ここから本文です

投稿コメント一覧 (118コメント)

  • こんにちは。
    DDSにとって、HPとの連携は将来への布石になるからね。
    4000万以上のユーザーがいきなり潜在顧客になった意味は果てしなく大きい。
    ***********************
    利便性の高い快適なセキュリティ環境を実現するIceWall SSOは、日本ヒューレット・パッカードが国内で開発・提供しているNO.1* Webシングルサインオン ソリューションです。1997年の発売以来、イントラネットサービスやBtoC、BtoBサービス等の多くのシステムへの導入実績があり、現在までに累計 4,000万以上のユーザーライセンスが販売されています。

  • おはようございます。
    どうやら、ソフトバンク・ヤフー・NTT・ドコモそろそろ準備完了の気配ですね。
    準備完了の合図は、たぶんソフトバンクが握ってます。
    生体認証からFIDO認証の流れが一気に来ます。
    そろそろ、来ないと2020に間に合わない。
    その辺は多分、調べた人間であれば気付いてますから。
    ここで手放すと、一生後悔するかもしれません。
    今の価格帯が投げる価格帯なのか買う位置なのか、客観的に判断した方がいいと思います。
    では。

  • こんにちは。
    ちょっとご無沙汰してます。
    実は、先日言いかけた事です。
    以前のゾーホージャパン「ManageEngine」にDDSが採用されたとのIRが出ましたね。
    ちょっと、その流れで調べたんですが、このシステム、実はモトローラも採用してるんです。
    但し、モトローラがDDSの指紋認証を採用しているかどうかは不明です。
    しかし、間接的にモトローラ・ゾーホー・NNL→DDSとの関係性を見れば、モトローラに対してDDSが何らかのアクションを起していても何ら不思議じゃないですね。
    先日の出資IRが物凄く思わせぶりな内容だっただけに、この関係性は重要だと思います。
    ちょっと、注意した方がいいかもしれませんね。
    ttps://www.manageengine.jp/news/news_20170223.html

  • もうひとつ、大事なことがありますが、それはまた後ほど。

  • こんにちは。
    外の暑さに反比例するような現状ですが、いかがお過ごしでしょうか。
    DDSも三井住友信託以来、目立った動きがないですね。
    まあいいですが、ちょっと静か過ぎるのが、逆に気になります。
    さて、今後NNLの方向性とすると、モトローラからの資本提供で、ほぼFIDO関連との提携関係が完成されました。
    とNNLは言ってます。
    つまり、今後、NNLは上場による資金調達を目指すことになります。
    三吉野社長がNNLの上場を見据えてる的な発言をしたとかしないとかが話題になりましたが、DDSの方向性はNNLとの関係を発展させて、生体認証に関わる世界的なマーケットをNNLとFIDOを通じて取り込んでいくことです。
    まだ、日本はその黎明期ですが、世界はすでにディフェクトスタンダードになりつつあります。
    一般的に世界のスタンダードが日本のスタンダードになるには一年のタイムラグがあります。
    つまり、今年はその足固めの年です。
    そして、そのスタートはFIDO2.0からです。
    そろそろ準備しておかないと、いきなり「その時」は来ますよ。

  • こんにちは!
    暑い!!
    NNLへの出資元は予想通りモトローラでしたね。
    今、ttps://www.noknok.com/what-they-say/press-releases/nok-nok-labs-raises-8m-series-d-funding-led-motorola
    をじっくり読んでます。
    これは、上場条件を満たす戦略だと思いますから、後は時間の問題ですね。
    おろらく、今期黒字化を確認した段階のタイミングだと思ってます。
    莫大な利益が舞い込んで来るでしょうが、そんなことよりも、NNLとの技術提携効果がどのような形で表に出るのか、今からワクワクです。
    株価は低調ですが、DDSでさえ読めない程の材料が控えてる訳ですから、今は静観ですね。
    これから何が起きるのか、NNLの文面をじっくりと分析したいと思います。
    では、また。

  • こんにちは。
    別にNNLが上場しようが大した問題ではないのですが、Fidoが世界標準となっている現在、DDSの立ち位置を確認してください。
    すでにNNLは市場規模3兆円の生体認証市場の中心に位置しています。
    このNNLと資本技術で提携しているDDSが、今後どのような関係性を保ちながら急激な成長を続けるのか、一投資家としてワクワクしながら見守ります。
    よ~く、この図を見つめてください。

