ここから本文です

投稿コメント一覧 (9コメント)

  • >>No. 953

    以前の法律の引用は分かりにくかったようですね
    法案も通過し、文科省のWEBに整理されてきたのでお読みください
    →学習者用デジタル教科書の制度化

    チエルがデジタル教材の分野で今後伸びる余地は環境が整備されるようになればあるでしょう。

  • >>No. 940

    以前指摘しお答えしました(6/22)が、チエルの出しているデジタル教材はデジタル教科書にはなりません。
    チエルが出しているデジタル教材がデジタル教科書になると認識してくれるありがたい方のおかげで、法案が話題になるたびに株価が動くのでホルダーにとってはおいしいですね。

    ただ学校現場の環境が整い始めるのでチエルの教材の導入チャンスが広がるという認識は間違っていませんよ

  • 何の根拠もなく、チエルの教材がデジタル教科書となるという書き込みも実は同レベルってことに気づかないのかな?

  • >>816
    > 来年4月からは、本格的Īct教育が実施され
    →「学校教育の情報化の推進に関する法律案」が可決・成立し
    一定の成果が見込まれるのでチャンスあり

    >チエルのデジタル教材が教科書として認定されるという事実
    >が株価にまだ反映されていませんね。
    →チエルのデジタル教材は教科書として認定されることはない
    なぜなら紙の教科書を出していないから
    デジタル教科書を出すというプレスリリースでもありましたか?

    学校教育法等の一部を改正する法律の公布について(通知)の
    第3 留意事項 に教科用図書(いわゆる教科書)とデジタル教科書について
    内容は同一でなければならないこと ほかデジタル教科書の内容について
    書かれています

    チエルが出しているフラッシュ教材等はこれから先も
    デジタル教材です。

    ただ学校のICT環境は進んでいくことが確実なので
    チエルの教材の導入チャンスも増えるかと思われます。
    そこをどう刈り取れるかが勝負ですね

  • >>No. 116

    以下参照

    (1)第34条第1項に規定する教科用図書の内容を文部科学大臣の定めるところにより記録した電磁的記録である教材がある場合には,当該規定にかかわらず,文部科学大臣の定めるところにより,児童生徒の教育の充実を図るため必要があると認められる教育課程の一部において,教科用図書に代えて当該教材を使用することができることとしたこと。(第34条第2項等関係)

    わかりやすく言うと、紙の教科書の内容を電磁的に収録したものということで、最も簡単なものならPDFでしょうかね


    これまでは,教科用図書の内容を記録したデジタル教材を使用する場合であっても,あくまで教科用図書を使用しながら補助教材として使用する必要があったが,今回の法律改正により,例えば,一部の単元を学習する際に,教科用図書に代えてデジタル教科書のみを使用して学習することも可能となること。
    このような併用制とすることから,これまでどおり,教科用図書について採択を行い,義務教育諸学校については,教科用図書が無償給付されること。また,デジタル教科書は無償給付されないこと。
    なお,教科用図書に代えてデジタル教科書を使用する場合には,採択された教科用図書と同一内容のデジタル教科書を使用する必要があること。

    との書かれていますよ

  • >>No. 103

    文部科学省のパブリックコメントの書類を見てごらん
    デジタル教科書は何を指すか書いてあるから
    みなさん冷静にね

  • >>No. 87

    チエルが出しているのはデジタル教材
    それはデジタル教科書にはならない
    デジタル教科書が何かを勘違いしてる?

    デジタル教科書を使うようになって、チエルの教材も一緒に使われる場面が増えればいいね程度

  • >>No. 15

    紙の教科書紙面を電磁的に収録したデジタル教科書が紙の教科書の代わりに総時間数の1/2程度使って良いってことになりそうですが

  • 今まで教材扱いであった「デジタル教科書」が教科書と同等になるってことなんですけどね
    それにつられてデジタル教材も使われるようになるといいんですよ

本文はここまでです このページの先頭へ