2021年3月期の本業「1株あたり営業利益」比較
    ◆黒崎405.9円<<品川710.5円 品川は黒崎の1.75倍
    ・有利子負債も黒崎のわずか4割程度
    ・逆に現金等は3倍以上保有
    ・自己資本比率も品川が良く「全ての財務指標で品川が黒崎を圧倒」

    発行株式数は概ね同数なので、黒崎株価3000円基準の場合、
    品川株価は5000~6000円で評価されていなければ、
    「理論的には」説明が付きません。これでもPBR1倍割れですが。

    本来なら黒崎の2倍程度の時価評価をされて然るべき財務内容ですから、
    まだまだ品川が異常過小評価で放置されている状態と理論的には言えます。
    もちろん理論的に動かないのが株価ですが、常に非論理的なわけでもなく、
    長期的には理論値に収束されることも想定されます。

本文はここまでです このページの先頭へ