  • こんにちは。
    やっと、仕事も落ち着いて多少の時間が出来ましたので。。
    NNLとの資本提携企業が話題に上ってますね。
    あのIRの書き方からすると、米国の携帯電話メーカーでしょうか。
    そもそも、noknokはモバイルベースが中心ですから。
    しかし、大手となると限られます。
    現在アメリカでは大手と呼ばれるメーカーは、アップルとモトローラのみ。
    どちらにしても、この後ろ盾はでかいですね。
    風が吹けば桶屋が儲かる。
    なぜ、DDSが資本提携に乗ったのかを考えれば、自ずとその方向性は見えてきます。
    しかも、今回の出資で発行済み株式の5%を保有したことになり大株主になりました。
    仮に、今回の出資がnoknokの上場準備だと考えれば、すべてが附に落ちます。
    この理由はまた、後で。
    三吉野社長が第二の孫になるやもしれない?
    なーんてことはまったく期待してないですが、彼も元株屋。
    資本主義の何たるかを知る経営者だということも理解しておく必要がありますね。

  • 気付いたら、一ヶ月ぶすね。
    NNLネタで無反応でしたが、さすがにこれは買われますね。
    本業が落ち着いてら、またコメントします。
    それでは。。

  • こんにちは。
    先程、DDSに対して、NNLの詳細情報をホームページに載せるよう強く要請しました。
    後で、電話でも要請します。
    noknoklabの顧客はNTTドコモ、Paypal、AliPay、サムソン、Lenovo等。
    日本法人設立の目的は多分ドコモへのサポート。
    また、世界中の超巨大メーカー等が得意先なのに、未上場。
    そのnoknokの株式をDDSは100万株およそ2億4千万円を保有してます。
    米国ナスダックへの上場が噂されてて、上場するといったいいくらの値が付くのか見当がつかないレベル。
    あくまでも私見ですが、FIDO2.0が公開されれば、世界中の企業がこぞってこことの契約を望みます。
    それは、技術提携先のDDSにも言えることです。
    しかし、その準備には現状のNOKNOKの戦力では難しい。
    なので、そのための資金と人員を確保するため、そのタイミングで上場が必要になると踏んでいます。
    一方今回の技術提携で、ドコモへ提供しているソリューションをそのままマガタマへも組み込むことが可能となりました。
    これは、提携そのものの効果にも増して、営業的な信用性が高まるため、どれほどの引き合いがあるのか想像もできないです。
    果報は寝て待てですね。

  • テクノグローバル、超指知能と共同で中国のビットコイン取引所向けに指紋認証サービスを提供
    何と、もう名前も聞きたくないあのバカが。。。。
    ttp://prw.kyodonews.jp/opn/release/201705221971/
    まだ、生きていたのか。。

    DDSは何思う。。。
    いっそのこと、FIDOを提供すればいいんじゃないか?
    あのバカでもサービス提供できるなら。
    ちょっと、言葉が汚くてゴメンナサイ。

  • おはようございます。
    今回のNNLとの技術提携の件。
    重要なのは、この「技術」の部分。
    NNLのFIDOの認証技術は、究極の「企業秘密」です。
    しかし、この部分をDDSが手に入れた。
    わかります?
    新しい技術は理解されるまで、多少の時間を要するもの。
    昨日今日の下げは、その点を売り方が付いてるだけだと思うけどね。
    一週間もすれば、今回のIRの大きさが理解されてきます。
    私から、DDSに対し、だれでも理解できる説明をするよう連絡しておきます(w)

  • こんばんは。
    毎度、DDSのIRは視点が高い。
    今回のNNLとの提携が意味することが、一般投資家にはまるで理解できないことを理解していない。
    そもそも、NNLの立ち位置が明確化されていない。
    NNLはFIDOのアーキテクチャー(基本仕様)を策定している会社で、FIDOのまさに中心的な存在。
    FIDOの方向性は、グーグルでもマイクロソフトでもなくNNLが「たたき台を策定」している。
    また、NNLとDDSはFIDOの立ち上げ時からの協力関係にある。
    FIDOが世界標準になった要因はいくつかあって、ひとつはNNLの認証技術、ひとつはシナプティクスとpaypalのネットワーク、そしてDDSのハイブリッド認証技術。
    DDSの技術がシナとPaypalを動かし、NNLの発想と技術がFIDOの基礎を作った。
    これは、5年間ここを追っかけてる古参にとっては共通した認識。
    だから、DDS-NNL-シナがFIDOを作ったと言っても、まったく間違いじゃない。
    今回のIRは、そのNNLがDDSに対して、NNLの基本技術を自由に利用してください、って言うIR。
    もっと端的に言うと、NNLが長年培ってきた技術を日本に限っては自由に使っていいよって言うIR。
    分かりましたか?
    簡単に言うと、DDSはNNLの日本総代理店という立ち位置を手に入れたってことです。
    つまり、日本でのFIDOはDDSが中心になりましたって言うIR。
    NNLの信任を得た時点で、DDSの立ち位置がどうなったか、わかる人にはわかる話。
    毎日、株価の動向しか興味が持てない人には、ちょっと難しかったかな?

