ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • 毎年、一定数離脱するスタジオの穴埋めに奔走するSV。計画中の案件を手土産に新規加盟を迫るビジネスモデルに成り果てた故、当初の理想は既にかなぐり捨てたも同然。新規加盟する建設会社も前任の建設会社が利益を出せていなかったのを知っている訳で、運営に力が入らないのも当然であろう。
    また、スタジオを育成する力量を持たない者が多数で必然的にスタジオの自力に賭けるしかないが、このようなシステムに頼ろうとする時点で自力不足は明白であり、時間経過とともに多額の損失を計上するハメとなり脱会するのがデフォである。
    この自転車操業的な営業システムが後何年もつのか、非常に興味深い。

本文はここまでです このページの先頭へ