  • おはようございます。
    今から5年前にここが人気株になったきっかけがありました。
    それがすべての始まりです。
    あの、「スティーブジョブズの遺書」ですね。
    最初、三吉野社長の話は荒唐無稽に思えましたが、今その歴史を振り返ると、本当にそのシナリオ通りに世の中が動いているのに驚きます。
    オーセンの買収から歴史が動き、セキュリティー市場は空前の景気に直面しています。
    そして、今ジョブズの予言はFIDOという形で成就しようとしてます。
    今後の展開がどうなるかはまだ未知数ですが、第三次ネット革命になることは、参加メンバーを見れば容易に想像できます。
    そのFIDOの中でDDSは中心的な役割を果たします。
    そして、HPとの共同受注後もおそらく相当数の引き合いがあると想像してます。
    それが、明るに出た時点でDDSは名古屋の零細企業から世界のDDSに変貌します。
    その転換点は来月?あるいは今年中?ですね。
    調べた人間ならわかることです。

  • こんにちは。
    昨日のLINEのアナウンス

    -----------------------------
    今後、LINE株式会社は、現在の「LINE」およびその他のアプリケーションだけでなく、将来のIoT、AIを活用した未来型のサービスやアプリケーションにおいても、「FIDOアライアンス」が提唱するパスワードレスの新しい認証方式を導入していくことで、より安全で便利なサービスの実現を目指していきます。
    ----------------------------
    LINEはLINE以外のサービスでFIDOを導入する。
    昨日自分が書いた重要な要素は、この「だけでなく」って部分。
    おそらく、これが導火線になりますね。
    爆発は、W3C次第。
    その前に、早めにFIDO関連を抑えておくことが肝要。
    まあ、売ってもいいが、後悔先に立たずです。
    下げる要素はどこにもないからね。

  • こんばんは。
    LINEがFIDOのボードメンバーになったとのこと。
    それはそれでめでたいことです。
    具体的に、FIDOサーバーをどうするのかは、これからでしょうけど。
    ここで重要な側面は、LINEがFIDOへ参加したというニュースは全世界に配信され、また、近々FIDOの公式サイトへも掲載されます。
    LINE、facebookがFIDOに参加したとなれば、もう世界中のアプリなりシステムのアカウントはFIDOを利用せざる得なくなりますね。
    おそらく、今年中には当たり前になります。
    この手の仕組みは加速度的に波及しますから、一般化するのは時間を要しないです。
    株の世界で言うと、「今は理解できない」事象でも「ちょっと先どうなるか」を理解した人間が先回りして対象の株を買いますね。
    ヤフー、楽天、ガンホーで何度も経験してます。
    自分は、以前からこのビジネスモデルはヤフーと同じレベルだと何度も説明してます。
    その仕組みを三吉野社長が「認証局」という形で説明してますね。
    これを理解できる「頭(おつむ)」の持ち主だけが、DDSと共に幸せになれます。
    それほど。、難しい方程式じゃないですよ。
    今日明日どうかるかはどうでもいいんですよ。
    問題なのは、近々どうなるかです。
    日銭稼ぎたければ、他におもしろい銘柄は山程ありますよ。

  • 日本語間違えてます。
    セキュリティーだけの銘柄ではない、が正解です。
    では。
    おもしろくなりそうです。

  • みなさん、こんにちは。
    今日は火曜日ですね。
    他のセキュリティー企業は相当買い進められるようです。
    さて、そろそろおもしろい情報を探す旅に出ます。
    では。

  • 決算出るまでは、どんなに個人的な情報を持ってても出せなかったけど、これでようやく出せる。
    それが、何よりもうれしい。
    お楽しみに!!

  • まあまあ、あなたがここを持ってるかどうかはどうでもいい話ですが、一つ言いたいこと。
    ここと5年付き合ってますが、4年と6ヶ月はずっと信じては裏切りの連続だった訳です。
    それが、前期最終でまさかの黒字化を達成。
    しかし、今までが今までなので、やはりドレッシングの疑念はずっと持ってたんですよ。
    だから、株価が月曜上がるとか下がるとかではなく、単純に優良企業として生れ変わったことを確信できたことがみんなうれしいんです。少なくと、昔からいる投資家にとっては。
    だから、お花畑でも何でもいいんですが、今日はみんなで喜んでもバチ当たらないでしょ。

本文はここまでです このページの先頭へ